Zakut75w6ep9xuqqefhf

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

簡単なまとめ髪のやり方!蒸し暑い夏はくしゃっと可愛くまとめてスッキリ

2018.06.23

蒸し暑い夏はまとめ髪にして涼しく過ごしたいですよね。でもまとめ髪を自分でやると上手くいかないという人も。今回は簡単にできるまとめ髪のやり方をご紹介します。くしゃっとまとめる簡単なまとめ髪のやり方で、スッキリ涼しげな可愛いヘアアレンジにしませんか。

  1. 蒸し暑い夏はまとめ髪で涼しげスタイル
  2. くしゃっとまとめてスッキリ可愛い簡単まとめ髪のやり方 ①簡単くるりんぱまとめ髪
  3. くしゃっとまとめてスッキリ可愛い簡単まとめ髪のやり方 ②三角クリップまとめ髪
  4. くしゃっとまとめてスッキリ可愛い簡単まとめ髪のやり方 ③華やかひとつ結び
  5. くしゃっとまとめてスッキリ可愛い簡単まとめ髪のやり方 ④ギブソンタック
  6. くしゃっとまとめてスッキリ可愛い簡単まとめ髪のやり方 ⑤ねじりくるりんぱ
  7. くしゃっとまとめてスッキリ可愛い簡単まとめ髪のやり方 ⑥ポニーテールアレンジ
  8. くしゃっとまとめてスッキリ可愛い簡単まとめ髪のやり方 ⑦横くるりんぱシニヨン
  9. まとめ髪が綺麗にまとまるおすすめワックス
  10. まとめ 蒸し暑い夏はやり方簡単まとめ髪でスッキリ涼しく
蒸し暑い季節になると、長い髪の女性はとくに髪の中や首元が蒸されて暑く感じますよね。でも大切な髪を切るのは抵抗があります。そんな時は、髪をまとめてまとめ髪にすることで暑苦しい首元も涼しくなります。また、まとめ髪にしてスッキリすることで涼しげなコーデにすることもできます。
まとめ髪で人気のくるりんぱと三つ編みを組み合わせたまとめ髪です。自分で簡単におしゃれなヘアスタイルができます。

崩れない!簡単くるりんぱまとめ髪

①後ろがVの字になるように髪を取り、トップで低めの位置でポニーテールをします。
②両サイドの耳より前の髪を合わせて、ポニーテールの上でくるりんぱを作ります。くるりんぱしたら両サイド引っ張ってぎゅっと締めます。
③ポニーテールとくるりんぱの髪をほぐします。
④ポニーテールとくるりんぱの毛先と2等分した襟足の髪で、三つ編みを作ります。
⑤三つ編みができたら、ゴムをとめる前にほぐします。
⑥ほぐしたら毛先をゴムでとめます。
⑦毛先をくるくるとまとめていき、くるりんぱとポニーテールに目掛けてピンをとめます。最後に微調整してほぐして完成です。
三角クリップを使ったまとめ髪のやり方です。自分でも簡単にできて首元もスッキリするヘアアレンジなので蒸し暑い夏にもぴったりです。

朝起きてそのままでOK!!三角クリップを使ったまとめ髪

①全体的に髪をまとめていきます。どちらか片一方に髪をまとめます。まとめた状態でボリュームを出します。
②斜めに半分に分けていき、軽くロープ編みにします。半分くらいして毛先の方からボリュームを出します。
③ねじっている方向に根元の方に巻きつけます。毛先の部分を少し出して、毛先と編んだ所と根元に三角クリップをつけます。※取れやすい方は逆の所にピンをとめます。完成です。

関連記事

華やかひとつ結びのまとめ髪のやり方です。自分でも簡単にできて崩れないまとめ髪です。1つ結びでも毛束に動きがあると華やかになります。

最速1分で完成!崩れない簡単まとめ髪「華やかひとつ結び」

①手ぐしで髪の毛をまとめていきます。
②毛束を3つに分けて2~3回、三つ編みにして、三つ編みの根元をゴムで結びます。※ゴムをきつく結びすぎないようにします。
③片手で毛束を押さえながら、毛束を引き出して全体がひし形になるように整えます。
④結び目にバレッタをつけたら完成です。
上品な仕上がりのギブソンタックのまとめ髪のやり方です。

3分で出来るシンプルなギブソンタック

①髪をまとめて、根元から少し離した位置でゴムで結びます。
②指で少し広げるようにして髪を入れるスペースを作ります。
③髪を中に入れていきます。※毛先が下から出ないように注意してください。
④入れ終わったらピンでとめます。
⑤トップの髪を引き出して高さを出します。片手で髪を押さえながら少しずつ引き出します。
⑥まとめた部分の少し崩します。飾りをつけて完成です。
寝ぐせからでも作れる簡単時短のまとめ髪のやり方です。自分でも簡単にできて、コテもアイロンも使わないまとめ髪なので蒸し暑い夏にもおすすめです。

【ヘアアレンジ】朝寝坊でもOK‼️寝癖から3分で作れちゃう❣️時短まとめ髪

①髪の毛をブラシで、引っかかりがなくなるまでしっかりと梳かします。
②ヘアオイルを毛先中心からつけてから、最後に表面につけていきます。
③髪の毛を後ろの少し横にまとめてゴムで結びます。
④ゴムを2周回して、3周目で毛先をお団子になるようにします。
⑤空洞を作ってから、下から指を通して、お団子部分を指で引っ張ってくるりんぱします。
⑥くるりんぱした部分をほぐします。横の部分もバランスを整える感じでボリュームを出します。
⑦毛先の部分を髪の毛の整えてねじっていき、くるりんぱの部分でピンでとめます。
⑧最後に巻きつけた部分を少しほぐして、完成です。

関連記事

ポニーテールにワンポイントアレンジを加えたまとめ髪アレンジです。首元もスッキリして蒸し暑い日にぴったり、自分でも簡単にできるヘアアレンジです。

暑い日に☀️ぴったり! 簡単過ぎて可愛いまとめ髪 ヘアアレンジ

①髪にヘアオイルをつけます。
②ブラシで全体を梳かしていきます。
③襟足の髪を耳下くらいでおろしておきます。上の髪を後ろの後頭部辺りでまとめてゴムでとめます。
④ゴムの部分を持ちながら、トップにボリュームを出します。
⑤襟足の髪をまとめて、ゴムの部分に巻きつけます。
⑥クリップタイプのヘアアクセを上からつけます。
⑦ヘアアクセを持ちながら、巻きつけた髪を広げてボリュームを出します。
⑧コテで毛先の部分を細かく取りながら巻いていきます。※表面の部分は強めに巻くとバランスが綺麗です。完成です。
まとめ髪で人気のくるりんぱを横にアレンジした横くるりんぱシニヨンのヘアアレンジです。

【ヘア】お出かけのまとめ髪に♡横くるりんぱシニヨン

①髪を後ろで一つに結びます。
②横からくるりんぱします。
③毛先まで三つ編みします。
④毛先から内側に丸めてピンでとめます。
⑤形を整えたら、完成です。
自分でまとめ髪を作る時に、どうしても綺麗にまとまらないことがあります。そんな時におすすめのヘアワックスをご紹介します。

①まとめ髪スティック レギュラー

髪に直接なでつけるだけで、あほ毛や後れ毛をピタッとキープしてくれるスティック状のヘアワックスです。手を汚さず、バリっと固めすぎずに思い通りのまとめ髪に仕上げます。毛髪の保湿とツヤ成分の椿油、アルガンオイル、バオバブオイル配合で髪もツヤツヤ、しっとり。

②プレミアムまとめ髪WAX / 上品なツヤ

引用: https://www.cosme.com/upload/save_image/product/00/06/59/46/65946_1_360.jpg?01221433
あほ毛や後れ毛をピタッと抑え、髪をケアしながらまとめてくれるスティック型のまとめ髪ワックスです。椿油、アルガンオイル、ホホバオイル、ヒマワリオイル、セサミオイルの5つの毛髪保湿オイルと3つの毛髪補修成分を配合して、洗い流さないトリートメント効果で髪をケアしながらまとめます。ヘアアレンジをする前の乾いた髪に使うと、短い毛が散らばらずに編み込みやねじりアレンジも綺麗に決まります。

③ ルシードエル  アレンジアップワックス

手ぐしで仕上げたようなナチュラルなまとめ髪がさらっと仕上がるウォータージェリータイプのヘアワックスです。サラサラなのに整髪力があり、べたつきません。ヒアルロン酸配合で、髪の内部でうるおいを保ちながらやわらかな質感に仕上げます。分け目や襟足の浮き毛も抑えてくれます。
自分で簡単にできるまとめ髪のやり方をご紹介しました。蒸し暑い夏はまとめ髪にして首元をスッキリさせれば、涼しく過ごすことができます。
また、夏コーデもまとめ髪のヘアアレンジで涼しげスタイルになりますよ。是非、まとめ髪ヘアアレンジで夏を楽しんでください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjxNFTKAYea/?tagged=%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%E9%AB%AA