Im8pj5cgf5q4yljcwc40

料理

CATEGORY | 料理

簡単すぎるパスタレシピ!超時短でも超美味しい!身近な材料でパパっと!

2018.06.22

時間がないけれども美味しいものをしっかり食べたいときにおすすめなのが、簡単に作れる時短パスタです。時短パスタの条件は、調理時間が平均5分。そして身近な材料を使うこと。そこでひとりランチにおすすめの、簡単に作れる美味しい時短パスタをご紹介します。

  1. 簡単&時短&美味しいパスタ、あなたはいくつ作れますか?
  2. 簡単パスタ!時短で美味しい!❶冷製トマトパスタ
  3. 簡単パスタ!時短で美味しい!❷バジルソースパスタ
  4. 簡単パスタ!時短で美味しい!❸大根おろしツナパスタ
  5. 簡単パスタ!時短で美味しい!❹たらこクリームパスタ
  6. 簡単パスタ!時短で美味しい!❺ネギパスタ
  7. 簡単パスタ!時短で美味しい!❻梅肉パスタ
  8. 簡単パスタ!時短で美味しい!❼ペペロンチーノ
  9. 簡単パスタ!時短で美味しい!❽サバ缶のパスタ
  10. 簡単パスタ!時短で美味しい!❾塩レモンのクリームパスタ
  11. 簡単パスタ!時短で美味しい!❿チーズパスタ
  12. まとめ~簡単&時短&美味しいパスタ
イタリアの郷土料理のパスタですが、麺好きの日本人も大好物。お料理は、手間をかければかけるほど美味しくできますが、家族が出かけていないとき、もちろん一人暮らしの方も、簡単に作れるパスタを覚えておけばお腹も満足、心も満足することと思います。ちなみにいろいろな味のパスタ料理がありますが、下のアンケート調査の結果からもわかるように、時代と共に好まれるパスタ料理が変化しているようです。
料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」では、ブログの読者を対象に、8月から9月にかけて好きなパスタを調査し、371件の回答を得た。トップ10は以下のとおり。 【あなたの大好きなパスタは?】 1位 カルボナーラ (35%) 2位 ペペロンチーノ (32%) 3位 明太子パスタ (31%) 4位 ジェノベーゼ (30%) 5位 アラビアータ (22%) 6位 ペスカトーレ (20%) 7位 ミートスパゲティ (17%) 8位 ボンゴレ (16%) 9位 ボロネーゼ (14%) 10位 ナポリタン (12%)  1位の「カルボナーラ」は作り方に関する質問も多く寄せられ、圧倒的な人気。イタリアの”素うどん”ともいえる「ペペロンチーノ」も堂々の2位。また、家庭ではあまり一般的ではない「ジェノベーゼ」が4位。一方、日本人が「パスタ」ではなく「スパゲティ」しか知らなかった時代に人気を博していた「ミートソーススパゲティ」は7位、「ナポリタン」は10位となっており、日本人のパスタの好みも変化しつつあるようだ。

さまざまなパスタ料理が食べられる現在、分析コメントにもあるように、日本人のパスタの好みも変化しつつあるようです。たぶんジェネレーションギャップもあるのではないでしょうか。

関連記事

夏の定番パスタのおすすめと言えば、こちらの冷製トマトパスタ。ひんやりした麺の舌触りが、暑い夏にはとてつもなく美味しく感じられます。身近な材料、夏の旬野菜のトマトで作れるレシピです。ひとりランチにもおすすめです。トマトのほかに、ツナを入れたり、生ハムを入れたり、キノコを入れたりと、いろいろなアレンジができます。バジルをトッピングすると、目にも鮮やかな一品のできあがりです。
次の身近な材料で作るおすすめレシピは、バジルソースを絡めただけのもの。家族が誰もないひとりランチのときに、ささっと簡単にできるのがうれしい。アレンジでエビやアボカドを入れるのもおすすめです。バジルソースは、家庭菜園や台所菜園でバジルを栽培している方でしたら数枚の葉っぱを使って簡単にできますので挑戦してみましょう。面倒な方は市販のソースを用いましょう。バジルソースの作り方はこちらのレシピをご参考にしてください。シンプルだけど、コクのあるおいしさです。
身近な材料の大根おろしをたっぷり使った、和風のおすすめパスタです。レシピはとても簡単です。茹でたパスタに、おろした大根をトッピングし、さらにツナをトッピングしただけ。そしてソースは、しょう油。お好みでポン酢でも合います。ひとりランチのときに超時短で作れるレシピです。アレンジは、海苔をトッピングするくらいがちょうど良いでしょう。シンプルイズベストの美味しさです。
タラの卵を塩漬けした‟たらこ”も、年中食べられる身近な材料です。そのたらこを使ったおすすめレシピが、たらこの生クリームパスタです。ひとりランチで食べるにはちょっともったいないかな?と思うほどのプチ贅沢。
ソースは、たらこの袋を破って卵を出します。そこに生クリーム(カロリーが気になる方は牛乳を)を加えて作ります。それをパスタに絡めるだけです。トッピングに刻み海苔もOKです。アレンジとして、エビやイカなどの魚介類を合わせるとさらにゴージャスになります。そうするとやはり、ひとりランチはもったいない!?
ネギもいつも身近にある食材なので、簡単に作ることができます。こちらは、長ネギを麺に和えただけおすすめレシピです。罪悪感を感じないで食べられるので、ひとりランチにぴったり。薄切りにしたマッシュルームを入れるのもおすすめです。長ネギは、斜め薄切りでも良いですし、小口切りでもお好みで。また‟ネギ尽くし”と銘打って、スライスした玉ねぎを入れるアレンジもおすすめです。ソースはさっぱりとしたポン酢が合います。
梅も一年中手に入る身近な材料です。こちらも罪悪感を感じずに作れる、ひとりランチにぴったりのおすすめレシピです。梅干しから種を取り、梅肉をペースト状にします。オリーブオイルやニンニクチューブを使ってソースを作ります。あとぱパスタに絡めるだけ。梅の酸味が、暑い夏をさわやかにしてくれます。アレンジに、やはり身近な材料のイカやネギをアクセントに入れるのもおすすめです。
市販の「ニンニクチューブ」を使った、超簡単なひとりランチにおすすめのシンプルレシピです。シンプルすぎるのはさみしい……ということでしたら、アレンジとして、身近にあるお好みの材料を加えるのもおすすめです。トッピングに厚切りベーコンや大葉を。シンプルながらもコクのある一品です。
いつでも1缶100円前後で買うことができる、身近な材料のサバの缶詰。和風にしょう油で味付けし、ゴロンとした形のままトッピングするのもおすすめですし、ほぐしてトマトジュースを使って洋風に味付けするのもおすすめです。大根おろしやカイワレをたっぷりのせても美味です。
レモンの爽やかさとクリーミーなソースが、暑い夏にぴったりです。レモンも生クリームも身近な食材なので簡単に作れ、ひとりランチにおすすめです。調理のポイントは、レモンの酸味を残すために、あまり長い時間火にかけないようにすること。塩レモンクリームソースは、ほかの淡白なお料理にも合います。例えば、白身魚や鶏肉のソテー、茹でたジャガイモなど。
一時期流行った塩レモンですが 市販のレモンでは農薬まみれで作れません 幸い我が家では無農薬の美味しいレモンが買える環境にありますので 真面目に作ったお塩の天日海塩750お塩ちゃんで作りました。 因みに一般的のものは塩分10%位から在ります。

身近な食材は、チーズと牛乳だけ。シンプルだけど麺の美味しさを充分に堪能できます。そして麺に絡まったチーズの濃厚なコクが後を引く美味しさです。牛乳は加熱すると分離するので、小麦粉を少し加えてつなぎにします。ひとりランチにぴったりの簡単に作れる時短レシピです。

関連記事

身近な材料を使って簡単に作れるパスタの、おすすめ時短レシピをご紹介しました。ひとりランチの最大のポイントは、身近な材料を使うことと、超時短であること。今回ご紹介した10レシピは、どれも美味しいのに簡単に作れるものばかりです。ぜひ作ってみてパスタレシピのレパートリーに加えてください。また、お好みでいろいろなアレンジもしてみましょう。ご友人やご家族にも作ってあげると喜ばれます。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738969433