Jwiodqfbodwwp9ngcf9p

DIY・ハンドメイド

CATEGORY | DIY・ハンドメイド

ヘアバンドの作り方!Tシャツやタオルで簡単かわいい手作り!

2019.09.27

ヘアバンドが簡単に作れることをご存知でしょうか?ヘアバンドは、いらなくなったTシャツやタオルでも簡単にい作ることができます。今回は、ヘアバンドの色々な作り方やアレンジをご紹介します。ヘアバンドの作り方を覚えてもっとおしゃれに磨きをかけましょう!

この記事に登場する専門家

Zyeidugthwnbgcj6xk3f

vivre編集部

編集者M

美容・コスメ・100均が好きな現在子育て中のワーママ。
趣味は娘とカフェ巡り。現在、DIY記事が気になりすぎてDIYに挑戦しようかと迷い中の日々。

  1. 着なくなったTシャツやタオル、捨てるなんてもったいない!
  2. Tシャツやタオルで簡単にヘアバンドが作れる!
  3. 【ヘアバンドの簡単な作り方】生地をカット
  4. 【ヘアバンドの簡単な作り方】ゴムを通す
  5. 【ヘアバンドの簡単な作り方】手縫いで縫い合わせる
  6. 【ヘアバンドの簡単な作り方】Tシャツヤーン
  7. 【ヘアバンドの簡単な作り方】タオルなら毎日のお風呂上り・洗顔時に
  8. 【ヘアバンドの簡単な作り方】リボンターバンでかわいく
  9. 【ヘアバンドの簡単な作り方】クロスターバンならおしゃれ度アップ
  10. 【ヘアバンドの簡単な作り方】アレンジは自由自在
  11. 【まとめ】オリジナルのヘアバンドで節約おしゃれを楽しもう!

捨てようと思っているTシャツやタオルなど、家に眠っていませんか?お気に入りだったけど、サイズが合わなくなった、もうデザイン的に着られないなど、捨てる理由は様々ですよね。着なくなったから捨てる、それじゃあもったいなくないですか?簡単にリメイクできるので、Tシャツやタオルを思い切ってリメイクしてしまいましょう。

生地のデザインが好きなもの、生地の質感が好きなもの、捨てるのがもったいないと感じることは沢山あるかもしれません。お気に入りのTシャツやタオルのリメイクができれば、形は違えど残すことができます。裁縫道具を持って、チャレンジしてみましょう。

関連記事

引用: https://static.mercdn.net/item/detail/orig/photos/m23507963097_2.jpg?1554906898

Tシャツやタオルで作れるのは、ヘアバンドだけではなく、写真にあるようにシュシュやヘアゴム、イヤリングを作ることもできます。シンプルな無地の生地でも、柄のある生地でも、1枚のTシャツからできるので、髪型のアレンジの幅も広がりますね。

こちらはリボンが付いたピンとヘアバンドを作られています。同じヘアバンドを何個か作って、お友達とお揃いにするのも良いですね。また、親子コーデとしてお子さんとお揃いにできるのも、手作りならではです。

Tシャツをヘアバンドを作る長さに切ります。この時、ゴムを全体に通すのか、一部だけなのかで切る長さが変わってきます。ゴムを一部だけ通す場合は、ゴムが通らないメインとなる布と、ゴムを通す布に切り分けます。どちらも、本来作りたい幅の倍ぐらいでカットしましょう。

生地をカットしたら、柄がある表の生地が隠れるように縦長に半分に折ります。袋ができるよう、開く部分を手縫いで縫い合わせます。縫っているところは、裏側に隠れるので、多少ゆがんだり失敗しても大丈夫です。ゴムを通す生地も同様に折って手縫いしましょう。ミシンが使える方はミシンでもやってみて下さい。

ゴムを通す布にゴムを通していきます。ゴム通しを使った方がスムーズにいくかもしれません。ゴムは緩すぎないしっかりとした太めのゴムでも良いですし、締め付けが心配な方は細いゴムを2本つかったり、サイズを気持ち緩めにしましょう。

ゴムと通さずに、ゴムを通す布ではない生地に、先にゴムだけを縫いつける方法もあります。ゴムを通している場合は、ゴムを少しだして、縫い合わせます。この時も手縫いでできます。ゴムを縫い付けたら、生地同士を縫い合わせます。手縫いだと難しく感じるかもしれませんが、作り方はとてもシンプルなのでリメイク好きにはすぐ試したくなりそうです。

TシャツヤーンはTシャツを細い棒状に切ることで作ることができます。Tシャツヤーンをご存知でない方は動画を参考にしてください。Tシャツヤーンというと、Tシャツをリメイクしてまた切れるようにしたり、ブレスレットやヘアゴムにしたりと色々な活用方法があります。

Tシャツヤーンはヘアバンドも作ることができ、編み方さえ覚えれば、写真のように素敵なヘアバンドも作ることができます。ゴム部分は飾りが付いていないヘアゴムを使っているので、家にあればわざわざ買いに行く必要もないですね。Tシャツヤーンで編んだものをヘアゴムに巻き付けて結ぶだけでできるので、針も糸も使いません。手縫いが心配な方もこれならできそうですね。

こちらはヘアゴムではなく、先ほど作り方で紹介したゴムの付け方で作られています。ヘアゴムがなく、手芸用のゴムがある場合はこちらの作り方で作りましょう。Tシャツヤーンでタッセルにしたイヤリングもかわいいですね。カラーが夏にぴったりで涼し気な印象です。

毎日の洗顔時にヘアバンドを使っているという方も多いのではないでしょうか?タオル地のヘアバンドなら、吸水性も良く濡れても安心ですね。1枚のフェイスタオルから何枚かできるので、日替わりで毎日清潔なヘアバンドを使うことができます。

Yw5obrygbju7d09kr8li
引用: https://www.instagram.com/p/BvfguZBHA28/

家で使うヘアバンドなら、一部ではなく全体にゴムを通しましょう。洗顔時に邪魔になる前髪やもみあげをしっかり留めてくれます。シンプルすぎると思ったら、リボンやウサギの耳など動物の耳を作って付けるのもかわいいですね。

リボンが付いたシンプルなヘアバンドです。かわいいけど難しそうですよね。しかし、こちらのヘアバンドも実は簡単に作ることができるんです。ヘアバンドの作り方は一緒なのですが、リボンとなる布を別に用意する必要があります。ヘアバンドを作ったら結びつけるだけなので簡単です。取れないか不安に感じたときは、手縫いで縫い付けましょう。

写真のように何枚も別の生地で作ることで、気分に合わせてカラーや柄を変えることができます。ほつれることもあるかもしれませんが、それは市販品も同じです。自分で作ると愛着が湧きますし、欲しかったものを作れます。いろんなアレンジ方法もありますので、楽しめること間違いなしです。

結びつけるものではなく、立体的なリボンを付けるときは、長方形の布と中心で留める役割をする細めの布を用意します。長方形の布の中心をつまみ、細い布で巻いて留めればリボンの完成です。長方形の布で形を決めた時に手縫いで軽く縫っておくと、巻き付けるのが簡単になります。ボーダーやドット、柄があるとアクセントになったり、服に合わせることができ、ファッションに統一感が出ておしゃれ度もアップしますね。

シンプルかつおしゃれなクロスターバンです。メインとなる布を2枚用意して、クロスさせ、他のヘアバンドの作り方と同じようにゴムを付ければ完成です。シンプルなのにおしゃれに決まり、ファッションにも取り入れやすいので、人気が高いデザインです。シンプルな無地も良いですが、柄のある生地で作ると、アクセントにもなります。

Einwk4knfh4iqftjqalz
引用: https://www.instagram.com/p/Bdhd1XUhCpK/

シンプルな黒の生地とインパクトのあるチェックの生地を合わせてリボンターバンを作られています。目を引くデザインでかわいいですね。ヘアバンドに合わせて服を決めるのも楽しそうです。

Ueppvtpm1wxyzal6afzb
引用: https://www.instagram.com/p/-jN4p4KvKW/

ニットのヘアバンドです。シンプルにニットだけのヘアバンドですが、素材がニットなので秋冬にとてもマッチしますね。ほつれを防止できればお手持ちのニットでも挑戦できるので、やってみてはいかがでしょうか?

リボンの部分にチュールも重ねてあります。ドットのチュールがとてもかわいいですね。お子さんのおめかしにも最適です。チュールを長方形に切って、布と一緒に縫えば簡単にできます。

I2zy4oedpculabocsmod
引用: https://www.instagram.com/p/BVR86vCAAgu/

ヘアバンドもシュシュも同じ生地を使われているようですが、ヘアバンドのほうはチュールのリボンが付けてあり、立体的なリボンがとても印象的ですね。シュシュにはラッピングでも使えるようなリボンを縫い付けていて、星のチャームがさりげなく見えてとてもかわいいです。

関連記事

Tシャツやタオルでのヘアバンドの作り方はいかがでしたか?思ったより簡単にできる、やってみようと思っていただけたら幸いです。お気に入りだったTシャツ、タオル、違う形でよみがえらせて、おしゃれをもっと楽しみましょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BkR9BQojdMb/?tagged=%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89