Rvtjnnssdhcewynag9u0

国内旅行

CATEGORY | カテゴリー

帰省ラッシュを回避するコツ!お盆や年末年始の混雑ピークを切り抜けろ

2018.06.05

年末年始やお盆、帰省ラッシュやUターンラッシュはできれば回避したいものですよね。高速道路の渋滞や新幹線の混雑…せっかくの連休も疲労が残ってしまいます。そこで今回は帰省・Uターンラッシュを切り抜けるために、2018年の混雑ピーク予想や対策を紹介!要チェックです!

目次

  1. 帰省ラッシュを回避しよう!お盆や年末年始の混雑ピークを切り抜けるためには
  2. 帰省ラッシュを回避しよう!2018年お盆休みの混雑ピークは?
  3. 帰省ラッシュを回避しよう!2018年年末年始の混雑ピークは?
  4. 帰省ラッシュを回避しよう!帰省・Uターンラッシュを切り抜けるコツは?
  5. 帰省ラッシュを回避しよう!帰省・Uターンラッシュを切り抜けるコツ【高速道路】
  6. 帰省ラッシュを回避しよう!帰省・Uターンラッシュを切り抜けるコツ【高速道路】①深夜に移動する
  7. 帰省ラッシュを回避しよう!帰省・Uターンラッシュを切り抜けるコツ【高速道路】②一般道に下りない
  8. 帰省ラッシュを回避しよう!帰省・Uターンラッシュを切り抜けるコツ【高速道路】③左車線を走る
  9. 帰省ラッシュを回避しよう!帰省・Uターンラッシュを切り抜けるコツ【新幹線】
  10. 帰省ラッシュを回避しよう!帰省・Uターンラッシュを切り抜けるコツ【新幹線】①早めに予約する
  11. 帰省ラッシュを回避しよう!帰省・Uターンラッシュを切り抜けるコツ【新幹線】②始発を狙う
  12. お盆や年末年始の混雑ピークを回避しよう

お盆休みや年末年始、帰省ラッシュに巻き込まれて疲れた…という経験をされた方は沢山いるでしょう。高速道路の渋滞に巻き込まれたり、新幹線で座れなかったり、せっかくの連休でも疲弊した思い出が残っちゃいますよね。できるだけ帰省ラッシュやUターンラッシュの混雑ピークは避けたいモノです。そこで今回は、帰省・Uターンラッシュを回避するためのコツをご紹介していきたいと思います!

関連記事

まずは混雑ピークの予想を見ていきたいと思います。お盆休み期間は8月13日から16日の4日間が一般的ですが、そこに土日が組み合わさることで連休の長さが決まってきます。2018年のお盆休みは8月11日(土)から16日(木)の6連休が一般的で、企業によっては19日(日)までの9連休というところもありそうですね。お盆休みを満喫するために、帰省ラッシュやUターンラッシュの混雑ピークを予想しておくことが大切です。

お盆休みの帰省ラッシュピーク

帰省ラッシュは8月11日スタートの企業がほとんどですので、高速道路や公共交通機関の渋滞・混雑が予想されます。11日は終日混雑することが予想されますが、特に早朝の7時頃は混雑のピークになると予想されています。高速道路を利用する場合は11日の深夜3時頃までに出発しておくと混雑ピークは避けられるのではないでしょうか。新幹線の場合は、始発を狙うか夕方から夜遅い時間帯も狙い目だと思います。

お盆休みのUターンラッシュピーク

2018年お盆休みのUターンラッシュピークですが、高速道路の場合は8月15日と18日の夕方17時頃が混雑ピークになると予想されています。高速道路の利用はやはり深夜に出発するのが混雑を避けられると思います。また新幹線のUターンラッシュピークですが、16日の午前中、そして連休の最終日の19日午前中の混雑が予想されます。新幹線のチケットは早めに確保しておきましょう。

1/6

続きを読む