Rhovgbpktyjmazzfnsw2

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

髪を染めたい!イメチェンしたい!美容室とセルフどっち?頭皮への影響と注意点!

2018.06.18

初心者が髪を染めたいときに、美容室とセルフのどちらが良いか悩みますね。今回は美容室orセルフで髪をカラーリングした場合の、おすすめな情報や注意点についてまとめました。おしゃれに髪を染めたい初心者に、お得で奇麗に染まる厳選したカラーリング方法をご紹介します。

  1. 髪を染めたいけれど美容室とセルフのどっちがきれいに初心者はカラーできる?
  2. 美容室で初心者が髪をイメチェンして染めたいときのおすすめや注意点!①染まり具合がバツグンに奇麗
  3. 美容室で初心者が髪をイメチェンして染めたいときのおすすめや注意点!②髪や地肌に優しい成分でカラーできる
  4. 美容室で初心者が髪をイメチェンして染めたいときのおすすめや注意点!③シャンプーが丁寧で頭皮にカラーが残らない
  5. 美容室で初心者が髪をイメチェンして染めたいときのおすすめや注意点!④カラーリング料が高い
  6. セルフで初心者が髪をイメチェンして染めたいときのおすすめや注意点!①色ムラや染まらないことがある
  7. セルフで初心者が髪をイメチェンして染めたいときのおすすめや注意点!②カラー剤を髪に浸透させ長期間色持ちさせたい
  8. セルフで初心者が髪をイメチェンして染めたいときのおすすめや注意点!③カラーが強くて髪のダメージも起きやすい
  9. セルフで初心者が髪をイメチェンして染めたいときのおすすめや注意点!④費用が安くてコスパは最高!
  10. まとめ
I7mefnajhtohhgwj9flk
髪を染めてイメチェンしたいと思ったとき、カラーリング初心者の方は美容室かセルフでカラーするか悩むものです。初めてのカラーなら、専門的な知識のあるプロの美容師にまかせた方がいいかなとも思うでしょう。今回はカラーリングを美容室とセルフで行った場合の、メリットやデメリットについてご紹介をします。そして、カラーは髪や頭皮にダメージを与えます。特に、頭皮のダメージを防ぐセルフで出来る、美容室のシャンプー方法についても合わせてご紹介します。

関連記事

Ilr3ezpmx5r6muhxrz8h
美容室でカラーリングを行うと何が1番メリットかというと、それは髪の染まり具合がバツグンに良く美しい色合いに仕上がるという点でしょう。また、美容室にはカラーが豊富に揃っています。自分が染めたいカラーに、バッチリ染められるという点もメリットとして大きいです。
Ow9p3kodqjni34lt7e1y
Q1hpjijdrtvhdsvvfqox
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1528949506/q1hpjijdrtvhdsvvfqox.jpg
髪のケアもドア時に行う美容室も多く、髪がツヤツヤに仕上がります。プロの技術は当然ですが、素人にはかないません。絶対に失敗なくカラーリングをしたいなら、美容室がおすすめになります。
Rjpolaljwxcduzlaod19
Bsgsfy0ni5lzmizqw8sf
美容室でカラーリングは、カラーの成分が刺激の強い劇薬が使われておらず、髪や頭皮に優しい成分のカラー剤を使用します。市販の物は、指定成分という1回でもその成分で髪や頭皮にトラブルが起こり、消費者に訴えられ裁判沙汰になった成分がたくさん入っています。その点、美容室のカラー剤は、指定成分が少なく髪と頭皮に穏やかな成分で作られています。
Qbgdo6ank8sv3nwksnyb
また、美容室のカラー剤の場合は、髪と地肌に良いトリートメント成分も上質なものが配合されています。なので仕上がり感は、ツヤが出て柔らかくなめらかな髪に仕上げられます。髪の芯までカラー剤は入りしっかり染まりますが、市販品に比べればダメージは少ないことがメリットとしてあげられます。
Gpez7jqwupbdq8peggp5
美容室のカラーリングでセルフと違うのは、シャンプーの方法も大きなメリットとしてあげられます。美容師のシャンプーは、頭皮を中心に徹底的に汚れをくまなく落とすことを心がけています。指先の腹を使い、頭皮全てをまんべんなくマッサージするように繊細に汚れを落として行く洗い方をします。その洗い方は、一般人でもある程度マネは出来ますのでご紹介しましょう。

プロの美容師のシャンプーの洗い方

動画をよく観てから、手つきを真似てシャンプーをしましょう。美容師は、1日に何百回もお客様のシャンプーを行います。そのときに手が疲れないように、手首だけを中心に動かして腕全体の筋力を使わないようにシャンプーを行います。つまり手首を固定して腕を動かさず、手首から先の動きだけで手先を左右に動かす感じです。この方法でシャンプーを行えば、腕は疲れずに洗い上げることが可能になります。美容室のシャンプーは、基本的に2シャンプーで、シャンプーを二回続けて洗髪します。
引用: http://www.biyotuku.com/wp/wp-content/uploads/2015/11/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%96%B9%E5%9B%B301.gif
引用: http://www.biyotuku.com/wp/wp-content/uploads/2015/11/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%96%B9%E5%9B%B303.gif
シャンプーの洗い方で、ハンドを使って洗うという言い方を美容師はします。この図のように、腕の角度を保てれば疲れずにシャンプーができますが、一般人には練習が難しいし自分の髪を洗えばよく、1日に何百人ものシャンプーをこなす訳ではないので割愛してもけっこうです。
引用: https://i0.wp.com/bello.red/wp-content/uploads/2015/09/12e3d7fb2df5e49f6287b1636fd25b22.jpg
これはシャンプーの洗い方で頭皮に指先を当てて洗う経路です。耳を中心にして、下から上へリストアップして頭皮を左右共に洗い上げて行きます。①~④までの頭皮を順番に、下から上へ、頭皮に指先をピッタリ当てて這わせるように『ジグザグ』に洗い上げましょう。頭皮の全てを、くまなく洗います。洗い残しのないように注意をしてください。
引用: https://www.shinichi5.net/wp-content/uploads/2016/03/%E3%81%82%E3%81%82-900x720.jpg
この洗い方を美容師はお客様に行います。手首だけでリズムを取り、腕を動かさずに楽に洗います。この洗い方を毎日のシャンプーや、カラーリングのときに行いましょう。とくに、カラーリングを落とすときには有効です。美容室でカラーをすると、頭皮にカラーが残らず、きれいな白い頭皮のままでいますね?それは、この美容師の頭皮を丹念に洗い上げる、シャンプー方法にコツがあります。はじめはうまく出来なくても、このシャンプー法を習得すればプロの美しい髪と頭皮を毎日保てます。
Kso9cf7p4rrdg1v9fyje
Lngswgubcixmuuxbcjfv
美容室でのカラーリングは良いことづくめなのですが、ただひとつ難点と言えば料金が高いことでしょう。それだけの技術とカラー剤を使用していると言えばそれだけですが、驚くほど高い場合も美容室によってはあります。髪の根元数cmまでなら、2000円。全体を染めれば、4000円~7000円と言ったところでしょうか。美しさを買うなら、このお値段でも手頃とは言えます。会員割引などを使い、安くカラーリングが行える店を探しましょう。
引用: http://oro.jp.net/import/tenant_1/153.126.161.126/html/images/salon/salon_001.jpg
Xkdnv8v54wq7ccgumpvn
初心者が、セルフで髪をカラーリングするときの注意点は、数多くあります。まず、髪は清潔に、カラーリングの前日までに丁寧にシャンプーを行います。汚れが髪にある場合には、カラー剤が入らず色ムラの原因になります。
Ynauublzwr455vcsapun
自分でカラーをするときに染ムラを防ぐために注意することは、ブロッキングと髪のスライスを丁寧に行えるかという点です。美容師は、髪を1㎝幅でコームの先を使いスライスして根元からくまなく染め上げます。それと同じことをすれば、染残しのない美しい染め上がりになります。

グレイカラー(白髪染め)の塗布方法

ファッションカラーの塗布方法

ファッションカラーもグレイカラーも、塗布方法は同じです。自分で染める場合は、ここまで細かくは出来ないものです。ただし、大まかであっても、この手順にそってカラーリングを行いましょう。根元から染め始め、全体の髪を後から染めるようにすると、カラーリングに色ムラが出来ません。
Bctsmywd0m0uaxmknkvg
市販のカラー剤で長期間、数ヶ月間きれいな色持ちをさせたいものですね。美容室のカラー剤に比べて、一般のカラー剤には色持ちが良いものは少ないと言えます。メーカーによって性質も様々で、ハデに宣伝をされているカラー剤でも色持ちはせずムラに染まることもあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61e0cbny9qL._SY355_.jpg
引用: http://livedoor.blogimg.jp/kirei750/imgs/2/e/2ec444a7.jpg
髪を色持ちさせる方法として、カラー剤を髪全体に塗布したあとに、ラップや100均のビニールシャワーキャップなどで、染めている髪全体を包みこみ、温度と湿度を保たせる方法があります。カラー剤は、温度が高いと染まりやすい性質をもちます。また、乾燥にも弱いですので、ラップやシャワーキャップで包むことで乾燥を防ぎ染まりやすくさせます。おすすめの方法ですので、初心者の方はお試し下さい。
Yjzr4jb9nixmzyk2qodi
市販品のカラー剤は、美容室の物に比べてどうしても質は劣ります。アルカリ性が強く髪へのダメージも起きやすいと思って下さい。市販品はプロにしか許されていない薬剤をカラー剤に配合することは、許されていない場合がほとんどです。病院の薬と、ドラッグストアの薬の違いと同じようなものです。プロの業務用カラー剤は高価です。一般の化粧品店やドラッグストアでは、取り扱えません。
At6jmyeigtueqcsrjkah
成分がプロ用からすれば劣る市販品のカラー剤は、髪のキューティクルをはがしダメージを与える場合が多いです。繰り返し使用していると、髪がバサバサになりトウモロコシの毛のように髪質が衰えて行きます。また、毎月市販品でカラーリングをしていると、髪を少し引っ張っただけでもちぎれたり、溶けてなくなったりするケースもあります。それを防止するために、カラーリング専用のシャンプーやトリートメントを使用して髪のダメージを防ぎましょう。
Em0urlxouk52grhnhmqs
頭皮もまた同じようにダメージを受け、トラブルが起こりやすくなります。炎症を起こすケースも多く、アレルギーに突然なる場合もあります。シャンプーをきちんと行い、カラー剤を頭皮に残さないように気をつけましょう。自分で染めた場合は、頭皮まで染まっているケースが多いです。髪が抜けて薄毛になる原因にもなります。プロのシャンプー方法を取り入れて、カラー剤は頭皮から完全に洗い落とすようにしましょう。
引用: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/ac98d089e387f3be453d179e565e8198/5B8349A5/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/18096648_1670483496581058_4848393533104586752_n.jpg
ディープモイストリペアシャンプーは、オーガニックフラワーハニーを贅沢に配合した潤いケアカラーリングシャンプーです。UVダメージ、熱ダメージ、ヘアカラーダメージの3つのダメージを髪の内外部から徹底補修してくれます。

引用: http://makimaster.com/wp-content/uploads/2015/05/IMG_1020-e1451097086416.jpg
市販のカラー剤の良さといえば、それは安い価格で購入可能なことです。ドラッグストアでは、298円で販売されているセール品もあるほどです。カラーリングの下準備のブリーチ剤も、1箱700円代で販売されています。セルフでカラーリングをすると、手間暇はかかりますが、美容室の十分の一の費用しか掛かりません。そこが、市販品の魅力です。市販品のカラー剤でおすすめなのは、プロの技術が入ったものです。比較的によく染まるし、退色もあまりせずに長持ちします。良いカラー剤を選んで、奇麗な染め上がりを実現して下さい。
Qknggywaok3xexmu3oli

関連記事

髪をカラーリングするときは、美容室とセルフのどちらが良いかの比較を見てまいりました。美容室のほうが比較的に良いですが、コスパを考えれば市販品でセルフの勝ちかもしれません。どちらにしろ、カラーリングは髪へのダメージが大きいので染めすぎには注意をし、トリートメントなどで髪の補修をしながら美しい髪を保ちましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1528949506/q1hpjijdrtvhdsvvfqox.jpg