Rzgv9pyginzqrhxjkl5k

ヘアケア

CATEGORY | ヘアケア

髪をしっとりさせる方法!オイルやトリートメントで保湿!憧れの艶を手に入れる!

2019.09.04

艶のあるしっとりした綺麗な髪の毛って憧れます。日々のダメージや加齢などで、どんどん水分が奪われカサついていく髪の毛、どうにかしたいですよね。そこで、艶のあるしっとりした綺麗な髪の毛になる方法と、保湿におすすめなオイルやトリートメントも合わせて紹介します。

この記事に登場する専門家

Ow3wtrcmyjoe42gznwhu

vivre専属ライター

MAI

韓国大好き!年に3回韓国に行きます!インスタ映えしない写真ばかり撮ってしまう。

  1. 髪の毛のダメージの原因
  2. キューティクルが傷んでいる
  3. オイルやトリートメントで保湿!しっとり艶髪になる方法:①摩擦から髪の毛を守る
  4. オイルやトリートメントで保湿!しっとり艶髪になる方法:②トリートメントをする
  5. オイルやトリートメントで保湿!しっとり艶髪になる方法:③紫外線に気をつける
  6. オイルやトリートメントで保湿!しっとり艶髪になる方法:④ドライヤーは気をつけて使う
  7. オイルやトリートメントで保湿!しっとり艶髪になる方法:⑤ストレスをためない生活をする
  8. オイルやトリートメントで保湿!しっとり艶髪になる方法:⑥コタ アイケアトリートメント
  9. オイルやトリートメントで保湿!しっとり艶髪になる方法:⑦Gallica(ガリカ)オリジナルモイストトリートメント
  10. オイルやトリートメントで保湿!しっとり艶髪になる方法:⑧ケラスターゼ フルイド オレオ リラックス
  11. 【まとめ】髪の桶を守ってしっとりうる艶ヘアになろう!
Ishi0yobplyctnvn3vuy

髪の毛のダメージといっても、いろんな状態があります。髪の毛がパサパサでまとまらなかったり、すぐ髪の毛がちぎれたり…手触りがごわついていても不快ですし、なんとかしたいですよね。では髪の毛のダメージとはどういうものなのか見ていきましょう。

関連記事

髪の毛は層になっていて、1番外側にはうろこ状に重なっている【キューティクル】があります。このキューティクルは、外側の刺激から髪の毛を守ってくれる大切なものですが、紫外線やカラーリングなどでダメージを受け、痛みやすいです。

Lf0wtpapqnjbokr06x7s

ダメージをうけたキューティクルは、めくれたりはがれたりしてしまいます。そうすると髪の毛の層に隙間が出来てしまい、髪の毛のバリア機能が低下してしまい、どんどん髪の毛が傷んでいってしまいます。

キューティクルが傷む原因①ヘアカラーやブリーチ、パーマ

C6e0z0swhomwlkfiere0

ヘアカラー剤やブリーチ剤、パーマ剤に使われているアルカリ剤と還元剤の成分が、キューティクルをはがしてしまいます。そして剥がれたキューティクルの隙間から、髪の毛の栄養分がどんどん流れ出してしまうので、髪の毛のダメージが進んでしまいます。

キューティクルが傷む原因②紫外線

Xmfkvj60d7orq4syfhpe

日常の紫外線や、レジャーなどで浴びてしまう、強い日差しと紫外線でもキューティクルが傷みます。髪の毛が紫外線を浴び続けると、キューティクルが火傷状態になり損傷を受けてしまします。損傷したキューティクルは、メラニン色素が壊れてしまい、髪の毛が少しずつ明るくなってしまいます。

キューティクルが傷む原因③ドライヤーやヘアアイロン

Ryvf7oe8xevmsvj4ajl1

ドライヤーやヘアアイロンでもキューティクルは傷んでしまいます。ヘアアイロンの熱や、ドライヤーの温風で、髪の毛のタンパク質が変形してしまいます。タンパク質が変形してしまうと、キューティクルが固まってしまいます。

キューティクルが傷む原因④ブラッシング

Ixgtjdcgwtnoqskcs0dv

ブラッシングでもキューティクルは傷んでしまいます。ブラッシングによる摩擦などで、キューティクルが剥がれてしまい、髪の毛が傷んでしまいます。

キューティクルが傷む原因⑤ヘアカット

Obh8larazoau8wrbndfn

ヘアカットでも髪の毛が傷む原因になります。カットされた髪毛の断面がむき出しになってしまうことで、そこから栄養分が流れ出てしまい、キューティクルが剥がれやすくなったり、ダメージが進行してしまいます。

日々のブラッシングやシャンプーは優しく行いましょう。髪の毛に摩擦が起きると、キューティクルがはがれたり、髪の毛がちぎれやすくなったりしてしまいます。そうならないように、ブラッシングは毛先から優しくとかしてあげます。

Erkjh827lwqs4gofisvm

シャンプー前にもブラッシングで髪の毛のほつれをとかしておくことで、余計な摩擦を控える事が出来ます。髪の毛をこすり合わせるのではなく、地肌を洗うようにしてシャンプーしましょう。

Xarexwc8uf1zwcx4enjr

カラーリングやブリーチ、パーマなどをする時は必ずトリートメントをするようにしましょう。カラーリング剤などのアルカリ剤と還元剤は、キューティクルを剥がしてしまうので、トリートメントでしっかり保湿し、ケアしてあげることが大切です。

Jomyf4e2bfxew51fn9as

日々の通勤や通学だけでも、髪の毛は紫外線にあたってしまいます。帽子をかぶったり日傘をさして、紫外線から髪の毛を守りましょう。レジャーで山や海などにいく時や、帽子がかぶれない場所にいく時には、髪の毛用の紫外線カットスプレーもあるので、上手に活用して紫外線を受けないようにしましょう。

ドライヤーの温風は髪の毛のキューティクルを剥がしてしまう恐れがあります。髪の毛の表面温度が高くなりすぎると、タンパク質が変形してキューティクルがはがれてしまいます。ドライヤーを当てる前に、髪の毛はしっかりタオルドライして、温風があたる時間を出来る限り短くしましょう。

Avbx9rg5u3pjlnesicax

タオルドライは、髪の毛をタオルにはさんで、ぽんぽんと優しく包むようにして水分を吸収させます。髪の毛をこすり合わせて摩擦を起こさないように気をつけましょう。

髪の毛とストレスにも大きな関係があります。ストレスがかかると、交感神経が優位になってしまい、血管が収縮してしまいます。そうすると、頭皮の血行が悪くなり、髪の毛に十分な栄養や酸素が行き渡らなくなってしまいます。

Un5w8il3nw9fh8jgmd8c

また、食性活の乱れも髪の毛の健康状態に関係するので、規則正しい食生活を送るように気をつけましょう。睡眠不足も影響するので、しっかり夜眠るように心がける事も大切です。

引用: https://www.cota.co.jp/images/products/i-care/treatment.jpg

コタ アイケアトリートメントは美容師さんからも絶大な人気を誇る優秀なトリートメントです。髪の毛に状態に合わせて種類を選べるところも魅力。髪本来の機能を補うことを定義としているトリートメントで、髪の内側と外側の両面から補修力を高めてくれます。

種類は5種類あって、髪質ごとにわかれています。1番:ラベンダーブーケの香りでふんわりサラサラ絡まりにくい髪の毛にしてくれます。2番:ネロリブーケの香りで、軽やかな艶髪にしてくれます。3番:ジャスミンブーケの香りで、パサついた髪をみずみずしくしてくれます。7番:ローズブーケの香りで、硬い髪の毛を柔らかく仕上げてくれます。9番:ダマスクローズブーケの香りで、しっとりまとめ広がりにくくしてくれます。

他のトリートメントは、様々なアミノ酸系の成分から作られているものが多いなか、コタアイケアトリートメントは、髪の毛と同じ成分で作られています。そのため、髪の毛の補修効果が良いと評判のトリートメントです。

Bmioxcvtmi3bguupj0zs
引用: https://www.instagram.com/p/BcQvBMsnies/

良い香りも特徴で、髪の毛に香りを閉じ込めてくれます。時間がたってもふんわりと香る良い香りに、髪の毛も心も癒やされるトリートメントです。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A12RUAWLJ%2BL._SL1500_.jpg

高い補修効果が特徴のガリカのオリジナルモイストトリートメントも人気です。現役美容師さんがこだわり抜いて作ったトリートメントで、髪の毛と同じ成分から作られています。髪の毛を守る・補修する・保湿するを叶えてくれるおすすめのトリートメントです。

モイストとスムースの2つの洗い上がりを選べるので、好みで選べるところも嬉しいトリートメントです。天然由来成分、植物由来成分をメインに作られているので、アレルギーが起こりにくいところもポイント。ジャスミンの幸せな香りに包まれてトリートメント出来ます。

引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2018/05/201807gcc57-1.jpg

オイルトリートメントもおすすめです。ケラスターゼのオレオリラックスは、湿度80%でも髪の毛の広がりをおさてくれる優れものです。タオルドライした後の濡れた髪につけてからドライヤーをするタイプの、洗い流さないトリートメントで、リピーターも多いトリートメントです。

ケラスターゼでは、このオレオリラックスのほかにもたくさんオイルトリートメントがあります。髪質やなりたい髪に合わせて選べるところも魅力です。香りも良いので、ふんわり優しく髪の毛から香ってくれるところも嬉しいポイントです。

関連記事

Jy3askmiiwm6v39p0jhq

いかがでしたか?髪の毛のダメージを少なくして、トリートメントでしっかり補修・保湿をしてあげる事が大切です。しっかりお手入れをして、しっとりうる艶の髪の毛を手に入れましょう。