Zwra4ttje4exkg1aves3

筋トレ

CATEGORY | 筋トレ

トレーニング用ベンチの選び方・使い方・おすすめ3選!メニュー動画も!

2018.06.06

しっかり鍛え上げた筋肉に、あこがれを持つ方は多くいます。筋トレを自分で使用と考える場合、トレーニングベンチを使うことがとてもおすすめです。今回はトレーニング用ベンチの選び方とおすすめの使い方を3つ、メニュー動画付きのトレーニングを1つ紹介します。

  1. トレーニングベンチはとても大事
  2. トレーニングベンチのおすすめ
  3. トレーニングベンチは種類が沢山
  4. おすすめのトレーニングベンチ①フラットベンチ
  5. おすすめのトレーニングベンチ②:アジャスタブルベンチ
  6. おすすめのトレーニングベンチ③:フォールディングベンチ
  7. 自分のの使い方に合わせてトレーニングベンチを選ぼう
  8. トレーニングベンチを使って筋トレしよう
  9. トレーニングベンチのメニュー:ダンベルプレス
  10. 動画付き!ダンベルプレスのやり方
  11. まとめ【トレーニングベンチで筋トレを効率よく行うことができる】
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ec/ec1fcdaf8881d5be19bc60d34781489e_t.jpeg
トレーニングベンチと聞くと、本格的に筋トレを行っている人が使うものだと想像する方もいらっしゃいますが、初心者こそトレーニングベンチを使った筋トレが、とても大事になるのです。ジムなどに通わずに自力で筋トレを使用と考えている場合は、トレーニングベンチはダンベルと同じくらい重要な役割を担っています。トレーニングベンチがあると、筋トレの幅が広がって、効率よく自分が鍛えたい筋肉を鍛えることができます。早く自分の目標を達成するためにも、筋トレに興味がある方は、是非トレーニングベンチの利用を考えてください。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/86/86b62be6f38a642239856797d200ad3b_t.jpeg

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/be/be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_t.jpeg
ダンベルだけではできない筋トレも、トレーニングベンチがあれば可能になります。トレーニングベンチがないとできない筋トレや、トレーニングベンチを使うことでよく鍛えることができる筋肉もあるほどです。そのため、トレーニングベンチを使う時と使わないときでは、効果が数倍も違うことがあります。では、どのようにトレーニングベンチを選べばよいのでしょうか?トレーニングベンチの使い方や筋トレのメニューについて紹介する前に、トレーニングベンチの選び方などについて、もう少し詳しく知っておきましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/9b/9bce8a3efc8ffb2920b834cc89a9b062_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6a/6a9eec938be28378bdadabee2af7b59f_t.jpeg
上の写真のように、トレーニングベンチには沢山の種類があります。そして、それぞれのトレーニングベンチには特徴があり、できる筋トレのメニューも異なるのです。この記事では、フラットベンチ、アジャスタブルベンチ、フォールディングベンチの特徴と、メリットとデメリットについて紹介していきます。筋トレをするさいにとても重要な役割を担うトレーニングベンチですが、ある程度購入費用がかかるものが多いです。トレーニングベンチの選び方のポイントは、どんな使い方をするかしっかり考えることです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/75/7539986a52b137dacac45b8910feb22a_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e3/e3df118555dec18d80e9fcf8327d0a02_t.jpeg
おすすめのトレーニングベンチ1つ目は、フラットベンチです。フラットベンチは、座る面と背もたれが水平になっているベンチのことです。重量が他のトレーニングベンチよりも軽く、持ち運びをしやすいことがフラットベンチの大きなメリットです。耐荷重量も高く、フラットベンチだけでも沢山の筋トレをすることができます。おすすめのトレーニングメニューは、ベンチプレスです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ce/ce5655b9df93894a34131192c45f2a70_t.jpeg
フラットベンチのデメリットとしては、座る面と背もたれの面が水平に固定されているため、好みによって角度を変えることができないということがあげられます。トレーニングベンチの角度を変えることができないため、他のベンチに比べると、使い方や筋トレのメニューが限られてしまうこともあります。しかし、軽くてトレーニングベンチの中では価格が安いという大きなメリットも持っています。筋トレに少し興味があるけれど、そこまでしっかりしたいわけではない…という方にもおすすめできるトレーニングベンチです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/9b/9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/02/027913bec469e5c70fe4c41c3b020cfb_t.jpeg
おすすめのトレーニングベンチ2つ目は、アジャスタブルベンチです、アジャスタブルベンチは、フラットベンチとは異なり、ベンチの座る面と背もたれの面の角度を自分の好みで調節することができます。そのため、フラットベンチよりも多くの筋トレのメニューをすることができることが、アジャスタブルベンチの大きなメリットです。ちなみに、ベンチの頭側が高くなっていることをインクライン、頭側が低くなっていることをディクラインと呼びます。アジャスタブルベンチを使うと、フラットベンチでは鍛えにくい大胸筋の上部も鍛えることができるのです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/32/320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_t.jpeg
とても便利で沢山の筋トレのメニューを行うことができるアジャスタブルベンチですが、デメリットもあります。それは、どうしてもフラットベンチなどよりも高額になってしまうことです。また、色々な筋トレのメニューに適応することができますが、ベンチ自体の重量も重たくなっています。アジャスタブルベンチは、トレーニングベンチの使い方をある程度把握している方や、本格的に全身の筋肉を鍛えたい方におすすめできる、トレーニングベンチです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e4/e4db675f0b789e29e9dab4a307512a8a_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/70/70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_t.jpeg
おすすめのトレーニングベンチ3つ目は、フォールディングベンチです。フォールディングベンチは、折りたたむことができるトレーニングベンチです。そのため、使用しないときには折りたたんで収納することができるということが、フォールディングベンチのメリットになっています。筋トレのグッズを置いておく場所があまりない方でも、安心して購入することができるトレーニングベンチです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/74/74ba6b0b51ea48d6be6395c7ca174a24_t.jpeg
フォールディングベンチのデメリットとしては、他のトレーニングベンチよりも耐荷重量が低いということがあげられます。そのため、使い方が少し限られてしまい、フォールディングベンチで行うことができる筋トレのメニューも、先ほど紹介した2つのトレーニングベンチよりも限られてしまうのです。しかし、軽いフィットネスやダンベルを使った筋トレなどは、問題なく行うことができます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/92/924a2064247680fe56d2419447d9bfd5_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4b/4befdcf0e1a7e3911aa33822f21024e6_t.jpeg
フラットベンチ、アジャスタブルベンチ、フォールディングベンチの3つのトレーニングベンチを紹介しましたが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。自分がどんな使い方をしたいかに合わせて、トレーニングベンチを選ぶことが大切です。紹介した3つ以外にもトレーニングベンチには種類があるので、購入する前にそのトレーニングベンチのメリットとデメリットを把握してください。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/98/9839c4cb75ff2260e05446536d3fa00c_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f7/f72a78f7e949126474f259d182d3e0ff_t.jpeg
トレーニングベンチを使った筋トレのメニューを紹介します。どちらのメニューもフラットベンチで行うことができるトレーニングなので、是非参考にしてください。トレーニングベンチの使い方とトレーニングの方法が分かりやすいように、動画もつけてあります。自分でトレーニングをするさいには、是非動画も参考にして正しいトレーニングを行ってください。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/d7/d75d6c4fe647541197a05ff0aaca6048_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/74/74dbc4c0ce25188a742932717273c80d_t.jpeg
まず1つ目に、トレーニングベンチを使った、ダンベルプレスの筋トレメニューを紹介します。ダンベルプレスでは、主に大胸筋と上腕三頭筋を鍛えることができるので、挑戦してみてください。ダンベルの選び方は、持ちあげる時に少し重たく感じることが大きく関わってきます。最初から重たすぎるダンベルを使おうとすると、必要以上に筋肉に負荷をかけてしまい、怪我などにつながることもあります。ダンベルの選び方には十分注意してください。ダンベルプレスのポイントは、他にも4つあります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/14/148bfaf3ea31bfdc0c3fa82909643a20_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/14/14e2e51c36262ed8239d40fa72c17189_t.jpeg
ダンベルプレスのポイントについて、動画を入れて紹介します。ダンベルプレスは、名前の通りダンベルを上に持ち上げる筋トレのメニューなのですが、そのさいに気を付けたいポイントは4つです。1つ目のポイントは、肩甲骨を寄せて、大きく胸を張りながらトレーニングを行うことです。2つ目は、胸を張る過程で腰を少し浮かせることです。3つ目のポイントは、肩甲骨、お尻、頭の3点で身体を支えることになります。4つ目は、ダンベルを胸の真上に持ち上げるようにすることです。動画で見ると分かりやすいので、是非参考にしてください。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/66/66e14ba37550b0f55e8bc2625569ae24_t.jpeg
今回は、トレーニングベンチの選び方、使い方、筋トレのメニューについて紹介しました。トレーニングベンチの選び方で一番大切なことは、自分の目的に合わせて選ぶことです。トレーニングベンチを使うと、様々な筋トレのメニューを行うことができます。Youtubeでは筋トレのメニューを分かりやすく解説している動画もあるので、是非参考にしてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6f/6f107253b69c33464be9e6dca2d102db_t.jpeg