Pqcevaqgge5mdbcfhqwg

暮らし

CATEGORY | 暮らし

簡単に手洗いで洗濯する方法!手洗いの正しい方法やあると便利な道具も!

2018.06.24

毎日の洗濯で、表示を見て手洗いなど正しい方法でしていますか?洗濯機でも洗濯ネットに入れれば安心と簡単に考えていたら、縮んだ…なんて失敗は避けたいところ。洗濯表示に基づき正しい方法で行うことでメリットもあります。そんな手洗いの簡単な方法や洗剤、道具などをご紹介!

  1. 正しい方法で洗濯、簡単な手洗いを判別するには洗濯表示の理解が必要!?
  2. 正しい方法で簡単に手洗い洗濯するメリット
  3. 正しい方法で簡単に手洗い洗濯するメリット① 洋服の寿命が伸びる
  4. 正しい方法で簡単に手洗い洗濯するメリット② 洗濯機より汚れが落ちやすい
  5. 正しい方法で簡単に手洗い洗濯するメリット③ 洗濯物を溜めず衛生的
  6. 正しい方法で簡単に手洗い洗濯するメリット④ 節約でエコ
  7. 正しい方法で簡単に手洗い洗濯のポイント① 使う道具
  8. 正しい方法で簡単に手洗い洗濯のポイント② 温度
  9. 正しい方法で簡単に手洗い洗濯の基本【押し洗い】
  10. 手洗い洗濯の便利グッズもおすすめ
  11. まとめ
洋服の内側についている取扱い表示。その存在は知っているけど、正しい理解が出来ている人はどれくらいいるでしょう…正直、あまり気にせずに洗濯ネットに入れて自動洗濯機におまかせという人も少なくないかもしれませんよね。
大切な洋服は、クリーニングに出そうと思って放置している間にシミになって落ちない状態になる。ということもあり得ますよね。1枚だけクリーニングに出すのは、結構手間に思えてしまうものです。そんなとき、洗濯表示の正しい理解が出来ていれば自分で簡単に手洗いが出来てしまうんです。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-ZRc8W4njDtc/UYiN0wMgb7I/AAAAAAAARTk/znRwe2GgjAs/s400/cloth_onepiece.png

手洗いで洗濯出来る洋服

手洗いの洗濯に適している洋服を判断するには、洗濯表示を確認することが大切です。既に知っている人もいると思いますが、2016年の12月に洗濯表示が改正され海外と統一表示になりました。
現在は、改正以前の洗濯表示が付いている洋服をお持ちの人も少なくないと思われますので、混在して持っているといえるでしょう。改正前と後で表示の違いは下記の通りです。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-Sg9VCmfS6oM/WerK_d3MAjI/AAAAAAABHsI/EQP1PpFYrogSO4mgm159bmDfoVkYTuwwgCLcBGAs/s400/ofuro_sentaku_senmenki_water.png
【改正前】…台形の桶の形に「手洗イ」というイラスト表示
【改正後】…台形の桶の形に「手洗イ」というイラスト表示
基本的には、上記の洗濯表示がある洋服は手洗いでの洗濯がおすすめ。その他の表示でも手洗いで洗濯する場合には、注意すべき点があります。

手洗いで注意するポイント

①桶の形に×印マークの表示 ②「ドライ」の表示 この2点の表示がある洋服は、「水洗い厳禁」という意味になりますので、クリーニングでプロにお任せするのが良いですね。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-PFLLGRLtpIE/Wi4fuF-m5JI/AAAAAAABIqI/0WA7SEUk3sY_2xZ320fhgtuoiMt1Ve3swCLcBGAs/s400/animal_chara_araiguma_cleaning.png

お気に入りの洋服は手洗い洗濯がおすすめ

洗濯を繰り返すことで、洋服の寿命は短くなってしまうもの。先に述べた注意すべき表示は除き、お気に入りの洋服は出来るだけ手洗いで洗濯するのがおすすめ。手洗いで洗濯することで、生地への負担も軽減され長く着られるメリットも。
また型崩れしやすいニット類、ワンピースなども手洗い洗濯が望ましいです。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-sdmRLYZU_Xs/VD3RgtNyT9I/AAAAAAAAoDo/s1PHmAarRr8/s400/fashion_onepiece.png

関連記事

手洗いでの洗濯は、面倒という印象があるかもしれませんが、コツを覚えれば簡単なんです。また、手洗い洗濯の方法種類もいくつか存在するのですが、まずは基本を覚えることをおすすめします。基本を覚えれば、手洗いでの洗濯が身近になり旅行先などでも洗濯物を溜めずに気持ちよく過ごせるメリットもありますよ♪
引用: https://4.bp.blogspot.com/-3PDmsO6EyHw/UO1Dp4mjntI/AAAAAAAAKfE/fTVtWt3L5ro/s400/sentaku_kago.png
洋服は着ているうちに、どうしても多少劣化していくものですよね。でも、洗濯の繰り返すことによるダメージが一番大きいと言われています。洗濯機は機械なので、その動作力で摩擦が起きてしまうから避けようがありません。
その点、手洗いで洗濯すれば加減が出来るので生地への負担も軽くなるのです。ひとつづつ洗濯すれば、摩擦や引っ張り合いなども避けることが出来、寿命を延ばすメリットにつながります。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-h3aDJgmAXxQ/U-8FpIkbExI/AAAAAAAAkvc/NVCwrz9BCEc/s400/kaden_sentakuki.png
洗濯機は、1度に何枚もの洋服を洗うのが便利ですよね。ただし、汚れが綺麗に落ちない場合もあります。手洗いでの洗濯は、1枚づつ洗えて汚れた部分はより丁寧に洗うことが出来るのもメリット。
また先に汚れた部分だけ手洗いで洗濯しておき、次に洗濯機で洗うのも良いでしょう。先に部分洗いしておくことで、洗濯機だけでは落ちにくい汚れ落ち対策にもなるメリットもあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71VRWclwtYL._SL1500_.jpg
ひとり暮らしだと洗濯物が溜まるまで、数日放置しておくこともあるのではないでしょうか。汗をかいた洋服を放置しておくと頑固なシ汚れ、臭いの元にもなってしまうことに。
その日のうちに、手洗いしておけば洗濯物が溜まらず衛生面でも◎特に下着やデリケートな洋服は、溜めずに軽くだけでも手洗いしておくことをおすすめします。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-sWPN9w02cJY/Udy6jqsg-mI/AAAAAAAAWIY/kvEIIjXJDUU/s400/busy_syufu_man.png
手洗いは電気を使用しないのはもちろん、使用する水の量も少なくなります。必然的に水道と電気代の節約につながるメリットも。またクリーニングに出す回数が減れば、クリーニング代の出費も削減。お財布はもちろん、環境にも優しいエコ対策としてもGOOD。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-6eX4a0aKzH0/UVTVHAV0-DI/AAAAAAAAPCc/JP2uDFtSvqk/s400/saifu_gamaguchi.png
手洗いで洗濯するときに使う道具は次の通りです。
【道具】①洗面器(水を張れるもの。バケツなど深さがあるものより浅めで幅広タイプが適しています。)
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ob7wmfaiL._SL1500_.jpg
【道具】②洗濯洗剤(洋服の表示に合わせ、粉末・液体・おしゃれ用洗剤から適したものを選ぶ)洗剤のパッケージに表示されている分量を確認して、洗剤を使用するのがコツ。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-buopaEekCK0/UO1Dq039R0I/AAAAAAAAKfM/T28Kw-CFyoo/s400/sentaku_senzai.png
【道具】③洗濯ネット(繊細な飾り付きの洋服は、洗濯ネットに入れて手洗いがおすすめ。また、洗濯機での脱水利用時にも)
【道具】④ゴム手袋(手荒れが気になる人は手袋での手洗い洗濯がおすすめ。)
引用: https://1.bp.blogspot.com/-lMxDTV_QBk0/UOKDnQTn2UI/AAAAAAAAKO4/fZkAIXfMAM4/s400/souji_tebukuro.png
手洗い洗濯では水の温度も大切。ぬるいと感じる程度がGOOD。洗い始めてから終わりまで、温度差を同じくらいに保つのもポイント。なるべく時間を空けずに、短時間で集中的に終えるようにしましょう。
引用: https://1.bp.blogspot.com/-PTRKn50Xskk/Ut0BHXqIV2I/AAAAAAAAdSw/NrpoZ--BnVw/s400/ondokei.png
簡単に出来る手洗い洗濯の基本となる「押し洗い」は、手洗い洗濯の基本となる洗い方です。ニットやセーターなどウールの素材、カットソーやパンツなどのかさがあるものを洗うときに適しています。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-TA551kn59Cw/Wov1VZdKmaI/AAAAAAABKbo/YFWBimAV2_cCN7ICzPwzSqABbEr9CgqGgCLcBGAs/s400/fashion_sweater_set.png

押し洗いの手順①【洗い方】

汚れた部分を外側にして畳み、たらいに用意した洗剤液の中で優しく軽く押すように洗います。この動作を20~30回ほど繰り返します。
形を崩さないように、同じ状態のまま押し洗いを繰り返すのがコツ。この動作で、洗剤が繊維の中を通り汚れを落としてくれるのです。

【おすすめ動画】セーターの手洗い(1)手洗いのしかた 押し洗いの方法

基本の手洗い洗濯「押し洗い」について、動画を参考にしてみると分かりやすいかもしれませんね。

押し洗いの手順②【すすぎ】

洗いが終わったら、洗剤液を流し捨てて新しい水を入れ替えてすすぎます。すすぎ方は、洗うときと同じ動作で行うのがコツ。2回程度新しい水に入れ替えてすすぎ、綺麗な水になったのを確認出来たらOK。
また、すすぎの後には柔軟剤で仕上げをしましょう。水に柔軟剤を入れて良く溶かしたら洋服を押しながら入れて3分程浸します。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-fEnZ3CS3a2w/WVn8qrg9ynI/AAAAAAABFPA/62lkIoU27Zs7CFOmvIRima6P5e2HRt5BwCLcBGAs/s450/sentaku_tearai.png

押し洗いの手順③ 脱水

脱水は、洗濯機を使うなら30秒程度で終了です。最後まで手作業なら、タオルドライの脱水がおすすめ。バスタオルを広げた上に洋服を置いて、バスタオルで挟み込み押してタオルで水分を吸収する方法です。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-JBDiga-EFRE/V7kyPZlGouI/AAAAAAAA9L4/94z3QRKmcy4IEbOtxi-WmRMl0Vq1jj8XwCLcB/s400/sentaku_net.png
最後に、手洗いで洗濯するときにおすすめの便利グッズを1つご紹介したいと思います♪人気通販サイト「Amazon」ではベストセラー商品になっています。

サンコー 洗濯ブラシ びっくりフレッシュ ちょこっと洗濯

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71VNq-cm5PL._SL1378_.jpg
サンコー 洗濯ブラシ びっくりフレッシュ ちょこっと洗濯 \817
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71e8VRr7ihL._SL1378_.jpg
なかなか手洗いだけでは、落としにくい汚れをクリーナーを使って落とすことが出来ます。クリーナーで汚れを落としてから洗濯機に入れると洗濯機だけでは、落とせなかった汚れも落とせます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71QpNfcNxmL._SL1378_.jpg
手に持ちやすいサイズの便利なグッズ。少量の洗剤をつけて繊維で洗うので、生地に負担がかかりにくい特徴もポイント。
本当に汚れが良く落ちます。 主人のカッターシャツ👔を洗剤溶液につけ置きしておいて、これで軽くこするだけで、簡単にエリ汚れが落ちます。サニタリーショーツに付着した血液も簡単に落ちます。買って良かったです。

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/717XiaWjceL._SL1378_.jpg
いかがでしたか?手洗いといっても昔ようのに洗濯板で苦労することではありません。洋服ごとに取扱い表示があるので、それに適した方法で洗うことでダメージを少なく出来るメリットもあります。
洗濯表示も手洗いマークは簡単なので覚えやすいのも特徴。お気に入りの洋服は、自分で手洗いすることでさらに長く愛用出来ますよ。まずは、基本の押し洗いからトライしてみませんか♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71VRWclwtYL._SL1500_.jpg