Xpxxz1pkk45a00e96t2h

ビジネス

CATEGORY | ビジネス

第一印象を良くする方法!メラビアンの法則とは?表情が鍵?ビジネスや面接に!

2018.06.16

ビジネスの時に避けて通れないもの、それは面接です。面接は第一印象が肝心と言いますが、第一印象を良くするにはどうしたらいいのでしょうか。今回は第一印象を決定づけるメラビアンの法則と、表情など使って第一印象を良くする方法をご紹介します。

  1. まず第一印象とは
  2. 第一印象を決める時に大事なもの・メラビアンの法則
  3. 第一印象を良くする方法!メラビアンの法則・面接①なぜ面接に第一印象が大事か
  4. 第一印象を良くする方法!メラビアンの法則・面接②口下手な人にとっては朗報
  5. 第一印象を良くする方法!メラビアンの法則・面接③清潔感第一
  6. 第一印象を良くする方法!メラビアンの法則・面接④笑顔がカギ
  7. 第一印象を良くする方法!メラビアンの法則・ビジネス①ビジネスの場にも使えるテクニック
  8. 第一印象を良くする方法!メラビアンの法則・ビジネス②場面によって印象を変える
  9. 第一印象を良くする方法!メラビアンの法則・ビジネス③色を使う
  10. 第一印象を良くする方法!メラビアンの法則・ビジネス④小物で色を取り入れる
  11. 第一印象を良くする方法!メラビアンの法則・ビジネス⑤靴のお手入れも肝心
  12. 第一印象を良くする方法!メラビアンの法則・ビジネス⑥姿勢に気を付ける
  13. 第一印象を良くする方法!メラビアンの法則・ビジネス⑦背筋の伸ばし方
  14. まとめ・工夫次第で第一印象は良くなる!
Gwh1d1doldj15gx7b63r
皆さんは第一印象、大事にしていますか?人と人が出会ったときにまず相手に抱く印象があります。この人は怖そうだな、このこの人は優しそうだな、などです。人はそれをほとんどが見た目で判断しています。この第一印象でこの先その人とどういうお付き合いするかが決まってしまうというデータもあるくらいです。 つまり最初の一瞬の印象がこの先の人生を変えていくと言っても過言ではありません。

関連記事

Hxtu2kzu7fe5iuywjhtu
みなさんはメラビアンの法則という言葉を聞いたことがありませんか?もしかしたら心理学を勉強されている方は聞いたことがあるかもしれません。メラビアンの法則とは、心理学者、アルバートメラビアンが提唱した法則のことで、次の三つの要素で人は第一印象を判断してしまうというものでした。
その三つの要素とは視覚情報、聴覚情報、言語情報です。しかもその中の視覚情報が占める割合は55パーセントにものぼり、人はほとんどが見た目で第一印象を決めているといえる結果となったのです。
Pukbxfi1h8shsgp6lhza
ここから逆に言えることは、見た目の印象を良くすれば第一印象を良くすることができるということです。第一印象はこの先のあなたの人生を左右します。次からご紹介する方法を順番に試して、あなたも第一印象を良くしてください。
Ucrbxjw24xjsbfn4znnq
大学生が就職活動で行う面接、または社会人が転職の際に行う面接、いまや面接は何をするにしてもついて回るものです。この面接をクリアしないことにはその次の段階に行けません。面接を通らなければ仕事にあぶれてしまいます。面接は基本的にアルバイトの場合は一回きりのことが多々あります。
Gmcjgy5owm63mysogzsu
つまりこの一回で良い印象を残さなければ次はないということです。一回きりと聞いて冷や汗が出る人もいると思いますが、このメラビアンの法則にのっとると面接も恐怖ではなくなります。
Ubobm3jcccilkxjoclcz
Ujpviwfsreke9wsqthfm
メラビアンの法則によると視覚情報による印象が55パーセントを占めるのに対して言語情報(その人が話した内容、中身)が占める割合はなんと7パーセントしかありません。つまりいくらいいことを言ったとしてもあまり意味がないのです。
がっかりした人もいるでしょうが、逆にこれは口下手な人にとってはチャンスです。あまり話に自信がない方も、見た目さえ良くしていれば面接に受かる可能性が高まることを意味しています。口下手な人ほど見た目に気を使いましょう。
Tb9vv0762dkhkxmqdf6x
では具体的にどう見た目に気を使えばいいのか。まず清潔感が重要です。清潔感は仕事をする上で欠かせないものであり、清潔感があるかないかであなたの人格まで判断されてしまいます。茶色く汚れた襟もとや毛玉の付いた靴下で面接に行ってはいけません。
H68d4ymllp1si7t5bb7w
シャツの襟もとはシャツを洗濯機に入れる前にせっけんをつけ、ブラシでこすり洗いします。それから通常のように洗濯機で洗濯すると真っ白になります。毛玉の付いた靴下は髭を剃る時に使うT字カミソリで軽くなでると取れていきます。こういった小さなお手入れの積み重ねが第一位を左右します。日々の心がけが大事ですね。
Klazcj9fs9oqfuuoebv2
そして清潔感とともに大事なのが表情です。表情と言えば笑顔が大切といたるところで言われていますが、そもそもなぜ笑顔が大切なのでしょうか。人は怒っているときにあまり笑顔にはなれません。にこにこしながら怒っていると、目が笑っていないのです。面接のように緊張する場面で本当の笑顔を見せるのはなかなか難しいものがあります。
そんなときには過去にあった楽しい出来事を思い出すようにしましょう。面接に向かう直前、深呼吸をして楽しかった出来事を思い浮かべます。そのままの気持ちで面接に向かうと自然と表情がキープされます。
扉を開けてあなたの表情を見た瞬間、面接官は第一印象を決めます。その時に笑顔がキープされていれば良い印象間違いなしです。この時のコツとして口元は引き締めている方が自信に満ちた表情になり、面接官により一層の信頼感を与えます。
Nxqmi6n8xkpxw5lvx4z4
さて、無事に面接を通ったあなたはさっそく仕事につきます。新しい仕事では初めてお会いする人たちばかりです。第一印象が良いものであればこれから先の仕事でも優位に働きます。ではビジネスの場で使える第一印象を良くするポイントはどこでしょうか。
Spx50q5ie61tmhhzh5ts
第一印象と一口に言ってもビジネスで持たれたい印象は人それぞれです。頼りがいのある人に思われたいのか、柔軟な対応ができる人に思われたいのか、ビジネスの場では自分が思われたい印象によって見た目を変えていくのが効果的です。
Xlqvdrxhp2ddvvee6ktq
ビジネスの場で第一印象を変えるために役に立つテクニックがあります。それは色を使うことです。活発な印象を持たれたいのなら黄色やオレンジ、冷静な印象を与えたいならブルーを選びましょう。男性はスーツの場合、どこで色をアピールしたらいいのか迷います。そんなときは名刺入れやハンカチなどの小物類で色を取り入れましょう。
Xzorfujrgztzriq2onm4
みなさん名刺入れやハンカチを選ぶ際に面倒だからと無難な黒や茶色を選んでいませんか?小物類こそ周りと差をつけるチャンスです。また小物は気軽に持ち変えることもできるので、プレゼン前には赤い名刺入れを、落ち着いた商談前には癒しの色のグリーンを取り入れるなど、その場その場で臨機応変に対応できます。
また男性で色付きの小物を持っている方は珍しいので、それだけでも話のきっかけになります。名刺入れやハンカチを変えられない人はボールペン本体の色を変えるだけでもいいかもしれません。
U2xqbgmohqnafk0ak2oh
Gqlnasvzqroo4nhwzllg
また、第一印象を左右するものとして靴にこだわるという手もあります。誰もがふと足元に目を落とすことがあります。そんなときにビジネスマンともあろう方が汚れた革靴を履いていたらどうでしょうか。自分が取引先ならこの人に仕事を任せても大丈夫だろうかと躊躇すると思います。靴は常にピカピカに磨いておきましょう。
Xslua8pv4thtvz4bj0mm
お金をかけないで第一印象を良くする方法として姿勢を良くするというものがあります。姿勢を良くすると目線が自然と上を向き、相手とまっすぐ目を合わせることができます。ビジネスマンに大事な信頼感は目と目を合わせることから生まれます。まっすぐ人の目を見れるということは自分に何も後ろめたいことがないという証明にもなります。
B99xxeukmrlcjt7zzpam
背筋を伸ばして肩甲骨をくっつけるイメージで立ってみてください。重心は思っているより後ろにかかります。自然と胸を張る姿勢になるので、かならず相手にとっていい印象を与えるでしょう。定期的に休憩時間にストレッチをして背中の筋肉をほぐしておくといざという時にさっと正しい姿勢を取ることができます。
Vpeytyfxpz3hz9skdcxr

関連記事

W73ym8k875lqck6iasfr
いかかでしたか?今回は第一印象を良くする方法!メラビアンの法則とは?表情が鍵?ビジネスや面接に!をご紹介しました。第一印象では表情がとても大事で笑顔が最優先です。その他にも姿勢や色を取り入れるテクニックなど工夫できる点はたくさんありました。積極的に使って相手に良い印象を与え、ビジネスに活かしてください!