Vq5airtxhqvcbcaojocj

インテリアコーデ

CATEGORY | インテリアコーデ

観葉植物をインテリアに!おしゃれな部屋作りのコツ・おすすめ実例まとめ!

2018.06.03

観葉植物がお部屋にあると生き生きとした雰囲気のあるインテリアになります。ただ置くだけではなく小さめのものを吊るすなどおしゃれなインテリアにするのが人気です。観葉植物を使っておしゃれな部屋作りのコツや飾り方、素敵なお部屋の例などをご紹介します。人気の観葉植物もご紹介します。

  1. 観葉植物をインテリアにしたおしゃれな部屋にしよう!
  2. 素敵な部屋に合うおしゃれなインテリア観葉植物とは-1.カポック
  3. 素敵な部屋に合うおしゃれなインテリア観葉植物とは-2.サンスベリア
  4. 素敵な部屋に合うおしゃれなインテリア観葉植物とは-3.ポトス
  5. 素敵な部屋に合うおしゃれなインテリア観葉植物とは-4.モンステラ
  6. 部屋に観葉植物を!おしゃれなインテリアにするコツ-1.空間を埋めるように置く
  7. 部屋に観葉植物を!おしゃれなインテリアにするコツ-2.鉢カバーで飾り方を楽しむ
  8. 部屋に観葉植物を!おしゃれなインテリアにするコツ-3.色を統一する
  9. 部屋に観葉植物を!おしゃれなインテリア例-1吊るす飾り方がおしゃれ
  10. 部屋に観葉植物を!おしゃれなインテリア例-2.影を楽しむ
  11. 部屋に観葉植物を!おしゃれなインテリア例-3.壁のアートとのコラボ
  12. まとめ
引用: https://cdn.designrulz.com/wp-content/uploads/2015/04/plants_-interior_designrulz-7.jpg
お部屋にグリーンがあるとなぜかほっとしますよね。見た目が爽やかなインテリアになるだけではなく、植物は酸素を作ってくれるので、お部屋の空気もきれいになります。でも、どうやって観葉植物を飾ったり、吊るすのが良いのか?と考えてしまう方も多いと思います。そこで、どんな観葉植物がインテリアにおすすめなのか?吊るすコツや飾り方のコツなどをご紹介します。
引用: http://www.saita-saito.jp/plant/wp-content/uploads/2013/02/3f01da37da29eac1c59660b80a2f54501-286x266.jpg
カポックは、初心者におすすめで、ちょっとやそっとのことではヘコタレナイ観葉植物として人気です。上向きにぱっと開いたように丸い葉っぱが見た目もとてもかわいいです。基本的に風通しの良いところを好む観葉植物なので、風通しの良い明るい所に置くとよく育ちます。小さめのうちはテーブルの上などに飾って、大きくなって来たら、素敵な鉢に入れて床に置くとおしゃれなインテリアになります。
引用: https://media-01.creema.net/user/94565/exhibits/2386846/1_c427a7be3ab178236c945536d20c0686b7b716bb_583x585.jpg
引用: https://d2v9opmik2a3uk.cloudfront.net/uploads/2015/06/30160554/e12850da1bc53857e74767ce1ebc398d1-480x320.jpg
サンスベリアは、育て方もとても簡単で、あまり陽の当たるところに置かなくても育つ観葉植物です。水やりもそれほど頻繁ではないので、初心者にはとっても人気があります。ツンと尖った形がとっても洗練された感じでおしゃれなインテリアとなります。葉っぱには縞模様が入っていて、虎の尾とも呼ばれるだけあり、その表情はみていても飽きません。たてに長く伸びる観葉植物なので、お部屋の角や隙間を埋めるには最適ですね。
引用: https://www.bloom-s.co.jp/kanri-g/g7-sansu11.jpg
引用: https://a-t-g.jp/wp-content/uploads/2014/09/Epipremnum-pinnatum-e1409833052758.jpg
昔から観葉植物で人気があるのはポトスです。育て方もとても簡単で、室内でも元気に育ちます。暑さには強いのですが寒さに弱いので、特に冬の間は室内で育てると良いです。ツル性の植物なので、天井から吊るすこともできるし、壁に吊るすこともでき、場所を取らずにグリーンをインテリアとして楽しむことができるのが人気のポイントです。
引用: https://static.minne.com/productimages/18767131/large/52c8687c49e622e33882b4895b68545123223416.jpg?1467024431
ハワイなど熱帯地でよく見かけるモンステラは、風水では金運アップの観葉植物としてよく知られ人気があります。熱帯地の植物なので陽の当たる所に置いておけばいい!と思っていたら大間違いで、直射日光が苦手で、日陰が好きな観葉植物です。だから育てやすく人気があるのもわかりますよね。大きな葉っぱを切り絵にしたような鮮やかなシェイプは、インテリアとしてもとってもおしゃれですよね。
引用: https://www.inspideco.org/wp-content/uploads/2016/11/angolo-piante-casa-8.jpg

関連記事

真っ白な壁など、ちょっと殺風景かな?と思うところに大きめの観葉植物を置いてみたり、吊るすと部屋に生命力を与えたような華やかさが生まれます。大きめの観葉植物は、そのものの存在がアートな雰囲気や背景のような雰囲気を出してくれるので、置くだけでインテリアとしておしゃれになります。また、小さめの観葉植物は、オブジェのような感じで置くとお気に入りの雑貨がひとつ増えたような楽しみがあります。
引用: https://cdn.designrulz.com/wp-content/uploads/2015/04/plants_-interior_designrulz-8.jpg
こちらのインテリアの場合、大きな観葉植物の壁があるのとないのでは、かなりインテリアのイメージが変わって来ます。日本ではここまではできないかもしれませんが、壁の殺風景な空間に観葉植物をアートのように並べて飾るのがおしゃれです。大判の絵画くらいのサイズで試してみたいですが、小さめの四角い額にレイアウトするのもかわいいですよ。
引用: https://www.inspideco.org/wp-content/uploads/2016/11/angolo-piante-casa-9.jpg
鉢カバーをおしゃれな紙袋風にするのもおすすめのアイデアです。買って来た観葉植物がそのままそこで勝手に育っているかのような雰囲気が楽しいですね。白い部屋には白い紙袋が、観葉植物の上に伸びる感じが目立っておすすめです。
引用: https://www.inspideco.org/wp-content/uploads/2016/11/angolo-piante-casa-14.jpg
植木鉢や鉢カバーを揃えるのではなく、あえてその観葉植物に合うデザインのものにするのもおすすめです。鉢は観葉植物の洋服のような感じで選ぶと、選ぶ時も楽しいですよね。
引用: https://cdn.designrulz.com/wp-content/uploads/2015/04/plants_-interior_designrulz-11.jpg
お部屋のインテリアとして観葉植物を置く場合、配色に気をつけるとより観葉植物がおしゃれに見えます。観葉植物を主役とするのか、脇役にするのかにもよりますが、観葉植物を主役にするならば、白いお部屋にグリーンが思いっきり映えるようにあまり他の色は置かないようにするとおしゃれにまとまります。
引用: https://cdn.designrulz.com/wp-content/uploads/2015/04/plants_-interior_designrulz-9.jpg
お部屋全体がアッシュ系&グレー系のところに光沢のある白い小さめの鉢と観葉植物のグリーンが映えてとってもおしゃれですね。鉢植えが主役になるように飾るのがコツです。大人の落ち着いた空間を作れる飾り方です。
引用: https://cdn.designrulz.com/wp-content/uploads/2015/04/plants_-interior_designrulz-18.jpg
こちらのインテリア例では、観葉植物を同化させるような飾り方がおしゃれです。観葉植物が浮いているのではなく、ソファのグリーンなども観葉植物の一部のような錯覚を起こさせるような飾り方がとてもおしゃれですね。インテリア上級者の方におすすめです。
引用: https://www.inspideco.org/wp-content/uploads/2016/11/angolo-piante-casa-20.jpg
植木鉢を無機質なものにすることによって、観葉植物がより生き生きと見えてきます。小さめの植木をいくつか無造作に並べることで、より植物の躍動感を感じられるような飾り方です。

関連記事

引用: https://a-t-g.jp/wp-content/uploads/2014/10/25.jpg
育てやすく人気のポトスは、つる性なので、吊るす観葉植物としてとても人気があります。観葉植物を天井から吊るすとまるで生き物のような生命力を感じられます。ひとつだけの飾り方もポイントを置いていて素敵ですし、いくつかを組み合わせて吊るす飾り方も賑やかで楽しいですよね。
引用: https://a-t-g.jp/wp-content/uploads/2014/10/121.jpg
こちらのインテリアは、小さめの鉢植えからはみ出して棚から吊るす感じになっているのがとてもおしゃれです。一方は下の方向に吊るす感じになっていて、もう一方は、上方向に這い上がっていく感じがアート感があっていいですねるグリーンに合う絵画や雑貨などを置くとおしゃれなインテリアになりおすすめです。
引用: https://cdn.designrulz.com/wp-content/uploads/2015/04/plants_-interior_designrulz-3.jpg
棚に小さめの吊るすタイプの観葉植物の鉢をいくつか並べて、ツルを下方向に吊るす飾り方です。観葉植物のボリュームによってはかなりゴージャスなインテリアとなります。大きめと小さめの観葉植物を上手にレイアウトするとおしゃれなインテリアになります。
引用: https://news.mynavi.jp/article/20150505-initiaekoda/images/009.jpg
観葉植物は、葉っぱと葉っぱの間に隙間が多いので、光を当てるとで絵を描くような影ができてとても素敵です。鉢の向きを変えるとまた違った形の影ができるので、飽きることなく幾方法も楽しむことができます。大きな鉢植えでなくても、小さめの鉢植えにちょっとスポットライトを当てて影を作るのもおしゃれですね。
引用: https://cdn.designrulz.com/wp-content/uploads/2015/04/plants_-interior_designrulz-13.jpg
壁にワイヤーの箱型のアートとコラボしてひとつのアートを完成された飾り方です。一瞬見ると「えっ?」と思ってしまうようなびっくり感があって楽しいですよね。植物を自由に好きなところへ活かしているような楽しさもあります。自由なライフスタイルを好む方におすすめの飾り方ですね。
引用: https://www.inspideco.org/wp-content/uploads/2016/11/angolo-piante-casa-17.jpg
いかがでしたか?観葉植物は生き物なので、ただ飾るだけではなく、お手入れもしっかりとしなくてはなりません。そのため、簡単に育てられる種類の方が便利ですよね。飾り方のコツを参考にして、殺風景に感じられるお部屋に生命力を与えてくれる観葉植物を上手に活かして、おしゃれなインテリア空間を演出してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.designrulz.com/wp-content/uploads/2015/04/plants_-interior_designrulz-16.jpg