Ofz8ttvgrxcggmw7mo7p

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

美容液の効果を最大限引き出す使い方!スキンケアの正しい順番って?

2018.02.28

美容液のちゃんとした使う順番を知っていますか?美容液の使う順番を間違っていると十分に効果を得ることができません。せっかくスキンケアにプラスαしているのなら、正しくしっかり使って美容液の効果を引き出しませんか?そして今取りもっと美しい肌を手に入れませんか?

  1. 美容液の使う順番はいつ?正しい使い方は?
  2. 美容液の役割
  3. <美容液の効果を最大限に引き出す使い方>
  4. ・①使う順番を守る
  5. ・②使う量を守る
  6. ・③気になるところには薄く重ねる
  7. ・④やさしくハンドプレス
  8. ・⑤継続は力なり
  9. ・⑥時間帯別のコツ
  10. <せっかくの効果を半減してしまわないための注意点>
  11. ・①使う順番は間違わない
  12. ・②1回のスキンケアで美容液は1種類だけ
  13. ・③優しくつける
  14. ・④量をつけすぎない!肌の吸収には限界が
  15. ・⑤美容液の使用期限を守り、正しく保管する
  16. <スキンケアの正しい順番>
  17. ・スキンケアの順番①:洗顔
  18. ・スキンケアの順番②:化粧水
  19. ・スキンケアの順番③:美容液
  20. ・スキンケアの順番④:乳液・クリーム
  21. 美容液の選び方
  22. 美容液の効果を最大限にもっと美しく
Bnno336icik1b5un8bzz
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519404951/bnno336icik1b5un8bzz.jpg

美容液は化粧水の後に使うのが正しい順番

美容液を買ったのはいいけど、どのタイミングで使うのがいいのがわからないと困っていませんか?美容液は『化粧水の後、クリームの前』に使うのが正しい使い方の順番です。メーカーから特別な指示がない限りは、化粧水とクリームの間で使わないと効果が半減してしまいます。
Nt9nom85x7xrd3hlw3b0
美容液の持つ役割は肌を保湿して水分を保ち、乾燥を防いで、そしてプラスで肌に特別な栄養を与えてくれるというものです。
美容液とは基礎化粧品の中の1つで保湿成分や美容成分を凝縮した化粧品です。多くの美容液は成分がしっかりと凝縮されているので他の基礎化粧品に比べて大きさの割に値段が高くなっています。しかし美容液という名前だからといって絶対に成分の配合量が多いわけではないのでしっかり配合成分を自分で確認したり、使ってみることで判断することが必要です。
Njtzeucwc5dfgptyvqqp
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519406597/njtzeucwc5dfgptyvqqp.jpg
ざっくりと他のスキンケアとの役割を比較すると下記になります。
化粧水:肌に水分を与える
美容液:化粧水で与えられた肌の水分を保ち、栄養を与える
乳液:与えられた肌の水分や栄養が逃げないように蓋をし守る
より美しい肌を保つために美容液が担う役割の重要性と、正しいスキンケアの順番の理由がおわかりいただけたのではないでしょうか。
W56vxyyts7jiduztjgiw
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519258003/w56vxyyts7jiduztjgiw.jpg
スキンケアにプラスαしてるのですから、しっかりと使って美容液に最大限の効果を発揮してもらいましょう。決して安くはない美容液をせっかく使うのであれば、できる限り効用を引き出したいですよね。
Apqrzd3axgezkoo2zmhn

美容液を使う順番は化粧水の後

美容液は化粧水の後の肌に使います。スキンケアの基本的な順番は、洗顔→化粧水→美容液→乳液・クリームです。水分が多いものから順番に使い、油分が多くいものは最後に使います。美容液は化粧水の後、そして乳液・クリームの間につけるのが正しい美容液を使い方です。クリーム・乳液の後につけてしまうと、その油分が美容液の成分の浸透を妨害してしまいます。
Jdskfopcvvrlt6rnbetr
しかし、美容液のメーカーから特別な指示がある場合は、その指示にしたがった順番で美容液を使います。メーカーによっては化粧水の前に乳液を、という使い方になっている場合もあるので、注意してみてくださいね。特別な指定がない場合は、美容液は化粧水後、クリーム・乳液の前で、化粧水をつけた後は、水分を逃がさないためにもなるべく早めに肌に使ってあげることがおすすめです。
Ceesqfpxgmahxvvg1lzx
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519405390/ceesqfpxgmahxvvg1lzx.jpg

美容液は使い方に沿ってたっぷりと使う

美容液の使用目安量をたっぷりと使いましょう。高価な美容液を毎日たっぷりと使うのは勇気がいりますが、効果を実感するためにも、しっかりと使用目安分たっぷりと使うことをおすすめします。そしてしっかりじっくりと丁寧に美容液を顔に浸透させましょう。
Waguqvuktclrxpr1u2it
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519405737/waguqvuktclrxpr1u2it.jpg

気になるところには美容液を薄く重ねる

お肌の気になるところには、薄く何度か美容液を重ね塗りしましょう。気にはなりますが、やさしく重ね塗りすることをおすすめします。目元、口元、シミの部分など、厚塗りしたり、こすって刷り込むのではなく、薄く何度かやさしく、肌に美容液を馴染ませましょう。そうすることでより効果を感じることができるはずです。
Jsl4cunecptb2ilchtgu

効果を高めるためにも優しく手のひらで包み込む

『美容液の効果よ奥まで届け』と美容液を肌の深くまで浸透させようと肌を手のひらでたたきながらパッティングしてはいないでしょうか?適度なパッティングは血行をよくしてくれますが、力が強すぎると肌を刺激してしまい肌トラブルの原因になってしまう可能性があります。特に顔は皮膚がうすく、デリケートなため大切に触れるのがポイントです。
Uvrwfk4323u9rlzsnkdn
より美容液の効果を高め効果を得るためにおすすめなのは、美容液をつけた後、手ひらで顔全体を温め押し込むように顔を包み込み、ゆっくりと優しくハンドプレスすることです。肌を刺激せず、かつ美容液をしっかり浸透させることができます。
Itknohajivu0roivjxev

毎日継続して正しい使い方の順番で使う

なにごとでもそうですが、美容液もしっかりと毎日使い続けましょう。継続することで効果を実感することができます。最低でも3ヶ月は、毎日使うことをおすすめします。根気強く使い続けないことには、その美容液の効果を感じられず意味がありません。また肌のコンディションで美容液を日ごとに何種類も使い分けていると、それぞれの効果を感じるにくいでしょう。ただし、肌に合わない場合はすぐに使うのをやめましょう。
昼と夜で使い分けする場合は
R8f1cvhons8uespovbnn

美容液を夜に使うなら

美白成分が多いものや保湿効果の高いものがおすすめです。寝るだけなので少しべたついても気にならないところが夜のいいところでしょう。寝ている間に肌のリカバーの手助けをしてくれます。

朝・メイク前に使うなら

保湿成分がありながら、軽めのサラサラした美容液ががおすすめです。保湿成分で肌を刺激から守ってくれます。しかし油分の多めの美容液を使うと油分でベタベタしてメイクがよれる原因になってしまう可能性があります。べたつくなと感じた時は、テッッシュで少し油分を抑えてからメイクするのがおすすめです。メイクが崩れやすくなるのを防いでくれます。
簡単な美容液の使い方は動画を見てもわかりやすいのでおすすめです。
I0qqdc1rschtir9fttug
肌のためを思って美容液を使っているはずなのに実は間違った順番でなんとなく使っていませんか?せっかく美容液を使っているのにの容効果を効果を半減させる使い方をしてはいませんか?正しい使い方でしっかり美容液の効果を感じ、より美しくなりましょう。
Xntuyobkpwlqlwmyomch
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1519406048/xntuyobkpwlqlwmyomch.jpg
スキンケア化粧品の順番通りに美容液を使いましょう。クリームの上から美容液をぬった場合、水分を多く含む美容液は油分の多いクリームの上では効果が半減してしまいます。メーカーから使い方の特別な指示がない限りは化粧水の後、クリームの前に塗るという使う順番を守りましょう。順番を間違えては美容液が効果を最大限に発揮してはくれません。
Mlttxbjrlopovaqsr6q3
美容液を選ぶ時に『シミも気になるけどシワも気になる』『美白も気になる』など1つの美容液では効果が足りないからと、いくつもの美容液を買ってしまうこともあるのではないでしょうか。効果別にいろいろあるので1つに決められずいろいろな効果を感じたいでしょうが、1回のスキンケアで使う美容液は1部分1種類にしておきましょう。顔全体に2種類の美容液を重ね付けというのはやめましょう。
顔全体に美容液を2・3種類つけても、肌にも吸収の限界があり、1番最初の美容液の成分しか吸収されないのでおすすめしません。肌は2つの美容液のいいとこ取りという都合のいいことはできません。むしろ成分の相性が悪く肌トラブルを起こしてしまう可能性も。ポイント別に口元用、目元用、その他の部位などと使い分けるのは良いですが、顔全体に何種類も重ね付けするのは効果がなく意味がないのでやめましょう。

美容液は時間で使い分ける

Jlusxijv2kytwaxh1p8k
もし使いたい美容液が1つではなくいくつもあるのであれば、朝と夜で使い分けるのが良いでしょう。肌にも良くどちらの効果もしっかり期待できます。どちらをいつ使おうと悩んでいるのであれば、より保湿力が高いものを夜に使うことがおすすめです。
Vwedlcthcasrlroxeuge
全体や気になるところ擦り込むように肌につけるのではなく、優しく肌に美容液をつけましょう。目元、口元など乾燥しやすく、皮膚の薄いところは気になってゴシゴシと擦り込むようにつけたくなりますが、無理にこすったりする使い方をするとくすみや乾燥の原因になってしまいます。
Da1rpbnhzk73kpgibism
惜しみなくつけるのは大切なことですが、つけすぎではなく『使用目安量』をたっぷりとつけることがおすすめです。美容液をベタベタになるほどつけても肌が1度に吸収できる量は決まっていて、肌にも吸収するのには限界があります。気になるところに少なめに2度付けするのは良いですが、効果を高めようとたくさんつけてしまうことは、思っているほどの効果を感じることができない上に、高価な美容液を無駄にしてしまい何1ついいことがない使い方です。さらにはつけすぎで違うトラブルを起こしてしまうことも。
美容液をつけすぎることで自身の肌の、皮脂を分泌する能力を下げてしまい、保湿しているはずが逆に肌を乾燥させてしまうということも。また、油分が多く含まれている美容液をたくさんつけた状態で紫外線に触れると紫外線により肌を酸化させてしまい、シミ・シワの原因なってしまう可能性もあります。
Ire4kepkhmxznvajowd3
肌トラブルを起こさないためにも美容液は開封後1‐3か月で使い切るのが理想です。長くても半年以内には使い切りましょう。美容液は開封後空気に触れることでどんどん酸化していきます。さらに酸化すると雑菌が繁殖しやすくなり、雑菌が繁殖したものを使い続けてしまうと肌荒れの原因になってしまいます。また未開封のものは3年以内に使いきりましょう。
S1emu4enw8pjcgskl547
また美容液の鮮度を保つためには直射日光のあたる場所や、温度の低すぎる場所での保存は避けるようにしましょう。そして美容液を使い終わった後は容器の口元ティッシュでふいてしっかり蓋をしめて清潔を保ち、雑菌の繁殖を防ぎましょう。手に多く取りすぎても容器に戻すという使い方は絶対にやめましょう。雑菌の繁殖の原因になってしまいます。
Tpfp2haejebuv0zbaxcd
普段、適当に流れ作業のようにスキンケアしていませんか?丁寧にしっかりと正しいスキンケアができていますか?当たり前に知っているスキンンケアの順番だとは思いますが、美容液の使い方や使い方の順番が知れたので、この機会にもう一度スキンケアの正しい順番をしっかりと確認しましょう。

クレンジング/夜だけ:クレンジング順番は洗顔の前

『クレンジングとはメイク汚れなど油性の汚れを落とす役割』
Q4e0xblw0nu9awzgtm34
まずは昼間のメイクをしっかり落とすことからスキンケアを始めましょう。クレンジングは丁寧に素早くすることがおすすめです。また落ちにくいものはポイントリムーバーを使って落とすことがおすすめです。洗い残しは肌トラブルの原因になってしまうので丁寧にクレンジングしましょう。
※クレンジンクが必要なのは夜だけなので、朝クレンジングはスキンケアの順番から省いた順番で行います。

洗顔:洗顔の順番は化粧水の前

『洗顔は古い角質や、皮脂、ほこりを落とす役割』
Ue5b2ggputusdfqz4wzx
クレンジングで落とすのはメイクですが、洗顔で落とすのは肌にいらない成分です。朝の洗顔は寝てる間に分泌された皮脂やほこり、古い角質などを落とすためで、夜の洗顔では残ったクレンジング剤も落とすためです。泡立てネットでよく泡立てて優しくたっぷりの泡で優しく、素早く肌を洗うのがおすすめです。
洗顔方法を間違うと肌悩みの原因になる可能性もあり、洗顔はとても基本的なスキンケアです。ゴシゴシ洗うことや、ニキビがあるからいつもよりしっかり洗うというのは間違った洗顔の仕方です。また油っぽいからっと言って1日に何回も洗顔するのは皮脂を洗い落とし過ぎてしまい、肌が乾燥しやすくなる可能性があります。正しい洗顔の方法も確認してみましょう。

化粧水:化粧水の順番は洗顔の後

『化粧水は洗顔で失われた水分を補給する役割』
B66phov1w8rasefatmem
化粧水には水分を与えて保湿してくれる効果や肌の状態を整えてくれる効果があります。洗顔後はなるべくすぐに化粧水をつけて肌に水分をあげましょう。なぜなら洗顔後はどんどん肌の水分が失われていき乾燥してしまうからです。手で優しく包み込むようにバンドプレスしてあげるとしっかり吸収されるのでおすすめです。手で肌を押した時に、肌が手にくっついてきたらしっかりと美容液が染み渡ったサインです。

美容液:美容液の順番は化粧水とクリームの間

『美容液は化粧水の水分を守ることと、栄養を与える役割』
P1uvj5ux0j32letw84if
メーカーから特別な順番と使い方の指示がなければこの順番で美容液を使います。優しくハンドプレスして肌に美容液を染み込ませましょう。しっかりとおすすめした効果的な使い方で美容液を使いましょう。

乳液、クリーム:クリーム系の順番は1番最後

『乳液・クリームは今までの水分を閉じ込めるために肌に蓋をする役割』
Qsz1unyjysy2ygfryzwg
化粧水・美容液の水分に蓋をする効果があるので忘れずに。この順番を飛ばしてしまうとせっかくの化粧水と美容液の効果が台無しになってしまいます。

日焼け止め/朝だけ:日焼け止めの順番はスキンケアが全部終わった後

『日焼け止めは紫外線から肌を守り、シミ、シワを予防する役割』
Z3qnqcjntobedrt4vpoz
紫外線から肌を守るためにしっかりと日焼け止めを塗ります。紫外線をそのまま浴びることはシミ、シワの原因になってしまうので、夏だけでなくしっかりとオールシーズン外に出かける前には日焼け止めを塗って出かけましょう。※夜は寝るだけなのでこの順番は省きます
基本のスキンケアの順番を説明したのですが、動画で見るとさらにわかりやいすのでおすすめです。スキンケアが正しく行われなければ、いくらいいものを使っていても最大限の効果を引き出せずに悲しい結果になってしまいます。
なんとなく良さそうな美容液ではダメ?
Fqbjbuy9lp7yaohxypm4

悩みに効果がある成分が配合されている美容液を選ぶ

Pyeaxxrfjj5hgc1utuk7
美容液はいろんな成分が入って作られていて、効果別に驚くほどの数の美容液が世の中に出回っています。また美容液という名前だから成分が多く入っているわけではありません。いくつもの効果別の種類があるので、より求めている効果を感じるためにも、自分の悩みに効果のある成分を知り、成分表示を確認しながら自分の求めている効果をもたらしてくれる成分が入っている美容液選ぶようにしましょう。似たような配合のもので悩んでしまっているのであればより求めている効果に良い効果の成分が多く配合されている方を選ぶことがおすすめします。

自分にあったコスパの美容液を選ぶ

Qjanuv19kv6rdmt9tzct
決して高ければ高いほどいい美容液というわけではありません。また反対に決して安いから効果がない美容液でもありません。美容液は特効薬ではないので、最低でも3ヶ月は使い続けてみなければ意味がありません。今日使って明日劇的に変わる魔法でもありません。根気が入りますが、最低3ヶ月使い続けることをおすすめします。自分の経済状況の中で使い続けられる金額で、かつ良いものを選び使いましょう。
Kcz9yyvlnqjhjhkvgve9
しっかりと美容液を使い、効果を最大限に引き出して美しい肌を手に入れましょう。美容液を使う上で1番最初の効果を得るための大事な間違ってはいけないステップは、美容液を使う『順番』を間違わないことです。化粧水の後、クリームの前に。この順番をまずはじめにしっかりと守ることで美容液の最大の効果を引き出し、また改めてスキンケアの順番を確認し正しくスキンケアしていくことで求めていた肌に近づいていけるはずです。せっかくプラスαで取り入れている美容液なので、しっかりと効果を感じられる使い方をしましょう。

関連記事