Kfjoicvzuue2vq3pykut

オイル

CATEGORY | オイル

タオルドライのコツ!時間はどのくらい?抜け毛を防ぐ正しい髪の乾かし方

2018.06.22

髪を乾かす。毎日のように行っていることですが、正式なタオルドライのコツってあるのでしょうか?時間やどのくらいの時間やるのか?オイルも…?タオルドライのやり方で抜け毛が増えることってあるのでしょうか?美しい髪のためのタオルドライのコツをまとめてみました

  1. タオルドライのコツ!時間はどのくらい?オイルはつける?抜け毛を防ぐ正しい髪の乾かし方【タオルドライとは】
  2. タオルドライのコツ!時間はどのくらい?オイルはつける?抜け毛を防ぐ正しい髪の乾かし方【どんなタオルがいい?】
  3. タオルドライのコツ!時間はどのくらい?オイルはつける?抜け毛を防ぐ正しい髪の乾かし方【基本のタオルドライ】
  4. タオルドライのコツ!時間はどのくらい?オイルはつける?抜け毛を防ぐ正しい髪の乾かし方【抜け毛の原因】】
  5. タオルドライのコツ!時間はどのくらい?オイルはつける?抜け毛を防ぐ正しい髪の乾かし方【タオルドライと抜け毛】
  6. タオルドライのコツ!時間はどのくらい?オイルはつける?抜け毛を防ぐ正しい髪の乾かし方【ヘアオイルは必要?】
  7. タオルドライのコツ!時間はどのくらい?オイルはつける?抜け毛を防ぐ正しい髪の乾かし方【ヘアオイルのつけ方】
  8. タオルドライのコツ!時間はどのくらい?オイルはつける?抜け毛を防ぐ正しい髪の乾かし方【ドライヤーの使い方】
  9. タオルドライのコツ!時間はどのくらい?オイルはつける?抜け毛を防ぐ正しい髪の乾かし方【ドライヤーの使い方その2】
  10. まとめ
Dsenq4xtusf4x9cv6uga
引用: http://beauty-note.jp/dry-faster-hair
タオルドライってもちろん行っていますが、正しいやり方を意識している方ってあまりいないのではないでしょうか?髪を洗った後はもちろんタオルで拭いています。っていうことで改めて考えてはいないですよね。
中には自然乾燥という方もいるかもしれませんが、濡れたままにしておくと髪のためにも頭皮のためにもなりません!特に頭皮を濡れたままにしておくと細菌などが繁殖しやすい環境になってしまいます。
どうせドライヤーで乾かすからという方も、濡れた状態では長時間ドライヤーを当てるため髪を傷めたり、必要以上に頭皮に熱を与える結果となります。タオルドライはドライヤーの前にできるだけ水分を取っておくためにもとても大切なんですね
では、とにかく力任せにゴシゴシ拭けばよいのかというと、それもまた髪や頭皮のためになりません。
E1nriq5flr2yjzkmojpe
引用: https://tiful.jp/hair/article/bc-37/mc-65/sc-108/writing-001323/
タオルドライは頭皮(地肌)の水分を取るようにすることが、細菌の繁殖を防ぎ衛生的に保つためにも大切です。また、タオルドライをしっかりしておくことでドライヤーの熱から髪の毛のキューティクルを守り美しい髪を守ることもできます
Okdcuugctyjjxmcpjy2c
引用: https://www.atama-bijin.jp/hair_care/trouble/dryer/good_towel/
タオルドライに使うタオルはどのようなタオルが良いのでしょうか?
◎吸水性が高いこと
◎サイズは髪の長さに合わせて
◎柔らかく、肌への摩擦が少ないもの
天然素材派、マイクロファイバー派どちらもご自分の肌の状態に合わせてチョイス可能です
美容師さんの意見では「使い古したタオルの方が吸収力が高くてGOOD」なんていうこともあるようです
ロングヘアにはターバン式のタオルもGOOD!
Xpvi4jxzdfn8warb1azb
引用: https://www.google.co.jp/aclk?sa=l&ai=DChcSEwiQ0trQ8NvbAhVIiY8KHQ4AB3sYABAFGgJzYg&sig=AOD64_2v-c_33ODaJ1DKGrILI2OZ7QVChw&ctype=5&q=&ved=0ahUKEwjX7dXQ8NvbAhWIG5QKHcL4AWEQwg8IQQ&adurl=
タオルドライの基本のやり方をご紹介しましょう
◎まずは髪の毛を束ねて絞る
◎タオルを頭にのせて指の腹でポンポンとたたくように水けを取る
◎地肌の水分が取れたら、髪の先の水分を取っていく
コチラはロングヘアのタオルドライのやり方です

関連記事

Em4o2kviud3vllfxkiie
引用: http://any-stress.com/archives/18863
シャンプーやドライヤーの後に抜け毛が多くて不安になることありますよね。そもそも抜け毛の原因はどういうものなのでしょうか
抜け毛はある程度は普通の現象なのです。抜け毛には、通常のものと、そうでないものがあるということです
Wcg7mqptgxtediyrtpmx
引用: https://doctors-me.com/doctor/symptom/117
健康な髪は大体3年から6年ほどで自然に抜けるのです。一日だいたい50本から100本。抜け毛には毛根が白くて膨らみを持っているという特徴があります
★心配な抜け毛とは
◎1日200本以上
◎細く、短い
◎毛根がついてないか、形がいびつなもの
こういう状態の抜け毛が増えているときは薄毛のサインかもしれません。
代表的な原因は
① 生活習慣の乱れ、ホルモンの乱れ
② 不適切なヘアケア方法
③ 脱毛症
Zouwenzwenxc0ug6sqyx
引用: https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwif4u6oht_bAhVIk5QKHSXnDwgQjhx6BAgBEAM&url=https%3A%2F%2Fgoody8.com%2F39330%2F&psig=AOvVaw2LyBw-C-pqWlZ6m8luo4lN&ust=1529474407878704
タオルドライの後、タオルに抜け毛がついてて不安になることがあります。タオルドライで、抜け毛になることがあるのでしょうか?
抜け毛の根本的な原因は先にも上げたようなことですが、ホルモンや生活習慣の乱れなどで髪の毛が抜けやすい状態になっていると少しの刺激でも抜けてしまいます。
この機にシャンプーやコンディショナーなどのヘアケア商品やタオルドライやドライヤーの使い方を見直してみるといいですね。
頭皮や髪の毛のタオルドラの根本的な考え方は、摩擦を起こさないこと。頭皮でのゴシゴシ、ロングヘアをこすり合わせてのタオルドライはNG.この癖を治すだけでも抜け毛を予防できます
シャンプーの仕方も気を付けたいですね!
Buine6433gnhwdegvhkq
引用: https://my-best.com/413
髪の毛や頭皮を健康に美しく保ちたいという方にヘアオイルが人気のようです。しかし間違った使い方はかえって髪や頭皮にダメージを与えてしまうことに。
ヘアオイルの役割は、髪に潤いやツヤを与え保湿をする効果があります。トリートメントやパックなどで潤いを補給した後にオイルで蓋をすることで、相乗効果となります。
T9kdkvrq4ox8awpcflka
引用: https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiArs_nht_bAhXXdt4KHdRGAXgQjhx6BAgBEAM&url=https%3A%2F%2Fwww.hairdoctor-women.com%2Fusuge-syoujou%2F1350.html%2Fattachment%2F%25E8%2580%2583%25E3%2581%2588%25E3%2582%258B%25E5%25A5%25B3%25E6%2580%25A7&psig=AOvVaw2lSmZk5BP8r6Qq2GdXsE1S&ust=1529474536316514
ヘアオイルはドライヤーの熱からのキューティクルをまもり、潤いを保つことや、ブラッシングの際の摩擦によるダメージからも守ることができます
また、頭皮の潤いも保ち、乾燥を防ぐことで抜け毛の予防も期待でき、頭皮マッサージを行うなど頭皮の血行促進にも効果があります
Ifvrdhwx5tu9l4msmdxw
引用: https://hadalove.jp/hairoil-howtouse-21253
髪は濡れている状態が、キューティクルが開いているため一番傷みやすい状態です。その際にオイルを使用するのが一番効果的です
濡れた髪に使うことでドライヤーの熱からも守ることができます
Es0vkelkgewfhhdblwng
引用: https://www.biteki.com/hair/trouble/235591
また、朝のスタイリングの前にヘアオイルを使用することも可能です。髪が多くて広がってしまう。天気によってまとまりづらいなどの悩みにも効果的です
Etugzoe4vg69vz4dlc7g
引用: http://www.skincare-univ.com/article/000183/
タオルドライ、ヘアオイル、そして最後にドライヤーを使う方も多いかと思います。やはり髪と頭皮のためにドライヤーも正しく使いたいですね
濡れた髪はデリケートな状態です。あまり長い間ドライヤーの熱を充てるのはNG! でも、頭皮が濡れた状態で放置するのは細菌の繁殖を増加させてしまい、においなどの原因になります。
まずは短時間で頭皮を乾かすことが優先。毎日のケアになしますのでしっかり覚えたいですね
ドライヤーにも今やいろいろな種類があります。遠赤外線や、マイナスイオン。髪と頭皮を考えたヘアケアシリーズとして考えられているのですね。
タオルドライを丁寧に行ってもドライヤーの使い方や種類による効果をわかっていれば鬼に金棒です!抜け毛が気になるという方は買うときの参考にするといいですね!
また、くせ毛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?ヘアオイルも有効ですが、ドライヤーのかけ方も知っておくといいですね!

関連記事

Dmkwf8x90bn9ucrtbtpd
いかがでしたか?
間違ったヘアケアは髪の潤いやツヤ、スタイルさえも崩してしまいます。
正しいタオルドライ、ヘアオイル、ドライヤーの使い方で、いつまでもサラサラの美しい髪とヘアスタイルをキープしたいですね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwif4u6oht_bAhVIk5QKHSXnDwgQjhx6BAgBEAM&url=https%3A%2F%2Fgoody8.com%2F39330%2F&psig=AOvVaw2LyBw-C-pqWlZ6m8luo4lN&ust=1529474407878704