Vilvbezkiquuonjkizs6

料理

CATEGORY | 料理

ポン酢のレシピの人気ランキング!実は万能!やみつきタレも!

2018.06.23

ポン酢で食べる肉や野菜、サッパリ味で美味しいですよね。これから到来する暑い夏には、食欲もダウン。ポン酢でやみつきタレを作ったり実は万能なんです!人気のポン酢レシピ、ランキング上位の中から美味しいメニューをチョイスして、人気のポン酢レシピのご案内です。

  1. ポン酢で作る人気のレシピ1「豚肉と玉ねぎのポン酢炒め」
  2. ポン酢で作る人気のレシピ2「新玉と鶏皮ポン酢」
  3. ポン酢で作る人気のレシピ3「いかのマヨポン炒め」
  4. ポン酢で作る人気のレシピ4「きゅうりとツナのポン酢和え」
  5. ポン酢で作る人気のレシピ5「ポン酢で和風ハンバーグ」
  6. ポン酢で作る人気のレシピ6「豚バラ肉の水菜巻き」
  7. ポン酢で作る人気のレシピ7「ししとうのポン酢炒め」
  8. ポン酢で作る人気のレシピ8「豚肉と白菜の重ね蒸し」
  9. ポン酢で作る人気のレシピ9「アジのタタキ」
  10. ポン酢で作る人気のレシピ10「ポン酢でさっぱり鶏モモ照り焼き」
  11. ポン酢味で食欲もすすみます
豚肉と玉ねぎの組み合わせ。思い出すのは遥か昔の学生時代、母親が作ってくれていたお弁当のおかず。何年にも渡るお弁当の中で、この組み合わせが一番多かったと思います。お袋の味が溢れるお弁当、豚肉と玉ねぎって鉄板だったんですよね。塩胡椒味やケチャップ味にソース味、すき焼き風の甘辛味など、使う具は同じでも味のアレンジは様々で、そしてどんな味でも美味しい組み合わせでもあります。

やみつきになる万能手作りのタレ1

新玉と鶏皮ポン酢、これは居酒屋の定番的なメニューですよね。鶏皮というのは、焼き鳥屋さんで食べるものだと言う固定観念を持っているせいでしょうか。新玉ねぎの旬は春、市場に出回ってくるのが4~5月になります。普通の玉ねぎより、かなり甘みが強く生でも食べられるくらいです。これは、同じ玉ネギでも違うものなのでしょうか。なんて思ったりしますが全く同じ物なんですよ。普通の玉ねぎは、収穫後1ヶ月ほど乾燥させてから出荷となるのですが、新玉ねぎは収穫後すぐに出荷したものなんです。

やみつきになる万能手作りのタレ2

いかや海老をボイルして、マヨネーズを付けて食べる。このシンプルさが美味しいし、マヨラー(マヨネーズの好きな人)の方にはたまりませんね。甲殻類を食べる組み合わせとしては、マヨネーズがベストマッチかも。でも、マヨネーズとの相性の良い調理法はボイル、これがソテーされたメニューになれば、同じマヨネーズでもポン酢が加わったマヨポンが最高に美味しいですよ。このマヨネーズ&ポン酢のセット、鉄板の味付けかもしれません。ソテーでもボイルでも、何にでもお味を高めてくれる、困ったときの味付けがマヨポンなんです。

やみつきになる万能手作りのタレ3

夏野菜の主要メンバーの1つなのがきゅうりです。暑い毎日が続く夏の時期、きゅうりの爽やかさと僅かに感じるにがみが美味しいですね。そのきゅうりが際立って目つメニューが酢の物。様々な食材とセットで作られるきゅうりの酢の物です。でも、この酢の物というシンプルな食べ物で、きゅうりの入っていない酢の物は、なんだか気の抜けた炭酸水のようなもの。普段は付け合せなどの脇役の多いきゅうりですが、酢の物の時は、みごとな主役となるのです。

やみつきになる万能手作りのタレ4

関連記事

ハンバーグ、誰もが知っているミンチ肉を使って作られる料理ですね。今や、日本人の食生活にしっかりと根付いているメニューでもあります。レストランでもご家庭でも人気のメニューの1つ、このハンバーグのアレンジ度はかなりの広角で、ミンチと混ぜ合わせる野菜類や調味料など、結構限りのない選択ができるんです。そして、ハンバーグには欠かせないソースも、相当にレパートリーが広いですよね。このソースでこってり味やさっぱり味の調節をしています。ポン酢を使ったソースは典型的な和風味、食べる人をホッとさせてくれるハンバーグを作りだしています。

やみつきになる万能手作りのタレ5

普段メニューの中で重宝するのが豚ばら肉、今日は何を作ろうかと、困った時のお助け食材となります。ボイルして豚シャブ風にしても美味しいですしソテーもOK、様々な調理法で活躍をしてくれます。その中で、ちょっと手の込んだ感のあるメニューが肉巻きです。ちょっぴり手間がかかる感じですが、用意した食材(今回は水菜)を豚バラで巻くだけなので、手間と言うほどでもありませんね。豚バラ肉は、常に冷蔵庫に待機させておくと、とても重宝できます。

やみつきになる万能手作りのタレ6

ししとう、獅子唐辛子のことですね。でも、普通にはししとうと呼ばれて親しまれている食材。原産は中南米だとか、でも、しっかりと和食にも合いますよね。ししとうは唐辛子と言っても甘味種の唐辛子で、野菜の甘さとピリリとした刺激を併せ持っています。獅子唐辛子、熟すと色も赤くなってきます。市場で売られているのは、熟する前に収穫されているからなんですね。様々な調理法に対応してくれるししとうですが、たまに激辛のものが混じっています。唐辛子なので当たり前ですが、食べるロシアンルーレットとは良く言ったものですね。

やみつきになる万能手作りのタレ7

関連記事

豚肉と白菜の重ね蒸し、白菜をたくさん食べることのできるヘルシーな料理です。白菜を1個買ってきて、残ってしまうことって少なくないですよね。料理がお好きな方なら、山ほどある白菜メニューで使い切ってしまうところでしょうが、普通の方ならどうしようか迷ってしまいます。そんな時に良いのが、豚肉と白菜の重ね蒸し、作り方も簡単で蒸し料理なのでお肉の余計な油も落として今います。あっさり味で食がすすむメニュー、気が付けば完食しているといった、美味しく食べやすいお料理です。

やみつきになる万能手作りのタレ8

アジのタタキは、なかなか自宅では食べられないしと思っている方も多いのではないでしょうか。でも、和食のお店で注文しても、もっと食べたいんだけどなんて思ってしまいますよね。ガッツリ食べたいなんて思った時は、スーパーでお造り用のアジを買って来て、ご自分で作りましょう。アジのお造りは高級魚に比べても低価格、財布を気にせず購入できます。作り方も簡単なので、アジのタタキを食べるなら、自宅の手料理がおすすめです。

やみつきになる万能手作りのタレ9

鶏もも肉の照り焼き、人気メニューの1つですね。照り焼きと言うと濃厚な味付けの印象ですが、ポン酢を使うことで、サッパリといただくことができ、夏向きのメニューとも言えます。鶏肉はヘルシーですし良く使う食材の1つ、でも照り焼きって手間がかかりそうな感じですよね。でも大丈夫、フライパンで簡単にできます。更には電子レンジを使えば、思いっきり時短の照り焼きもできるので、レパートリーに入れておくと便利です。

やみつきになる万能手作りのタレ10

今回は、「ポン酢のレシピの人気ランキング!実は万能!やみつきタレも!」をテーマとして、ご案内を致しました。調味料の王様とも言えるポン酢、鍋物には欠かせない存在です。でも、鍋物以外の料理にも、力を発揮してくれる調味料なんですよね。さっぱりしたタレ作りにも外せませんし、漬け汁としてもタレにも隠し味にも、万能で使えるのがポン酢で、やみつきになってしまいそうです。