My1t6du50au1fpywzl6d

洋服

CATEGORY | 洋服

オフィスカジュアルなロングスカート&ワイドパンツは?着こなしコーデはこれ!

2018.05.25

ロングスカートやワイドパンツを取り入れたオフィスカジュアルを取り入れたい方におすすめの着こなしコーデをまとめてみました。オフィスカジュアルにピッタリのロングスカートとワイドパンツをカッコよく、かわいく、おしゃれに着こなしましょう。

  1. オフィスカジュアルなロングスカートとワイドパンツ
  2. オフィスカジュアルなおすすめレディースロングスカート①
  3. オフィスカジュアルなおすすめレディースロングスカート②
  4. オフィスカジュアルなおすすめレディースロングスカート③
  5. オフィスカジュアルなロングスカート着こなしコーデ①
  6. オフィスカジュアルなロングスカート着こなしコーデ②
  7. オフィスカジュアルなロングスカート着こなしコーデ③
  8. オフィスカジュアルなロングスカート着こなしコーデ④
  9. オフィスカジュアルなおすすめレディースワイドパンツ①
  10. オフィスカジュアルなおすすめレディースワイドパンツ②
  11. オフィスカジュアルなワイドパンツ着こなしコーデ①
  12. オフィスカジュアルなワイドパンツ着こなしコーデ②
  13. オフィスカジュアルなロングスカートとワイドパンツまとめ
ロングスカートとワイドパンツは、着こなしによっては、体形が悪く見えたり、カジュアルすぎたり、おしゃれに見えなったりしますよね。でも着心地が楽な服でもあるので、できれば、オフィスカジュアルとして取り入れたい人気のアイテムです。
そんなロングスカートとワイドパンツをオフィスカジュアル服として上手に着こなしコーデして見ましょう。ロングスカートとワイドパンツの着こなしコーデからおすすめのレディースロングスカートとワイドパンツを細かく分けてご紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

関連記事

レディースロングスカートをオフィスカジュアルとして取り入れる場合に重要なのが、色選びです。淡い色だとスタイルに自信がある人ならあまり気になることはありませんが、スタイルに自信がない方は、体形が悪く見える恐れがあります。
また、派手な色は可愛いですが、一緒に仕事をする周りの人達の事を考えると避けた方が良い色ですよね。オフィスカジュアルにレディースロングスカートを取り入れたい時のおすすめはの色は、紺色、茶色、カーキ色などの落ち着いた色が良いので覚えておきましょう。
レディースロングスカートをオフィスカジュアルとして取り入れる場合は、ロングスカートのデザインに気をつけるといいでしょう。タイトなロングスカートやスリット入りなどは、体のラインが強調されたり、脚が見えたりして、オフィスでは不向きのデザインです。
オフィスカジュアルなおすすめレディースロングスカートは、ロングプリーツスカートやふわっとしたデザインのロングスカートです。プリーツスカートやふわっとしたデザインのスカートは、可愛さや清潔感がある印象を与えるのでオフィスカジュアルにピッタリと言えるでしょう。
レディースロングスカートをオフィスカジュアルとして取り入れる場合、無地のスカートをイメージしやすいですが、柄が入ったスカートもおすすめです。だたし、派手で大きめの柄だと目立ってしまってオフィス向きではないと判断される可能性が高いので気をつけましょう。
シックな色を使った柄のロングスカートや小ぶりな柄を使ったロングスカートであれば、可愛さや甘さを取り入れたオフィスカジュアル服になりますので、覚えておくといいですね。
オフィスカジュアルな膝下丈のカラースカートの着こなしコーデをご紹介します。膝下丈のカラースカートを着る時は、トップスは、フリルトップスやシャツと合わせると上品な素敵な女性の印象を与えます。色は、淡い色を選ぶようにして、シャツはインしてあげると清潔感もプラスされるのでおすすめです。
オフィスカジュアルなロングプリーツスカートの着こなしコーデをご紹介します。ロングプリーツスカートを着る時は、トップスは、ニットやカットソーなどのシンプルなデザインのものと合わせるとスタイルが良く見えますし、プリーツスカートの可愛さが強調されて女性らしい雰囲気を与えてくれます。
オフィスカジュアルな柄のロングスカートの着こなしコーデをご紹介します。柄のロングスカートの場合は、スカートの柄が甘さや可愛さを強調しやすいので、トップスは、きちんと感があるものを選びましょう。
首が詰まっているデザインのニットや襟付きのシャツなどと合わせると甘さや可愛さを残しつつ清潔感もでておすすめです。柄のスカートを着こなす時は甘くなり過ぎないことを忘れないようにしましょう。
オフィスカジュアルなレース地のスカートの着こなしコーデをご紹介します。レース地は、フェミニンで上品な印象を与えるので、トップスのフェミニンで上品なとろみ素材の胸元が少し開いたシャツやフリルトップスなどで合わせりと良いでしょう。
トップスに持ってくるデザインに甘さや可愛さがあっても、レース地が上品さをしっかりと印象づけてくれるので、清楚感が強く出るコーデになります。ただし、色はベージュや薄いピンクなどの淡い色のものを取り入れるようにしましょう。
オフィスカジュアルなおすすめレディースワイドパンツは、足首が見える長さのワイドパンツがおすすめです。ヒールと合わせると足長効果が期待できスリムな印象を与えてくれます。ワイドパンツの色は、カーキ色や紺色などの落ち着いた色のものがオフィスカジュアルにはピッタリです。
オフィスカジュアルなおすすめレディースワイドパンツは、ワイドパンツにウエストベルトやラインが入ったデザインのパンツがおすすめです。だぼっとした印象を与えがちなワイドパンツですが、ウエストベルトが入ったワイドパンツは、ウエストがポイントとなっておしゃれ感をだしスタイルを良く見せてくれます。
ワイドパンツにラインが入ったデザインのパンツは、きちんと感を印象づけるのでオフィスカジュアルにおすすめです。色は、落ち着いたものがおすすめですが、キャメル色などは、おしゃれ感や女性らしさを印象付けるので人気の高い色です。
オフィスカジュアルな足首が見える長さのワイドパンツの着こなしコーデを見ていきましょう。ワイドパンツの素材によっても変わってきますが、とろみのある素材の足首が見える長さのワイドパンツの場合は、トップスはVネックの少し大きめのニットをパンツにインするとおしゃれ感がアップします。
ワイドパンツの色が白っぽいグレーなどの色味が少ないワイドパンツの場合は、トップスも同じような色を持ってきて、さし色として靴やベルトの色を変えてあげるとかっこいい素敵な女性の印象を与えてくれます。
オフィスカジュアルな太めのライン入りワイドパンツの着こなしコーデを見ていきましょう。太めのワイドパンツの場合は、トップスはゆったりしたものは避けるようにして、とろみのあるシャツを合わせるときちんと感と甘さ感が合わさってかっこかわいいスタイルになります。
太めのライン入りワイドパンツを着こなす場合は、下半身は、肌をカバーして見せない状態になるので、トップスを七分丈の長さのもの、Vネック、ボタンをはずすなどして、肌を少し見せるようにするとできる女性の印象を与えますし、おしゃれ上級者に見えるので覚えておいてくださいね。
オフィスカジュアルなロングスカートとワイドパンツの着こなしコーデやおすすめをご紹介しました。オフィスカジュアルとしてロングスカートやワイドパンツを取り入れる時は、ロングスカートやワイドパンツの色、合わせるトップスのデザインに気をつけるとオフィスカジュアルとしてたくさん活用できそうですね。
ロングスカートやワイドパンツをオフィスカジュアルとしてまだ、取り入れてない方や取り入れたいけど着こなしが分からなかった方などは、ぜひ参考にして早速ロングスカートとワイドパンツを取り入れてみてくださいね。