Zlq7stlsiabueoimr6hi

小物

CATEGORY | 小物

文字を刺繍する方法!名前やイニシャルをお気に入りの小物に刺繍してみよう

2018.06.21

今回は小物などに自分の名前の入ったイニシャルの文字を刺繍する方法と文字入りの小物類の作品集、図案を紹介します。iphoneケースや巾着など。アルファベットや漢字等の文字の刺繍の簡単なステップから、自分の名前のイニシャルを装飾の仕方などの流れも簡単にご紹介!

  1. イニシャルや名前の入った文字を刺繍する方法!
  2. イニシャルや名前の入った文字を刺繍する方法!【その1:道具を用意する】
  3. イニシャルや名前の入った文字を刺繍する方法!【その2:図案(フォント)などを用意する】
  4. イニシャルや名前の入った文字を刺繍する方法!【その3:図案(フォント)を写す】
  5. イニシャルや名前の入った文字を刺繍する方法!【その4:刺繍糸を用意しよう】
  6. イニシャルや名前の入った文字を刺繍する方法!【その5:刺繍糸をほどく】
  7. イニシャルや名前の入った文字を刺繍する方法!【その6:ステッチ方法】
  8. イニシャルや名前の入った文字を刺繍する方法!【アルファベットや漢字で装飾された小物作品集】
  9. アルファベットや漢字で刺繍された作品集【その1:オリジナルiphoneケース】
  10. アルファベットや漢字で刺繍された作品集【その2:家紋刺繍入り縦長ポーチ】
  11. アルファベットや漢字で刺繍された作品集【その3:クローバー入りのハンカチ】
  12. 文字を刺繍する方法!名前やイニシャルをお気に入りの小物に刺繍してみよう【まとめ】
V4d4on0zzjazd5y5atmr
iphoneケースの小物などに自分のアルファベットで書かれたイニシャルや漢字で書かれた物を作れたらうれしいですよね。オリジナル感があり、それは世界であなただけのものになります。特にiphoneケースのような小物は持ち運びも頻繁なので、「それすごい」、など言われたらわざわざ作ったかいがありますよね。
Msxtc7k3csys94aqdxc4
さらにその技術を元にオーダーメイド系物販ビジネスなどの世界に羽ばたけるかも知れません。はたまたブログ記事、やyoutubeでの情報発信にも需要がある技術でしょう。今回はそんな小物などに刺繍を施す方法をご紹介します。アルファベットで書かれたイニシャルを刺繍する方法や、漢字を刺繍する方法をまとめてみました。

関連記事

Yacccdp8oqb4nj7cplsk
まずは刺繍に必要な基本道具を用意する必要がありますね。その道具が「刺繍枠」、「刺繍針」、「色などついた刺繍糸」「図案」、「布」、「チャコペン・チャコペーパー」が基本的な道具です。刺繍枠はあればいいですかね。
Rmuwi17xqcf2dkxcjo1l
道具が揃ったら、図案を探しましょう。図案というのは基本的にフォントでいいです。気になるフォントがあれば探してください。フリーなら「無料 フォント スタイリッシュ」などで検索すればヒットするでしょう。漢字なら「フォント 無料 日本語」などで検索するかといいと思います。中には漢字だけのフォントなど、カタカナだけのフォント、アルファベッとだけのフォントもあるので探してみましょう。
Dufvzrksl2ajmko9lebs
ただし、フリーのフォントの中には公開はNG、個人仕様はOKなどの著作権があるやつもたまにあるので使用する際は気をつけてください。優良ソフトになりますが、既に持っている人はイラストレーターやphotoshopにもかっこいいフォントだったり、ポップで可愛いフォントだったりいっぱい内蔵されています。そういった物も活用していきましょう。
図案(フォント)を用意できたら、今度は布地に図案を書き写しましょう。ここで使う道具は「チャコペン・チャコペーパー」、「布」、「図案(フォント)を写したコピー用紙」などが必要になります。
Inxyofoj7xeowwibsvfv
どういう風に書き写すのかと言うと、チャコペーパーがカーボン用紙みたいな扱いになるんですね。一番上から「図案→チャコペーパー→布地」という形で重ねていきます。そしてコピーしておいた図案をボールペンなどでできるだけ力強くなぞります。そうするとチャコペーパーがカーボン用紙の役割をしているので、布地に下絵が書かれるという流れになります。
下絵の線の色が弱かった場合は、チャコペーパーなどで書き足すのがありでしょう。
次は刺繍糸を用意しましょう。目的の色の刺繍糸を用意してください。刺繍糸には種類があって「25番刺繍糸」が一般的とされています。初心者の方はこれを選んでおけば問題ないでしょうね。
Ow55pt6nm96l10jmxyl8
刺繍糸はそのままで使用できません。実は見た目は1本ですが、中身は6本ほどあり分けて使うんですね。そのため一本、一本解いていく必要があります。1本解いたら次へという形で順番に解いていく作業をします。
ただ注意しなければならないのが、一本解いた後はきちんと真っ直ぐに直さなければいけません。なぜなら、一本解いた後は、上に引っ張ると下のほうがだまになってしまっています。なので、そのまま2本目を抜くと使い物にならなくなってしまいます。そのため、一本解いた後はまっすぐにする習慣を付けたほうがいいですね。
基本的にステッチ方法は図案(フォント)によりますがひらがなやカタカナ、アルファベットのイニシャルなら「アウトラインステッチ」か「サテンステッチ」で大丈夫でしょう。
線の部分はアウトラインステッチで糸を入れていきます。サテンステッチは面積の広い部分に差し込むのがいいかなと思われます。ただアウトラインをなぞるだけの文字なら、アウトラインステッチでも大丈夫でしょう
ステッチで漢字の表現が難しいのなら、先にアウトラインステッチでアウトラインを表現します。そうすると、線から線の横幅の範囲が明確になりますので、そこからサテンステッチをするのがいいかと思います。

関連記事

Xfspeymsubb3uzkz4ktj
ある程度文字の刺繍方法がわかったかと思いますので、アルファベットのイニシャルや漢字で書かれた小物作品集を紹介しましょう。iphoneケースから、ポーチ、巾着などの小物系を中心に紹介します。手芸DIYのアイディアになるので、参考になると思います。クリエイティブ思考で発想が豊かな人ならここからオリジナルや、独創性を持った物ができるかも知れませんね。
iphoneに愛着のでるオリジナルiphoneケースです。使用してるのはクロスステッチ用の布ですね。クロスステッチの布にオリジナルのイラストを表現し、オリジナルのiphoneケースを作成するという流れのようですね。iphoneケースはクリアタイプにし、布を挟み込んで表現するという素晴らしいアイデアだと思います。まさに世界で一つだけのiphoneケースでしょう。
イラストはおそらく自由だと思われます。応用だとここに自分のイニシャルの入ったアルファベットを刺繍したり、漢字を刺繍したりするといいかも知れませんね。刺繍センスというより、デザインセンスが試されそうです。白い布の面積にどれだけ要素を入れられることができるか、刺繍糸で色の表現などもポイントになりそうですね。
漢字を刺繍する場合、ミシンなどもあるといいですね。スピードが圧倒的に違いますし、かなり正確に縫えます。動画では漢字の「千尋」を表現しています。頑張ればサテンステッチでもいけるかなって言う漢字ではないでしょうか。
クローバー入りのハンカチも可愛いですね。基本はサテンステッチでクローバーを刺繍していきます。小物系ですが、ここに自分の名前のアルファベットのイニシャルを入れるとオリジナル感がましてハンカチに愛着が湧きそうですね。ハンカチの色はできるだけ白に近いものがいいですね。白のハンカチですと、イニシャルに色を付ければより、目立ちます。アクセントとしても目立ちそうですしね。クローバーの色とイニシャルの色が合わせられるかがポイントです。
小物雑貨にイラストを刺繍して、アルファベットのイニシャルを添えるとまたいい味がでそうです。
いかがだったでしょうか。今回は簡単な刺繍方法から、アルファベットや漢字を入れたら良さそうな小物雑貨系の作品集を紹介しました。小物雑貨に自分の名前のイニシャル刺繍を施したりするのは意外と需要があります。オリジナリティがありますし、物に愛着も湧きます。それに「自分の技術すげえ」的な感情もあるでしょうね。もしかしたら物販ビジネスで、ハンカチやiphoneケースのような小物類に刺繍を施して商品を売るという発想を持った人もいるかもしれませんね。作品を作るということはこんなにも楽しいことがいっぱいなんですよ。
Dhqyp09py9sit30ms0iu
文字系の知識を学ぼうと思ったら「タイポグラフィ」という文字表現の一括りの分野になるため結構規模が大きくて覚えるのに大変です。なので、気になる方は調べてみるといいでしょう。