Waauqjlrhimj2isw6jfm

料理

CATEGORY | 料理

疲労回復の食材はコンビニで!気軽に買える食べ物とメニュー

2018.06.21

現代の生活においてコンビニを忘れることはできません。最近では、陳列のお肉や野菜など食べ物の品数も増加中。外食も良いですが、お仕事帰りに気軽に食材を買って、自炊で疲労回復に良い料理を食べるのもおすすめ。今回は、コンビニ食材を使った疲労回復に効くメニューのご紹介です。

  1. 気軽に買えるコンビニ食材で疲労回復メニュー1「豚ヒレ肉」
  2. 気軽に買えるコンビニ食材で疲労回復メニュー2鶏「鶏むね肉」
  3. 気軽に買えるコンビニ食材で疲労回復メニュー3「牛ひれ肉」
  4. 気軽に買えるコンビニ食材で疲労回復メニュー4「卵」
  5. 気軽に買えるコンビニ食材で疲労回復メニュー5「豆腐」
  6. 気軽に買えるコンビニ食材で疲労回復メニュー6「レモン」
  7. 気軽に買えるコンビニ食材で疲労回復メニュー7「トマト」
  8. 気軽に買えるコンビニ食材で疲労回復メニュー8「アボカド」
  9. 気軽に買えるコンビニ食材で疲労回復メニュー9「にら」
  10. 気軽に買えるコンビニ食材で疲労回復メニュー10「ココア」
  11. しっかり食べて疲労回復
豚ヒレ肉は、豚肉の中でも赤身部分が多く、低カロリーなのがうれしい食材。ガッツリお肉を食べたいときでも、豚ヒレ肉を選べば、上手にカロリーコントロールができます。

豚ヒレ肉は、豚肉の中でも最も上等の部分です。豚肉1頭の中で、少量しか取れない希少部位でもあるんです。その豚ヒレ肉には、ビタミンB1が多く含まれています。炭水化物の代謝には絶対に必要な栄養素で、お米が主食の日本人には欠かせないビタミンです。ミネラルも豊富、鉄やカリウムなどの摂取もできるお肉です。更に、オレイン酸も含まれていて、その効果は血中コレステロールを低下させるので、動脈硬化の予防にも有効な食べ物ですね。豚肉は、料理の汎用度やアレンジもしやすいお肉ですので、気軽にコンビニに行って購入、疲労回復メニューのメインとしてお使いください。

関連記事

低カロリー高たんぱくの「鶏むね肉」が心身の疲れを癒してくれるお助け食材だということを知っていましたか? 鶏むね肉に多く含まれる「ある成分」が疲労回復物質として、「最近、なんだか疲れやすい」と嘆くあなたをサポートします。しかも、プチプラ食材なので、家計も助かること間違いなしですよ!

鶏むね肉は、高タンパクで低脂肪として知られています。更には、イミダゾールジペプチドが多く含まれている食べ物なんです。イミダゾールジペプチドとは、「疲労回復物質」として注目なんですよ。老化や生活習慣病から、体を守ってくれるのです。そして、イミダゾールジペプチドのもう1つの効果は、アンチエイジング。脳の老化を防ぎ、脂肪燃焼や快眠などを促進してくれるのです。ただ、効果が現れてくるのが、継続摂取で2週間ほどしてからとか。いろいろな鶏むね肉のメニューをゲットして、続けて食べられるようにしましょう。
牛肉は、日本でも海外でも人気の食材です。食べ方も色々な方法があり、焼肉やしゃぶしゃぶ、すき焼き、ステーキなどさまざまあります。また、牛肉は食べても太りにくいと言われていて、ダイエットをする人にも注目されている食材です。

牛ヒレ肉は、疲労回復だけでなく、滋養強壮や貧血予防にも効果がある食べ物です。ただ、高齢になってくるに従って、お肉は控えめにということになってきます。それでも、お肉をガッツリ食べたいなんてストレスが溜まってきても困りますので、脂肪も少ない牛ヒレ肉が最適ですね。牛肉のたんぱく質には、ストレスや不安を抑制するトリプトファンが不足気味なので、卵やチーズを一緒に食べることをおすすめします。

関連記事

たまごにたっぷり含まれるアミノ酸は、筋肉に残った疲労をとるのに役立ちます。筋肉疲労や筋肉痛を軽減するには、イソロイシン、ロイシン、バリン、アルギニンなどのアミノ酸が効果的です。これらは、筋肉に直接届いてエネルギー源となりますが、エネルギーとなる際に乳酸を発生しないため、筋肉疲労がほとんど起こらないのです。たまごのアミノ酸が、毎日のからだの疲労をリフレッシュしてくれます。

卵は、ビタミンC&食物繊維を除いた、栄養素のほぼ全部が含まれている食べ物なんです。更に、豊富なタンパク質を構成してる20種類のアミノ酸も。その中には、人間に必要不可欠な8種類もバランスよく含まれています。免疫力をアップする助けや老廃物や毒素などを排泄する働きも、アミノ酸があってのことなんです。これらの効果から、疲労回復にも大きく貢献しているんですね。それに加えて、脳組織の老化防止し活性化を促進するレシチンに、ビタミンA・B6・Eにコラーゲンなど、嬉しい効果がたくさん期待できます。
体内にこもった熱をとり、体を潤す。 原料が大豆なので、大豆と同様の栄養成分を含む。 消化、吸収がよいので、胃腸が弱い人、高齢者にもおすすめ。 良質のたんぱく質が豊富に含まれる。疲労回復、ストレス緩和にも有効。 コレステロール値の低下を促すリノール酸や、便通を改善する大豆オリゴ糖、脂肪の代謝を高めるレシチンなども含む。

豆腐は、必須アミノ酸が多く含まれている食べ物です。原料である大豆に含まれているのがイソフラボン。中性脂肪を減らして、動脈硬化を予防してくれます。また、カルシウムも豊富なことから、骨を強くしたり筋肉や神経の働きの正常化に役立っています。疲労には、脳からの疲労と、体からの疲労の2種類があるんです。特に、脳からの疲労の場合、アミノ酸の不足に大きく関係しています。また、疲労の際に傷ついた細胞を修すのにも、アミノ酸の存在が重要なのです。
酸味のもとのクエン酸はレモンの別名「クエン」に由来する。疲労回復やストレス解消の効果が期待でき、疲れたときのリフレッシュにぴったりだ。

レモンと言えば、ビタミンCのイメージが大きいですよね。しかしレモンの効果は、ビタミンCだけではありません。疲労回復に良いとされるクエン酸も、たくさん含んでいるんです。疲れたカラダにレモンって、有効ですよね。レモンにおけるクエン酸の含有量は、果物の中では最高クラス、更には全食品の中においても、第1位の含有量なんです。しっかりとレモンを使った料理を食べて、疲労回復を行ってくださいね。
トマトにはクエン酸やリンゴ酸がたくさん含まれています。これらは新陳代謝を高めるもので、エネルギー作りがスムーズになって乳酸をたまりにくくしてくれます。 ビタミンA、C、E、リコピンが含まれるトマトは抗酸化野菜としても有名。

トマトは、健康から美容に至るまでの、様々な効果を発揮している食べ物なんです。食卓において、極々定番の食べ物ですが、そのトマトが持つパワーはすごいものがあるんです。疲れている時にトマトを食べると、体内の活性酸素を大幅に減らしてくれます。活性酸素の減少は、疲労回復にも絶大な効果があるんですよね。
そもそも、アボカドに含まれる不飽和脂肪酸は、血液をサラサラにする善玉コレステロール(HDL)を増やしてくれる、いわゆる“体にいい脂肪”。さらには、豊富な食物繊維もアボカドの代名詞。適度に食欲を抑えてくれるのも女性に人気の秘訣でしょうね。

アボカドには、美容や健康に欠かせない栄養素が大量に含まれています。アボカドが持つ様々な栄養分やビタミンの中に、疲労回復に効果のあるビタミンB1は、当然の如くに存在しています。その他、リノール酸・オレイン酸、ビタミンもA・B類各種・C・Eに、ミネラルや葉酸などの女性に欠かせない成分もたっぷりな食べ物なんですね。
疲労回復に効果的な食べ物はたくさんありますが、 なかでも代表的なのが「ニラ」です。 お求めやすく、料理にも使いやすい、スタミナフードです。

中華料理ではお馴染みのニラ、レバニラや餃子などのスタミナ料理では外せない食材です。イメージ的には脇役と言った感じですが、豊富な栄養分を含んでいるんです。もちろん、疲れた時の効果も大きいと言われていますが。疲労回復に効果のある食べ物ですが、それはニラに多く含まれているβ-カロテンによる効能だそうです。β-カロテンには、抗酸化作用の上に活性酸素を除去してくれる力もあるんです。
古代のマヤ人や16世紀ごろのヨーロッパでも、ココアは薬として利用されていたという記録がある。その効用は100以上とも。主に滋養強壮、疲労回復、長寿などに効くとされ、金銭として扱われていたともいわれる。

ココアには、ポリフェノールの働きで疲労回復効果があります。更には、テオブロミンという成分が自律神経を調整してしてくれるので、血圧も安定して疲労回復が円滑に行われるのです。そして、ココアが持つ様々な栄養素や成分から、ダイエット効果・便秘改善・美肌効果・冷え性改善・抗菌作用や免疫力アップなどが期待できる、優れものなんですね。
今回は、「疲労回復の食材はコンビニで!気軽に買える食べ物とメニュー」をテーマとした情報でした。最近ではコンビニもどんどん進化して、お店に行けば何でも買えるようなところも増えてきました。野菜やお肉などの品揃いは、スーパーのような訳には行きませんが、それでも1回の食事の準備には困りませんね。お仕事の都合でスーパーなどでの買い物が出来ない時には、コンビニで最低限の食材をゲットして、疲れた体を癒してくれる料理を作って疲労回復に努めてくださいね。