Vz8wkgnnanhog7xqhnhk

趣味・アウトドア

CATEGORY | 趣味・アウトドア

バーベキューで好印象!おすすめの爽やかな服装・コーデ25選!【女性編】

2018.05.21

年に数回あるかないかのバーベキューは、服装に困ってしまう人も多いのではないでしょうか。女友達や気になる異性に、好印象を与えるおすすめ服装コーデを知りたいですよね。この記事では、動きやすさと可愛さを両立したバーベキューにピッタリのコーディネートをご紹介します。

  1. バーベキューにおすすめの服装は?
  2. バーベキューの服装のポイントは?
  3. バーベキューでNGな服装は?
  4. 【バーベキューにおすすめのアイテム】帽子
  5. 【バーベキューにおすすめのアイテム】羽織り
  6. 【バーベキューにおすすめのアイテム】スニーカー
  7. 【バーベキューで好印象な服装25選】パンツ編
  8. 【バーベキューで好印象な服装25選】スカート編
  9. 【バーベキューで好印象な服装25選】ワンピース編
  10. 【バーベキューで好印象な服装25選】Tシャツ×デニムパンツ
  11. 【バーベキューで好印象な服装25選】ボーダーTシャツ×キャミワンピ
  12. 【バーベキューで好印象な服装25選】Tシャツ×チェックスカート
  13. 【バーベキューで好印象な服装25選】チェックシャツを羽織りに
  14. 【バーベキューで好印象な服装25選】デニムサロペット×スニーカー
  15. 【バーベキューで好印象な服装25選】柄シャツ×サロペット
  16. 【バーベキューで好印象な服装25選】ロングワンピ×デニム
  17. 【バーベキューで好印象な服装25選】ブラウス×チノパン
  18. 【バーベキューで好印象な服装25選】フレアスカート×スニーカー
  19. 【バーベキューで好印象な服装25選】ワンピース×麦わら帽子
  20. 【バーベキューで好印象な服装25選】オーバーサイズTシャツ×キャップ
  21. 【バーベキューで好印象な服装25選】シャツ×ワイドパンツ
  22. おすすめのコーディネートでバーベキューを楽しもう!
Hg3zyvxf4lwk5hizdbd5
仲の良い人たちと自然の中でご飯を食べるバーベキューは、特別な楽しみがありますよね。普段はキャンプなどのアウトドアな趣味が無い人でも、バーベキューをする機会はあるのではないでしょうか。たまにしかないイベントだからこそ、服装に悩む人も多いですよね。気になる男性がいる場だと、好印象を与えたいと思うものです。
N4qpx5s9pbzlizsez77g
この記事では、バーベキューで好印象を持たれるような服装をご紹介します。おすすめアイテムや、具体的なコーディネートもあるので是非参考にしてみてください。NGなアイテムは避けて、快適に過ごせて周りにも好印象を与えるコーディネートを目指しましょう。

関連記事

バーベキューで好感を持たれるようなコーディネートをするためには、いくつかのポイントをおさえることが重要です。街中にショッピングに行くときと、バーベキューに行くときの服装は違ってきますよね。アウトドアにふさわしい服装を心がけることが大切です。
Dqo0nbqidcvplm63wcmt
バーベキューに露出の多い服装やヒール靴を履いてくる女性は、男性としても良い印象を持ちません。手伝う気が無いんだと思われてしまいます。動きやすさを重視した服装にしましょう。虫除けや日焼け対策も重要なポイントです。
バーベキューでNGなのは、極端に露出の多い服装。目のやり場に困ってしまいますし、何をしに来たんだ?と思われてしまいます。肌を出している分紫外線を浴びますし、虫にも刺されやすくなりますよね。楽しい場にするためにも、TPOに合った服装を心掛けましょう。
夏の暑い日だとしても、キャミソールにショートパンツのような露出度の高い服装は避けましょう。暑くて紫外線の強い日は、紫外線カット効果のある薄手の羽織りなどを活用しましょう。熱中症予防に帽子を被るのもいいですね。靴は動きやすいスニーカーがおすすめです。
バーベキューに限らず、アウトドアやフェスなどで長時間直射日光を浴びる日は、帽子もコーディネートに加えましょう。熱中症対策にもなり、お洒落度もアップします。髪型や顔の形、服装によって似合う帽子は変わってきます。自分に似合う帽子を見つけて、バーベキューコーデを楽しみましょう。
キャップを被れば、コーデにボーイッシュな可愛さがプラスされます。麦わら帽子やツバの広い帽子を合わせれば、エレガントな印象に。アパレルショップや帽子専門店、雑貨屋などに可愛いデザインの帽子がたくさんあるので、お気に入りの帽子を見つけるのも楽しいですね。
アウトドアコーデにプラスするアイテムとして欠かせないのが、カーディガンやパーカーなどの羽織りアイテム。日差しが強い日はもちろん、朝晩の寒暖差がある季節にもおすすめです。肌の露出をおさえて、日焼けと虫除け対策をしましょう。
最近では、紫外線カット効果や虫除け効果のある素材のカーディガンなども市販されています。小さく折りたためるカーディガンもアパレルショップなどで見かけますね。羽織りは、実用性だけでなくコーディネート的にも便利なアイテムです。ロング丈の羽織りならスタイルアップが狙えます。羽織りを上手に使って露出をおさえ、好印象を持たれるコーディネートを目指しましょう。
バーベキューなどのアウトドアに欠かせないのがスニーカー。どんな地面の上でも歩きやすいスニーカーは、バーベキューの日のコーディネートに加えたいアイテムです。レディースのスニーカーも可愛いものが多く、ブランドも豊富なのでお気に入りを探す楽しみもあります。アウトドア以外のシーンでもコーディネートに取り入れることができるのも、嬉しいポイントですね。
スポーツブランドからアパレルブランド、雑貨屋でも今は数多くのスニーカーを見かけます。色や形、柄など服に合わせてコーディネートしましょう。カジュアルな服装に合わせても可愛いですし、綺麗めなコーディネートのはずしアイテムにしてもいいですね。種類が豊富で選ぶのに迷ってしまう人は、白いスニーカーがおすすめです。どんな服装にも合わせやすく、爽やかで可愛くなりますよ。

関連記事

デニムパンツ

バーベキューでの服装に迷ったら、デニムパンツを選びましょう。誰でも一本は持っていて、どんな服装にも合わせやすいデニムパンツはコーディネートの救世主です。カジュアルにも綺麗めにも着ることができて動きやすいため、バーベキューにピッタリですね。
最近は季節に応じて、冷感素材のデニムや裏起毛で暖かいデニムもあります。野外で行うバーベキューだからこそ、快適に過ごせるデニムを選ぶといいでしょう。ボーイフレンドデニムのようなゆるっとしたシルエットでも、綺麗めな細身のシルエットでも、足首を出すと華奢に見えます。スニーカーに合わせても可愛いですよ。

チノパン

デニムに続くパンツスタイルの定番、チノパン。デニム同様どんなトップスにも合わせられる万能アイテムです。デニムほどカジュアルになりすぎないため、目上の人が多い場にもいいですね。
カジュアルなTシャツにもフェミニンなブラウスにも合わせられるので、どんなテイストが好きな人でも取り入れやすいのがおすすめポイントです。白いトップスにチノパンなら、友達や職場の仲間など誰と集まるときでも好印象を持たれるはずです。スタイルアップを狙いたいなら、トップスを軽くインするのもいいでしょう。

ガウチョパンツ

根強い人気ですっかり定番化したガウチョ。その楽な履き心地から、ガウチョを何本も持っている人も多いのではないでしょうか。ナチュラル系のお店から定番ブランド、大人向けブランドまでガウチョを取り扱っているため、好きなテイストでガウチョのコーディネートを楽しめます。
通年使える素材のものもあれば、夏用の薄い素材や冬用の暖かい素材のものもあり、気候に応じて選ぶことができます。他のパンツに比べて通気性が良く、野外でも快適に穿けるのがガウチョの嬉しいポイントですね。コンパクトなシルエットのTシャツやブラウスと合わせると、バランスがとれて可愛いですよ。

キュロット

可愛い要素も欲しい!という人にはキュロットがおすすめです。見た目はスカートですが、中はパンツになっているので短い丈でも安心です。スカパンと呼ばれるものもあるようですね。
スカートスタイルが好きだけど、アウトドアだから風が吹いたら心配、という人はキュロットやスカパンを選ぶといいでしょう。フレアスカートのような形なら女の子らしい可愛さをアピールできます。

サロペット

カジュアルにも大人っぽくも着られるサロペット。デニムサロペットなら元気でボーイッシュな可愛さに、ネイビーなどの落ち着いた色なら大人っぽく綺麗めに着ることもできます。動きやすいのもいいですね。ワンピースのようにお腹を締め付けないため、バーベキューのような食事シーンにピッタリです。
白とネイビーの組み合わせなら、爽やかで女性らしい好印象を与えることができます。シンプルな色合いのコーディネートなので、小物や帽子をプラスするとお洒落なバーベキュースタイルに。

デニムスカート

アウトドアでは避けた方がいいスカートスタイルですが、デニムならカジュアルで野外シーンにも合います。硬め素材のデニムなら、風に吹かれる心配が無いので安心して楽しめます。
ロング丈なら尚更安心ですね。スニーカーやTシャツ、帽子など他のバーベキューにおすすめのアイテムとの相性も良いので、コーディネートも簡単です。黒や白とシンプルに組み合わせても可愛いですし、ビタミンカラーなどカラフルなアイテムと合わせてもいいですね。

ジャンパースカート

スカートを穿きたいなら、ジャンパースカートもおすすめです。チェックシャツの上に重ねると、アウトドアな雰囲気もあっていいですね。カフェの店員さんのような可愛さがあります。
バーベキューに着て行くなら長い丈のものがおすすめです。靴下とスニーカーと合わせれば、バランスも良くて可愛いですね。白なら爽やかで野外にも映えます。
デニム生地のジャンパースカートなら、よりアウトドアシーンに馴染みます。黒いTシャツと白いスニーカーを合わせれば、シンプルでお洒落なコーディネートの完成です。キャップでカジュアルに熱中症対策もしましょう。

デニムシャツワンピ

楽ちんにコーディネートが決まるワンピースは、バーベキューシーンにも便利なアイテムです。ミニ丈の場合は、下にレギンスやパンツを合わせるとアウトドアにも着て行けます。
デニムシャツなら、下に柄物のレギンスやカラフルなスニーカーを合わせればお洒落なアウトドアコーデになります。Tシャツとパンツの上に羽織っても可愛いですね。

無地シャツワンピ

シンプルな無地のシャツワンピも、他のアイテムに合わせやすくておすすめです。白のシャツワンピならデニムとの相性も良いですね。ワンピースとしても羽織りとしても使える、便利なアイテムです。

チェックシャツワンピ

色の組み合わせによってデザインが多様なチェックシャツワンピ。好みの色合いを見つけられると嬉しくなりますよね。チェックシャツはアウトドアシーンにピッタリなので、ワンピースを選んで可愛さをプラスするのもいいでしょう。シンプルなコーディネートの羽織りとしても使えます。

パーカーワンピ

カジュアルで可愛いパーカーワンピ。ピンクや白など淡い色のものを選べば、ガーリーな印象になります。丈は短すぎず、膝下くらいの丈にしましょう。スニーカーやキャップなどのアイテムとの相性抜群です。ピタッとしたものより、少しオーバーサイズでゆるっとしたものを選びましょう。

エスニックワンピ

派手な色や柄の多いエスニックワンピは、日光の当たる野外で鮮やかに映えます。派手な見た目は気分も高まりますよね。胸下切り替えでロング丈のデザインならスタイルアップも叶います。帽子やブレスレットなどの小物を合わせても可愛いです。
バーベキューに着て行くコーデに困ったら、Tシャツとデニムパンツを選べばいいでしょう。動きやすくてアウトドアに最適です。Tシャツをインすれば、スッキリして綺麗めに着ることもできます。
定番のボーダー柄は、誰にでも似合う取り入れやすいアイテムです。無地のTシャツよりもデザイン性があり、簡単にコーディネートが完成します。キャミワンピの素材は、風が吹いたときにめくれないようにしっかりした素材を選ぶといいでしょう。
Tシャツにチェックのスカートを合わせた、少しトラッド風なスタイル。サスペンダーとキャスケットを合わせれば、外国の少年のような可愛さになります。動きやすさとお洒落を両立したコーデです。女の子ウケの良さそうなコーデですね。
チェックシャツのワンピースは、羽織りとしても使えます。寒暖差のある日にピッタリのアイテムですね。少しゆったりめのサイズを選ぶのもおすすめです。大きめのブロックチェックならメンズライクな可愛さもあります。
ゆるっとしたサイズ感のラフさが可愛いデニムサロペットコーデ。スニーカーと合わせて、ダボっとしたシルエットを楽しみましょう。体系カバーもできて動きやすいというのがおすすめポイントです。大きめサイズを着るときは、横から下着が見えないよう、インナーを活用しましょう。
古着のような派手な柄シャツが可愛い、お洒落なコーディネートです。アウトドア以外の場面にも合うのが嬉しいですね。サロペットに合わせるトップスをシャツにすることで、Tシャツよりもシックな印象に。
ロングワンピとデニムパンツの組み合わせは、肌の露出をおさえることができて動きやすく、バーベキューにピッタリのコーディネートです。ワンピは真っ白でも可愛いですが、油汚れなどが心配な人には黒がおすすめです。白いスニーカーを合わせて、足元は涼し気に。デニムは長すぎず足首が少し見える丈を選べばスッキリして見えます。
カジュアルなだけではいられない大人世代やママさんにおすすめなのが、ブラウスとチノパンの組み合わせ。パンツスタイルで動きやすくも、綺麗めな要素もあるコーディネートです。Vネックのブラウスなら胸元がスッキリ見えてバランスも良いですね。ブラウスを軽くインすると、さりげなくスタイルアップが狙えます。首と胸元を綺麗に見せるためにも、髪はまとめましょう。
ラフな中にも可愛さを足したいなら、ミモレ丈のフレアスカートがおすすめです。風に吹かれてもめくれない、張りのある素材のものを選びましょう。スニーカーでカジュアルダウンしたスタイルは、バーベキュー以外の場面でもお洒落に決まります。スカートの丈は、足首が見えるくらいの長さがおすすめです。中途半端な長さだと、ふくらはぎの一番太い部分が目立ってしまうので気を付けましょう。
ワンピースに麦わら帽子のシンプルなスタイルは、避暑地やバカンスでの定番スタイルですね。バーベキューなどのアウトドアシーンでは、スニーカーを合わせて動きやすさを重視しましょう。カジュアルダウンすることでこなれたお洒落になります。露出の少ないロング丈のワンピースがおすすめです。
オーバーサイズのTシャツにシンプルなキャップを合わせれば、ボーイッシュさが可愛いコーデになります。友達や彼氏とお揃いにしてもいいですね。トップスとボトムを同系色でまとめるのもお洒落です。
首と胸元がスッキリして見える開襟シャツ。古着のようなデザインは、男女どちらにも人気がありますよね。広く開いた袖口で二の腕を細く、パンツにインすることでウエストも締まって見えます。シンプルでメンズライクなスタイルが素敵ですね。

関連記事

いかがでしたか?ポイントとアイテムをおさえれば、バーベキューコーデは難しくありません。周りに好印象を与える服装で、バーベキューを楽しみましょう!