Gwjry8ieezltfg0qifqf

お酒

CATEGORY | お酒

ウイスキーカクテルの簡単レシピ。家飲みに最高!バーでもクールに

2018.05.21

ウィスキーには様々な飲み方があり、ウィスキーカクテルには数多くのレシピが存在します。きっとお気に入りの飲み方が見つかるはず。今回はそんなウィスキーカクテルをバーでも自宅でも楽しめることができる、家飲みでバーの味が楽しめる簡単レシピご紹介します。

  1. ウィスキーとは
  2. ウィスキーカクテルのオススメレシピ
  3. ウィスキーカクテル レシピ その1
  4. ウィスキーカクテル レシピ その2
  5. ウィスキーカクテル レシピ その3
  6. ウィスキーカクテル レシピ その4
  7. ウィスキーカクテル レシピ その5
  8. ウィスキーカクテル レシピ その6
  9. ウィスキーカクテル レシピ その7
  10. まとめ
ウィスキーとは蒸留酒の一つです。 大麦・ライ麦・トウモロコシなどの穀物を麦芽の酵素で糖化し、木樽で発酵をさせてから蒸留をしたものです。 ウィスキー=大人な雰囲気をイメージさえれる方もいると思いますが、実は意外と気軽に飲めるものなので、最近では若い層の方にも人気のお酒で、飲み方が多様であることから多くの人支持されています。
Mjxfdf87c070jejn0ggs
引用: http://business.nikkeibp.co.jp/article/campanella/20140910/271102/?P=2
Fsiyejnv88mzvobcjjbt
引用: https://www.nomooo.jp/column/whisky-barrel/

関連記事

最近ではウィスキーのコマーシャルもポピュラーとなり、人気の秘密はウィスキーは自分の好みでアレンジができオリジナルのお酒が作れるところです。今回はどんなものと相性が良いのか?大切な人と行く、おしゃれなバーで注文したい1杯から、気心の知れた仲間とワイワイと家飲みで楽しめるものまで、少し独断的なところがあるかもしれませんが、オススメのレシピをご紹介したいと思います。ウィスキーが好きな方も、まだまだ初心者の方も是非参考にして頂ければと思います。
C9l8fwigiciekd9frrpc
引用: https://kireisea.com/bar
まず最初にご紹介したいのがコークハイです。ウィスキーをコーラで割るだけの簡単レシピになります。 程よいコーラの甘さとウィスキーの香りで絶妙にマッチして、ウィスキーが苦手な方でも飲めてしまう一杯です。 個人的にすごく好きな飲み方なので、1番にご紹介させていただきましたが、コークハイはカクテルの中ではとてもポピュラーな飲み方ですので、バーや家飲みはもちろん、居酒屋などでも扱っていると思います。 レシピは①ウイスキー 50ml②コーラ 250ml③氷 ④レモンはお好みで   作り方は、グラスに氷を入れ、ウイスキー 50ml、コーラ 250mlを注ぎます。個人的に分量はウィスキー:コーラ=1:5くらいがおすすめです。お好みでレモンを軽くしぼって、軽く混ぜたら出来上がり。すごく簡単なので、是非お試しください。
Y1isqoz05pq8tuxxnqwm
引用: http://whisky-mania.jp/how-to-drink/drink-cola-beginner/
Xukwgtwv0tswinjoqc3p
引用: https://macaro-ni.jp/54212
レシピその2は、アイリッシュ・コーヒーです。ホットコーヒーとウィスキーの組み合わです。ちょっと意外かも?と思われる方もいるかもしれませんが、コーヒー甘さとウィスキーの香りがとても合い、ほっと一息する感じで飲んで頂けたら、とても美味しい1杯になるかと思います。 レシピは①アイリッシュウィスキー - 30ml②ホットコーヒー はお好みで③砂糖もお好みで③生クリーム 少量   作り方はグラスにホット・コーヒーを入れます。砂糖をお好みで入れたらウィスキーを注ぎ、軽く混ぜます。最後に生クリームをのせたら完成です。 家飲みをする時に生クリームを切らしていた場合、牛乳をホイップしたもので代用しても良いです。 週末の夜にオススメの1杯です。
Z2zzaoq1kjikuaalxyxk
引用: http://www.drinkplanet.jp/cocktail_todays/view/462
Ixuxhynkladvzjpkduik
引用: http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2017/09/post-4115.html
レシピその3は、ミントジュレップです。こちらは競馬の世界3大ダービーのひとつとされる、ケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクとして有名です。紳士淑女の社交パーティでふるまわれる格式あるカクテルです。 1860年頃アメリカ南部で生まれたカクテルです。ミントがアクセントの爽やかなカクテルです。 レシピは①バーボンウィスキー 60ml②砂糖約10g③水またはソーダ30ml④ミントの葉 適宜   作り方はタンブラーへ、砂糖を溶かしながら、ミントの葉を潰します。そこへクラッシュアイスを入れてバーボンウィスキーを注ぎ、軽く混ぜてミントの葉を飾れば完成です。 家飲みする場合、クラッシュアイスがなければ普通の氷でOKですので試してみてください。初夏のカクテルとして家飲みでも、バーでも大変好まれている飲み方です。
Xgzhhcevt9nmef7spdxy
引用: http://cosmop.hatenablog.com/entry/2016/05/05/%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%B1%86%E7%9F%A5%E8%AD%98%EF%BD%9E%E7%B5%90%E6%A7%8B%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%82
Ggrlicfuygmftzmw6npc
引用: http://www.elle.co.jp/gourmet/pick/sekainooyatsu_florida_16_0711
Wjy13ynhtzhushkfyywk
引用: http://cosmop.hatenablog.com/entry/2016/05/05/%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%B1%86%E7%9F%A5%E8%AD%98%EF%BD%9E%E7%B5%90%E6%A7%8B%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%82
レシピその4はマンハッタンです ショートカクテルは飲みやすい反面、お酒とお酒を組み合わせたカクテルのため度数がとても強いです。飲む時は美味しいからといって、飲み過ぎには十分注意してください。 カクテルの王様と言われるマティーニに対して、マンハッタンはカクテルの女王と呼ばれています。 このカクテルは、元イギリス首相のチャーチルの母親が考えたという説が存在します。 レシピは①ウィスキーは作る分量の3/4②スイートベルモット作る分量の1/4③アンゴスチュラビターズ1ml   作り方は簡単で全ての材料を混ぜれば完成です。 マンハッタンを飲む時は、思いっきりおしゃれをして素敵なバーで飲みたいですね。
Vkyjei39k8qtlebrljvd
引用: http://musbic.net/2017-01-09/1317
Phl9utobqumht1nf5ih2
引用: https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Hair_30694/
レシピその5は、スコッチコリンズです。 ジョンコリンズと言う伝説のバーテンダーよって生み出されたカクテルです。当初はジンで作られていましたが、ウィスキーで作られるようになってからは、ウィスキーコリンズやジョンコリンズとも呼ばれています。 爽やかでさっぱりした味わいのカクテルで、まずは最初の1杯などで飲むのをおすすめするカクテルです。 レシピ①スコッチウィスキー60ml②レモン系ジュース20ml③ソーダ適量④砂糖10g   作り方は全ての材料を混ぜあわせたグラスに氷を入れ、ソーダを注げば完成です。 とても簡単なので、家飲みにおすすめです。
Rfdklzcp1ke4w6ghauqr
引用: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC-%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%BA-12%E5%B9%B4-%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E4%BB%98%E3%81%8D-700ml/dp/B06Y1Q3JM5
Qsle9sr2lqiebwg3ouvm
引用: https://angie-life.jp/lifework/132362.html
レシピその6は、マイアミビーチです。アメリカで有名なマイアミ・ビーチを思わせる、トロピカルで爽やかな味わいが特徴のカクテルです。 レシピは①ウィスキー30ml②ドライベルモット10ml③グレープフルーツジュース20ml   作り方は簡単で、全ての材料を混ぜあわせグラスに入れたら完成です。 カクテルグラスにチェリーをトッピングした、見た目もかわいいお酒です。 女性には是非飲んでもらいたい、とても魅力的なカクテルです。 ウィスキーカクテルをいろいろ飲んでみたいという人は、ぜひ候補に入れておいてください。
Xjo78w1nyytivwyllc1v
引用: https://www.google.co.jp/search?rlz=1C5CHFA_enJP720JP727&biw=1440&bih=743&tbm=isch&sa=1&ei=dKz7WrSDHYKz0ASB5q_oAg&q=%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC+%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%80%80%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC&oq=%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC+%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%80%80%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC&gs_l=img.3...5898.10531.0.10994.17.13.4.0.0.0.105.1061.12j1.13.0....0...1c.1j4.64.img..1.0.0....0.OYO-yNIx3ic#imgrc=TIZg7p23AoKyXM:
Hhfmeyfzukvwiw7ba1ci
引用: http://tabit.jp/archives/6991
レシピその7は、カリフォルニア・レモネードです。鮮やかな赤がとてもインパクトのあるトロピカルなカクテルです。グレナデンシロップの赤はアメリカは西海岸、カリフォルニアの海辺を連想して作られました。口に入れた瞬間、酸っぱい味が清涼感があり飲みやすく、カリフォルニアの暑い夏にぴったりのイメージにぴったりではないでしょうか? レシピ①ウィスキー40 ml②ライムジュース10ml③レモンジュース20 ml④グレナデンシロップ10g⑤砂糖10g⑥ソーダ適量⑦スライスレモン1枚   作り方は簡単で、ソーダ以外の材料を混ぜ合わせてグラスに入れ、ソーダを注いで軽く混ぜます。仕上げにレモンを乗せれば出来上がりです。
Lz8qtnhu8siqwdmgj6vb
引用: http://www.barrel365.com/cocktail/#California_Lemonade
Jpsw2hioyhuqqzrnn1mv
引用: http://mamerica.net/138

関連記事

今回はウィスキーカクテルの中でも、定番で簡単なものばかりご紹介させて頂きました。初心者や女性でも挑戦しやすいのでこの機会に是非お試しください。ウィスキーは相性の良い割物が多いので、好きな割物でオリジナルのウィスキーカクテルを探してみるのも良いと思います。 バーで飲む大人なひとときから家飲みまで、シュチエーションに合わせて飲み物を選択するのも素敵です。 そんなスマートな大人の嗜みができれば、一目置かれるに違いありません。 ただ、ウィスキーは度数の高いものもあります。飲み過ぎには十分注意しましょう。 お酒が好きな方から初心者の方まで、幅広い層から人気のウィスキーですが、それぞれお好みのウィスキーカクテルと共に大切な人と楽しい時間をお過ごしください。
Mb4czx1h8d7lgc7i8sg5
引用: https://tabetainjya.com/archives/cat_24/post_5000/
Svxlama21ntviphm3011
引用: https://angie-life.jp/lifework/132362.html
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://recipe-book.ubiregi.com/articles/cocktail-shurui/