Aqhnoegcosnavxfikcac

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

イタリア旅行のおすすめ都市・名所8選!ローマは一日にして・・!

2019.07.29

誰もが生涯で一度は行きたいイタリア旅行。美味しい食事に、楽しい文化。有名なおすすめスポットがたくさんあるイタリアに旅行するからには、しっかりとそのおすすめを熟知しておきたいところ。この記事ではそんなおすすめの都市や名所をご紹介させていただきます!

この記事に登場する専門家

Z5arbwple1w55jobdhly

vivre専属ライター

ヒロ兄

趣味は登山。海外の山、登りたい。

  1. 海外旅行は難しい?
  2. 海外旅行は最高の体験をもたらしてくれる
  3. 定番のイタリアを選ぼう
  4. 【おすすめ!イタリア旅行へ行く前に】イタリアの基礎情報
  5. 【おすすめ!イタリア旅行へ行く前に】イタリアの治安
  6. 【イタリア旅行のおすすめ都市】イタリアの観光都市は?
  7. 【イタリア旅行のおすすめ都市・名所8選!】①カプリ島「青の洞窟」
  8. 【イタリア旅行のおすすめ都市・名所8選!】② コロッセオ(ローマ)
  9. 【イタリア旅行のおすすめ都市・名所8選!】③カラカラ浴場(ローマ)
  10. 【イタリア旅行のおすすめ都市・名所8選!】④トレヴィの泉(ローマ)
  11. 【イタリア旅行のおすすめ都市・名所8選!】⑤サンタマリア イン コスメディン教会(ローマ)
  12. 【イタリア旅行のおすすめ都市・名所8選!】⑥鐘楼(ベネチア)
  13. 【イタリア旅行のおすすめ都市・名所8選!】⑦卵城(ナポリ)
  14. 【イタリア旅行のおすすめ都市・名所8選!】⑧スカラ座(ミラノ)
  15. 歴史ある国・イタリアへ旅行へ行こう!
If0r0yf7gd6yqwucorlc
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1521362618/if0r0yf7gd6yqwucorlc.jpg

海外旅行は、文化も違えば言語も違う、さらに宗教も違うし服装までも違う、日本よりも外国出身の方が多い土地での生活になります。

国内の旅行とは異なって、海外旅行では予想していなかった出来事に困ったり、日本にはないような風習があったりします。そもそも言葉、言語がわからず、相手の言っていることを理解できなかったり、言いたいことが上手く伝わらないということも・・・。

Zpzzpel6g00ue4bvheum
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1521362741/zpzzpel6g00ue4bvheum.jpg

海外旅行は、上に書いたように、たくさんの課題を乗り越えなくてはなりません。しかし、それを乗り越えて旅をすることができれば、最高の体験をもたらしてくれるのです。というのも、今まで自分が想像もしなかった考え方を現地の人が教えてくれることで得ることができたり、異なるバックグラウンドを持つ人と関わることで、世界の大きさを痛感すると共に、どう生きていくことが大切なのかを考えることができます。

引用: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/0ceab5941bb934780865870fb0ebc6b7/5B276423/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/28753068_2015185255419463_3058954194443567104_n.jpg

単純に、現地の美味しいものを食べたり、楽しいアミューズメントをしたりするのも一興ですね。

Llhv956rpxa1leejxcxc
引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/10/94/26/src_10942655.jpg?1413988189

定番中の定番、そんなイタリアへ旅をして、やっぱり素敵な国だったで終わるもよし。こんなところもあるんだ!ちょっとニッチなところに気づけたぞ!と発見をするもよし。いろいろな楽しみ方ができそうですよね。

そして、あえて定番のイタリアという国を選ぶことで、今までの自分の持つ定番の国に対してのイメージを大きく変えることにもなり得るんです。そういった意味では、もはやど定番なイタリアという国へ旅をすることはとても良い選択なのではないでしょうか。

基礎情報を知っておくことで、きっと楽しく観光ができるはず!イタリアってどんな国と聞かれた時に答えられるようにしましょう!!

面積

引用: http://fishand.tips/select/wp-content/uploads/2015/07/f9b49607df7031ea44b4a9fff71ecbde.jpg

30.1万平方キロメートル(日本の約5分の4)

人口

Cskxqxhhxk0kwzi3nvcu
引用: https://i1.wp.com/temita.jp/wp-content/uploads/2018/02/DVXLC_QVoAA6M10.jpg?resize=750%2C500

60.7百万人(2016年1月。日本の約半分)

首都

Frvbg16vaooivcxqijb0
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20161225/20/shmy-sunnydays/e4/f3/g/o0329035213829762250.gif?caw=800

ローマ

言語

引用: http://explo-re.com/wp-content/uploads/2017/12/Dizionario-Italiano.jpg

イタリア語(地域により独,仏語等少数言語あり)

宗教

引用: https://www.dailydot.com/wp-content/uploads/756/4a/18a9fb217b61693ca384f74efd60a558.jpg

キリスト教(カトリック)が国民の約80%。 その他,キリスト教(プロテスタント),ユダヤ教,イスラム教,仏教。

通貨

引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/30/Euro_Series_Banknotes.png/1200px-Euro_Series_Banknotes.png

ユーロ

引用: https://travel0727.com/wp-content/uploads/2017/05/mig.jpeg

美しい街並みでたくさんの多様な国から外国出身の観光客が訪れるイタリア。実際に犯罪が多いのか。イタリア映画などではマフィアの抗争など危険なイメージがありました。しかし実際には、他のヨーロッパの各国に比べてもかばんなどのひったくりや、集団でのスリなど観光客を狙った犯罪が多いです。

Omhd9e62jcs7dvoyamau
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1521362968/omhd9e62jcs7dvoyamau.jpg

つまり重犯罪というよりも、軽犯罪が多い国です。大都市でも、夜になると決して安全とは言えないのがヨーロッパです。街中には、ひったくりを注意喚起する看板がでているなど、ワキの甘い観光客を狙う軽犯罪が多いということを表しています。実際には、そこまで意識をすることではありませんが、外国人は日本人とは違い声をかけてくることがたくさんあるということは意識をしておく必要がありそうです。

また週末になると、ヨーロッパ人あるあるですが、地元チームを応援しようと、地元の飲食店やバーなどは多くのサポーターでいっぱいになります。 その熱気からすこし怖いな・・と感じる方も多いと思いますし、地元のチームが負けた際にはサポーターが街中で騒いでいたりもしますし、巻き込まれない為にも、特に夜間の外出は避けたほうが良いかもしれませんね。

ここでは名所ランキングとは別に、イタリアの大観光都市を少し紹介させていだきます。このレベルの観光都市は名所ランキング付けできないのが正直なところで、どこも本当に行く価値のある素敵な都市ですよ!

ローマ

引用: https://d18gmz9e98r8v5.cloudfront.net/ptr/20170404103023_1911539230_2038_9.jpg

もはや、知らない人はほぼいないと言っても過言ではない都市である「ローマ」古代の都市としても世界の中心として最も栄えたローマは、現在でも市内の様々なところに、古代遺跡があったりと歴史を感じさせてくれるイタリアの首都です。そんな歴史の街ともいえるローマは、コロッセオやフォロ・ロマーノなどの遺跡、凱旋門、大教会など、世界的に有名な博物館や美術館などの名所が本当にたくさんあります。ローマの休日という大傑作映画で有名なスペイン広場もローマにあります。

ミラノ

引用: https://sumikiki.com/wp-content/uploads/2017/10/bigstock-Milan-Cathedral-Italy-106678469.jpg

イタリアの北部に位置しているミラノは、ローマに次ぐイタリア第二の都市で経済の中心地です。 ファッションの発信地として世界でも有名です。最近ではサッカー日本代表の本田圭佑選手が、ミラノのサッカーチーム、AC ミランで活躍していましたね。

フィレンツェ

引用: https://img.guide.travel.co.jp/article/606/20160617054030/DBD7D73F1EE14469ACBB8430D9C27E6B_LL.jpg

イタリアの中でのトスカーナ地方における中心都市であり、ルネッサンスや花の都として、学業や芸術などの分野を求めて人々が集まる街です。美しい街並みや建築物で、まるで町中が美術館のような雰囲気の都市です。フィレンツェという名は、フローラ(古代神話の花の神)からきた名前とのことです。

ベニス(ヴェネツィア・ヴェニス)

引用: http://yuuma7.com/wp-content/uploads/2014/02/Venzia-Venice-1000x562.jpg

イタリア北東部に位置しているヴェニス(ヴェネツィア)は、100を超える島々が運河で結ばれており、それから「水の都」とも呼ばれています。シェイクスピアの有名な舞台として、ヴェニスの商人がありますが、そちらからヴェニスの名前を知っている方も多いのではないでしょうか。

ナポリ

引用: https://www.ab-road.net/CSP/img/INF/CITY/P/NAP/C00476_x.jpg

イタリア南部のカンパーニャ州の中心地である「ナポリ」は、南イタリアで最大の都市です。世界で最も栄えているオペラ劇場があることでも知られていますね。むかしから、地中海における海洋貿易の重要な港で、ナポリ湾に面した港町です。小麦粉やオリーブが特に有名ですよね。ピザのマルゲリータは、意外にもナポリが発祥の地とされています。

名所ランキング堂々の第1位(正直ランキングにするのも嫌なくらい、素敵な場所ばかりのイタリアの中でも特におすすめな場所)は、ここ「青の洞窟」。青の洞窟はカプリ島の絶壁が波によって侵食された海食洞のひとつです。手漕ぎ船でしか入られないこの洞窟は、冬にはなかなか入れません。逆に夏は高確率で入ることができるので夏場が特におすすめですよ。"青"の洞窟と言われるゆえんは、他にもある穴から光がさし、洞窟内で光が反射し青色の光を発するからだそうです。本当に、人生で一度は訪れたいスポットのひとつですよね!

数々の逸話の舞台にもなっている「コロッセオ」。イタリアへ旅行したら絶対に外せないスポットの一つです。日本語訳は「闘技場」で、ローマ帝国時代に建てられました。娯楽目的で剣士たちがお互いに戦ったり、殺し合ったりしていたそうです。かつての臨場感までは感じられませんが、その大きさ、規模にはきっと圧倒されるのではないでしょうか。ぜひ一度行くべきスポットとなっています。

銭湯、温泉が有名なのは日本だけだと思っていませんか?漫画などでも紹介されているため、最近では有名ですが、古代ローマ人は入浴が大好きだったそうです。この「カラカラ浴場」は、217年に建設された世界最大規模の浴場と言われています。当時のローマ帝国のカラカラ帝のために作られた公衆浴場。ただし、公衆浴場というよりも、より娯楽性の高いレジャー施設として認識されていたそうです。ローマ史上でも有名な暴君と言われていたカラカラ帝でも入浴は欠かせなかったんですね。ぜひ、海外での入浴をしてみてはいかがでしょうか。

映画"甘い生活"や"ローマの休日"などの映画でも有名な「トレヴィの泉」。バロック彫刻の大傑作であるこの泉で有名なのは、後ろ向きに立って硬貨を投げ入れると願いが叶うという逸話です。 1枚だと再びローマに戻ってくることができる。2枚だと大切な人と永遠に一緒にいることができる。3枚だと恋人や結婚相手と別れることができるんだとか。イタリアにきたからにはぜひ行きたい名所ですね!

ローマに来たからには、足を運びたいスポットの一つ、「サンタマリア イン コスメディン教会」ここには、かの有名な「真実の口」があります。古代の井戸の蓋という説もあれば、またはマンホールの蓋だったのではという説もある真実の口ですが、ここの"真実の口に手を入れると、偽りの心がある者は、手を抜く時にその手首を切り落とされたり、手を噛み切られたり、手が抜けなくなったりする"との伝説はとても有名ですよね。ぜひ一度手を入れてみてはいかがでしょう。

ヴェネツィア、サン・マルコ広場にある「鐘楼」。これは、見張り台として建てられたものです。髙さ100m弱の塔に登りヴェネツィアの街を見渡すことができます。海の都ヴェネツィアの街を一望するのは本当に贅沢ですよ。美しい景色はインスタ映えもするかも!?ぜひ一度行ってみてくださいね!

「卵城」は、ナポリにあるサンタルチア港の小島に作られたもともとは要塞として機能していた建物です。この要塞が"卵城"と呼ばれるゆえんは、ノルマン人が建築の際に基礎部分に卵を入れたからだそうです。その基礎部の卵には、"卵が割れるとき、城はおろか、ナポリにまで危機が迫るだろう"という呪文が唱えられているそうです。卵城自体がそもそも良い景色をみられる場所なのでぜひ行ってみてくださいね。面白いバックグラウンドを意識しているともっと楽しめるかもしれませんね!

イタリアを代表するミラノにある「スカラ座 」はイタリア最大級のオペラ座です。各シーズンそれぞれの魅力的なプログラムを堪能することができます。建築物としても一流で

イタリアについて特集させていただきました。日本に比べると治安は良くありませんが、歴史ある建造物は一見の価値アリ。皆さんも長期休暇などに、イタリア旅行を計画してみてはいかがでしょうか?

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://blog.pokke.in/wp-content/uploads/2017/05/shutterstock_624455216-min.jpg