Ijupa0ybaplaukdytyln

暮らし

CATEGORY | 暮らし

蚊取り線香の消し方はいろいろ!簡単に自動タイマーが作れます?

2018.05.31

蚊取り線香の火を途中で消したいということがありますよね。本記事では、クリップやヘアピン、水などいろいろな消し方を紹介します。また、自動タイマーを簡単に作れる方法も解説したので参考にしてください。簡単な消し方を覚えて、蚊取り線香を便利に使っていきましょう。

  1. 蚊取り線香を消し方を知りたい!
  2. 蚊取り線香の消し方①:【自動タイマー】クリップ
  3. 蚊取り線香の消し方②:【自動タイマー】ホッチキスの芯
  4. 蚊取り線香の消し方③:水滴
  5. 蚊取り線香の消し方④:ニッパー
  6. 蚊取り線香の消し方⑤:鉛筆・ボールペンのキャップ
  7. 蚊取り線香の消し方⑥:蚊取り線香の金属容器に押し付ける
  8. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/cc/c8/01/ccc80195dd58f11761e5f052d6fa755f.jpg
「日本の夏、キンチョーの夏」というのはCMのキャッチ・コピーですが、電気タイプの虫よけがある現在においても蚊取り線香が一番と感じて愛用している人も多いのではないでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/19/cf/81/19cf81744a5f209a74cefe8b350a4834.jpg
しかし、例えばキンチョーの蚊取り線香では渦巻き全てを無風状態で使うと8時間かかります。途中で消したいときもあるでしょう。また、途中で自動タイマーのように火を消しておきたいなんてこともありますよね。そこで、いろいろな蚊取り線香の火の消し方を紹介します。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/5e/79/23/5e7923e762ebe856c545336bafe20aff.jpg
蚊取り線香を自動タイマーのようにして火を消すには、蚊取り線香の途中をクリップで挟んでおきましょう。大体1時間で10cmほど進むので、消したい時間に到達する場所あたりをクリップで挟んでおきましょう。タイマーとして使うのではなく、すぐに消したい場合は、火の燃えているちょっと先あたりをクリップで挟んでおけば消えますよ。
なお、女性の場合はヘアピンを持っていることが多いですよね。ヘアピンでも代用できるようなので、クリップが手元にない場合はヘアピンで行ってみましょう。「ヘアピンぐらいじゃ蚊取り線香の火は止まらないだろう?」と興味を持った人も試して見てくださいね。
Prh5vn9txp1tgptagkcr
引用: http://sakainaoki.blogspot.com/2017/07/blog-post.html
ヘアピンだけではなく、こんなタイプのクリップでも火を消すことができます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e6/5f/fc/e65ffc18523bb6ef62665717dd16875c.jpg
ホッチキスの芯でも簡単に途中で火を消すことができますよ。クリップやヘアピンと同じく金属部分からの放熱効果で火が消えるという原理です。ホッチキスの芯は蚊取り線香の幅とぴったりというところがいいですよね。何センチ置きかにあらかじめおいて置けば、数日分の蚊取り線香のスケジューリングが完成です。そこまでタイマー管理したい人がいるかはわかりませんが、一応可能ではありますね。
Yn37ntpp7a402rwkmcni
引用: https://www.pinterest.jp/pin/276619602092079146/
ここからは、自動タイマーではなく、すぐに消したい場合の方法を説明します。まずは水滴。慣れてくると指から落とす水滴で、一撃必殺になるそうな。ただし、慣れていないと命中しないですし、近づけすぎてやけどしないように気を付けましょう。
Ntpzg5tncwwdgbx1edds
引用: https://www.pinterest.jp/pin/449656344039774936/
これも簡単な消し方のひとつです。ニッパーを使えば、手で折るのに比べて蚊取り線香が無駄にならないというメリットがありますよね。蚊取り線香の金属容器のそばにいつも置いて置くと便利かもしれません。
すぐに消したい場合は、火がついているところを挟んでおくと、クリップなどと同じ効果で火を消すことができます。ただし、ニッパーが焦げて変色してしまうので、他の用途と兼用のニッパーの場合は困りますよね。100均でもニッパーが売っているそうなので、蚊取り線香用ニッパーを購入しても良いかもしれません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/03/9a/a6/039aa6e97685d5f8793ca054d9d434ee.jpg
ボールペンや鉛筆で使われる金属のキャップをかぶせるという方法でも、途中で火を消すことができます。火が消える原理としては、キャップに覆われることで酸素がなくなるからです。この方法は火の近くに手を持っていくので、やけどをする可能性があるのがデメリットです。もっと簡単に火を消したい場合は違う方法を選びましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fc/6e/e8/fc6ee8ee3704fe04fbd638cb1a0af5df.jpg
煙草を灰皿に押し付ける容量で、蚊取り線香の金属容器に押し付けるという方法です。この方法も簡単ですし、何の道具も入らないというメリットがありますよね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/87/32/56/8732562238e60d057d3582f36f13aeca.jpg
蚊取り線香の火を消す方法について紹介してきましたが、いかがでしたか。自動タイマーの方法などは便利に使えそうですね。クリップやヘアピン、ニッパーなど身近にあるもので簡単に火を消すことができるので試して見てください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/af/81/16/af81164593e380237a00d6b2900c339f.jpg