R9uiwx24a1y1ee6cwy2f

注意点

CATEGORY | 注意点

髪を初めて、染める!美容室でオーダー?セルフ?【メリット・デメリット】

2018.06.16

髪を初めて染める人は、美容室でのオーダーがいいの?それともセルフがいいの?と悩む方も多いですよね。初めて髪を染める人にとって、どちらが良いのでしょうか?美容室やセルフで染めるメリット、デメリット、注意点などを詳しくまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

  1. 知っておこう!髪を初めて染めるための基本知識
  2. 美容室で髪を初めて染めるメリット
  3. 美容室で髪を初めて染めるデメリット
  4. 美容室で髪を初めて染める時の注意点
  5. セルフで髪を初めて染めるメリット
  6. セルフで髪を初めて染めるデメリット
  7. セルフで髪を初めて染める時の注意点
  8. セルフで髪を初めて染めるおすすめ商品の選び方は?
  9. セルフで髪を初めて染めるおすすめ商品の選び方①
  10. セルフで髪を初めて染めるおすすめ商品の選び方②
  11. 自分に合った方法で髪を染めてみよう‼
初めて髪を染める時、特に注意することはないと考えがちですが、意外と知っておくと役に立つ基本知識がありますので、まとめてご紹介します。美容室もしくはセルフで髪を染める時の注意点からメリット、デメリットからセルフで髪を染める時の商品の選び方など細かく調べてみました。

関連記事

髪を染める理由は、人それぞれですが、共通していることは、今よりももっと素敵になりたいということですよね。髪を初めて染める人が美容室を選んだ場合のメリットを見ていきましょう。
美容室で髪を染めるメリット1つ目は「安全で安心できること」です。セルフと違って資格を持ったプロの方に染めてもらえるので、安全でセルフで染めるよりも効率的に上手にしてくれるので安心して任せることができます。2つ目は「リラックスできること」です。
美容室のイスに座っていれば、スタイリストの方が染めて、シャンプして、ブローしてと全部行ってくれるので、リリラックスして雑誌を読んだりスマホを見たりする時間を過ごすことができます。また、途中で簡単な頭皮マッサージや肩や背中のマッサージをしてくれる美容室もあるので、それも嬉しいですね。
3つ目は「染めた髪の仕上がりがキレイなこと」です。さすがプロという感じで、まんべんなくとてもキレイに染めてくれます。4つ目は「自分の好きな色を染めてもらえること」です。自分が染めたい髪の毛の色を伝えると髪の色の見本を見せてくれるので、話合いしながら自分の染めたい色を決めることができます。
5つ目は「染める色でヘアデザインをしてもらえること」です。プロの集まりの美容室では、髪を染めるオーダーができたり、ハイライトカラーやグラデーションカラーなどセルフでは絶対にできないヘアデザインをしてもらえるので、個性的な色や人と違う色を染めたい人には美容室がおすすめですね。
メリットが多い美容室での髪染めですが、美容室で髪を初めて染めるデメリットもありますので、覚えておきましょう。1つ目は「時間がかかること」です。美容室で髪を染める場合は、予約して美容室まで行って、染めてもらってという風に美容室を予約して染めて家に帰ってくるまでの時間がかかります。
2つ目は「料金がかかること」です。プロの方にしてもらうので、それなりの料金を支払わないといけませんよね。セルフで髪を染めるのに比べるとかなりの金額の差がでてくるので、デメリットになりますよね。
美容室で髪を初めて染める時の注意点を覚えておきましょう。1つ目は「美容室を予約する時に、初めて染めることを伝えること」です。初めて髪を染める人の中には、カラー剤の成分で痒みや痛みなどがでたりする方も少なくありません。
初めて髪を染めるということを伝えておくと、簡単なアレルギーチェックをしてもらえますので、安心して染めてもらうことができます。2つ目「美容室に行く前日に頭皮を傷つけないようにすること」です。前日にシャンプ―をする時は、しっかり洗わずに軽く洗うようにしておきましょう。
Va1nhc6qwkwhwor1fvw5
引用: https://www.pakutaso.com/20180112022m-13.html
強く洗いすぎて頭皮が傷ついた場合は、カラー剤の成分によって頭皮やひりついたり痛みがでたりします。3つ目は「染めたい髪の色を上手にオーダーすること」です。初めて髪を染める人は、どのような髪の色に染めたいかを上手にオーダーするのが 苦手な人が多いです。
イメージが決まっていれば、それをオーダーすれば良いですが、決まっていない場合は、カラーの見本を見せてもらって自分の染めたいイメージを決めてオーダーするようにしましょう。カラーの見本を見てもイメージできない人は、自分に合う色を尋ねてみてもいいですね。
セルで髪を初めて染める場合のメリットを見ていきましょう。1つ目は「低コストで染めることができること」です。美容室と違って市販で販売されているカラー剤は、低価格なものが多いので嬉しいですね。2つ目は「時間がかからないこと」です。
セルフで行うカラー剤は、短時間で染めることできる商品が多いので、時間をかけずに髪を染めたい方は、セルフで髪を染める方が多いですね。3つ目は「好きな時や時間に髪を染めることができること」です。美容室と違って、髪を染めたいと思ったら、すぐにカラー剤を購入して染めることができます。
セルフで髪を初めて染めるデメリットを見ていきましょう。1つ目は「上手に染まらない場合があること」です。セルフで初めて髪を染めるので、慣れない上にプロではないので、きちんと染まっているかの確認も上手にできませんよね。
また、カラー剤の説明書のように行ってもカラー剤がよく付いてないところがあって染まってないことも時々あります。2つ目は「色が落ちやすいこと」です。美容室と違って市販のカラー剤は、どうしても染めた色が落ちやすい場合があります。すぐに、また染めないといけないデメリットがありますね。
3つ目は「髪が痛みやすいこと」です。市販のカラー剤を使って染める場合、カラー剤の成分が髪質に合わずに髪にダメージを与えてしまうことがあります。美容室の場合は、同じようなことがあってもトリートメントなどで対応してくれてダメージを最小限に抑えてくれますが、セルフだと難しいですね。
セルフで髪を初めて染める時の注意点を見ていきましょう。1つ目は「アレルギーチェックを行うこと」です。アレルギーチェックを行わずに髪を染めると皮膚や頭皮のトラブルが起こる場合がありますので注意しましょう。2つ目は「染める手順をきちんと守ること」です。
市販のカラー剤の説明書には、染める順番や方法などが載っていますので、きちんと守るようにしましょう。きちんと守れば、きれいに染まるようになっていますので、注意点としてしっかり覚えておいてくださいね。
セルフで初めて髪を染める方が少しでもきれいに染めやすい商品選びのポイントをご紹介しましょう。美容室のようにオーダーはできませんが、少しでも自分が染めたい色を上手に染めるためのポイントですので、参考にしてみてくださいね。
セルフで髪を初めて染めるおすすめ商品の選び方1つ目は、泡タイプの商品を選ぶことです。泡タイプの場合は、泡が付いてない部分は、カラー剤が付いていないことがわかるので、染まってない部分を見つけやすいです。まんべんなく染めるには、泡タイプがおすすめです。
セルフで髪を初めて染めるおすすめ商品の選び方2つ目は、部分染めをしたい場合は、クリームタイプを選ぶことです。部分的に染めたい場合は、クリームタイプがだと、何度かにかけて使える容器のタイプが多いので、一回で使い切る必要がないので、便利です。

関連記事

髪を初めて染めるには、美容室でオーダーが良いのか?セルフが良いのかや?メリット、デメリット、注意点などを細かくご紹介しました。初めて髪の毛を染める方は、ぜひ参考にして自分に合った方法を選びましょう。そして、自分の髪を素敵な色に染めましょう。