Xdcgk9cc1fyhwq0xrqhk

趣味・アウトドア

CATEGORY | 趣味・アウトドア

Apple純正イヤホンの種類と性能は?音質・値段・音漏れが気になる!

2018.06.23

Appleファンの人なら使ったことがあるかもしれませんが、Appleの純正イヤホンは性能が良いとされています。種類も豊富です。そこで今回は、Appleの純正イヤホンの種類や性能について紹介したいと思います。値段や音質、マイクの音漏れに関する情報もご紹介します!

  1. Apple純正イヤホンの種類と性能①: ベーシック型
  2. Apple純正イヤホンの種類と性能②:シャッフル型
  3. Apple純正イヤホンの種類と性能③:Apple Earbuds型
  4. Apple純正イヤホンの種類と性能④:プレミアム Apple In-Ear Headphones型
  5. 最新型のApple純正イヤホンを使う際の注意点
  6. まとめ
名前どおり、ベーシックタイプのイヤホンです。2001年にオリジナルの iPodと一緒に最初に販売されたもので、この後、更に新しいイヤホンが製造・販売されます。
次に売り出されたのが、シャッフル型のイヤホンです。3つのボタンで簡単に音量をコントロールできることで人気のイヤホンです。他にも一時停止やスキップなど、自分の聞きたい音楽を自由に聞くことができます。ベーシック型と比べると、音漏れが少ないと言われています。
続けて販売されたのが、Earbuds型のイヤホンです。現在、新しいiPhoneを買うと、付属として付いてきます。このイヤホンは、他のイヤホンと違って、形から違います。たくさんの人達の耳で実験して、生まれた形なんだそうです。しかも、音漏れもほとんどなく、音質がより一層美しく聞こえるようになりました。
値段ですが、正規店で買うと税込みで3780円です。でも、色々探してみると、もっと安く手に入るお店もあります。他にも、リモコンマイクが付いているので、いちいち手で持っていなくてもマイクをとおして通話ができます。更に、カメラ起動時のシャッター機能も付いています。
極めつけは、iPhone独自の機能としてSiriが起動すること。どんな画面の状態でも利用できるので、運転中や仕事中にどうしても手が離せない時は、最初にSiriを呼び出して電話をかける相手を呼び出します。そして、ハンドフリーでマイクを通して通話をすることができます。

関連記事

Earbuds型より、更に音質と音漏れ機能が付いているのが、In-Ear Headphones型です。値段は、正規で買うと10260円、ディスカウントショップなどでは、8000円台から売っていることもあります。値段が高い理由は、耳に付けるフィット感と音質が更に優れています。
両方のイヤーピースには、低音域と高音域の2つのドライバが内蔵されているため、音楽の細部まできれいに聞こえます。また、右側のイヤーピースには、マイクとコントロールが付いているため、音量調節も自由にできます。どんな大きさの耳にぴったりとフィットするため、外の音が聞こえることもなく、自分だけの世界を楽しむことができます。
ここまで、最新型のApple純正イヤホンを含めて紹介してきましたが、ここで少し注意点を紹介したいと思います。

水には気をつける

どんな電子機器でも同じだと思いますが、Apple純正イヤホンは水に弱いです。人の汗くらいなら大丈夫ですが、防水加工されていないので、水には弱いです。

イヤホンが故障した場合

大事に使っていても、愛用していたイヤホンが壊れてしまうことがあります。もし壊れてしまったら、新しいイヤホンを購入する前に、一度保障期間を確かめてみましょう。正規店で買っている場合、大半が保障対象商品になっていると思います。分からない場合は、直接店舗へ行ったり、一度カスタマーサポートの方へ問い合わせてみましょう。
いかがでしたか?今回は、Appleの純正イヤホンの種類と性能について、簡単に紹介してみました。現在、iPhoneを持っている方はもちろんのこと、今音質の良いイヤホンを探している方は、ぜひAppleの純正イヤホンをゲットしてみませんか?ハンドフリー機能だけでなく、自分の好きなミュージシャンの音楽を最高のクオリティーで聞けますよ!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BkRIHijAXn8/?hl=en&tagged=headphones