Dq1asjoyymmzl1mmy2xv

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

髪を染める期間は?染めすぎは頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは?

2018.06.21

髪を染めている人は、次回染めるまでの期間はどれくらい空けば良いのか気になるところ。染める期間によっては頭皮や髪が傷む可能性が高くなる場合も!リタッチとフルカラーの併用で、メリット・デメリットは?などカラーリングについてのポイントについてご紹介させて頂きます。

  1. 【髪を染める期間は?場合によっては頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは?】
  2. 【髪を染める期間は?場合によっては頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは?】
  3. 【髪を染める期間は?場合によっては頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは?】
  4. 【髪を染める期間は?場合によっては頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは?】
  5. 【髪を染める期間は?場合によっては頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは?】
  6. 【髪を染める期間は?場合によっては頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは?】
  7. 【髪を染める期間は?場合によっては頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは?】
  8. 【髪を染める期間は?場合によっては頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは?】
  9. 【髪を染める期間は?場合によっては頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは?】
  10. 【髪を染める期間は?場合によっては頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは?】
  11. まとめ

髪が痛む理由

N5m1xim18z6u1x6s7isv
引用: http://naturaltrust.net/2010/03/post-60bd.html
髪が痛む理由は人それぞれですが、大きく分けて遺伝的要因と後天的要因に分けられます。 まず遺伝的要因についてですが、言葉の通りです。例えば天然パーマの父とストレートヘアの母から生まれてくる子供は天然パーマといったところです。どちらかのタイプを持って生まれるのが遺伝的要因です。
Uo2oi5hshljzaamvq9rm
引用: http://naturaltrust.net/2010/03/post-60bd.html
次に後天的要因についてですが、後天的要因にはいくつかのパターンに分類する事ができます。
Etcfpq1xck9gwjqrflle
引用: http://eitopi.com/ohmygod-imi
①毎日の生活によるダメージ・・・紫外線・乾燥・ほこりなど
②洗髪方法・・・正しく洗髪をしていない場合ヘアトラブルに繋がる可能性があります
③コテやアイロンなどによる熱の負荷
④ダイエットやストレスなどによるホルモンバランスの乱れによる栄養不足
⑤カラー・パーマによるダメージ
髪が痛む後天的な理由として5つにまとめましたが、今回はカラーリングについてのヘアダメージについてご紹介させて頂きます。

関連記事

美容師室へ行く理由

Zhiktbpp4okaf7ztzwgy
引用: https://www.recolor.jp/lab/shiragazome/retouch/
美容室へ行く理由は人それぞれかと思いますが、カット・カラー・パーマ・ヘッドスパなど様々です。 特にカラーについては、足を運ぶ頻度についてどれくらいの期間を設ければ良いのか気になるところです。 カラーにはおしゃれ染めのファッションカラー・白髪隠しのグレーカラー・根元だけ染めるリタッチカラーなどがあります。髪を染めていると気になるのが伸びてきたところ。でもどのタイミングで行けば良いのか?根元だけ染めれば良いのか?それとも全体を染めるべきなのか?白髪染めについてもどの期間を考えれば良いのか?など、カラーのお悩みは人それぞれです。
Xgmnfadurzwp87wphy0x
引用: https://www.ruan.co.jp/column/usuge/is-damage-for-coloring-be-cause-of-aga/

髪の伸び方

R7zrze8z1eqvv84x1nal
引用: https://www.recolor.jp/lab/shiragazome/retouch/
髪の伸び方ですが、大体1日に0.3〜0.5mm程度伸びているそうです。個人差はありますが、そう考えると1ヶ月で約1cm〜1.5cm程度伸びるという事になります。2ヶ月で2cm〜3cmです。2ヶ月もすればさすがに、伸びてきたところが気になり始めます。
Ttvqtb0kemhc3nkd3le3
引用: http://masumikusumoto.com/1681

カラーリングの期間 ファッションカラー

カラーリングをすると少なからず髪はダメージを受けるという理由から、一体どのくらいの期間を設ければ良いのか?やはり伸びてくると、どうしても「気になる」「早く染めたい」という思いがあります。 髪の伸び方から考えると大体2ヶ月程間隔が空けば美容室に行くという感覚です。 まさにその通りで、大体それくらいの期間が空いていればカラーリングしても良いでしょう。 しかし、髪への負荷を考えると、ファッションカラー(おしゃれ染め)は毎回フルカラー(全体を染める)はおすすめできません。
Lrtnryckaqgwl8ljscxn
引用: https://www.ruan.co.jp/column/usuge/is-damage-for-coloring-be-cause-of-aga/
フルカラー→リタッチ→フルカラー→リタッチのように少しでも髪へのダメージが少ない事をおすすめします。 毛先は髪の毛の中で一番ダメージを受けている部分です。伸びてきた部分だけが気になるのであれば根元だけを染めるのが良いでしょう。リタッチ2のフルカラー1のペースでも良いですね。
しかし染めた部分は日々色が退色していきます。せっかくのお気に入りのカラーリングも3・4ヶ月もすれば雰囲気も変わってしまいます。リタッチは髪へのダメージは少なくすみますが、デメリットとしては当初のカラーリングとは少し違う色・違う雰囲気になってしまう事と、どうしても以前染めたところとは差が出てしまうと言ったところでしょう。全く同じように均一に染めるというのは難しいです。
Qqtdc1peiub7wes17c8b
引用: http://hakuhatsu.net/labomo.html

カラーリングの期間 白髪染め(グレーカラー)

白髪ですが、生えてくるとどうしても目立ってしまうのが悩みどころです。白は膨張色の為、周りの毛が黒い場合ピカッと光るように目立ってしまいます。元々髪が明るい色の人はあまり目立ちませんが、日本人の髪は黒(暗い色)がほとんどです。やはり白髪が生えてくると目立ってしまい、カラーで隠す他はありません。
Tt4q8vpufy85ub57a4ir
引用: https://www.recolor.jp/lab/shiragazome/retouch/
白髪は生える量・生える場所によって白髪の見え方は様々です。顔まわりに多いと鏡をみる度に気になってしまいますね。また、生え際が真っ白なんて人もいるかと思います。頻繁に美容室に行くのが難しい場合は、自宅で簡単に白髪染めをしている人もいるでしょう。美容室に行くのであれば、髪の伸び方を考えると白髪の場合、3週間もすればリタッチを行う事をおすすめします。また、ファッションカラー同様、リタッチとフルカラーを交互にする事により、髪への負担も軽減できます。
Hbzl3cogsnuvzaca0xgo
引用: http://tomio23.com/archives/9535

白髪を染めないという選択

Mtfivpv4ddveoyit2zsr
引用: https://grayhair.tokyo/photoofgrayhaircelebulities/
いっそのこともう染めなくてもいい!と白髪染めをしない選択肢も最近ではあります。芸能人でも美しいグレーヘアの方がいます。でも、これって、カラーをやめるタイミングが難しく、疎らになってはかえって汚く見える?などの懸念から白髪染めをしないという選択より、まだ、カラーで白髪を隠すという人のが多いかもしれません。外国人のおじいちゃん・おばあちゃんなど綺麗なグレーヘアの方をよく目にしますが、元々が金髪だったり、明るい茶色だったりする為、そもそも日本人に比べ、白髪が気になりにくいのかもしれませんね。カラーをしないという選択が髪には負荷がかからない為、いつかは・・・。とお考えの方は選択肢の1つにいれておくのをおすすめします。
C3tmsojoqs4xxqgt7rqt
引用: https://matome.naver.jp/odai/2150630532339045901

カラーリングによる頭皮へのダメージ

ヘアカラーによる頭皮へのダメージですが、乾燥肌・敏感肌の方は、頭皮の角質層が剥がれやすくなり肌荒れ・炎症と言ったトラブルを引き起こす可能性があります。頭皮へのダメージ進行すると、抜け毛・薄毛の可能性が高くなります。その為、できるだけ頭皮にはカラー剤がつかないよう、注意して塗る事が必要です。
Xl220mfvl8p0fplryzfd
引用: http://www.aderans-shop.jp/shop/pages/wig_column_CT01_01.aspx

カラーリングによる髪へのダメージ

カラーリングは頭皮だけでなく、髪へもダメージがあります。そもそもヘアカラーをするという事は髪のキューティクルを開き、カラー剤を浸透させているわけですから、髪へのダメージも大きいです。キューティクルが開く事によって、髪の水分が失われ、乾燥し、キシキシの髪になりやすいというわけです。
Rum9enezcqo9xgsorx5b
引用: http://www.aderans-shop.jp/shop/pages/wig_column_CT01_01.aspx

アフターケア

Cniwbndfcj90o8igb3cn
引用: https://www.atama-bijin.jp/hair_care/hair/dry_hair/drying_measures/
先ほど、カラーリングすると頭皮も髪の毛もダメージを受けるとお伝えさせていただきました。 このことから、カラーリングの後は、しっかりとトリートメントし保湿ケアをする事が大切です。 また、カラー剤が残っていては困りますので、カラーリング後の洗髪は正しい方法でしっかりと行うのが理想です。
Zwbxbsbmn2xdz5s9ukxj
引用: https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Hair_33094/

正しい洗髪方法

Yzpsx0mhdifpfbgr3zpb
引用: https://ikumouzai-ranking.info/shampoo-method/
髪のダメージを少なくする為、洗髪方法も正しく行う必要があります。ブラッシング・シャンプー・トリートメント・タオルドライ・ドライヤーのこの5つのポイントが大切です。
Eilew3fbsgl271jorhpp
引用: http://www.columbusmedicalhealthjobs.com/entry3.html

関連記事

Kqjt2e4mj4vd7muxs4eg
引用: http://www.peace-of-hair.com/concept
いかがでしたでしょうか?今回は髪を染める期間は?場合によっては頭皮や髪が傷む?リタッチのメリット・デメリットは? についてご紹介させていただきました。1度カラーをしてしまうと、時間の経過と共に伸びてきたところが気になります。リタッチやフルカラーで上手にカラーリングするのもありですが、いっそのこと何も手を加えないなんて事もありです。髪は何もしなくても日々ダメージを受けています。健康的で若々しい髪でいるために、正しいヘアケア方法を学ぶ事が大切です。
Q4mmzyyhra0ynteeptrv
引用: https://www.pinterest.jp/pin/791859546955918010/
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.mag2.com/p/news/259204