Bquvv46we3nha2491wpv

ヘアスタイル

CATEGORY | ヘアスタイル

髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣を変えるだけで美髪♡

2018.06.11

梅雨の時期特に気になるのがくせ毛のお悩み。朝起きたらなんでこんなに髪の毛がボサボサなの?と朝から時間がかかる毎日。ですが、実は髪のくせ毛の原因は毎日のシャンプーとドライヤーです。シャンプーとドライヤーの習慣を変えるだけ美しい髪に改善!女性の方特に必見です!

  1. 髪のお手入れとお悩み
  2. 【髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣】
  3. 【髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣】ブラッシング
  4. 【髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣】シャンプー前のすすぎ
  5. 【髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣】シャンプーの使い方
  6. 【髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣】シャンプーの洗い方
  7. 【髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣】トリートメント
  8. 【髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣】
  9. 【髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣】アウトバストリートメント
  10. 髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣】ドライヤー
  11. まとめ
Adnlhampa9mhrjxlbwuy
引用: http://beautytimes.ca101.net/2015/10/14/002-%E7%BE%8E%E9%AB%AA%E3%82%92%E8%82%B2%E3%82%80%E9%A0%AD%E7%9A%AE%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8/
男性も女性も髪の毛の印象は、意外にも鮮明に相手の記憶に残るものです。ファッションやメイクだけに気を使っていても、髪の毛ボサボサでは勿体無い!せっかくの美人も台無しですね。ツヤツヤでサラサラの美しい髪は女性の憧れです。それに美しい女性に美しい髪はイメージ通りでピッタリですよね。しかし髪の毛が長くなればなるほど、お手入れが大変なのが悩みどころ。ですが今回は毎日の髪の毛のお手入れ習慣を見直すことで、ツヤツヤでサラサラの美しい髪になれる方法をご紹介させていただきます。お手入れの内容は簡単なので、試してみる価値ありです。
L6hnart2qmngmhw0lbeb
引用: http://myqwork.com/item/s/id/69

関連記事

Fejfkafugbsqdsofzbcg
引用: http://virusrobotics.com/entry28.html
メイクやファッションと同様、お出かけ前にお手入れをする髪の毛ですが、ブローしてスタイリング剤をつけるのがよくあるパターン。そして1日過ごした髪の毛はホコリや乾燥でダメージを受けているのです。そうなると毎日の自宅でのホームケアが肝心!髪の毛は毎日洗わないという方もいるかもしれませんが、髪の毛だって毎日汚れているのです。体や服をキレイにするようにキチンとシャンプーすることが1番です。
Bokm5bdgastk6nuwzoxv
引用: https://odecomart.com/blog/beauty-hair-treatment-tricks/
美しい髪の毛を手にいれる為に、まずシャンプー前に髪の毛をブラッシングしましょう。髪の毛を結んである人はほどいて、汚れ・絡まりを落としましょう。結んでいる人は髪を引っ張る事により頭皮や髪の毛もダメージを受けています。ブラッシングで指通りを滑らかにしておき、シャンプーしやすくするのが、シャンプー前の準備です。
Kmbmqn75oztxm36bbz5u
引用: http://biscotti-life.jp/2016/10/03/hair-lab02/
髪の毛を結んである人はほどいたあと、頭皮が痒い場合がありますがブラシでこすったり強い刺激を与えるのはダメです!頭皮が傷つき、かゆみがひどくなり、トラブルの原因となります。この場合はシャンプーを済ましてからかゆみの原因を知ることが重要です。
Fe3n5365hc6ndvuua1xf
引用: 髪の毛を結んである人は紐解
Yakxqq4vvzakkfg9naan
引用: http://tg-uchi.jp/topics/1422
ブラッシングの次に行いたいのが、お湯で髪の毛を流す。シャンプーする前のこの一手間もとても大切です。 汚れが髪の毛に残っていると、シャンプーの量が増えてしまい、汚れもきちんと落ちていない可能性があります。 結果、髪にダメージを与えてしまうので、シャンプー前のすすぎは重要です。 大体1分程行えば汚れはざっと落ちるので、シャンプーの泡立ちもよくなります。
Eekpx9cn0t8ymebnk4p1
引用: https://xn--08j7sa2552bf9g5xdm7uda0320d.com/shampoo/%E6%B9%AF%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%81%A7%E8%87%AD%E3%81%84%E3%81%8C%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%99%82%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E7%9A%84%E3%81%AA3%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%96%B9%E6%B3%95/
今更シャンプーの使い方?と思われるかもしれませんが、シャンプーの量は1・2プッシュの少量で洗う事をおすすめします。 シャンプー前のすすぎがきちんとできていればシャンプーが少量でも泡立ちがよくなります。 シャンプーを使う量が多い場合、キレイに流しているつもりでも流しきれずに頭皮にシャンプーが残ってしまうからです。このシャンプー残りが頭皮トラブルの原因にもなりますので、シャンプーの使用量には気をつけましょう。
Jns8l82vgsbthrghgt3s
引用: https://zakka.pleasanthings.com/2016/01/14/%E3%81%8A%E3%81%97%E3%82%83%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC%E5%AE%B9%E5%99%A8/
Myifvigxm4x5wt2cgvoa
引用: http://the-nanpa.com/2017/09/13/bestshampoo/
シャンプーは直接つけるのではなく、まず泡立ててから使いましょう。髪の毛よりも頭皮の方に付けるように意識し、全体を泡立ててください。 頭皮は優しくマッサージしながらシャンプーすると、血行が促進され抜け毛の予防に効果的です。 髪の毛の量や長さによ守りますが、シャンプーの時間は大体3分から5分程度を目安に行いましょう。
シャンプーが完了したら、しっかりとすすぎ水気を切ってから、トリートメントを付けます。 トリートメントを髪に浸透させる為に付けてから少し時間を置いてから流すのが良いでしょう。 トリートメントを付けてからの時間は大体5分~10分程度を目安にしてください。 その際、タオルで髪の毛を包んだり、シャワーキャップを被るとより効果的にトリートメントが浸透します。トリートメントは髪の毛の中間~毛先につけるようご注意ください。 トリートメントを流す時間は、30秒~1分を目安に流しましょう。トリートメントの流しすぎは効果が半減してしまいます。流しすぎに注意しましょう。少しぬるっとするくらいが、程よく髪にトリートメントが浸透しているサインです。
Rcnpgas5i8znmu3m7gwp
引用: https://bikami-jikan.com/how-to-use-treatments-that-professional-is-not-washed-away-teach
Jpbmnhhh0soc6epw2qdq
引用: http://beauty-note.jp/dry-faster-hair
シャンプーが全て完了したら、最後に乾かし方をご紹介したいと思います。 シャンプー後はそのまま放置しないてすぐに髪を乾かすことをおすすめします。 まず、タオルドライでしっかり水気をとりましょう。この時、タオルで髪のけをゴシゴシとこすりつけないよう気をつけてください。イメージは頭皮をマッサージするような感覚で拭き取り、髪はタオルで挟んで水気をとると良いでしょう。 髪の毛が長い場合は少しタオルに包んで水気をとる方法も良いですが、いづれの場合も、ドライヤー前にきちんと水気をとることが、ドライヤー時間の短縮にもなり髪へのダメージも少なくなります。
Ooqen1d736asucc27fki
引用: http://bijoh.com/toweldry/
Kwd2d8j5ahwcac37omyg
引用: https://bikami-jikan.com/how-to-use-treatments-that-professional-is-not-washed-away-teach
しっかりとタオルドライできたら、ドライヤー前にアウトバストリートメントをつけましょう。 アウトバストリートメントとは洗い流さないトリートメントのことです。髪の乾燥を防ぐのにおすすめです。 こちらもシャンプー同様、直接つけるのではなく手のひらで伸ばしてからつけましょう。つける量は髪の長さにもよりますが全体にむらなくつけれればOKです。
Dz5hy3vnl9nxotcnj0fh
引用: https://pinky-media.jp/I0018976
Wsah4h3hmtpplu0pbgg0
引用: http://beauty-note.jp/dry-faster-hair
ここまできて、やっとドライヤーです。 ドライヤーは根本から髪を乾かして行きましょう。タオルドライがきちんとできていれば大体3分程で根本は乾きます。一箇所を集中的に行うのではなく、全体をまんべんなく乾かしていきましょう。ドライヤーの温度は約110度あります。髪の毛に近づけすぎて焼けてしまわないよう注意してください。 髪の毛が徐々に乾いていたら、仕上げに冷風をあてます。髪が完全に乾く前に冷風へ切り替えてください。冷風は髪全体にあてることにより、キューティクルが整いツヤツヤの髪の毛に仕上がります。 この時、ブロー用のコームが粗めのブラシを使い、ブローするとさらにツヤ感が増します。 以上の工程をすることにより、ツルツルでサラサラの髪の毛を手に入れることができます。
Rf9kgxd28r4xoy1ykewh
引用: http://aga-guidebook.com/female-thinhair-brush
Hilk2hrpiyyjoyvlpeld
引用: http://www.saitnelizabeth.com/styling/entry124.html

関連記事

Lag64ot2n61gfun0zeot
引用: 髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣】
今回は髪のくせ毛の原因と改善方法!シャンプーとドライヤーの習慣についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?確かに夜になると一日の疲れが出てくるせいか、シャンプーはざっと行い、ドライヤーも髪が乾けばOKなんて方も多いと思います。洗う前のブラッシングをしている人なんて少ないのでは?と思いました。ヘアケア問題ですが、髪の毛が長くなればなるほどお手入れは大変です。シャンプーにもドライヤーにも時間がかかってしまします。ですが長い人ほど、きちんと手入れを行えばサラサラでツヤツヤの自信のある髪を手に入れることができるでしょう。早速今夜はシャンプーとドライヤーの正しい方法を実践し、翌朝の美しい髪を実感するのをおすすめします。是非お試しください。
Wr0vmdyqkj96oxoyoh4l
引用: http://biyo-chikara.jp/sonota/10007/
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://the-nanpa.com/2017/09/13/bestshampoo/