Rr1tqzes8onklksqydwx

収納

CATEGORY | 収納

ダイソーの突っ張り棒まとめ!活用アイデア!【種類・長さ・太さ】

2018.05.14

突っ張り棒だけでも豊富な長さと太さ、種類を誇る100均ショップダイソー。ダイソーではどんな突っ張り棒を扱っているのか。棚や収納、そのほかの活用アイデアにはどのようなものがあるのか。この記事ではそんなダイソーの突っ張り棒の種類と活用アイデアについてご紹介します。

  1. ダイソーの突っ張り棒はとにかく種類が豊富!
  2. 100均・ダイソーの突っ張り棒アイデアその1.「洋服かけとして」
  3. 100均・ダイソーの突っ張り棒アイデアその2.「タオルの収納に」
  4. 100均・ダイソーの突っ張り棒アイデアその3.「キッチンの整理整頓に」
  5. 100均・ダイソーの突っ張り棒アイデアその4.「トイレの収納として」
  6. 100均・ダイソーの突っ張り棒アイデアその5.「引き出し内のしきりとして」
  7. 100均・ダイソーの突っ張り棒アイデアその6.「靴棚として」
  8. 100均・ダイソーの突っ張り棒アイデアその7.「ボックス置き場として」
  9. 100均・ダイソーの突っ張り棒アイデアその8.「隠す収納アイテムとして」
  10. 100均・ダイソーの突っ張り棒アイデアその9.「隙間の有効活用に」
  11. まとめ
アイデア次第でいろいろなインテリアに活用できる突っ張り棒。100均ショップのなかでも豊富な品ぞろえで有名なダイソーでは、突っ張り棒だけでも長さや太さ、色などが異なるたくさんの商品を扱っています。種類はおよそ14種類で、小さいもので18センチから27センチ、長いもので135センチから200センチの伸縮まで対応可能です。
引用: https://i2.wp.com/syufuwaza.com/wp-content/uploads/2017/11/IMG_2004-2.jpg?resize=300%2C225&ssl=1
突っ張り棒は長さが増えるにつれ、価格も高くなるものがあります。その分ポールの太さや耐荷重もしっかりしているので、重いものを収納する際は太さのある突っ張り棒を選ぶことをおすすめします。ちなみに一番長さのあるものや20kgの重さまで耐えられる太さのものでも400円で購入できますよ。
引用: https://i2.wp.com/syufuwaza.com/wp-content/uploads/2017/11/IMG_2006-1.jpg?resize=300%2C225&ssl=1
ダイソーで扱っている突っ張り棒のカラーには、白・黒・木目(2種)・ピンク・シルバー・小花柄などがあります。お部屋の雰囲気や用途に合わせてお好みの色をチョイスすると良いでしょう。

関連記事

一番オーソドックスだと思われるのが、洋服かけとして使用するアイデアです。部屋にクローゼットがなくても突っ張り棒を利用すれば、どこでも簡単に洋服がかけられるスペースになります。細い突っ張り棒だと重さに耐えきれず突然落下してくる危険性もあるので、太さのある耐荷重20kgの突っ張り棒を使用した方が安全でしょう。
太さと耐荷重のしっかりした突っ張り棒は、1本あると洗濯物の部屋干し用としても活躍してくれます。水分を含んだ洋服の重さにも十分耐えられるので、安心して干すことができます。普段はベランダに近いリビングに、雨が多い時期は洗濯機の近くに設置しておくと使い勝手が良くなりますよ。
バスタオルからハンドタオルまで、何かと数の多いタオルも突っ張り棒を使ってキレイに収納できます。画像のように棚の間に突っ張り棒を設置すれば立てた状態で収納できるので、使いたいときにさっと好みのタオルを取り出せるのがポイントです。見た目にもキレイですし、タオル用の収納箱を別に用意する必要もありません。
突っ張り棒はワイヤーネットなどと組み合わせることで棚板の代わりにもなります。これならタオルを重ねて置いても落下する心配がないですし、通気性も抜群です。タオルを立てて収納する際は上部、または下部に突っ張り棒を設置しておくと、さらに取り出しやすくなりそうです。
調理グッズや調味料、フライパンに食器類など、多くのものが並ぶキッチンは収納するのもひと苦労。広々としたキッチンなら問題ありませんが、限られたスペースを有効活用するなら突っ張り棒の使用がおすすめです。キッチンの凹部分に突っ張り棒を設置してS字フックを付けるだけで、調理道具の収納スペースが確保できます。
毎日使用する冷蔵庫のなかも、突っ張り棒でキレイに整理整頓。どこに置いたか見失いがちなチューブや袋になっている調味料も、突っ張り棒にまとめて吊るしておけば一目瞭然です。ちなみに突っ張り棒に通してあるクリップもダイソーで購入できますよ。

関連記事

突っ張り棒はトイレの収納にも役立つアイテムです。壁と壁に囲まれたトイレは突っ張り棒が設置しやすく、かさばるトイレットペーパーも1本あればキレイに収納できます。使う分は備え付けの棚に、ストック分は突っ張り棒の上にという使い方も良いかも知れませんね。
突っ張り棒は自分の好きな高さに取り付けられるので、使い勝手の良い収納スペースを確保することができます。「床にそのまま置いておくのはちょっと…」と思われるトイレそうじ用のスプレー類も、突っ張り棒に引っ掛けて収納すれば問題解決です。
引き出し内の整理整頓としてボックスを使用するアイデアがありますが、丁度いいサイズのものを探すとなると結構大変です。その点突っ張り棒ならどんな引き出しでも簡単かつ自由にしきれるのがポイント。何本か組み合わせて使用することで、お皿や鍋のふた、網なども立てかける形でスッキリ収納できますよ。
キッチン周りの引き出しだけでなく、衣服や小物の整理整頓にも役立ちます。小さな引き出し内にも対応できる長さも展開しているので、使いたいサイズのボックスが見つからないときは突っ張り棒を使ってみることをおすすめします。
「備え付けの靴箱だけだと靴がおさまりきらない…」そんな場合も突っ張り棒におまかせ!突っ張り棒を2本ずつ設置して、後は靴を並べるだけで靴棚の完成です。ヒールのある靴は突っ張り棒に引っ掛ける形で収納すると、省スペース化になりますよ。
画像のように備え付けの靴箱の手前に突っ張り棒を取り付けて、片方の靴のヒールを引っ掛けて収納するアイデアもあります。これなら靴が倍入りますし、片方ずつ引っ掛けてあるので取り出すときも邪魔になりません。一目で靴が分かるのも高ポイントですね。
突っ張り棒を2本並べてボックスを置くのもアリですが、丈夫で安定した置き棚として使用したいのであればワイヤーネットとの組み合わせがおすすめ。突っ張り棒にワイヤーネットを取り付ける際は結束バンドで固定すると、強度を上げることができますよ。
ワイヤーネットを取り付けておけばどんなサイズでも気にすることなく乗せられるので、ボックス以外を置く棚としても重宝することは間違いありません。普段使いしないものを入れたボックス置き場にするのであれば、耐荷重のしっかりした突っ張り棒を選んだ方が何かと便利ですよ。
「このスペースは隠してスッキリ見せたい…」家のなかではそんな風に思うことも少なくないですよね?そうした棚や場所は突っ張り棒にカーテンを取り付けて、手軽にサッと隠してしまいましょう。目隠し用として使えるカフェカーテンや突っ張り棒に通すカーテンフックもダイソーで販売しています。
カーテンレールがない・取り付けられない棚や場所にも、簡単にカーテンを取り付けられるのは自由度の高い突っ張り棒ならでは。カーテンで隠してあげるだけで見た目もスッキリしますし、おしゃれな印象も与えてくれますよ。
突っ張り棒の真価は何といっても「隙間の有効活用」。これに尽きると思います。画像のように洗濯機と壁とのちょっとした隙間に長さの短い突っ張り棒を設置することで、場所を取ることなく洗濯した洋服をすぐにかけられるハンガーが収納できます。
ほかにも冷蔵庫と壁との隙間に突っ張り棒を取り付けて、細々としたものを整理するボックスを設置。この幅に何か棚を置こうと考えるとサイズが気になるところですが、短い長さの突っ張り棒なら思い立ったそのときに購入・設置できるのが魅力です。
突っ張り棒は凹部分があれば部屋のどこにでも設置できるので、ご紹介した以外にもまだまだたくさんの活用アイデアがあります。ぜひ豊富な種類と耐荷重を誇るダイソーの突っ張り棒を利用して、家のなかをすっきり整理整頓しちゃいましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i0.wp.com/syufuwaza.com/wp-content/uploads/2017/11/IMG_2002-1.jpg?resize=300%2C225&ssl=1