Djxbmv2f31hgninxou2c

日用品

CATEGORY | 日用品

東大生のノートが美しいと言われるのはなぜか?書き方・取り方は?

2018.06.03

日本のトップクラスである東大生が作成するノート。なんとも興味津々です。あなたが東大生を目指すなら、彼らの美しいノートやルーズリーフの書き方・取り方を、参考にしてみてはいかがでしょうか。例え東大生を目指さなくとも、ノート作成の為の目を見張るヒントが満載です。

  1. 【東大生のノートが美しい?コツは?】東大生のノートが美しい必須項目とは?
  2. 【東大生のノートが美しい?コツは?】必須⒈文頭を揃える
  3. 【東大生のノートが美しい?コツは?】必須⒉コピーの有効活用
  4. 【東大生のノートが美しい?コツは?】必須⒊余白を活かす
  5. 【東大生のノートが美しい?コツは?】必須⒋インデックスで見やすく
  6. 【東大生のノートが美しい?コツは?】必須⒌区切りで見やすく
  7. 【東大生のノートが美しい?コツは?】必須⒍オリジナリティを駆使する
  8. 【東大生のノートが美しい?コツは?】必須⒎丁寧に書くのは当たり前
  9. 【東大生のノートが美しい?コツは?】気持ちは東大生
東大生のノートが美しい理由には、以下のような7つの必須項目が盛り込まれているからです。それらは決して難しい事ではありません。ルーズリーフを使ったり、ノートの書き方や取り方を少し工夫すれば、誰にでも簡単にできます。そしてそれらを余す事なくノートの作成に取り入れる事で、あなたも東大生のような美しいノートを書く事ができます。
それでは東大生のような美しいノートを作成する上での、書き方、取り方を順を追って一つ一つご紹介します。

関連記事

文頭を揃える事は、美しいノート作成の基本中の基本です。きちっと見出しから揃える事で、見る側の興味を損ねる事がありません。逆に文頭がごちゃごちゃだと、そのあとの書き方や取り方が正しくても、ノートに書かれている文の内容まで疑われてしまいます。

まずは大見出しから

文頭の書き方の例として、まずは一番左寄せで大見出しを書きます。そして必要であればその下に文を書きます。次に数文字空けて小見出しを書きます。そうする事で見た目のバランスが良くなり、伝えたい内容が順を追うように、見た目にもはっきり理解できます。
手書きでは説明しにくいもの、あえて手書きで書く必要のないものはコピーを有効活用しましょう。手間が省ける上に、見た目にも美しくなります。

地図やグラフはコピーで対応

特に地図やグラフをノートに手書きする事は、かえって手間がかかり見た目にも美しさを損ねる場合があります。その場合にそれらをコピーをしてノートに貼り付ければ、見た目にも美しく簡単に資料として活用する事ができます。
もったいなからと言って、ビッシリと文字を書き詰める事はやめましょう。見た目にも窮屈で見る者の気が削がれます。

東大生はノートの余白をケチらず活かす

ノートに余白があると、ついつい埋めたくなるのが人情です。しかし後でノートを見返す時に、あまりも文字でビッシリと埋め尽くされたノートは、自分の欲しい情報を得る上で障害になります。またノートに余白が残されていれば、復習などの際に新たに気付いたことを簡単に書き込む事ができます。
インデックスシールの活用は、いち早く目的の情報にたどり着くために、とても威力を発揮します。

項目毎に色分けする

単にインデックを張らずに科目毎や項目毎に色分けすると、より素早く目的の情報にたどり着く事ができます。特にルーズリーフを使い、情報が溜まってきた際にそれらを整理をする上で、インデックスが貼られたルーズリーフはとても役に立ちます。
ノートを後で見返した時に、あまりもゴチャゴチャ書かれていると、見返す事自体が苦にになります。それではノートを取る意味がありません。

ノートを内容毎にしっかり区切る

一つの項目をまとめる際には、内容毎にしっかりと区切りをつける事がとても大切です。できればページ単位、見開き単位で一つの内容として区切りましょう。見た目にもスッキリして、後で見返す際にもとても分かりやすくなります。
美しいノートの書き方や取り方には、人それぞれのセンスが物を言います。自分なりの書き方、取り方を駆使してオリジナリティ溢れたノート作成を目指しましょう。

東大生を意識したオリジナルノートの作成

美しいノートを作成すると言っても、人からこうしなさいと言われているうちは、それほど楽しくはありません。自分なりに工夫し、特徴のあるノートづくりができた時には、その出来栄えにとても満足できます。ましてやその出来栄えを人に褒められれば、なおさら美しいノートを作る意欲が湧いてきます。
自分のノートです。丁寧に書く事は当たり前です。あまりにも煩雑なノートは、後で見返す気になどなりません。一文字一文字丁寧に書きましょう。

文字にバラツキがありませんか?

急いで書いたり気持ちの起伏があると、文字の大きさに違いが生じたり、筆圧の変化により文字が微妙に見づらくなります。美しい東大生のノートを目指すのであれば、自分の心の変化に左右された文字を書いてはいけません。いつも平常心を保ち、美しいノートづくりができるよう心掛けましょう。
これであなたも東大生のような美しいノートづくりができます。最初は何事も戸惑います。でも続ける事でその出来栄えに満足するでしょう。そして何より美しいノートは、あなたの勉強への意欲を駆り立たせます。思わず何度も美しく出来上がったノートを見るうちに、自然と勉強も捗る事請け合いです。もう気分は東大生。早速ルーズリーフを買ってきて、美しいノート作りに取り掛かりましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1527218185/y73w6tiimndr44d863pi.jpg