Qn0vkxffcbfqkxelyb8o

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

広島観光のモデルコース!日帰り・一泊・二泊など日数別にご紹介!

2019.03.22

広島には宮島の厳島神社や原爆ドームなどの名所が多く存在し、観光スポットとして国内外からも大人気です。そんな広島を効率よく回るためのモデルコースを知っておくのは重要です。広島観光のためのモデルコースや穴場を日帰り、一泊二日、二泊三日に分けて紹介していきます。

  1. 広島観光のモデルコース
  2. 広島観光のモデルコース ーーーーー【日帰り】ーーーーー
  3. 広島観光のモデルコース 【日帰り】①広島駅
  4. 広島観光のモデルコース 【日帰り】➁原爆ドーム
  5. 広島観光のモデルコース 【日帰り】③宮島
  6. 広島観光のモデルコース 【日帰り】④広島名物あなご飯
  7. 広島観光のモデルコース 【日帰り】⑤揚げもみじまんじゅう
  8. 広島観光のモデルコース 【日帰り】⑥厳島神社
  9. 広島観光のモデルコース ーーーーー【一泊二日】ーーーーー
  10. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】①-①広島駅
  11. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】①-➁宮島
  12. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】①-③揚げもみじまんじゅう
  13. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】①-④厳島神社
  14. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】①-⑤牡蠣定食
  15. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】①-⑥紅葉谷公園
  16. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】①-⑦温泉
  17. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】➁-①原爆ドーム
  18. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】➁-➁平和記念資料館
  19. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】➁-③広島風お好み焼き
  20. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】➁-④広島城
  21. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】➁-⑤もみじまんじゅうみやげ
  22. 広島観光のモデルコース 【一泊二日】➁-⑥尾道ラーメン
  23. 広島観光のモデルコース ーーーーー【二泊三日】ーーーーー
  24. 広島観光のモデルコース 【二泊三日】③-①広島駅
  25. 広島観光のモデルコース 【二泊三日】③-➁呉
  26. 広島観光のモデルコース 【二泊三日】③-③海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)
  27. 広島観光のモデルコース 【二泊三日】③-④あきしおカレー
  28. 広島観光のモデルコース 【二泊三日】③-⑤大和ミュージアム
  29. まとめ
広島県内には多くの名所が存在し、広島ならではの美味しいグルメや穴場などもたくさんあります。見どころが多いからこそしっかりと計画を立て、時間に無駄のないように回ることが大切です。
そんな多くの名所や穴場を持つ広島のモデルコースを日帰り、一泊二日、二泊三日の順に紹介していきますので、広島に旅行する際は参考にしてみてください。

関連記事

時間があまり取れない方や広島周辺の県に住んでいる方は、日帰りでも十分広島観光を楽しむことができます。絶対に見ておきたい重要な名所をしっかりと押さえた日帰りモデルコースを紹介していきます。
広島観光の出発点は、まず広島駅からスタートです。JR広島駅構内には広島駅総合案内所もありますので、電車やバスの路線マップやパンフレットを入手すると、より観光がスムーズになるでしょう。
広島駅から電車に乗り、原爆ドームを目指します。原爆ドームは広島観光の中での名所中の名所です。1915年に開館した「広島県産業奨励館」の跡は世界遺産にも登録されており、1945年8月6日午前8時15分に投下された原子爆弾の実状を伝える重要な役割を果たしています。
原爆ドームは日本人として歴史を知る為にも是非見ておいてほしい世界遺産です。
原爆ドームの見学が終わったら、電車に乗り宮島口駅まで行きます。または、平和記念公園から高速船を使うのも穴場で時間短縮にもなり、より早く到着することができます。
宮島口からはフェリーに乗り、宮島まで渡ることができます。
宮島へフェリーにて出発する前に、少し早めのランチとして広島名物のあなごが食べられる「あなご飯 うえの」へ行くことをおすすめします。ここは脂がのっていてプリプリのあなごが食べられることで評判です。
食べ終わったらフェリーに乗り、宮島へと出発します。
宮島へ着いたら、まずは少しぶらぶらして景色を楽しみましょう。宮島にいる鹿たちが出迎えてくれるので、写真を撮るなどして楽しんでみるといいでしょう。
しばらく歩いていると、お店たくさんが連なる通りがあるので、その店の中のひとつ「紅葉堂本店」へ行ってみましょう。ここは穴場の「揚げもみじまんじゅう」を味わえるお店で、広島に来たら食べていただきたいグルメのひとつです。
ランチの後のちょっとしたデザート感覚で楽しんでみるといいかもしれません。サクサクだけどふわっとしている新食感にやみつきになります。
そしてここを抜けるど、ようやく厳島神社の観光です。朱色が印象的な壮大な造りの厳島神社は、平清盛により作られました。その大きさや美しさには圧倒されます。これぞ広島を代表する名所と呼べるべき神社です。
この神社を見た後、まだ時間があれば宮島内にある紅葉谷公園などを散策するとよいでしょう。時間があれば、夜は厳島神社の大鳥居がライトアップされるため、これを見てから帰ることをおすすめします。
観光を終えたらフェリーで再度宮島口まで戻り、広島駅まで戻って終了です。

関連記事

続いて、一泊二日のプランを紹介していきます。日帰りプランと少し似てはいますが、時間があるのでさらに広島の観光名所や穴場をまわることができます。

一日目

まずは一日目から。日帰りプランと同様、広島駅からスタートします。
広島駅から電車に乗り、まずは宮島を目指します。宮島口駅に着いたら、早速フェリーに乗って宮島まで渡りましょう。フェリーからは厳島神社の大鳥居を眺めることができます。このフェリーから眺める厳島神社の姿も穴場の写真スポットです。
Lkozstctzcfi4dxo2yu8
引用: https://www.instagram.com/p/BoqSzmejwok/
宮島に着いたら、散策をしながら「揚げもみじまんじゅうが」味わえる穴場の「紅葉堂本店」を目指します。ここでランチをとる前に少し広島の名物をつまみ食いしてみましょう。
お店が立ち並ぶ通りを抜け、厳島神社へ。威風堂々の朱色の神殿を堪能してください。運が良ければ、結婚式をしている場面に遭遇できるかもしれないです。
Nt4ob93hugmjkkt2oxmx
引用: https://www.instagram.com/p/Bfr1rfig-Sz/
厳島神社の散策が終わったら、広島名物である牡蠣を宮島内にある老舗牡蠣店「焼がきの はやし」で堪能しましょう。広島の牡蠣はぷりっとしていて濃厚な味わいです。
「焼がきの はやし」ではそんな美味しい牡蠣を、焼き牡蠣はもちろん牡蠣飯、牡蠣フライなどのランチメニューとして味わうことができます。行列ができるお店なので、早めに行くことをおすすめします。
牡蠣をたっぷりと楽しんだ後は、厳島神社の裏側にある紅葉谷公園を散策します。ここは多くの人で賑わう厳島神社と異なり、人が少ない穴場的スポットです。ゆっくりと紅葉を楽しみながら公園を散策することで癒されるでしょう。
また晴れていたらその先にあるロープウェイにも乗って、弥山の頂上から宮島を一望するのもおすすめです。頂上からの景色は絶景で、海と山々のコントラストが非常に美しいです。
ロープウェイから麓へ戻ってきたら、再度厳島神社を訪れてみましょう。満潮時と干潮時では水位が異なるため、また違う顔の厳島神社を拝むことができます。こんなことができるのも時間があるからこそで穴場ポイントとも言えます。
厳島神社を堪能したら、宿は宮島内にある「リブマックスリゾート安芸宮島」へ。2017年にグランドープンしたこのホテルはモダンで立地が非常に良く、観光で疲れて帰ってきてもすぐに身体を休めることができます。
また、展望露天温泉からは、嚴島神社の大鳥居と瀬戸内海を望むことができるのでおすすめです。温泉に浸かって絶景を眺めながら、しっかりと旅の疲れを癒しましょう。

二日目

翌日フェリーに乗り、宮島口まで戻り広島の名所である原爆ドームを目指します。原爆ドームは歴史を知る上でも非常に大切な場所なので、広島観光では必ず訪れておきましょう。
また、新名所の穴場スポットでもある「おりづるタワー」に訪れるのもおすすめです。「おりづるタワー」は原爆ドームのすぐ近くに位置しており、ここからは原爆ドームや広島市内を一望することができます。
また、時間に余裕があれば原爆ドームは夜ライトアップされるため、夜に戻ってくると昼間とまた違う顔の原爆ドームを拝見することができるのでおすすめです。
平和記念資料館には爆被害の凄惨さや恐ろしさを伝える様々なものが展示されています。被爆者の遺品はもちろん、写真や資料などが展示されていて、過去に起こったことから現代までの状況を細かく知るきっかけにもなります。
一つ一つの展示物に重みがあり、戦争や核兵器、平和について深く考えさせてくれる資料館です。広島に来たら原爆ドームと合わせて訪れてみましょう。
平和記念資料館を見学した後は、ランチタイムです。広島名物グルメのお好み焼きを「みっちゃん総本店」で味わいましょう。ここは美味しい広島風お好み焼きが堪能できると有名なお店です。
広島風お好み焼きは関西と異なり、生地を最初に伸ばしてから、上に野菜や肉、焼きそば、卵などの具を重ねながら焼いていくスタイルです。広島を代表するグルメを堪能して、関西のお好み焼きと比べてみましょう。
二日目最後の観光スポットは、広島城です。広島城は、毛利輝元によって築かれましたが原爆によって倒壊したため、1958年に復元されました。現在は武家文化を紹介する歴史博物館となっており、桜シーズンは多くの花見客で賑わいます。
Vozef1xdqccelz92i0p2
引用: https://www.instagram.com/p/BuiLE4uAkrN/
広島城の観光を終えたら、広島駅まで戻って来ましょう。ここでお土産の購入タイムです。お土産としておすすめのもみじまんじゅうは広島を代表するお土産です。
定番のお土産として愛されているもみじまんじゅうは、老舗メーカーである「藤い屋」で購入するのがおすすめです。生地がふんわりと柔らかで、上品な甘さのもみじまんじゅうは大人気。こしあんにつぶあん、抹茶あんやカスタード、チョコレートなど様々な味も揃っています。
是非「藤い屋」でもみじまんじゅうを購入して、友達や家族、会社の同僚達を喜ばせましょう。
W6amrdd0qpjiorrvhuvv
引用: https://www.instagram.com/p/BvTYDbyh1ux/
広島のラーメンと言えば、尾道ラーメンが有名です。お土産を購入した後は、夕食としてラーメンを召し上がってみてはいかがでしょうか。尾道ラーメンは醤油ベースで平打ち麵、背油がたっぷりと入っているラーメンで、この尾道ラーメンを美味しく食べられるのが駅ビルにある「尾道らーめん 三公」です。
あっさりとした醤油スープはだしが効いていておいしいと評判です。お土産に時間をかけてしまって、ゆっくり夕食がとれなくても、ラーメンであれば時間をかけずに食べられるのでおすすめです。
最後に、二泊三日でのプランを紹介していきます。日帰りや一泊二日のプランよりも、二泊三日は充分に時間が取れるため、すこし遠方への見学が可能となります。

一日目・二日目

一日目、二日目は一泊二日と同じプランで、二日目の夜は広島駅周辺に宿泊します。

三日目

三日目は、広島駅近くの宿泊先ホテルからスタートです。
広島駅より電車に乗り、映画「この世界の片隅に」の舞台にもなった呉を目指します。
A4vsqyb0pbh7lcp8mzue
引用: https://www.instagram.com/p/BvDC0BGlgug/
まず一番最初に目指すのが、海上自衛隊呉資料館です。ここには実物の巨大潜水艦が陸上展示されています。歴史的な資料を通じて陸上自衛隊の歴史を学ぶことができます。一番の目玉は巨大潜水艦に実際に乗艦できることで、艦長室の見学や潜水時の生活の疑似体験をすることができます。
海上自衛隊に縁がなかったり、あまり興味がないひとでも楽しむことができ、実際に寝ていたベッドの大きさや食べていたメニューなどを知れるのはとても興味深いです。
海上自衛隊呉資料館にはレストランもあり、ここでは海軍カレー(あきしおカレー)を食べることができます。潜水艦をモチーフに象ったご飯が可愛らしい軍艦カレーは一日に限定された個数しか作られていません。ランチとして楽しむ際は、早めに行ってみましょう。
大和ミュージアムには戦艦「大和」の10分の1の模型が展示されており、その他にも本物の人間魚雷「回天」や特殊潜行艇「海龍」などが展示されています。屋外には実物の大砲も展示されており、見どころが満載です。 。
これだけ盛りだくさんに楽しめるのも二泊三日の旅行ならではです。広島の観光名所を思う存分巡って旅を充実させましょう!

関連記事

広島観光の名所を日帰り、一泊二日、二泊三日に分けてモデルプランとして紹介してきましたが、いかがでしょうか。広島には紹介した観光名所以外にも見どころや穴場がたくさん存在しています。
有名な観光名所だけでなく、ゆっくりと穴場を探しながらの旅はさらにゆっくりと時間をとりたいところです。広島はいつの時期に行くのもおすすめなので、一度きりの観光だけでなく、二度や三度とリピートして訪れてみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BijgTtSg47F/?tagged=%E5%BA%83%E5%B3%B6