Mjoi47sapvu9eruh9eg5

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

髪を脱色するメリット・デメリット!ブリーチとカラーの違いは?セルフでも?!

2018.06.30

夏に向けて髪を染めたい人は多いですよね、そんな時に脱色をしたほうがいいのか迷っている方はいませんか? 髪を傷めてしまう恐れのある脱色のメリットデメリットやカラーとの違いやセルフでの処置などを今回紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください!

  1. 髪を可愛く染めたい!
  2. 髪の脱色って必要?
  3. 髪の脱色とカラーの違い!
  4. 髪の脱色は自分でもできる?
  5. 髪の脱色のメリット①カラーの幅が広がる
  6. 髪の脱色のメリット②繊細な表現ができる
  7. 髪の脱色のデメリット①髪が傷みやすくなる
  8. 髪の脱色のデメリット②色が抜けやすくなる
  9. なるべく髪を傷めずに脱色する方法!
  10. 脱色して自分好みの髪色を
引用: https://img.cpcdn.com/news_articles/8706/m/184496206e7f5935b6b9befa684b1d70.jpg?1437184191
夏にもなりましたし、イベントが多いという方は多いのではないでしょうか? せっかくのイベントなら、可愛い髪色で挑みたくはないですが、しかし美容院で髪を染めるのにも色々な種類があるので、どの染め方で染めたらいいのか迷うこともありますよね。 夏の流行のカラーなどは分かってるkr度染め方がわからないという方はたくさんいると思います。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/smIMGL4136_TP_V.jpg
髪を可愛く染めて夏を思いっきりたん惜しむためには、自分がどんな髪色になりたいか知っておくことが重要です。 自分がなりたい色に合わせて、染め方も変えていきましょう! せっかく髪を染めるなら、満足の行くヘアカラーに一回でたどり着けるようにヘアカラーに関する知識を高めていきましょう。

関連記事

引用: https://biyou-iryou.jp/img/guides/451/151727.jpg
ブリーチという言葉を聞いたことはありますか? ブリーチは髪を脱色することを指します。髪の脱色をするのにも美容院ではお金ががかかりますよね。 なぜ脱色をするのかわからない方も多いと思うので、脱色が必要な理由を答えていきたいと思います。
引用: https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2015/05/Fotolia_82232693_XS.jpg
例えば髪が黒髪の方は髪を染める際、句を色の色素が邪魔をして、カラー剤がうまく髪に入らないことが多いです。 カラー剤をうまく髪に含ませるために脱色をします。脱色をして、色素が入りやすい状態に髪を持っていくことで、希望の色に染めやすくすることができるので、透明感のあるカラーや髪に入りにくい色を入れたい場合は脱色をすることが多いです。 もちろん脱色をしなくても、髪を染めるkとはできますが、脱色をした場合としていない場合とでは明らかに髪色が違います。なので、より発色を良くしたい人などは脱色をすることが多いです。
引用: https://d3kszy5ca3yqvh.cloudfront.net/wp-content/uploads/2017/6/6/14/9b253306cec7cbd9140826b3eaf48f47_180.jpg
脱色やブリーチとは別にカラーもあります。カラーとはその名前の通り、髪色を変える方法のことを指します。 カラーと脱色の違いは、色を入れるか入れないかです。ブリーチの場合はただ髪から、色素を抜くといった感じなので、ブリーチをした場合ブリーチの程度にも良いrますが、金髪から茶髪になります。
引用: http://www.dewpoint-salon.com/wp-content/uploads/2015/09/-e1442208289839.jpg
しかしカラーはブリーチとは違い髪に色素を入れるので、入れる色によって青や赤、緑を感じさせる髪色にすることもできます。自分の髪が持たない色を入れることができるので、髪を染めるというのは一般的にはこっちを指すことが多いと思います。 ブリーチは髪の色を抜く、カラーは髪に色を入れると覚えておくといいと思います。
引用: https://www.amazingworld.jp/fig-mag/wp/wp-content/uploads/2017/04/shutterstock_328547924.jpg
そんな脱色ですが、美容院でやろうと思うとお金がかかってしまいますよね、カラーでも高値段をかけるのでそれに加えてブリーチまでお金を取られたら困るという人も多いのではないかと思います。 セルフカラーという、自分で髪を染める人が増えたように、自分でブリーチをする人も増えています。 最近では外国人カラーなどの透明感のある色が好まれているので、自宅で透明感のあるカラーに染めるために脱色をするという人も多いようです。
引用: https://jo-shiki.com/wp-content/uploads/2016/10/14644632_l-1024x683.jpg
セルフでブリーチをするのには市販で売っているブリーチ剤を使うことをお勧めします。 自分のなたい髪色に近づけるように、カラーの色も考えてブリーチの回数も変えたほうがいいかと思います。 美容院よりも安くブリーチがしたいという方はセルフでブリーチするのがおすすめです。 しかし美容院で脱色するよりも髪は傷みやすいので注意して行うようにしてくださいね。
引用: https://d1wjnekklco6g3.cloudfront.net/photo/pSFm1bljkATs50FBpDhGv6YallbsCFjw/1/58e1258c27814de27ae6101058eba98a8f8b18b94cc5374338400146e924e043.jpg
脱色をすることで、髪に入っている色素が抜けるので、普通の人ではうまく入らないような原色に近いカラフルな色なども、きちんと出すことができます。 髪を染めた時に、もっとこういう色の方がなどと思うこともあるかと思いますが、ブリーチをきちんとすることで、好みの色にほぼ確実になることができます。
引用: https://d1wjnekklco6g3.cloudfront.net/photo/OtpvvxngtZdTRsVp54RmcZaJIC4WZt4l/1/3eac2a0f987c9e91f55100996e0ac36ba40943b02aa8fcb6040077e98bd22d48.jpg
また、普通の人では入りにくいとされている、青などの寒色もキレイに出すことができます。 ヘアカラーのこだわりが強い人には脱色をすることで、より理想に近いヘアカラーにすることができるので、おすすめです。脱色した人としていない人とではカラーの幅には明らかな違いがあります。自分が出せる色の範囲が広がるのが脱色をすることのメリットだと思います。
引用: http://throw-web.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/04/2f093738abf4af72b6786b2e19a7c03b.jpg
脱色をすることで外国人のような透明感のある髪色を出すことができるようになります。今流行りのアッシュなどの外国人カラーになりたいという方は脱色をすることでより透明感を出すことができるようになるのでおすすめです。 脱色することで、色を正確に出すことができるようになるので、よりその色の特長を生かす髪色にすることができるようになるのです。
引用: https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexpub%252Ffeed%252FBeautyNaviNews%252F2018%252FBeautyNaviNews_beautynavi3527%252FBeautyNaviNews_beautynavi3527_17f621e61aea6cb92154_4.jpg,small=600,quality=80,type=jpg
もちろんアッシュにしたくないという方でも、その髪色を正確に表現することができるので、髪により繊細な雰囲気を加えることができることができます。自分がなりたいカラーに繊細な表現を含んでいたり、非常に明るいカラーを拭くものなのであれば、髪を脱色することで一発でその繊細なカラーに染め上げることができるのでオススメです。
引用: https://img.salon-concierge.net/editor/347/4db83e40a7b390476d9b9482edb0829eea4484ae.jpg
脱色をするとどうしても会が傷んでしまいます。その上カラーカラーなどを重ねてしまうことになるので、どうしても、髪が傷んでしまうことになります。後でも書きますが、きちんとしたアフターケアなどをしてもらえば、ダメージはある程度抑えることができますが、それでも髪が傷んでしまうことには変わりはないのです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR3FSREs8qWhXGXqOyB565ZnySFjtcq-gDfguvixfIqRoQ7Z0Zz
また脱色をするために、まずキューティクルを広げて色素を抜くのですが、その際に髪のキューティクルが傷んでしまうということもあります。きちんと気をつけて脱色をしないと、髪から栄養分が抜けて、髪がパサパサになり傷んで行ってしまいます。k舞を大きく傷めてしまう可能性があるということが脱色のデメリットと言えるでしょう。
引用: http://shinichihonda.net/wp-content/uploads/2016/09/20160906110331.jpg
脱色をして髪を染めると、なかなか髪にそのカラーが定着をしないというデメリットがあります。なぜかというと、脱色をして、髪が傷んだことにより髪に色素が入りやすくはなりましたが、それと同時に色素が抜けやすくなっているということがあります。
引用: https://scontent-lax3-2.cdninstagram.com/vp/3cd9f815277b6b1e461516f2ad1b82da/5B989E76/t51.2885-15/s480x480/e35/29088591_138254560336672_5641847251656507392_n.jpg
アッシュなどのヘアカラーはそもそも髪に定着しにくいカラーなので、一週間もしたらまたブリーチした時の色に戻ってしまうということもよくあります。自分の理想の色が保たれるのすごく短い時間なので、とても残念に思ってしまう方も多いかもしれませんが、カラーシャンプーなどをすることで髪色亜を長く元せることもできます。頻繁に髪を染めるという方にはデメリットにはならないかもしれませんが、長くこの髪色で過ごしたいという方には、コストもかかるのでデメリットになると思います。
引用: https://alan-pics.s3.amazonaws.com/uploads/picture/image/4346/thumbnail_Female-hand-holding-comb-and-hot-thermal-scissors-cutting-tips-495772810_1258x838.jpeg
どうせ脱色して好みのカラーに染めるなら、ダメージは最小限に抑えたいですよね。 髪のダメージを最小限に抑えるには脱色をした後にきちんとアフターケアをすることが必要です。 アフターケアにはトリートメントできちんと髪を補充してあげることが最も効果的です。 いつもより念入りにトリートメントをして、なるべく髪のダメージを残さないようにしましょう!
引用: https://www.amazingworld.jp/fig-mag/wp/wp-content/uploads/2017/04/shutterstock_328547924.jpg
もしお店で脱色してもらうという方には、少々お金は高くなると思いますがトリートメントの施術もつけてもらうようにすることで、髪にダメージを最小限にすることができます。またヘアカラーで一度にダメージが加わらないように、ヘアカラーする人ブリーチをする日を避け、両方でケアをするということも大切です。セルフでもお店でもケアをしていない人としている人とでは髪のダメージ量には明らかな違いが出ます。なので、きちんとしたケアをすることが重要になります。

関連記事

引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2017/09/hair-color-rc.jpg
いかがでしたか?脱色には色々なデメリットもありますが、髪の色をはっきりとださせるためには必要です! 自分がなりたい色がはっきりとしている方はお店でもセルフでもいいので脱色してキレイな発色を目指しましょう! しかし脱色にもデメリットがあるので、デメリットをしっかりと考慮して上で脱色するかどうかを考えるようにしましょう!
引用: http://naruhodo72.com/wp-content/uploads/2017/07/girl-1246525_640.jpg
脱色するには費用もたくさんいると思うのでセルフで脱色するのもおすすめです。しかしセルフで脱色すると、やはりダメージや脱色具合の調整なども少し雑になってしまうこともあるので、きちんとアフターケアもすることが肝心です。この夏キレイな髪になるように、脱色をしてみるのもありだとは思うので、ぜひ挑戦してみてください
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2016/11/e2885de7385011b81556fe0a17f91dd3-e1479452506808.jpg