Nrvlyght1674j368d6hv

音楽

CATEGORY | 音楽

オーディオコンポ・ミニコンポの人気おすすめ14選!ハイレゾも!

2018.06.17

大好きな音楽を、高音質かつダイナミックに聴きたい…そんなときおすすめなのが、オーディオコンポ・ミニコンポです。現在では様々な種類のオーディオコンポ・ミニコンポが発売されています。今回は数多くの種類の中から、人気おすすめオーディオをご紹介していきます!

  1. そもそもオーディオコンポ・ミニコンポって?
  2. オーディオの種類は?
  3. ①アクティブスピーカー
  4. ②パッシブスピーカー
  5. ③USB-DAC
  6. ④アンプ
  7. オーディオの選び方とは?
  8. どんなオーディオはNG?
  9. ハイレゾはおすすめなの?
  10. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ①
  11. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ②
  12. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ③
  13. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ④
  14. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ⑤
  15. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ⑥
  16. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ⑦
  17. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ⑧
  18. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ⑨
  19. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ⑩
  20. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ⑪
  21. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ⑫
  22. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ⑬
  23. 人気おすすめオーディオコンポ・ミニコンポ⑭
  24. オーディオコンポ・ミニコンポの人気おすすめ14選!ハイレゾも!のまとめ
引用: https://jp.yamaha.com/files/ocp/ja_jp/products/audio-visual/experience/premium_shop/audio_maro/shop_w350.jpg
音楽を聴く際、よく利用されるオーディオコンポ。現在では数多くの種類が販売されており、使用用途によって使い分けることも可能となってきました。しかし、その名前は知っているけど、どうやって使うのかわからない…、そもそもオーディオコンポってどんなものなの?という方も、少なくは無いと思います。それでは、オーディオコンポとは一体どういったものを指すのでしょうか?
引用: http://otonaninareru.net/wp-content/uploads/2015/12/DSC_4840-800x438.jpg
オーディオコンポとは、実は二つの言葉が合わさったものなんです。「オーディオ」と「コンポ」には、それぞれ意味があるんですね。「オーディオ」は、単純に音楽を聴くための機械のこと。「コンポ」は、コンポーネントの略でチューナー・アンプ・スピーカー・プレイヤーなどが合わさったものになります。つまりオーディオコンポは、アンプやスピーカーなどがセットになった音楽を聴くための機器、ということになります。
引用: http://www3.jvckenwood.com/audio_w/woodcone_audiosystem/img/thum_audio_wood.jpg

ミニコンポって?

ミニコンポとはオーディオコンポの小型という意味が単純であるがwikipediaによると
もともとは1970年代に、コンポーネントステレオ[1]のバリエーションとして登場した一回り小さい製品群を指して呼んだのが「ミニコンポ」であったが、メーカ毎に異なる・あるいは協同の商品戦略や、時代の変遷によりその指すものは大きく変化を続けている。現状、一般的に据置型でスピーカーが分離できるオーディオ・システム一般をだいたい指している。

とのことである。
引用: https://www.hardoff.co.jp/wp/wp-content/uploads/2014/10/11001_1.jpg
オーディオには現在数多くの種類が存在します。オーディオショップにはいくつもの商品がおかれ、どんなものがいいのかわからない…という方も多いのではないでしょうか?そんな方のために、オーディオのおおまかな種類をご紹介します。ご自身の使用用途や環境によって、最適な種類はどれなのかを考えながらご覧ください。
引用: http://www.1242.com/lf/asset/uploads/2017/07/izumi_002_2017w680.jpg
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41QXPqq--JL._SL500_AC_SS350_.jpg
まずご紹介するのは、アクティブスピーカー。このタイプのスピーカーは、本体にアンプが内蔵されています。他のスピーカーに比べ、これ一台で完結することの多いオーディオです。オーディオ購入初心者の方には、アクティブスピーカーがおすすめです。いくつもの機器を介さない分接続も単純で、他に機器を購入する必要もないので、操作性・コスパに優れています。
Lk4wuw3zjhjjt9zevdiv
引用: https://direct.sanwa.co.jp/images/goods/MM-SPL9BK_MX.JPG
Gekzdojx2pn8hhtikia8
引用: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/press_images/000/040/990/3a38002a9d31e9029f20263f6d5f756b08e77120.jpg?1485273277
パッシブスピーカーは、いうなればアクティブスピーカーと対をなす存在です。本体にアンプ内蔵で1台のみでの使用も可能なアクティブスピーカーに対して、パッシブスピーカーは別途アンプの接続が欠かせません。パッシブスピーカーにはアンプは内蔵されていないため、音楽を聴く際にはアンプも購入しなくてはなりません。しかし、その代わりに自分好みのアンプを選んで使うことができるため、アクティブスピーカーの使用になれてきてから使ってみるのをおすすめします。
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=709x10000:format=jpg/path/s85eb09a072b75d3e/image/i57e3224fe9d1ed2e/version/1456157937/image.jpg
USB-DACは、音をスピーカーへ送る際、より高音質で送れるように調整してくれる機器です。本来アクティブスピーカーにもDAC機能は付いているのですが、USB-DACを接続することでより一層精密でクリアな、ノイズの無い音楽を楽しむことができます。しかしもちろんこれ1台では音楽を聴くことはできないため、スピーカーの使用になれてきて、自分好みの音質にこだわりを持ちたくなった場合の購入をおすすめします。また、USB-DACには接続端子も様々な物があります。購入する前には、接続する機器に端子があるかを必ずチェックするようにしましょう。
Sknmf07ijtykhkhab7uj
引用: https://image.biccamera.com/img/00000002083793_A01.jpg?sr.dw=320&sr.dh=320&sr.jqh=60&sr.mat=1
先ほどから登場している「アンプ」ですが、これは機器と機器を繋ぐような役目を果たします。アクティブスピーカーはアンプ内蔵なので別途にアンプを購入する必要はないですが、そのほかのスピーカーではアンプの購入が必須です。アンプには様々な種類があるため、より自分好みの音質にこだわることができます。USB-DACと一緒に使用することで、アクティブスピーカー1台で聴く時よりもさらに高度なカスタマイズができるようになります。
引用: https://teac.jp/images/categories/category/teac_audio/categories-main_jp_hr-x101_image.jpg
ここまでオーディオの種類を説明してきましたが、実際にオーディオを購入するとなった場合。どのようなポイントに気をつけながら、購入するオーディオを選べばいいのでしょうか?オーディオを購入する際に注目しておきたいポイントを3つ、解説していきます。
Amngbrp9ygpd08uodesc
引用: http://bestbiz.jp/kitakagu.hp.gogo.jp/pc/image/library/201407072109_sBr8p.JPG

低音のクオリティで選ぶ

Bs6ebrhjeumx8u9zc2ra
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSJr_h3BWRXOVwnSkPiKGyzIyZsaOP6U92aMSIXCrgXXZkP_EXUjg
オーディオ機器に最も求める機能と言えば、やはり重低音の響きではないでしょうか。スマホやPC、イヤホンで聴くときよりも、ベースやバスドラムの音のような重低音を楽しめるのはオーディオの最大の魅力ですよね。映像を見る際にも低音は非常に重要で、映画館のような迫力のある音声を楽しむことができます。
引用: https://i.ytimg.com/vi/vq_Xj9tg0iw/maxresdefault.jpg
そんな低音のクオリティを重視したい方は、「バスレフ」という構造のスピーカーの購入がおすすめです。バスレフとは、通常スピーカーでは前後から音を出すのですが、後方の音を全て前方に反射させるような構造のことです。これによって低音が他の音に邪魔されることなく。よりクリアに聴こえるようになります。
引用: http://naspecaudio.com/wp-content/uploads/2015/07/example-1-650x650.jpg

ヘルツの高い・低いで選ぶ

引用: http://www.densho-8.co.jp/product/wp-content/uploads/2015/10/0223c96d9b21f567888d104c4cc928eb.jpg
オーディオ機器にはそれぞれスペックに「Hz(ヘルツ)」が記載されています。Hzとは周波数をあらわすものなのですが、スピーカに関して言えば再生可能な音の領域・範囲と思って下さい。この数値が高ければ高いほど、高音が出やすくなります。反対に低ければ低いほど、より低音まで再生することが可能になります。ご自身の再生する音楽に合わせて、Hzを見てみてもいいかもしれません。
引用: http://www.sandys2000.com/IMG_02612.jpg

ボリュームの大小で選ぶ

引用: https://monstar.ch/omiselab/wp-content/uploads/2016/03/pixta_17474500_M.jpg
場面場面によって、必要なボリュームは違ってきますよね。例えば大人数の前で音楽をながす際には大きなボリュームが必要ですし、ご自分ひとりでラジオや音楽を楽しむならそこまでのボリュームはいりません。オーディオ機器にはそれぞれで出せるボリュームが違いますので、ご自身が使用する環境での必要なボリュームを確認してから、どれくらいのボリュームが出るオーディオがいいのかをかんがえることをおすすめします。
引用: https://www.glam-slam.jp/column/uploads/music-2352096_1280%20%281%29.jpg
引用: http://ascii.jp/elem/000/000/657/657684/top_588x.jpg
販売されているオーディオ機器のなかには、安価の代わりに品質が最悪な粗悪品もあります。一般的な有名メーカーが販売している機器にはもちろんそういった心配はありませんが、中古屋や個人経営のお店で激安で売られているようなオーディオには注意が必要です。もちろん掘り出し物の可能性もありますが、購入してみたけど結局使えなかった…ということにもなりかねません。音質などを確かめてから購入することも大切です。
引用: https://matome.response.jp/uploads/article/image/124/card_1074672.jpg
また、オーディオを購入する際対応している端子や形式を確認することも大事です。せっかく買ったのに対応端子ではなかったので使用できない!なんてことにならないように、購入前にしっかりとチェックすることをおすすめします。
引用: http://beauty-men.jp/wp-content/uploads/2017/05/N811_higewoijirudansei_TP_V.jpg
引用: http://ascii.jp/elem/000/000/827/827123/XL_na11s1_f_g_34_588x.jpg
オーディオといえばよく聞く「ハイレゾ」。ハイレゾとはハイレゾりゅーションの略で、高解像度という意味を持つのですが…、結局ハイレゾ対応のオーディオはおすすめなのでしょうか?おすすめの理由とは一体何なのでしょうか。
引用: https://www.sony.jp/msc/owner/recommend/walkman/renkeilp-ad/share/img/cont1/img1.jpg
ハイレゾは、簡単に説明すると「録音時の音声がそのまま聴ける」というような機能です。要は音質が比べ物にならないぐらい良いので、録音した時の音声そのままを聴いているような感覚に陥る、というわけですね。ハイレゾ対応の音源も最近では多くみられます。そんなハイレゾ対応の音源を聴くためには、やはりハイレゾ対応のオーディオが必要となります。ハイレゾは非常に高音質ですので、ハイレゾ対応の音源を楽しみたい方はぜひ一度ハイレゾ対応オーディオを購入することをおすすめします。
引用: https://img.furusato-tax.jp/img/x/product/details/20160726/pd_f9f2e0e17794f224e82354bb5f609bf9b979d1e8.jpg
パイオニア X-CM56 CDミニコンポ Bluetooth搭載/AM/FM対応 ホワイト X-CM56(W) 【国内正規品】
価格 ¥ 12,960
・再生可能メディア:CD/CD-R/RW ・MP3再生:○ ・USB:○ ・Bluetooth:Ver.4.1、A2DP ・最大出力:30 W
オーディオ機器メーカーの中でも人気を誇る、パイオニアのミニコンポです。部屋のインテリアになじむデザインを追求した外観は、スタイリッシュさの際立つおしゃれな仕上がりとなっています。ミニコンポなので一通りの機能はそろっているため、おすすめです。音質の評判も良く、価格帯もコンポの中では安め。Bluetooth機能も搭載しているので、スマホなどからワイヤレスの操作ができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61DATnSNfaL._SL1036_.jpg
パナソニック ミニコンポ Bluetooth対応 ホワイト SC-HC295-W
価格 ¥ 11,420
AMラジオの電波が入りづらい場所でもFM放送を使ってAMラジオ番組を楽しめる「ワイドFM」対応 スリムデザイン 本体寸法:幅400㎜×高197㎜×奥107㎜
大手メーカーパナソニックが発売しているミニコンポです。とても薄い形をしているので置き場所に困らず、スタイリッシュなデザインはどんな部屋にもなじむおしゃれさです。Bluetooth対応でワイヤレスでの操作も可能。さらには音の歪みを直す機能も搭載しているので、よりクリーンな音質で音楽やラジオを楽しむことができます。レッドとホワイトの2色から選べます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71Q71Rd601L._SL1500_.jpg
Bose Companion 20 multimedia speaker system【国内正規品】
価格 ¥ 30,240
部屋中を満たす迫力のボーズ・サウンドを実現。 目の前で演奏されているかのような音楽性豊かなサウンド。 小さな音量でも聴感上もっとも自然に聴こえる再生を実現。
ボーズから販売されている、マルチメディアスピーカーです。ボーズ独自の技術により、異次元の高音質を実現。タッチセンサー付きのコントロールパネルでの操作は、どこか近未来感にあふれています。素材はアルミグリル、高級感・重厚感ともに抜群のデザインでPCなどに接続した際にもクールにきまります。大きさもコンパクトで、部屋のどこにおいても場所を必要以上に取りません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51dAF-9JGML._SL1000_.jpg
パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 DLNA/USB-DAC シルバー SC-PMX100-S
価格 ¥ 39,945
パソコンの音源を手軽に再生できる「USB-DAC機能」搭載 USBメモリーに保存したハイレゾ音源を再生できる スーパーソニックツイーターでハイレゾ音源の超高音域再生に対応。
ハイレゾに対応している、パナソニックのミニコンポです。前述のUSB-DAC機能を搭載しているため、音質はハイクオリティ。PCとUSBケーブルで接続すれば、簡単に音声が再生できます。ハイレゾ音源対応なので、究極の高音質を体感することができます。スピーカにはスーパーソニックツイーターを採用。広音域の再生を実現しました。BlurtoothとAirPlayに対応しているので、ワイヤレス操作も可能です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/810PhabV-QL._SL1500_.jpg
パイオニア Pioneer 2ウェイスピーカーシステム S-CN301-LR 【国内正規品】
価格 ¥ 16,117
最新の音楽ソースにも配慮し、 リニアリティに優れた高音質ユニットを搭載。 正確なレスポンスと広いリスニングエリアを実現する、 高品位ネットワークを採用
パイオニアの高品質スピーカーです。独自の本体構造で、他の商品にはない高性能さを実現しています。使用されているネットワーク回線はこの商品のために新開発。低音を重厚に聴けるような内部構造も備わっており、どんな音楽でも満足できるようなクオリティとなっています。そのクオリティに比べて大きさは控えめで、置き場所にも困りません。デザインは木目調で部屋の基調にもなじみやすいです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/715vLPuV6fL._SL1280_.jpg
Teshony USBスピーカー 小型 サウンドバー 持ち運びに便利 音の立体感を感じる USB接続 コンセント不要 (ブラック )
価格 ¥ 1,599
出力電力:4Ω 2WX2USB。
超コンパクトなUSBスピーカーです。基本的にはPCの上部に取り付けて使います。非常にコンパクトなので、ノートパソコンなどと一緒に持ち歩いて外出先でも使うことができます。デザインは黒くスタイリッシュで、どんなPCにも合うようなものになっています。価格は大きさが小さいこともあり、かなりリーズナブルです。値段に見合わない音質は、コスパの良さをあらわしています。PCに付けるタイプなので、音楽を聴くだけでなく、ゲームBGMをしっかり聴きたい方にもおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41BiaZiHqmL.jpg
LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
価格 ¥ 1,523
仕様:2ch USBスピーカー 入力端子:3.5mmステレオミニジャック x1 出力:0.6W+0.6W
こちらも超コンパクトスピーカーです。通常のスピーカーの半分もないような大きさのこちらの商品は、USBと出力コードをつなぐだけで簡単にスピーカーとして機能してくれます。大きさも機能性もお手軽で、さっと使いたいときに重宝します。さらにはケーブル収納機能もついているので、持ち運び時も非常にコンパクト。出張や旅行などにも持っていきやすいスピーカーです。USBに接続できればコンセントは不要なので、場所を選ばず使用することができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71AhQTS9VsL._SL1500_.jpg
ケンウッド コンポ Kseries XK-330-N [ゴールド]
価格 ¥ 30,000
最大出力:10W+10W 入出力端子:USB×1、AUDIO IN(ステレオミニ)×1,ヘッドホン出力(ステレオミニ)×1 消費電力:動作時12W、電源待機時0.40W以下
ハイレゾに対応した、高品質ミニコンポです。デザインはウッドデザインとシルバーを基調としたスタイリッシュさで、インテリアにもなりそうなおしゃれさです。音質についてはハイレゾ対応と言うこともあり折り紙つき。3万円台でかなりの高音質を味わうことができます。フルデジタルアンプ搭載で、クオリティの高い音楽をながすことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41mynOPd6OL.jpg
marantz CDレシーバー Bluetooth・Airplay ワイドFM対応/ハイレゾ音源対応 シルバーゴールド M-CR611/FN
価格 ¥ 48,622
オールインワンミュージックプレーヤー データディスク対応CDプレーヤー 「ワイドFM」対応FM/AMチューナー
オーディオとしての機能が一通り内蔵された、オールインワンミュージックプレーヤーです。CDプレーヤーとしての使い方はもちろん、FM/AMラジオやインターネットラジオ、その他USB接続での音源などにも対応。幅広いジャンルの音源を、高音質で楽しむことができます。BluetoothとWi-fi対応なのでワイヤレス操作も可能です。ハイレゾに対応しているので、高音質な音源も満足に聴くことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/812MIYbtkLL._SL1500_.jpg
ONKYO D-55EX 2ウェイスピーカーシステム (2台1組) 木目 D-55EX(D) 【国内正規品】
価格 ¥ 11,620
楽器やヴォーカルの輪郭をクリアに描き出すツィーター 心地よい低音を再現するウーファー まっすぐに伝わる音を引き出すバスレフダクト
大手メーカー「ONKYO」の2ウェイスピーカーです。木目調のデザインはシックで部屋のインテリアにもなじみやすく、そこまで大きいわけでもないので置き場所にも困りません。高音再生を担当するツィーターにはリング型振動器を採用し、より精密な高音を実現。低音を担当するウーファーは独自開発の振動板を採用することでノイズも少ない、クリアな音質を得ることに成功しました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41fu713OT2L.jpg
DENON プリメインアンプ USB-DAC搭載/ハイレゾ音源対応 プレミアムシルバー PMA-50-SP
価格 ¥ 50,380
USB-DAC搭載フルデジタルプリメインアンプ 新世代クラスDアンプ搭載 MHZ対応
ハイレゾに対応した高品質アンプです。USB-DACも搭載しているため、より自由度の高い音声を実現しています。独自の技術を使用していて、高速かつ極めて精度の高いデジタル・フィードバック・ループを用いることで従来とは比べものにならないほどの高音質を実現しています。ヘッドホンでも高音質が味わえるよう、高品質なヘッドホンアンプも搭載。どんなオーディオ機器でも、非常に高音質で音源を楽しむことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31Rh9wJdRrL.jpg
ONKYO D/Aコンバーター DAC ハイレゾ音源対応 シルバー DAC-1000(S)
価格 ¥ 39,800
新開発「DIDRC(Dynamic Intermodulation Distortion Reduction Circuitry)」技術 32bit/192kHz対応(USB接続)のD/Aコンバーター 高品位DACを左右独立使用
ONKYOの、ハイクオリティUSB-DACです。ハイレゾの音源にも対応しているUSB-DACなので、音源を最高音質で楽しめます。接続したオーディオ機器のクオリティを最大限にまで引き出すことができる優れモノです。独自の内部構造を採用することで、電磁的なノイズを予防。よりノイズレスな音質を実感できる高品質さです。デザインは非常にシンプルで、清潔感あふれる商品となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/610Bu2Xq74L._SL1500_.jpg
JVC Bluetooth対応USB端子搭載 コンパクトコンポーネントシステム(ブラウン)ウッドコーン WOOD CONE EX-S55-T
価格 ¥ 45,980
【アンプ】 実用最大出力:(JEITA)25W+25W (4Ω) 入出力端子:AUX入力端子×1、ヘッドフォン出力端子×1、USB端子×1 【CD部】
ハイレゾ音源にも対応した、高品質ミニコンポです。デザインはウッド調でスタイリッシュ、どんな部屋にもすっとなじみます。コンポにしてはコンパクトなサイズ感。またスピーカーとプレーヤーの高さが同じになっているため、棚などにも収納しやすい形状になっています。Bluetoothに対応しているので、ワイヤレスでの操作も可能です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Y-OJEXp9L._SL1000_.jpg
Denon Professional アンプ内蔵 モニタースピーカー DN-304S
価格 ¥ 12,800
2ウェイ・デスクトップ・リファレンス・スピーカ(L/Rペア)。 メディア制作スタジオや教育、ビジネスの現場、施設などで活躍。
高品質・高出力のハイスペックスピーカーです。高音域から低音域まで、きれいでクリアな音質での再生を可能にした幅広い音質域が特徴です。コンパクトなボディは置き場所を選ばず便利。そのコンパクトさに見合わない高出力差は、音源の迫力をナチュラルに増してくれる逸品です。接続部分もシンプルでわかりやすく、これ1台にアンプも内蔵されているため、非常にお手軽です。価格帯も他のスピーカーと比べてもリーズナブルです。ボリューム調整はフロントパネルで行います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61RGqnw%2BBbL._SL1371_.jpg
引用: https://www.4900.co.jp/smarticle/wp-content/uploads/2017/08/7963-00029-1-728x450.jpg
今回はオーディオコンポについての情報と、人気おすすめオーディオコンポ14選をご紹介してきました!オーディオコンポには現在さまざまな種類があるので、自分に合ったオーディオを探すことが大切ですね。オーディオを使えばいつもの音楽もより迫力のあるものになります。素敵な音楽ライフを送るためにも、事前にしっかりと調べたうえで、最適なオーディオを見つけてくださいね!

関連記事

以下の記事ではおすすめのオーディオスピーカーを紹介しています。ぜひご覧ください!