Zrgoebqlgrwtu9mrgufa

インテリアコーデ

CATEGORY | インテリアコーデ

夏にラグマットって必要?暑い?【竹・シャギー】【メリット・デメリット・効果・選び方】

2019.08.29

みなさんは夏にラグマットを使っていますか? 夏は暑いし、竹、シャギーのラグマッラグマットは使わない、選び方がわからない…と思う方もいると思います。 今回は、暑い夏にシャギー、竹ラグマットが必要なのか、メリットとデメリット、効果と選び方を紹介します。

この記事に登場する専門家

Z5arbwple1w55jobdhly

vivre専属ライター

ヒロ兄

趣味は登山。海外の山、登りたい。

  1. 夏にラグマットって必要?暑い?【竹・シャギー】【メリット・デメリット・効果・選び方】ラグマットとは?
  2. 夏にラグマットって必要?暑い?【竹・シャギー】【メリット・デメリット・効果・選び方】マット・ラグ・カーペットの違いは?
  3. 夏にラグマットって必要?暑い?【竹・シャギー】【メリット・デメリット・効果・選び方】ラグマットがないと?
  4. 夏にラグマットって必要?暑い?【竹・シャギー】【メリット・デメリット・効果・選び方】夏のラグマット
  5. 夏にラグマットって必要?暑い?【竹・シャギー】【メリット・デメリット・効果・選び方】夏のラグマットのメリット
  6. 夏にラグマットって必要?暑い?【竹・シャギー】【メリット・デメリット・効果・選び方】夏のラグマットのデメリット
  7. 夏にラグマットって必要?暑い?【竹・シャギー】【メリット・デメリット・効果・選び方】夏のラグマットの種類と効果とは?
  8. 夏にラグマットって必要?暑い?【竹・シャギー】【メリット・デメリット・効果・選び方】夏のラグマットの選び方
  9. 夏にラグマットって必要?暑い?【竹・シャギー】【メリット・デメリット・効果・選び方】おすすめ夏のラグマット
  10. まとめ
Pxwvvdb0bdd1kpouobmv

ラグ・マット・カーペットの違いわかりますか? どれも一緒のようでも違います。 どのような違いがあるのかみていきましょう。

マットとは?

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71TgQyW58UL._SX522_.jpg

マットは、サイズが小さく、洗いやすいです。 洗面所や脱衣所、トイレなどに敷いて汚れや水跳ねを防ぐものです。 部分的に敷くというイメージですね。

Himart バスマット ふかふか 足ふきマット マイクロファイバー キッチン 玄関 マット 低反発 滑り止め 洗え 超吸水 速乾 60×43×1cm (グリーン)
価格 ¥ 1,147

関連記事

ラグとは?

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WyPUiJOcL.jpg

ラグは、サイズが中くらいで、床の一部に敷くものです。 テーブルや家具の下に敷いたり、インテリアで敷くことができます。 また、床に直接座ると痛いので、ラグを使用すると痛くなくくつろぐことができます。

なかね家具 シャギーラグ シンプル 無地 ラグ 防ダニ 抗菌 洗える 国産 ラグマット 円形 180x180 ブラウン 522simpleshaggy
価格

カーペットとは?

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/511oz2I%2BqqL.jpg

カーペットは、サイズが大きく、床全体に敷くものです。 フローリングやリビングに敷いたり、足音を静かにさせる防音や足が冷えないように断熱効果があります。

抗菌加工付き 丸巻きカーペット ファーレ 日本製【6畳 261×352cm 】グリーン
価格 ¥ 12,800

ラグマットがないと、どのようなことがあるのでしょうか? 1つずつみていきましょう。

怪我

Okvddgfmh19cnwlt7fu5

フローリングのままだと、転んだときに直接床に接触するので、怪我をしやすくなります。 また、小さい子供は特に危険です。

Ogubloyuvybjb2nwjnmi

やはり、音が響いてしまいます。 アパートなどでは、近所のトラブルになることもあります。

傷や凹み

Tt5agvwbtvtnlw8suwtv

家具などの傷や凹みが付きやすくなってしまいます。

Gjzpdcvyq5hlny8xeser

冬ならラグマットを敷いていても暖かいイメージがありますが、夏にラグマットを敷くとなんか暑苦しいそうなイメージがありますよね。 夏にラグマットを使わないご自宅もあると思います。 しかし、夏ならではの涼しいラグマットもあります。 まずは、夏のラグマットのメリットとデメリットをみていきましょう。

夏のラグマットは、暑苦しいそうなど思うこともあるかもしれませんが、メリットがいくつかあります。 そのメリットはなにかみていきましょう。

メリット①~冷え~

Yhgtdotbgfuh85hkn2wp

床は冷たいですよね。 夏は冷たくて気持ちいいと思うかもしれませんが、直接床に足を付けると冷えます。 特に冷え性の方は普段から、靴下やスリッパを履いていないとすぐに冷えてしまいます。 ラグマットを敷くことでそれが改善されます。

メリット②~防音~

Dzsvu7lq29bmjxa1qhih

歩く足音や子供が走ったりする足音を消してくれます。 そのため、うるさく感じませんし、アパートやマンションで隣や下に足音が聞こえません。

メリット③~床の傷~

Wx80miy6bgudifdqyeee

フローリング床は傷つきやすくなっています。 直接家具を床に傷がついてしまいます。 ラグマットを敷くことで、床の傷から守ってくれます。

メリット④~ホコリ~

Ujxiqjlw9iw7lssoe2r8

フローリングはホコリが舞いやすく、私達の動きでホコリがいろいろな場所に舞ってしまいます。 ラグマットは、ホコリを付着してくれるのであちこちにホコリが舞うこともありません。

メリット⑤~安全~

Iwkixufgniu4e7psbbbn

小さい子供が転んだとき、フローリングは怪我をしやすいです。 ラグマットで、転んだりしてもクッション性があり、怪我の防止にもなります。

メリット⑥~インテリア~

Pqyoogddcseobcc26nxf

部屋に合わせて色や形を選べて、部屋のイメージがかなり変わります。 季節ごとに変えるのも良いです。

夏は汗をかいてラグマットについてしまったりと心配する方も多いかと思います。 汗をかいても大丈夫なラグマットもあります。 まずは、夏のラグマットのデメリットを紹介します。

デメリット①~暑苦しい~

Mrw6c8ww59k64ouaudme

ラグマットがあるだけで暑苦しいと思う方もますよね。 また、ラグマットだとひんやり涼しいイメージがないです。 しかし、ひんやり感があって涼しいラグマットもあります。

デメリット②~汗が心配~

A16yt2qayu0nvptfshlt

夏は暑くて汗をかく季節です。 ラグマットに汗が付いてしまいそうというイメージがありますね。 しかし、ウールタイプのラグマットだとその心配はありません。

デメリットとしては、想像やイメージが強いです。

夏のラグマットには、竹、い草、塩化ビニール、シャギーの4種類があり、効果もそれぞれあります。 暑苦しさや汗の心配をなくしてくれますよ! 夏のラグマットの種類別に効果をみていきましょう。

①夏のラグマット効果~竹~

竹の素材は季節を問わず、オールシーズン使うことができます!

①汗などでベタベタしにくい

②ひんやり感がある

③サラサラする

④お手入れしやすい

⑤寿命が長い

②夏のラグマット効果~い草~

い草の素材も、竹の素材と同様で季節を問わず、オールシーズン使うことができます。

①ひんやり感がある

②乾燥や温度によって放湿や吸収効果がある

③い草の香りがする

④お手入れしやすい

③夏のラグマット効果~塩化ビニール~

塩化ビニールの素材は、基本的にダイニングで使われることが多いです。

①汚れ、カビ、抗菌効果がある

②お手入れしやすい

③ペットがいても掃除しやすい

④夏のラグマット効果~シャギー~

シャギーの素材は、暑苦しいイメージが強いですが、夏用のシャギーはとても使いやすいです。

①ベタベタしない

②カラーが豊富なのでインテリアに最適

③足音防止の防音効果

④エアコンの冷えの保温効果

夏のラグマットを選ぶときに失敗したくありませんよね。 選び方は、自分の目的や自宅で使いたいラグマットを選びましょう! 夏のラグマットの選び方のポイントを紹介します。

選び方①ラグマットをオールシーズンで使いたい

引用: https://carpet-land.net/wp-content/uploads/pavey.jpg

メタル素材を使っているラグマットは、オールシーズンに使えます。 夏場は、冷房で冷たい空気が流れ温度がさがり、冬場は、ホットカーペットで暖かく過ごすことができます。

選び方②夏で涼しいラグマットにしたい

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81qJKreK7-L._SX522_.jpg

見た目も涼しくしたいときには、い草のラグマットがおすすめです。 い草の匂いとベタベタしない触り心地です。

ふっくらボリューム い草ラグ カーペット 天然素材 ラグマット 夏 ウレタン入り 滑り止め すべり止め 約3畳 長方形 モダン柄 約191×250cm ベージュ
価格 ¥ 8,620

選び方③洗濯しやすいラグマットにしたい

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/615F3DIo1EL.jpg

洗濯しやすいラグマットなら、コットンキルトラグがおすすめです。 ベタベタすることもなく、ペットを飼っていてもすぐ洗えるので良いです。

ラグ ラグマット 夏用 接触冷感 キルトラグ 3畳 約180×230cm シーナ ネイビー 洗える 丸洗いOK 軽量 春夏 ホットカーペット対応 北欧 おしゃれ 男前 無地 西海岸 正方形 杢調ニット生地
価格 ¥ 4,990

おすすめの夏のラグマットを紹介します。 参考にしてみてください。

おすすめ夏のラグマット①

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71326tD8W9L._SX522_.jpg

オールシーズンに使えるラグマットで、色が6種類あります。 夏はサラサラして、冬はホットカーペット、床暖房が可能です。 また、洗濯もでき、シワを伸ばすことも可能です。

【ふわっと手触りが優しいフランネルラグ 柔らかな極細繊維仕様】 185×185cm (約2畳) 1年中使えるオールシーズンタイプ 安心の滑り止め付 床暖房・ホットカーペット対応 (グリーン色)
価格 ¥ 2,680

おすすめ夏のラグマット②

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81ZSI3UKJ2L._SX522_.jpg

触感冷感性のある夏にはぴったりのラグマットです。 水分を吸収してすぐに乾くのでベタベタすることがありません。 滑り止めもついているのでズレることもなく、洗濯も可能です。

【ひんやり快適ラグ 涼感プリントキルトラグ 優しい肌触りラグマット】 185×185cm 2畳用 接触冷感性 すべり止め 丸洗い可能 ウォッシャブル ボーダー柄 肌触りさらさら (ネイビー色)
価格 ¥ 4,280

おすすめ夏のラグマット③

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81O0TmjvPpL._SX522_.jpg

オールシーズンに使えるラグマットです。 消臭効果があるので、タバコの臭いやペットの臭いも気にしなくて良く、清潔に保つことができます。 また、滑り止めも付いていて、インテリアにもおすすめです。

洗える!抗菌 消臭 ペット対応 ホットカーペット対応 滑り止め付き 折り畳み可 シャギー マイクロファイバー ラグ   ターコイズ ブルー【シフォン/chiffon】 130cmx190cm
価格 ¥ 4,200

おすすめ夏のラグマット④

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51OA36v9ikL.jpg

子供部屋などにおすすめ夏のラグマットです。 竹でできているのて、見た目も涼しく可愛らしいデザインです。収納するときも簡単に丸めるだけなので簡単です。

2タイプ 竹バンブーラグ ミッキーマウス 約 3畳 ディズニー 長方形 185×240&180×240 竹ラグ 竹 マット ラグマット ラグ 夏 絨毯 カーペット おしゃれ 春夏 暑さ対策 熱中症対策 エアコン おすすめ ひんやり敷きパッド 「お届け約1週間」 節電 プレミアムミッキー【185×240】,-
価格 ¥ 16,999

関連記事

今回、暑い夏にラグマットって必要?【メリット・デメリット・効果・選び方】について紹介してきましたが、いかがでしたか? 夏にラグマットは暑いと思っていた方も、夏用やオールシーズン使えるラグマットが涼しく通気性があるので試してみてください。 効果も嬉しい効果ばかりで、小さい子供の怪我の防止も大切なことです。 この機会にぜひラグマットを購入してみてくださいね!