Aqj88e4tzsmxprxoltyp

CATEGORY | 髪

髪のパサつきの原因と改善方法!艶・潤いのあるさらさらの美髪を目指そう!

2018.06.23

しっかりケアをしているはずなのに、髪の痛みやパサつきが気になる。そんな人必見!もしかしたら今までのケア、間違っているかもしれませんよ!髪のパサつきが起こる原因や改善方法を知り、さらさらで潤いのあるさらさらな艶髪を目指しましょう!

  1. 目指せ!潤いたっぷりのさらさら艶髪!【パサつきの原因】①パーマやカラーリングでのダメージ
  2. 目指せ!潤いたっぷりのさらさら艶髪!【パサつき改善方法】
  3. 目指せ!潤いたっぷりのさらさら艶髪!【パサつきの原因】②間違った洗い方
  4. 目指せ!潤いたっぷりのさらさら艶髪!【パサつき改善方法】
  5. 目指せ!潤いたっぷりのさらさら艶髪!【パサつきの原因】③間違った乾かし方
  6. 目指せ!潤いたっぷりのさらさら艶髪!【パサつき改善方法】
  7. 目指せ!潤いたっぷりのさらさら艶髪!【パサつきの原因】④紫外線ダメージ
  8. 目指せ!潤いたっぷりのさらさら艶髪!【パサつき改善方法】
  9. 目指せ!潤いたっぷりのさらさら艶髪!【パサつきの原因】⑤食生活の乱れ
  10. 目指せ!潤いたっぷりのさらさら艶髪!【パサつき改善方法】
  11. 目指せ!潤いたっぷりのさらさら艶髪!まとめ
Pkdko9xpoelnjda5ajr0
おしゃれには欠かせないパーマやカラーリング。パーマやカラーの種類も豊富でとても身近な存在になっていますよね。ですが、パーマやヘアカラーはへの負担が大きく、ダメージを受けやすいハイリスクな施設です。
最近ではダメージが従来の半分の低刺激なパーマ剤やカラーリング剤などもありますが、髪にとってはやはり負担になってしまいます。
このようなダメージや負担がかかることで毛先のパサつきや枝毛、湿気などで広がりやすい髪になるなどの影響が出てきてしまうのです。
Wolytbaix8llxa6ekwba
Uhrypsvjskd94b04ersk

カラートリートメントやヘナ

カラーリングは大きく2つの方法に分けることができ、1つめの一般的にヘアカラーやブリーチと呼ばれている方法は、キューティクルを開かせ元の髪色を脱色し、髪の内側からしっかりと色素を定着させることで半永久的に染めた髪色が持続するものです。
2つめのカラートリートメントやヘナは、髪の表面に染料を乗せ、時間をかけて色素を髪に染み込ませていく方法です。表面を傷付けないため内側まで薬剤が浸透しないので、髪へのダメージはほとんどありません。

アミノ酸系シャンプー

カラーリング後の髪はキューティクルが開き、潤いなどが流れ出やすい状態になっているため、そこに洗浄力の強いシャンプーを使用してしまうとさらに枝毛や切れ毛になり、髪もパサつきがちになってしまいます。そこで髪に低刺激なアミノ酸系シャンプーがおすすめなんです!
アミノ酸系シャンプーは髪や頭皮に近い成分で、ダメージを受けてパサつきが気になる髪もしっとりと潤いたっぷりに仕上げてくれるんです。アミノ酸系シャンプーを使用して優しく洗うように心がければ、カラー持ちも良くなりますよ!
Tfztdgnklganbgaxttt7
Ifbsc6zay3kg11vbx55r
濡れた状態の髪はダメージを受けやすく、雑なシャンプーをすれば傷んでパサつきやすくなってしまいます。髪をゴシゴシこすり合わせたり、爪を立てて頭皮を洗うと髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。シャワーの温度も、高温すぎると皮脂が落ちすぎてしまいパサつきにつながり、低温すぎると汚れ落ちが悪くなります。
Kydrjhoaucmz6xgzbcic
Xpmu2pkccceknbmvkqng
いつものシャンプー方法を少し見直すだけでも艶髪につながっていきます。正しいシャンプー方法をしっかりとチェックしていきましょう!

マッサージの容量で

ゴシゴシと雑なシャンプーでは頭皮や髪に負担がかかってしまいます。シャンプーするときはできるだけ優しく、頭皮も髪もマッサージするような感覚で洗っていきましょう。空気を取り込むようにふんわり洗えば泡立ちも良くなります。
傷みやすい毛先は特に注意して、こすらず泡で包み込むように洗っていきましょうね!シャワーの適温は35℃前後がおすすめです!

洗い残し注意

洗い残しや、すすぐのが不十分だとダメージやパサつきの原因になってしまうので、ゆっくり時間をかけて洗い、すすぐようにしましょう。
Akfsiaykgqpcxwlzepxs

関連記事

Fp7m7rtipdtaduugtqba

ブラッシング

ドライヤーをかける前にブラッシングをする人も多いのではないでしょうか。ダメージの受けやすい濡れた状態の髪を雑にブラッシングしてしまうと、髪のパサつきや痛みにつながってしまいます。

自然乾燥

ドライヤーで髪が痛むと思われがちですが、自然乾燥は髪のパサつきや乾燥の原因になってしまいます。ドライヤーで閉じるはずのキューティクルが開いたままになり、髪の内側の水分が逃げて行ってしまうのです。自然乾燥は、日常生活の中でももっとも髪が痛む行為なので注意しましょう!

タオルドライ

シャンプー後の濡れた髪をゴシゴシとタオルで雑にふくのも、髪と髪がこすれ合い、髪のパサつきや乾燥につながってしまいます。

ドライヤー

ドライヤーをかけすぎたり、髪とドライヤーの距離が近すぎても髪が焼けて乾燥パサつきの原因になり、頭皮の水分までなくなってしまいます。
Dtfbehwscvztjhnxdq4r

ブラッシング

髪を痛めやすいブラッシングは、毛先の方から優しく行っていきましょう。目の粗いクシやブラシを選んだ方が、髪に負担をかけにくいです。天然毛のものならより良いですね。

自然乾燥

日常生活の中で最も髪がパサつき、痛む行為である自然乾燥。傷みすぎた髪は、最終的に切るしかなくなってしまうので、そうなる前にきちんとドライヤーで乾かすようにしていきましょう!

タオルドライ

ゴシゴシ雑にふくのはNGです!頭皮の水分を中までしっかりふき取り、髪はタオルで挟み込むようにして水分を取っていきましょう。正しいやり方でしっかりとタオルドライを行えばドライヤー時間の短縮になり、髪へのダメージを軽減できます。

ドライヤー

ドライヤーは最低でも髪から15㎝は離して行います。根元から乾かしていきましょう。そのまま毛先まで乾かしていき、温風で全体の8割ほど乾かします。仕上げに冷風を当てるとキューティクルが引き締まり、広がりにくく、艶のある髪に仕上がります!
ドライヤーを使用する前に、洗い流さないタイプのトリートメントを使用するのも、パサつきを抑えるのにとっても効果的です!パサつきの予防にはクリームタイプやオイルタイプがおすすめです。
Dsubnuqmbkqavbnj9at8
Jbvrkmci63tefww5w9gm
紫外線対策はお肌に対して行うものだというイメージがありますが、実は髪にも必要なんです。紫外線を浴びると髪はハリやコシがなくなり、さらにパサつきの原因にもなってしまいます。髪が傷みやすい濡れている状態の時に浴びる紫外線は、よりダメージを受けてしまいます。夏の海やプールでは特に注意したいですね。
Kydsnibmqemt4ql6khn2

関連記事

N5a9mriagobmo5npt4dl
帽子をかぶったり、髪用のUVスプレーも販売されています。紫外線をたくさん浴びるような場合にはぜひ活用して、紫外線対策をしたいですね。
Glwb8iddmasbhwpbwtw2
Qoidtg0uppb9le3boudz
体内のビタミンやミネラルが不足したり、髪の栄養不足が起きるとパサつきやすく、弱い髪になってしまいます。その原因として飲酒や偏った食事メニュー、過度の食事制限などがあげられます。
Zfsylluakwukfo5pn9gb
規則正しくバランスの良い食事を心掛け、髪まで栄養が回るようにしていきましょう。忙しくて自炊ができない人は、サプリメントなどで足りない栄養を補うのも良いかもしれませんね!

おすすめ栄養素

さらさら艶髪に特に必要な栄養素は『タンパク質』と『ビタミンB6』です。毛髪成分のほとんどはケラチンというタンパク質でできていて、体内で生成できないので食事から摂取する必要があります。髪のパサつきに効果的です。ビタミンB6はタンパク質の働きをさらにサポートしてくれるので合わせて摂取したい栄養素です。
『タンパク質』と『ビタミンB6』がどちらも含まれている食べ物が『ナッツ類』です。ナッツ類なら調理しなくてもそのまま気軽に食べられるので、忙しい人にもおすすめですね!

水分

食べ物もとっても大切ですが、同じくらい水分摂取も大切です!1日最低約2リットルの水分を補給することが艶髪を作ることにつながります!
Wcujqw5ruenw0pragccq
Zrs4zjxasxwobri4v6cd
『髪のパサつきの原因と改善方法!艶・潤いのあるさらさらの美髪を目指そう!』いかがでしたか。美しい艶髪を作るには、髪への直接的なケアはもちろん、体内からのケアも必要なんですね。正しい髪のケア方法をしっかり知り、潤いたっぷりのさらさらヘアーを目指しましょう!
Bsd5t72ntf0wqyg64guy