Cdjoomdhrlbzbd7srdbr

オーガニック

CATEGORY | オーガニック

おすすめのボディオイル6選!市販のボディオイルの正しい選び方の基準も!

2019.03.28

保湿力の高いボディオイルは、お肌の乾燥対策に欠かせません。植物油が原料なので、オーガニック志向の女性におすすめです。ドラッグストアでは、豊富な香りのボディオイルを数多く市販しています。今回は貴方に合う、おすすめのボディオイルの選び方や使い方をご紹介します。

  1. 【おすすめのボディオイル!】ボディオイルと他のボディケア商品との違いは?
  2. 【おすすめのボディオイル!】ボディオイルの選び方は?
  3. 【おすすめのボディオイル!】ボディオイルの正しい使い方とは?
  4. 【おすすめのボディオイル6選!】ヴェレダ ホワイトバーチ ボディオイル
  5. 【おすすめのボディオイル6選!】ジョンマスターオーガニック アルガンオイル
  6. 【おすすめのボディオイル6選!】NUXE プロディジュー オイル
  7. 【おすすめのボディオイル6選!】バイオイル
  8. 【おすすめのボディオイル6選!】アロマベラ マッサージオイル アンセンテッド
  9. 【おすすめのボディオイル6選!】ナチュラルオーケストラ オーガニックホホバオイル
  10. 【おすすめのボディオイル!】ボディオイルを上手に使いこなそう
ボディオイルについて、多くの人が肌にべたつくイメージを持っています。でも実際に使ってみると肌への馴染みが良く、保湿力も高いのでとても肌に優しいです。また少しの量で広い範囲に塗れるので、お財布にも優しい商品が多数あります。そのほか種類も豊富で用途や香りなどで使い分ければ、ボディオイルの魅力にとりつかれてしまいそうです。
ドラッグストアなどでは、その他のボディケア商品として、ボディクリームやボディミルク、ボディローションなどが市販されています。それぞれに異なる特徴があるので、選び方にも注意が必要です。まずはご自分に合ったものや、用途に合ったものを選ぶことが大切です。
まずボディオイルは油分と水分のバランスが9:1と、圧倒的に油分の割合が多いのが特徴です。そのため他のボディケア商品と比べて、最も保湿力に優れています。濡れた肌にもそのまま使えて肌への馴染みも良いので、肌の乾燥を恐れるあまりに、お風呂上がりに慌ただしくクリームを塗る必要がありません。
Fyej8iuuzvtimzyd64ga
引用: https://www.instagram.com/p/BvbP70wAEQg/
ボディクリームは油分と水分の割合が3:7で、ボディオイルよりも水分のバランスが多く配合されています。そのため乾いた肌にも程よく伸ばせて、べたつきにくいのが特徴です。さらに浸透力も優れています。
Agkk78kmu9w0ju7ldcnk
引用: https://www.instagram.com/p/BuVGrtRluuB/
その他ボディミルクの油分と水分のバランスは7:3と、さらに水分の割合が多くなっています。油分が少ないのでサラサラとした感じを好む人に人気の商品です。またボディローションではオイルフリーのものあります。

関連記事

お気に入りのボディオイル選びは、女性にとっては楽しみの一つです。ドラッグストアでも多くの種類のボディオイルが販売されています。いざお気に入りの1品を選ぶにしても、その種類の豊富さに思わず迷ってしまいます。そこでボディオイルを選ぶ際には、いくつかポイントを絞る事が選び方のコツです。ドラッグストアでのボディオイル選びに迷わないために、成分、目的、香りの3つのポイントに絞ったボディオイルの選び方をご紹介します。

ボディオイルを成分の違いによる特徴で選んでみよう

ボディオイルには様々な成分の商品が市販されています。その中でもなるべく植物性成分を使用するオイルを選びましょう。なぜなら植物性オイルは肌に浸透しやすく、保湿力にも優れている成分を含むオイルがあるからです。オーガニック志向のあなたにもピッタリの商品が見つかるでしょう。
おすすめの自然由来のオイルでは、ホホバオイル、オリーブオイル、アルガンオイル、ココナッツオイル、アーモンドオイルなどがあります。オイルの種類によって使用目的や香りなどが異なります。ドラッグストアでは、市販されているボディオイルの成分表を確認しましょう。自分にあったボディオイルの選び方のポイントです。

ボディオイルを使用目的で選んでみよう

保湿力の高いボディオイルを選ぶなら、ホホバオイルやオリーブオイルをおすすめします。ホホバオイルは、保湿効果が抜群のため乾燥肌対策にはピッタリのボディオイルです。その他肌の弾力性を高めたり、シミシワ防止やセルライト対策にも効果が期待できます。オリーブオイルはホホバオイル同様高い保湿力や、マッサージオイルとしても最適です。その他白髪防止やフケ、かゆみ防止の効果があります。
美白効果を望むあなたには、アルガンオイルとアーモンドオイルがおすすめです。アルガンオイルには活性酸素を除去する力があるので、肌を美しく保つ効果が期待できます。シミやシワから肌を守るアンチエイジング効果、美白効果があり女性にはとても嬉しいボディオイルです。浸透力が高く保湿力にも優れています。アーモンドオイルにも美白効果があると共に、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれているので、肌を柔らかく保つ効果があります。また保湿効果にも優れています。
その他、ヘアケアにはココナッツオイルが効果的です。髪にツヤを与えるでなく、髪を芯から保湿する事で傷んだ髪に潤いを与えます。そのためココナッツオイルをトリートメントとして使う人もいます。赤ちゃんがいる人は、ベビーオイルも見逃せません。赤ちゃんの肌に優しいオーガニック認証を取得する商品も、ドラッグストアで数多く市販されています。

ボディオイルを香りの違いで選んでみよう

好きな香りは心を芯から癒してくれます。ボディオイルも自分の好みの香りを見つけて、心と体をリラックスさせましょう。その日の気分に合わせて、香りの異なるオイルでマッサージをすれば、毎日のスキンケアタイムがとても楽しみになります。ドラッグストアでは市販のボディクリームやボディミルクが数多くありますが、天然由来の植物性ボディオイルを積極的に取り入れてみましょう。香りも豊かで肌にも優しく馴染みます。オーガニックのオイルなら、なおさら良いでしょう。
それでは、ボディオイルを正しく効果的に使うための方法をご紹介します。ボディオイルはその特性を生かす事で、とても便利に使う事ができます。

お風呂上がりに使う

ボディオイルはお風呂上がりの濡れた肌に使うのがおすすめです。何故なら、ボディオイルは乾燥した肌には馴染みにくく、浸透しにく性質があります。そこでボディオイルをお風呂に持ち込み、サッと濡れた肌に使えば馴染みも良く、お風呂上がりの肌の乾燥を防ぐ事ができます。天然由来のボディオイルなら、基本的に全身に使えます。また痛んだ髪を整えるためにヘアオイルとして、メイク落としにはクレンジングとしても使えるのでとても便利です。

マッサージに使う

お風呂上がりの肌が柔らかい状態を利用して、ボディオイルを使ってボディマッサージを行います。体は水分を完全に拭き取らずにボディオイルを塗りましょう。すると肌への馴染みがとても良く、保湿効果もバッチリです。丹念にマッサージする事で、気になるむくみの解消や、女性にとっては見逃す事のできないセルライト対策に効果を発揮します。手足など体の先から心臓に向かって、丁寧にゆっくりとマッサージを繰り返しましょう。
多くの女性が愛用する、ヴェルダのボディオイルです。肌の引き締め効果や、肌にハリや弾力感を与えてくれる優れものです。仕事で疲れた体をしっかりマッサージしてあげましょう。血行を促進して、イキイキとした身体を取り戻せます。
オーガニックオイルでは最も人気の高い、ジョンマスターの商品です。100%オーガニックのアルガンオイルで、ボディオイルのみならずヘアオイルとしてもその用途を選びません。サラサラした感触と高い保湿力で、敏感肌のあなたにもおすすめです。
フランスで人気のNUXEのボディオイルです。これ1本で全身や顔、髪まで使え、香りの良さでお風呂でのマッサージにも最適な植物性オイルです。スプレー式なので塗りムラがありません。ベタつきも少なく、保湿力に優れています。
Lpk7akkbc8jmdzeqnz9b
引用: https://www.instagram.com/p/BvhOqEYgMzu/
傷跡や火傷、ニキビ、妊娠線対策などに効果があります。使いごごちはベタつかずさらっとして、高い保湿力が魅力です。世界95カ国で発売されている事でも、人気の高さが理解できます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51yDN3jLYhL._SL1000_.jpg
マッサージにおすすめのボディオイルです。ベタつき感が少なく、伸びの良いのが特徴です。程よく重みのあるテクスチャーで、少しの量で充分マッサージできます。価格もお手頃なので、たっぷり使えるのが嬉しいです。
100%オーガニックのホホバオイルです。前述したように乾燥対策にはもちろん、吹き出物や肌荒れなどお肌のあらゆるトラブルに対応します。クレンジングとして、ヘアケアとして、入浴後のスキンケアとしてと、その用途も豊富です。

関連記事

「ボディオイルはベタつくから」と敬遠していたあなたも、思わず試してみたくなりませんか。一度自分にあったボディオイルに出会ってしまえば、もうそれを手放すことはできません。肌の乾燥やむくみ、傷やニキビ、妊娠線対策にも効果があり、美白効果も見逃せません。ボディケアはもちろんのこと、ヘアケアやマッサージとその用途も豊富なボディオイル。
ドラッグストアに出かければ、所狭しと多くのボディオイルが市販されています。あまりも多くの種類で、選び方にも工夫がいりますね。迷った時には自分の好みを店員さんに伝えて、お好みの商品を手に入れましょう。いざ使い始めれば、もうボディオイルの虜になります。これであなたも水々しく保湿力のある、しなやかな身体を手に入れましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/skmyuri/status/1007213704306290689