H1vwdwcnx40cfeepulvi

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

豆乳は飲むタイミングが大切!便秘、美肌、ダイエットに効果的な飲み方

2018.05.17

豆乳はダイエットやバストアップ効果が期待できる飲み物として有名です。そんな豆乳には便秘解消や美肌作りなど様々な効果がありますが、飲むタイミングは正しいですか?今回はさらなる効果を得るために、豆乳の正しい飲み方、飲むタイミングを紹介していきます。

  1. 豆乳とは?
  2. 豆乳は飲むタイミングが大切! 得られる効果は?
  3. 豆乳は飲むタイミングが大切! 効果①美肌づくり
  4. 豆乳は飲むタイミングが大切! 効果➁ダイエット
  5. 豆乳は飲むタイミングが大切! 効果③便秘解消
  6. 豆乳は飲むタイミングが大切! 効果④バストアップ
  7. 豆乳は飲むタイミングが大切! 効果⑤生理痛緩和
  8. 豆乳は飲むタイミングが大切! 効果⑥更年期障害対策
  9. 豆乳の飲むタイミングは?
  10. 豆乳の飲むタイミング ①起床後
  11. 豆乳の飲むタイミング ➁就寝30分前
  12. NGな豆乳の飲むタイミング 
  13. 豆乳の飲み方
  14. まとめ
豆乳とは水に浸した大豆をすりつぶし、そこへ水を加えて煮詰めていった汁を漉して作られた飲み物です。たんぱく質を多く含み、コレステロールが低く、離乳食や老人にも向いています。独特の匂いはあるものの、良質なたんぱく質や脂質が含まれているため、栄養価の高い飲み物でもあります。
豆乳は女性にとって嬉しいバストアップ効果、ダイエット効果、美肌作り、便秘解消など様々な効果が期待できる飲み物です。すでに生活の中に取り入れている方も多いと思いますが、飲むタイミングによってより効果を引き出すことができるのをご存知でしょうか。
飲むタイミングを知ることでより豆乳の効果が発揮されるため、より健康的で美しい体づくりが可能となります。

関連記事

豆乳には様々な効果があります。先に挙げたように美肌効果、ダイエット効果、便秘解消、バストアップ効果に加え、生理痛の緩和や更年期障害への対策にもなります。
豆乳をベストなタイミングで飲むことで、これらの効果をさらに高めることができます。そんな豆乳の効能についてひとつずつ見ていきましょう。
豆乳にはビタミンE、ビタミンB、サボニン、イソフラボンなどの栄養素が含まれています。ビタミンEは血行を良くし、老廃物が排出されることで体内に栄養素が届きやすくなり、肌荒れを改善し美肌にしてくれる効果があります。
ビタミンBは肌の新陳代謝を良くし、新陳代謝が促されると肌に張りや弾力を与える効果が来たきます。また、ニキビの予防やシワ、シミにも効果的です。
サボニンにも肌の新陳代謝を促す作用があります。サボニンには他にも抗酸化作用があり、身体の酸化を防ぐことで老化防止にも繋がり、動脈硬化も期待できます。
イソフラボンには抗酸化作用があり、肌の老化を防止する効果があります。抗酸化作用が活性酸素を抑制してくれるおかげでお肌を若々しく保つことができるのです。
こんなにたくさんの成分が美肌づくりに働きかけるのであれば、豆乳を毎日飲み続けなければいけない理由も分かる気がします。
豆乳には大豆たんぱく質と呼ばれる成分や、大豆ペプチドと呼ばれる成分が含まれています。これらの成分は脂肪燃焼や体脂肪の蓄積を抑制する効果があり、また、食欲を抑えたり脂肪や糖質などの吸収を遅らせたりする効果もあり、ダイエット効果が期待できます。
多くの人が抱えるダイエットの悩みにも豆乳はサポートしてくれます。豆乳を飲むだけでは効果は得られにくいと思いますので、スポーツなどと一緒に取り入れると良いでしょう。
豆乳にはオリゴ糖という成分が含まれており、オリゴ糖は腸内環境を整え、腸内の栄養源でもあるビフィズス菌や乳酸菌となり、善玉菌を増やしてくれます。ビフィズス菌や乳酸菌が増えることによって腸内環境が整い、排便を促してくれるため便秘解消に効果が期待できるのです。
腸内の環境はお肌の状態にも直接現れてくるため、とても大切です。便秘になると肌荒れも起こしてしまうので、毎日排便をし、便秘解消することで気分もすっきりし、お肌の調子も良くなります。
豆乳にはイソフラボンという成分が多く含まれています。イソフラボンは、女性ホルモンと似たエストロゲンと似たような役割を果たします。エストロゲンには胸の脂肪を増やし、ハリを出したりバストラインを形成する効果があります。女性ホルモンが分泌されることによって、バストアップに効果があるというということなんです。
女性であれば何かしらバストの問題を抱えているのではないでしょうか。ハリがあり、豊満なバストは多くの女性の憧れでもあります。豆乳を飲むことで綺麗なバストを手に入れることができるのであれば、豆乳は飲むしかないですね。
肌の老化防止の効果があったイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをしてくれることもあり、生理痛を緩和に効果が期待できます。生理痛の原因は、ホルモンバランスが崩れることで起こるため、イソフラボンによって、エストロゲンとプレゲステロンという女性ホルモンのバランスを整えることができます。
豆乳に含まれるイソフラボンはここでも活躍します。イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれることで、更年期障害を軽減させることが可能になります。
エストロゲンは年齢と共に減少するため、それによってイライラしたり、汗ををかいたり、手足の冷えを感じたり、動機、めまい、肩こりなど様々な身体の不調を引き起こします。
これらの身体の不調は、豆乳を摂取することでエストロゲンが増え、更年期障害を緩和することが期待できるのです。
ここまで豆乳の様々な効果を紹介してきました。そんな豆乳には飲むのに適した時間があります。ここからは、豆乳の飲むタイミングや飲み方について紹介していきます。
豆乳を摂取するのに適しているのは、起床後すぐです。朝は前日に摂った栄養素が消化されて空腹状態になっています。そんなお腹が空っぽの状態は栄養の吸収率がより高くなります。
この状態で豆乳を飲むと、豆乳に含まれる栄養素をさらに効果的に吸収することができます。なので豆乳は朝起きてから、朝食前に飲むようにしましょう。
豆乳は就寝前に飲むと脂肪が蓄積されてよくないと思われているようですが、寝る前に豆乳を飲んだとしても太るということはないでしょう。理由として豆乳には脂肪を燃焼し、痩せやすい身体をつくったりダイエットをするのに適しているからです。
量や飲み方を考えて就寝の30分前までに飲むようにすれば、成長ホルモンが活発な時間に栄養素が働き、翌日美肌効果が現れたり、便秘解消の効果も期待できます。
豆乳は生理中は摂取を控えることをおすすめします。豆乳を摂ることによって、ホルモンバランスが崩れ、エストロゲンの分泌が盛んになってしまいます。そうなると生理周期に影響が出てしまうこともあるので注意が必要です。
また、豆乳を過剰に摂取するのも危険です。過剰に摂取してしまうと、乳がんや子宮がんなどののリスクを高めてしまう可能性も出てきます。一日200~400ml程度を目安に毎日続けて摂取するようにしましょう。
豆乳は様々な飲み方がありますが、温めて飲むことをおすすめします。温めて飲むことにより、身体の冷えを抑え、より栄養素を吸収することができます。
また、豆乳独特の味が苦手な方は様々なフレーバーが楽しめる豆乳飲料を試してみると良いでしょう。毎日飲むことで効果が得られる豆乳ですので、飲み方を工夫することで美味しく味わえ、続けやすくなります。

関連記事

ここまで豆乳の効能や飲むタイミングなどを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。豆乳には便秘や美肌づくり、ダイエットなど様々な効能が期待できます。
女性に嬉しい効能が盛りだくさんの豆乳は飲み方や飲むタイミングもとても重要です。正しい飲み方で豆乳を摂取し、健康なからだづくりを目指していきましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Big6dYon5sg/?tagged=%E8%B1%86%E4%B9%B3