A54hdewt1zanxnhm4xhm

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

髪色シルバーのやり方?市販ブリーチでも色落ちしない?眉毛は?

2019.09.04

髪色を変えてイメチェンしたいと思っている方は多いのではないでしょうか?今回は、髪色を派手なシルバーにしたいけどやり方がわからない、市販のブリーチではうまくできないのではと思っている方に、髪色をシルバーにするやり方や色落ちを防ぐやり方を解説します。

この記事に登場する専門家

Zyeidugthwnbgcj6xk3f

vivre編集部

編集者M

美容・コスメ・100均が好きな現在子育て中のワーママ。
趣味は娘とカフェ巡り。現在、DIY記事が気になりすぎてDIYに挑戦しようかと迷い中の日々。

  1. 髪色をシルバーに!やり方は簡単?
  2. 髪色をシルバーに!やり方:ブリーチは必須
  3. 髪色をシルバーに!やり方:何回ブリーチしたらいい?
  4. 髪色をシルバーに!する前に:ブリーチの注意点
  5. 髪色をシルバーに!やり方:暗めのアッシュならブリーチいらず!
  6. 髪色をシルバーに!やり方:カラーバター
  7. 髪色をシルバーに!やり方:美容室
  8. 髪色をシルバーにしたら眉毛はどうしたらいい?
  9. 他の人との差をつける!髪色をシルバーにするやり方:毛先だけ
  10. 髪色をシルバーに!色落ちを防ぐやり方
  11. まとめ:髪色をシルバーにして思いっきりイメチェンしよう!

きれいなシルバーの髪色、現実離れした派手な髪色に一度は憧れを持った方も多いのではないでしょうか?透き通るようなシルバーの髪色をセルフで手に入れてみませんか?ブリーチをしたり、色落ちを防いだりときれいなシルバーにするには少々手間がかかりますが、取り入れやすい暗めのアッシュグレーもご紹介しますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

染めるのは市販のものや通販でも買えるカラーバターでもできます。カラーバターはトリートメントにカラー剤が入っているような商品で、髪を労わりながらカラーをすることができます。色を混ぜることも可能なので、染めたい色が見つからなかったら、カラーバターを検討するのもおすすめです。市販のカラー剤よりは値段が高いですが、髪へのダメージを抑えてくれます。

関連記事

D8e5nxtqiuqrt7w7l9j0
引用: https://www.instagram.com/p/Bvdev_PDltH/

綺麗なシルバーを目指すなら、ブリーチは必須です。ブリーチで髪の色素を抜くと、カラーが綺麗に入ります。反対にブリーチをしないと髪の色素が残ったままになり、思うように発色しないこともあります。ブリーチをすると少なからず髪は傷みますが、シルバーヘアーになるには必要なので、ケアをしっかりする前提でブリーチ、カラーをしましょう。

シルバーにする場合、ブリーチは1度は必ず必要になります。しかし元々の髪色が暗めの場合、1度のブリーチでシルバーがイメージ通りに入るとは限りません。きれいなシルバーにするのであれば、髪色が白っぽくなるまでブリーチしなければいけません。ブリーチもカラーと同じように置く時間によってカラー剤の入り具合は異なりますが、1度のブリーチで、オレンジっぽくなることや、赤くなること、金髪のようになるまで抜けることもあります。

フレッシュライト メガメガブリーチ [医薬部外品]
価格 ¥ 628

ハイブリーチはナチュラルブリーチよりブリーチ剤の刺激が強いこともあり、ハイブリーチなら1回で済むものがナチュラルブリーチではそれ以上の回数を重ねなければならないということもあります。どちらも髪は傷みますので、頭皮や髪の状態を見て判断しましょう。

髪が傷んでしまう

先ほどご説明しましたが、ブリーチをすると髪が痛みます。髪を明るくするためにカラーを何度もやりよりブリーチ1回のほうがダメージが抑えられるということもあるそうですが、基本的には髪にブリーチ剤を塗って脱色するので、ダメージを受けることは覚悟しておいてください。髪がパサパサになることもあるので、ブリーチ後のケアは怠らないようにしましょう。

色落ちしやすいことも

ブリーチをして色を抜くと、それだけカラーは入りやすくなりますが、反対に抜けやすくもなります。色落ちを緩やかにできるように、毎日のケアはかかせません。トリートメントは欠かさず使い、ドライヤーはキューティクルが剥がれないよう、優しく乾かしましょう。ある程度乾いてきたら、冷風でクールダウンさせてあげると剥がれそうになったキューティクルが引き締まります。

暗めのカラーであるアッシュグレーは人気の髪色です。アッシュは青みが強いグレーなので、暗めの髪色でおしゃれにしたいならおすすめです。アッシュはグレーだけでなく、グリーンアッシュやブルーアッシュ、ラベンダーアッシュなど色味が沢山あります。シルバーまではちょっと…と思う方は、アッシュで自分のイメージ合う髪色を見つけてみてはいかがでしょうか?

フレッシュライト 泡タイプカラー シュガーアッシュ 105mL
価格 ¥ 1,100

アッシュに染めるなら、やはり市販がおすすめです。美容室に行くほうが、イメージに合った髪色になることが多いかもしれませんが、市販のカラー剤の何倍ものお金がかかってしまうこともあります。市販の泡カラーであれば、ムラなく染まり、美容室ほどの費用は掛からないので、時間に余裕のある方は試してみてください。

クリップジョイント カラーバター プラチナシルバー 200g
価格 ¥ 2,800

髪が傷むのを防ぎながらカラーできるカラーバターは最初に検討しましょう。ただし、暗めの髪色の方や黒髪の方がカラーバターを使うとうまく発色しないこともあるので、カラーをしている方のほうが満足できる仕上がりになります。他のカラーを混ぜて使ったり、トリートメントで薄めて使うこともできます。

マニックパニック カラークリーム ブルースティール
価格 ¥ 2,117

マニックパニックはカラー展開が豊富でどれにしようか悩む方も多いかもしれません。エンシェールズカラーバターよりも安いですが、内容量が少なくなっています。カラーバターで髪のダメージをケアしながらのカラーリングはできますが、ブリーチしてから使う方も多いので、カラーバターで染めたからと安心せずにその後のケアはしっかりしましょう。

市販でブリーチからカラーまでするのは不安、ムラになりそうで怖い、そんな方は美容室に行きましょう。美容室なら、ブリーチの回数でも値段が変わってきますが、イメージに近い髪色にしてもらえます。髪質に合ったカラー剤を使ってもらえたり、髪へのダメージを最小限に抑えられるように相談しながら決められるので、セルフでのブリーチ・カラーに抵抗がある方は美容室へ行くのが1番です。

髪色を変えたら、眉毛だけ浮いてしまうということはありませんか?眉毛だけ地毛のままだと、シルバーに染めても不自然に感じてしまいます。暗めの髪色なら気にすることはありませんが、明るめの場合、カラーやブリーチを考えなくてはいけなくなります。

エピラット 脱色クリーム 60g+60g [医薬部外品]
価格 ¥ 725

眉毛を脱色するときは髪用のブリーチ剤ではなく、肌に使って問題ないものを選びましょう。髪用のものを使ってしまうと、肌に使うものよりも刺激が強く、肌荒れが起きてしまう場合があります。敏感肌用のブリーチ剤もあるので、チェックしてみてください。

ケイト 眉マスカラ 3Dアイブロウカラー BR-1 ナチュラルブラウン
価格 ¥ 918

髪の毛を暗めに染めた場合は、脱色せずにメイクで眉毛の印象を変えましょう。脱色してしまうと、色が抜けすぎてしまうこともあります。アイブロウマスカラなら、染めずに眉毛1本1本をカラーリングしたようにコーティングしてくれるので、眉毛のブリーチが不安な方や、眉毛まで脱色しなくてもいいという方におすすめです。

毛先だけにシルバーを

髪全体を染めるのは、髪全体にダメージを受けてしまいます。傷んだ髪をカットしたいと思っても髪が伸びるまでは時間がかかりますよね。毛先だけなら、伸びてきてカットすることも可能、プリンも目立たないので、おしゃれだけじゃなく髪を労わることができます。

ポイントカラー

シルバーの髪色は、メッシュやグラデーション、ポイントカラーになんでも合います。ピンクなら、女の子っぽくなりますし、グリー系、ブルー系なら、かっこよくクールに決まるので、ただシルバーに染めただけじゃ物足りないという方は、ポイントカラーも検討してみてください。

ムラサキシャンプー

明るい色やアッシュに染めると特に気になるのが色落ちですよね。すぐに色落ちしそうな髪色には挑戦しない方も多いのではないでしょうか?そんな色落ち対策にはムラサキシャンプーが多く使われています。紫の色味で急激に色落ちするのを防いでくれます。

シルバーシャンプー

シルバーシャンプーという商品もあります。ムラサキシャンプーもシルバーシャンプーも、色落ちを緩やかにしてくれますが、シルバーシャンプーは明るい髪色や、アッシュなどの色落ちしやすい髪色に効果的です。しかしどちらもダメージケアはより急激な色落ちを防ぐものなので、トリートメントや毎日のケアは怠れません。

関連記事

シルバーにするやり方、色落ちを防ぐ方法はお分かりいただけたでしょうか?綺麗なシルバーにするには何度かのブリーチが必要になりますが、ブリーチがうまくできれば、シルバーでも色が入りますよ!色落ちやダメージケアに注意しながら、シルバーの髪色を楽しんでみて下さい!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BkAe5tHhgBd/?tagged=%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5