Fqz9mgaymqywlghnzxjk

炊飯器

CATEGORY | 炊飯器

炊飯器の故障を見極めよう!空焚きはNG?故障の原因と処分方法まで!

2018.06.16

炊飯器が故障したことありますか?炊飯器の寿命、空焚きやはがれ、ご飯がパサパサなどの故障の原因、処分方法など炊飯器の故障について詳しく調べてみました。炊飯器の調子がおかしいなと感じる方やそろそろ寿命かなと感じる方などはぜひ、参考にしてみましょう。

  1. 炊飯器の故障が起きる原因は?
  2. 炊飯器の故障が起きる原因①
  3. 炊飯器の故障が起きる原因②
  4. 炊飯器の故障が起きる原因③
  5. 炊飯器の故障?①炊飯器使用中に音がでる時は?
  6. 炊飯器の故障?②ご飯が炊けない時は?
  7. 炊飯器の故障?③おこげができる時は?
  8. 炊飯器の故障の症状は?
  9. 炊飯器の故障の症状①ご飯がパサパサして炊けてない
  10. 炊飯器の故障の症状②炊き上がりのご飯から匂いがする
  11. 炊飯器の故障の症状③炊飯器の接触不良
  12. 炊飯器の空焚きしたら故障する?
  13. 炊飯器の買い替え時期や寿命は?
  14. 炊飯器の処分方法は?
  15. 炊飯器の故障を見極めよう‼
炊飯器の故障が起きる原因を知っていますか?炊飯器の故障する原因を理解して炊飯器を大切に使いたいですよね。また、炊飯器の調子やごはんがパサパサで上手に炊けない時もなど、もしかして故障?と感じてしまいますよね。
炊飯器が故障かどうかを確認するポイントをご紹介しますので、覚えておいて、炊飯器の買い替え、処分、修理をする前にぜひ、一度試してみましょう。

関連記事

炊飯器の故障が起こる原因を見ていきましょう。1つ目は「内釜のコーティングのはがれ」です。お米を洗う時についつい強く洗ってしまったり、キレイになるように、洗う時スポンジでついつい強く擦ったりする人が多いですね。
内釜には、ご飯を美味しく炊くためにコーテイングされているのですが、強く洗ったり擦ることでコーティングがはがれてしまいキレイにお米を炊けない、炊きあがりのご飯がパサパサしているなどの故障の原因になります。
ですので、内釜を洗う時は、コーティングがはがれないように強く洗ったり擦ったりしないように注意しましょう。内釜のコーティングがはがれない洗い方として、内釜の中にお米がなくなったら、内釜に水を入れてしばらく置いておきましょう。
すると、お米がふやけて内釜からはがれてくるので、簡単なすすぎ洗いできれいに洗うことができます。これだと内釜のコーティングがはがれなくてすみますよね。毎日使って洗うものなので大切にしましょう。
炊飯器の故障が起きる原因の2つ目は「炊飯器のお手入れ不足」です。炊飯器の内蓋や隙間などにお米などが挟まっていたりすると炊飯器から臭い匂いが発生してくる場合があります。毎日使う炊飯器は、いつもきれいにお手入れをしるように心掛けましょう。
炊飯器の故障が起きる原因の3つ目は「温度センターのトラブル」です。炊飯器は、温度を調節して美味しいご飯を炊くための温度センサーが内蔵されていますが、その温度センサーが正しく機能しない場合があります。
ただ、こちらの温度センサーの場合は、原因が分からず、突然起こることが多いので、温度センサーのトラブルがでた場合は、炊飯器の寿命だと考えて、処分、修理、買い替えをしましょう。
炊飯器の使用中に普段はでない音がでる場合があります。「ブーン」という音の場合は、内にこもった熱を外にだしているフアンの音です。「チリチリ」や「ジージー」などの音の場合は、IHが火力を調節しているので、心配ありません。
「ブクブク」という音は強火でお米を炊いている音なので故障ではありません。炊飯器の使用中に音がでる場合は、ほとんど故障ではありませんので、覚えておきましょう。しかし、明らかにおかしいなと感じる音の場合は、故障かも知れませんので、専門家に尋ねることをおすすめします。
ご飯が炊けない場合やご飯を炊く時間が異常に長くかかる場合がありますが、この場合は、炊飯中に停電したかどうか、炊飯ボタンを押し忘すれていないかどうかを確認しましょう。炊飯中に停電した時は、炊飯の工程や時間が狂って炊き上がりまでに時間がかかったりご飯がパサパサになったりします。
炊飯ボタンの押し忘れは、いつまでたってもご飯が炊きあがることがないので、注意しましょう。忙しい時や時間に追われている時などは、お米をセットするまでは意識していて、うっかりミスで炊飯のボタンを押し忘れることも時々あります。
炊飯器で炊いておこげがでる場合があります。この時、炊飯器の寿命、内釜のコーティングがはがれて故障かななどと考えがちですが、そうではありませんので、すぐに炊飯器の処分や買い替えを検討しないようにしてくださいね。
お米の研ぎかたが充分じゃない時、長時間お米を水に浸しておいた場合、炊きこんだご飯を再度加熱した時、内釜にお米が残ってひっついていた時などでおこげになることがありますので、注意しましょう。
炊飯器の故障の症状はどういうものがあるのでしょうか?ご飯がパサパサだったり、お米が炊けてなかったりと色々ありますよね。炊飯器の故障の症状を知っておくと処分、修理、買い替えもスムーズに行えるので覚えておきたいですね。
炊飯器でご飯がきちんと炊けない、パサパサしてる、部分的にご飯がべちゃべちゃ、保温していてもお米がすぐにカピカピになるなどの症状がでたら炊飯器が故障していると判断して良いでしょう。炊き上がりが、パサパサご飯やベちゃべちゃご飯の場合は、炊飯器の寿命によって起こる症状のひとつです。
炊飯器のお手入れをきちんとしているにもかかわらず、炊き上がりのご飯からいつもと違う匂いがする症状がでたら故障と判断して良いでしょう。すぐに、説明書の確認や炊飯器のメーカーに問い合わせるようにしましょう。いつもと違う匂いのするご飯は、食べるのを避けるほうが良いでしょう。
炊飯器のボタンを何回か押さないとスイッチが入らないなどの電気や電気コードの接続が悪い症状がでたら故障ですので、処分して買い替えすることをおすすめします。大丈夫な時もあるからと言ってそのまま使っているとご飯がパサパサしたり、電源がいきなり切れたりとトラブルが発生するの覚えておきましょう。
間違って炊飯器の空焚きや空保温をしたり、小さい子どもや猫などのペットが知らずにボタンを押して空焚きにしていたという家庭も少なくありません。炊飯器の空焚きや空保温は炊飯器の故障の原因になると考えてる方が多いですが、故障の原因にはなりません。
空焚きや空保温をしてしまっても、ほとんどの炊飯器には空焚き防止のセンサーや加熱しないようにするセンサーが付いていますので、心配する必要はありません。空焚きや空保温は故障の原因になりませんが、出来るだけしないように注意しましょう。
炊飯器の買い替えの目安や寿命は約6年ぐらいと言われています。ただし、寿命の6年以内に故障がでた場合は、部品の交換などが可能な場合もありますが、修理よりは買い替えたほうがトータル的にお得な場合もあるので、炊飯器のメーカーに問い合わせると良いでしょう。
処分の方法は3つあります。1つ目は「自治体のゴミ回収」2つ目は「リサイクルショップに売る」3つ目は「不用品回収業者の宅配を利用する」です。2つ目と3つ目のリサイクルショップや不用品回収業者を利用する場合は故障していない炊飯器のみ引き受けてくれるので覚えておきましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d4/d424c84d9e15fd547391d113e4c115b0_t.jpeg

関連記事

炊飯器の故障の原因や症状、寿命などについて詳しくご紹介しました。美味しいご飯を毎日食べるためにも炊飯器の内釜のコーティングのはがれには、注意したいですし、炊飯器の寿命、買い替えの時期や処分方法を知っておくと故障した時の対応に困らなくていいですね。
毎日食べるご飯を炊いてくれる炊飯器は、お手入れをしてあげることで故障やトラブルを抑える事ができるので、大切に使っていきましょう。ただし、炊飯器が故障したと判断した場合は、すぐに説明書で確認したり、メーカーに問い合わせしたりして自分の判断だけで対応しないように気を付けてくださいね。