Omvqnrzo10ewvsulilqb

洋服

CATEGORY | 洋服

アロハシャツ【ヴィンテージ】柄、形などの特徴の年代ごとの見分け方とおすすめ!

2018.06.18

夏といえばアロハシャツをイメージする人も多くいるのではないでしょうか?アロハシャツは、夏らしくさっぱりとした服なので気軽に着れて良いですよね!今回なそんなアロハシャツのヴィンテージものの年代、形や柄、特徴での見分け方を紹介していきます。ヴィンテージの特徴はさまざまです!

  1. 形や柄で特徴を掴もう!ヴィンテージアロハシャツのおすすめの年代ごと見分け方とは?
  2. 形や柄で特徴を掴もう!ヴィンテージアロハシャツのおすすめの年代ごと見分け方<アロハシャツとは?>
  3. 形や柄で特徴を掴もう!ヴィンテージアロハシャツのおすすめの年代ごと見分け方<アロハシャツの歴史>
  4. 形や柄で特徴を掴もう!ヴィンテージアロハシャツのおすすめの年代ごと見分け方<アロハシャツと日本人>
  5. 形や柄で特徴を掴もう!ヴィンテージアロハシャツのおすすめの年代ごと見分け方<年代ごとの見分け方>
  6. 形や柄で特徴を掴もう!ヴィンテージアロハシャツのおすすめの年代ごと見分け方【50年代】
  7. 形や柄で特徴を掴もう!ヴィンテージアロハシャツのおすすめの年代ごと見分け方【60年代】
  8. 形や柄で特徴を掴もう!ヴィンテージアロハシャツのおすすめの年代ごと見分け方【70年代】
  9. 形や柄で特徴を掴もう!ヴィンテージアロハシャツのおすすめの年代ごと見分け方<ヴィンテージアロハシャツの見つけ方>
  10. まとめ
引用: https://www.paikaji.co.jp/pic-labo/P152093_white.jpg
夏になると、アロハシャツが欲しい!という人も増えてきますよね!アロハシャツは夏らしい柄で、着るだけでもテンションが上がってしまいます。そんなアロハシャツ、実はヴィンテージのアロハシャツの見分け方があるんです。さまざまなアロハシャツがありますが、どの年代のものか把握できると歴史を感じる事ができますよ。ぱっと見て、どうしたら見分けがつくのでしょうか?
引用: https://askul.c.yimg.jp/lpm/img/magaseek/50087764900I_3L.jpg
そこで今回は、アロハシャツの年代ごとの見分け方を紹介していきます。今回ご紹介するアロハシャツの特徴、もしお店などで見かけたらヴィンテージものかもしれませんよ!

関連記事

引用: https://www.watabe-wedding.co.jp/retrend/shop-kyoto/Hawai-237.jpg
アロハシャツを見た事ある、という人も多くいると思いますがそもそもアロハシャツとは一体どのような物なのかみなさんご存知ですか?見分け方を紹介していく前に、まずはアロハシャツが何なのか紹介していきます。アロハシャツとは、パイナップルやリゾートの雰囲気を持つ柄のシャツの事を示していて、そのトロピカルなモチーフが人気なんです!リゾートとして人気のあるハワイが急速に展開したシャツでもあるので、ハワイアンシャツとも言います。今ではハワイのお土産などにも人気が高いですよね!
引用: https://highfive-aloha.com/wp-content/uploads/2018/03/02-1-e1521023632924.jpg
アロハ(Aloha)とはハワイ語の挨拶の言葉で、「愛情」という意味なども持っています。素材はさまざまですが、主にシルクやレーヨン、ポリエステルなどで作られているそうです。
引用: http://delochunk.com/pic-labo/palaka222.jpg
アロハシャツにも、もちろん歴史があります。もともと古代のハワイ人は「タパ」と呼ばれる布を作り、それを衣類として着ていました。シャツというものがもともとなかったんです!18世紀になりイギリスが始めて「シャツ」というものをハワイに伝えたと言われています。そこから、作業服としてシャツが着られるようになったのです。「パラカ」と呼ばれるシャツを着る人も増えてきました。
引用: http://image1.shopserve.jp/delochunk.com/pic-labo/llimg/IMG_ph4-5.jpg?t=20161111004846
シャツが主流になり、独自の文化を取り入れ作られたのがアロハシャツなんです。ただし、アロハシャツの説は実はたくさんあるんですよ!
引用: http://anythingdic.net/wp-content/uploads/2015/06/aloha_paine.jpg
アロハシャツの発祥は、日本人と大きく関わっていると実は言われてもいるんです。ルーツが日本にあるなんて、びっくりですよね!日本からハワイの移住がスタートし時、移住した日本人は、作業のために「パラカ」を着ていたそうなのですが、それを着物や浴衣で作り直したのがもとの起源だと言われているそうなんです!また、「ムサシヤ」という洋服メーカーの創業者が「アロハシャツ」という言葉を使うようになったとも言われています。
引用: http://img09.shop-pro.jp/PA01042/166/etc/Palaka1.jpg
何となくこのような歴史を知っていると面白いですよね!歴史を知っているからこそヴィンテージのアイテムも見るだけで感動してしまうものです。早速、年代ごとの見分け方について見ていきましょう!
引用: http://www.alohaoutlet.com/Shops/108/Images/30117/108_b.jpg
アロハシャツにはさまざまな見分け方があります。そこで今回は、どのような見分け方があるのか見ていきましょう。一つ一つ紹介していきますね。
引用: http://feeet2.sakura.ne.jp/upload/upload/2016-0704-070.jpg

デザイン

年代ごとのデザインがしっかりと把握していないと難しいですが、まずはデザインで見分けるという方法があります。年代ごとにデザインに変化があるので、面白いですよ!例えば、1930年代のアロハシャツは一定に柄がリピートしたデザインが主流だったそうです。それが1950年代になると、背中全体に一つの大きな絵を見立てたデザインに変化しました。

タグ

次に見ていきたいのがタグです。年代によって、タグの形やデザインが変わっているんでうしょ。タグがもっとも分かりやすいかもしれません。しっかりとヴィンテージかどうか、まだどの年代のものなのか見たい場合にはタグを見てくださいね!

ボタン

ボタンも、年代によって種類が変わってくるんです!後ほど、年代別に詳しく見ていきたいと思います。

えり

えりにもさまざまな形があり、えりによって年代を見極める事ができちゃいます。形や大きさなどが変わってくるので、しっかりとえりを見て見極めていきましょう!

胸ポケット

最後に、胸ポケットを見るという方法があります。アロハシャツには胸の部分にポケットが付いており、そのポケットの形やデザインに変化が見られます!こちらも後ほど詳しく説明していくので、しっかりと見極めていきましょう!
引用: https://shop.r10s.jp/kazzin/cabinet/05549413/05594016/imgrc0072759525.jpg
それではまず、50年代の特徴を見ていきましょう!50年代のアロハシャツを見つける事ができたらテンションも上がっちゃいますよね。まずはどのようなタグが使われているのか気になるという人もいるかもしれません。50年代のアロハシャツのタグは、刺繍で四方を囲うように縫われています。中には、三角のタグもあるかもしれません。また、えりは少し短めで「袋とじ」になっています。ちょっととがった襟が特徴です。
引用: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/7376c5729724cdcc77d7aed48a2333dc/5B664A5E/t51.2885-15/e35/29718244_370521933448851_4297099081542533120_n.jpg
そして、ボタンは竹やココナッツで作られたボタンを使用している事が多いみたいです!ボタンを見ても、分かりやすいかもしれません。
引用: http://www.dracaena.sakura.ne.jp/ec/img/14jl14o1.jpg
次に、60年代のアロハシャツの特徴を見ていきましょう!60年代のアロハシャツは、50年代と同様で刺繍で縫われた四角や三角のタグが特徴的です。また、襟も小さめで袋とじという特徴があります。ここまでは50年代と似ていますが、60年代のアロハシャツには胸ポットが見られます!内側に袋が付くタイプがついているようであれば、60年代のアロハシャツかもしれません。
引用: https://fizz.ocnk.net/data/fizz/product/20160802_528921.jpg
また、ボタンも竹やココナッツでできたものではなく古銭ボタンを使用している事が多いそうです。このような特徴があるアロハシャツであれば、60年代のヴィンテージものかもしれません!
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/rag-and-curio-s_078000020200000
最後に、70年代のヴィンテージアロハシャツの特徴を見ていきましょう!70年代のアロハシャツは、タグが刺繍ではなくプリントのものが多く作られています。これこそが、現代でもよく見るアロハシャツですよね。刺繍からプリントタグになったのは、経費削減の理由があったそうです。また、タグは上の部分だけ直接シャツに縫われているという特徴があります。
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/40/63/b8d5718eb128d166def8e25470a3a60e.jpg
タグだけではなく、襟にも変化が出てきました!襟は小さめのものではなく、大きいものが主流になり表からも縫い目が見れるという特徴があります。さらに、胸ポケットも「上から生地を被せる」というデザインのものが多くなっているのが分かります。
引用: http://www.clutchmagjapan.com/userfiles/images/_N7A1818.jpg
ヴィンテージのアロハシャツを買いたい!という人は、アロハシャツ店などに行ってみると良いかもしれません!アロハシャツも、日本で注目を集めてきているのでさまざまな場所で開催されていますよ。特にこれから暑い季節になってくるので、探してみてくださいね。
引用: http://www.clutchmagjapan.com/userfiles/images/_N7A1651.jpg
他にも、古着やなどに行ってみるとヴィンテージ物が紛れ込んでいるかもしれません!しっかりと見分けて、探してみてくださいね。

関連記事

引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/suzukiseni_56102-009
引用: https://mangohouse.fs-storage.jp/fs2cabinet/167/167039/167039-s-13-pl.jpg
いかがでしたか?今回をきっかけに、ぜひヴィンテージのアロハシャツを見つけてみてください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.halehawaiian.com/shop/upload/save_image/12161737_567122ae75446.jpg