Ixlkbobfew1lbkbbdeak

100均

CATEGORY | 100均

ダイソーの樹脂粘土ってどうなの?使い方や活用アイデアまとめ!【100均】

2019.04.02

今ダイソーの樹脂粘土を使って、オーブンなどでアクセサリーやフィギュア、ルアーを作るのが流行っています!ダイソーの樹脂粘土は、初心者の方から作り慣れた方まで幅広く使用されている人気ブランドの一つです。新登場のパステルカラーもご紹介いたします。。

  1. 【ダイソーの樹脂粘土ってどうなの?】樹脂粘土を知っていますか?
  2. 【ダイソーの樹脂粘土ってどうなの?】ダイソーの樹脂粘土が大人気!
  3. 【ダイソーの樹脂粘土ってどうなの?】パステルカラーが新登場
  4. 【ダイソーの樹脂粘土ってどうなの?】ダイソーのビビット・パステルカラーの樹脂粘土を使って
  5. 【ダイソーの樹脂粘土ってどうなの?】ダイソーの樹脂粘土を使ったルアー作り
  6. 【ダイソーの樹脂粘土ってどうなの?】ダイソーの樹脂粘土 まとめ
引用: https://p.limia.jp/resize/o2/image/2551765/gallery/29973/0bc1b9bee2505cc3721a7d87731ff4b6.jpg
皆様は今話題の樹脂粘土を知っていますか?今、ホームセンターや100均で購入できるアイテムを使用したD.I.Yが流行っていますが、その中でも樹脂粘土を使用したアイテム作りがじわじわとハマる方が続出しています!粘土は粘土でも、樹脂粘土って何?という方、まずは樹脂粘土とは何かについてご説明してきます。

樹脂粘土とは

そもそも樹脂粘土とは、木工用ボンドの成分「酢酸ビニルエマルジョン」がベースとなっております。似た性質の紙粘土と比べると乾燥が早く、固さが出ます。オーブンで手軽に乾燥させることができ、仕上がるとツヤっとした透明感が出るので、食べ物などのみずみずしいものを作るときに適しています。他の種類のものに比べると、初心者の方でも扱いやすい粘土だと言えます。
引用: http://ashmimi.com/wp-content/uploads/2015/10/Photo-Oct-15-5-08-12-PM.jpg
樹脂粘土ですが、あのダイソーでも購入することができます。100円というプチプラだが、そのクオリティーは確かなものです!すでに樹脂粘土でアクセサリーやフィギュアなどを作成したことがある方の中では、おなじみのアイテムになっているのでないでしょうか。

使い方はとても簡単!

他のブランドの樹脂粘土と違い、ダイソーのアイテムは使い方がとても簡単です!基本的には自然乾燥でしっかりと固くなるので、余分な手順は要らず、初心者の方でも扱いやすいです。

使いやすいカラー展開

引用: https://pbs.twimg.com/media/Byh0JFMCEAE3WMW.jpg
ダイソーの樹脂粘土は、使いやすいカラー展開が魅力的です。レッド・ブルー・イエローなどのビビットな8色展開。単色で使うのももちろん良いですが、それぞれの色同士を混ぜ合わせることによって、絶妙なバランスの混色を作り出すこともできます。

オーブンで硬化はNG!

Ootb9lavssimraecd7lj
樹脂粘土の中には「ポリマークレイ」というオーブンで硬化させる種類のものがあります。ダイソーのアイテムにもこの表記がありますが、基本的にオーブンの使用は避けましょう。オーブンを使用するとドロッと溶けたようになりますので、自然乾燥にしましょう!
引用: https://pbs.twimg.com/media/DP4LXW9VoAYnvls.jpg
ダイソーの樹脂粘土はもともと、ビビットではっきりとした色味のものが揃っていましたが、新たにパステルカラーのシリーズが発売されています。イエロー、パープル、ピンク、ブルーの4色展開です。作りたいものによって、ビビットな色味のものとパステルカラーを上手く使い分けていきましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4f/93/42/4f93420e8477fdd734d74c5bc976a880.jpg
樹脂粘土を使ったDIYとして代表的なものはアクセサリーやフィギュア作りではないでしょうか。しかしそれだけでなく、釣りの時に欠かせないルアーを作るのにもとても適しています。 それぞれおすすめな作成例をご紹介していきます。

ダイソーの樹脂粘土を使ってフィギュア作り

焼いたバンズの質感がとてもリアルなハンバーガーモチーフのアクセサリーを作成しています!
引用: https://i.pinimg.com/564x/ab/88/65/ab886530b3cbb706463881065a4c0f8b.jpg
100均のアイテムをうまく組み合わせて、お部屋のワンポイントになるお洒落なインテリアを作ることも出来ます。パステルカラーでニュアンスを出し、樹脂粘土の特徴を活かした使い方をしています。

関連記事

樹脂粘土でベースを作成後、レジン加工を施すと、市販品に負けないクオリティーのルアーを作ることが出来ます。自作のルアーで魚が釣れた時の喜びは絶大なものですね。ほぼ一般的なルアーと同様の使い方が出来ますので、ぜひ挑戦してみてください。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/aizufukusuke/imgs/b/d/bd861078.jpg
ダイソーの樹脂粘土は、100円というプチプラな価格ながら、本格的なフィギュアやアクセサリーを作ることが出来ます。ただ、外側をコーティングするなどしない限りはあまり強い衝撃には耐えられないので、丁寧に扱ってあげてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/55/3c/07/553c0773c88450090613e75255e7021c.jpg