N0xrdixootekjcwxzooj

パソコン

CATEGORY | パソコン

Appleの発表会2018がアツい!WWDCの情報まとめ!

2018.06.06

2018年6月に開かれるApple発表会WWDC。開発者向けの発表会ですが、2017年は新作をまとめて発表し世界を驚かせました!果たして2018年のApple発表会はどうだったのか?いつ何が起こるのか?予想と結果の情報をまとめたので読んでみてください!

  1. Appleの発表会2018まとめ:WWDCって何?
  2. Appleの発表会2018まとめ:今年は何が飛び出す?
  3. Appleの発表会2018まとめ:①次期iOS「iOS12」発表!
  4. Appleの発表会2018まとめ:②FaceTimeが大幅アップデート
  5. Appleの発表会2018まとめ:③AR機能強化!
  6. Appleの発表会2018まとめ:④watchOS5アップデート
  7. Appleの発表会2018まとめ:⑤Siriにショートカット機能が追加!
  8. Appleの発表会2018まとめ:⑥CarPlayがGoogle Map対応
  9. Appleの発表会2018まとめ:⑦macOS Mojaveのダークモードが登場
  10. まとめ
引用: https://pbs.twimg.com/card_img/1003453812852416512/08b_0WEW?format=jpg&name=600x314
2018年6月、今年もAppleの夏の発表会が開催されます。Appleといえば徹底的な秘密主義は有名で、いつどんな製品、ソフトが発表されるのかを知るには、Appleの発表を待つしかないというわけです。
2018年6月5日に行われたWWDCは「Worldwide Developers Conference」の略。開発者向けの発表会で、主にソフトウェアの発表がメインです。そのため、従来は一般ユーザーはそれほど注目していませんでしたが、2017年には怒涛のごとく新製品を発表したので、俄然注目を集めたわけです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/De-a8stU0AID4xf.jpg
2018年は何が発表されたか紹介する前に、事前予想も紹介しておいたほうが楽しめるでしょう。主な予想を簡単にあげますね。

新型iPad Pro

引用: https://pbs.twimg.com/media/De7_2oMX4AE01YR.jpg
ひとつめは「新型iPad Pro」。「出るのは分かっているけど、それはいつ?2018年のWWDCの可能性大!」の声が多かったですよね。「Face ID搭載」「iPhone Xのようなベゼルレスディスプレイ搭載」などがいつ発表されてもおかしくないと予想されていました。

新型MacBook

引用: https://pbs.twimg.com/media/DcE-aN_VQAIkMmS.jpg
2017年6月に発表された新作リストのなかには、MacBook Pro、MacBook、MacBook Airがあり、全商品がアップデートされるという異例のWWDCとなりました。Appleの開発力を思い知らされたWWDCでしたが、今年ははたして?というところです。
期待されていたのが「13インチモデル」の新型MacBook。現モデルは12インチなので、1インチアップということになりますね。小さな変更に思えるかもしれませんが、実はこのアップデートは今後のAppleの開発方向を占う重要な試金石になると言われていました。つまり、新型MacBookにより「MacBook Airを置き換える」つもりなのかが、とても注目を集めているのですよ!

iOS 12のアップデート

こちらはガチガチ本命で、2018年6月でやらなきゃいつやるの?ということになります。ただ、アップデートの方向性としては新機能より安定化を重視したものになるのでは?という下馬評。一般ユーザーとしては少し物足りないかもしれませんね。

その他

引用: https://pbs.twimg.com/media/CDzZJlTUkAEdVP8.jpg
他にも開発中のMac Proの動向、ソフトウェアではMarzipan(マジパン)のアップデート、2017年6月で大幅にアップデートされたのであまり期待できないもののwatchOS 5とtvOS 12などが話題となっていました。
それでは前置きはこの辺にして、いったい2018年6月の発表会で何が発表されたのか見ていきましょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/De4Wv4OVAAAxd3v.jpg
次期iOSである「iOS12」が発表されました。いつ発表されるかは予想通りの結果となりました。発表会では「iPhone6 Plus」を例にとり、アプリ起動が40%高速化されたのをはじめとして、キーボード起動が50%、カメラ起動が70%高速化したことが説明されました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/De9QHGRUEAAJzvg.png
これは古くからのユーザーとしては嬉しいですよね。今秋配信予定なので、iOS11対応のデバイスを持っている人はぜひダウンロードしてください!
引用: https://pbs.twimg.com/media/De5Ql1SVQAAEvRB.jpg
ちなみに開発者向けプレビューは6月5日から配信開始、6月中にはパブリックベータ版が配信されますよ!
引用: https://pbs.twimg.com/media/De3zuMKW0AIzf-D.jpg
ビデオチャット機能であるFaceTimeでは今まで1対1にしか対応していませんでした。今回それが何と32人対応に大幅アップデート。グループビデオチャットが楽しめるようになりました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/De3a2CRUEAEs8RM.jpg
さらにFaceTimeで使える、自分の顔の動きに対応して動く「Animoji」の新キャラクターが追加されるとともに、自らキャラクターを作成することができる「Memoji」にも対応しました。これだけ充実すると同窓会や仮面パーティなどなんでもFaceTimeでできそうですよね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/De3R4emV4AAB6g8.jpg
AR(Augmented Reality:拡張現実)機能の強化についてもWWDCでは発表がありましたよ。これは新たなアプリの開発者としては魅力的な内容でしょう。発表されたAR機能では、マルチデバイスに対応。デモでは仮想現実の世界で仲間でおもちゃの「LEGO」を配置していました。
引用: https://pbs.twimg.com/card_img/1003719399692333056/VNd3nCOv?format=jpg&name=600x314
マルチデバイス対応によって、拡張現実をリアルな人間同士で共有するということになります。画期的なアプリの登場が待ち遠しい人もいるのではないでしょうか。こればっかりはアプリの開発あってのことなので、WWDCの会場にいる開発者の皆さんにいつの日かと言わず、近い将来に夢を実現していただきたいところです。
今回発表された「ARKit 2」にはあのピクサーも協力。「USDZ」というツールによりSafari・メールアプリなどから3Dデータが読み込めるようになるとか。例えばオンラインショッピングでギターを購入する前に、実物大を部屋に置いたらどうなるか?などがバーチャルに試せるようになるそうです!

関連記事

引用: https://pbs.twimg.com/card_img/1003744465859764225/ywHVF4vE?format=jpg&name=600x314
「watchOS5」のアップデートがいつ行われるかは予想が難しかったようですが、発表がありました。まず「各種エクササイズのスタートを自動検知」です。いままで、ボタンの押し忘れでエクササイズの管理が不十分となりストレスを感じていた人もこれで安心です。
さらにWebサイトを見たり、siriが統合されたりしました。また、AppleWatch同士でトランシーバーが代わりに使えるのも子供心をくすぐられます。タップしているときだけ音声が届く機能はまるでスパイ映画の世界のように使えそうです!
引用: https://pbs.twimg.com/media/De33UBaW0AAw0lz.jpg
Siriにショートカット機能があったらなと思ったことはありませんか?エクセルで言えばマクロ機能と言った方が分かりやすいでしょうか。例えば、「Siri、帰宅するよ」と言えば「帰宅までの道順や時間を計算」「家族に帰宅するとメールで連絡」「帰宅時間にあわせてエアコンを起動」などの一連の操作を完結させることができるようになりました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/De3VBEVUEAE2LU9.jpg
使い方のアイデアによっては、いろいろ便利に楽しくなりそうですよね。Appleだけでなくサードパーティが開発したアプリも出るとのことでした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/De5aUW1V4AAqTAh.jpg
今までナビアプリはAppleが開発したアプリのみでしたが、ついにサードパーティ解禁となりました。Google MapやWazeはいつ使えるようになるの?と待っていた人にとっては朗報ですよね!
引用: https://pbs.twimg.com/media/De5U1vRVQAA_lkv.jpg
2018年のmacOSの名前は「Mojave(モハーヴェ)」。砂漠の名前にちなんだ名称でしたが、砂漠の夜をイメージしたようなダークモードが登場しました。クールなデザインが好きな人や、目がお疲れ気味の人たちはこぞって使い始めるかもしれませんね。ただし、リリースの日付は発表されませんでした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/De3tLCAX0AEK74K.jpg

関連記事

引用: https://pbs.twimg.com/media/De34BYoVQAAlKOg.jpg
2018年6月に行われたAppleの発表会WWDCの情報を紹介しました。楽しみな機能満載でしたね。残念ながらハードウェアの発表はありませんでしたし、Marzipan(マジパン)についても触れられませんでした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/De6bymCU0AASqeH.jpg
しかし、使い勝手がよくなったiOSやSiri、FaceTimeなどが待ち遠しくなったという人も多いのではないでしょうか。ぜひアップデートして新たな世界を体験してみてはいかがでしょうか。