C1chca5acbnhxpyhztyu

ボディケア

CATEGORY | ボディケア

ジョギングのペースの目安は?プロテインを飲む理想の体の作り方!

2018.05.17

ジョギングペースの目安を知っていますか。今回は理想のジョギングペースやプロテインの摂り方を紹介していきます。ジョギングは10kmや30分が目安と言われています。正しいやり方次第で効果が段違いになるので、ぜひ参考にして見てください。

  1. 理想のジョギングペース・距離・時間の目安は?プロテインの取り方を紹介
  2. ジョギングとペース
  3. ジョギングの正しいフォーム
  4. 理想のジョギングペースとは?「距離の目安」
  5. 理想のジョギングペースとは?「時間の目安」
  6. 理想の体を作るジョギングペース!「ダイエット」
  7. 理想の体を作るジョギングペース!「身体能力向上」
  8. 理想のジョギングペースとは?「プロテインを取るタイミングの目安」
  9. プロテインのおいしい取り方
  10. 理想のジョギングペース・距離・時間の目安は?プロテインの取り方「まとめ」
引用: https://column.asken.jp/wp-content/uploads/2014/08/2da10f195029ab4b58f8eafba40ca197-310x206.jpg
近年健康志向ブームにより多くの人がジョギングをするようになりました。特に身体能力が低下し始めている30代から高齢者の方には良い運動になると人気です。また、生活習慣病の予防にもいいと健康診断で数値が気になる人がそれをきっかけにジョギングを始めるというのも増えています。ジョギングは特に特殊な道具がいるわけでもないですし、運動不足な方でも気軽に始めることができる運動という事で幅広い年代が行っている運動です。
引用: http://physical-art.com/wp-content/uploads/09c83df9deb323af.jpg
しかし、流行っているといっても正しい効果を得るためにジョギングを知っている人は少ないと思います。どんなスポーツにも基本というものがあるので、生活習慣病の予防やダイエットなど失火入り成果を得たい人は正しいジョギングというものを知っておくことは非常に重要です。
引用: https://img1-kakaku.ssl.k-img.com/images/maga/11736/11736_01.jpg
今回は幅広い世代に指示されている運動「ジョギング」について、どれぐらいのペースで走るのがいいのか・距離や時間は等目的に適したジョギングの仕方や理想の体を作るためにプロテインの飲み方などを紹介してい行きます。今まであまり運動をしてこなかった方でもわかりやすいように、丁寧に紹介していきますので最後まで読んで参考にしてください。

関連記事

引用: http://www.nousapo.jp/wp-content/uploads/2015/11/Jogging.jpg
そもそもジョギングとはどんなものの事を言うかご存知ですが?「ただ走るだけでしょ」と思われる方もいると思いますが、ではランニングとは何が違うのと思いますか。それは簡単にいうと走るスピードの違いです。ランニングはウォーキングの延長で話ながら走ることのできるペースの事を言い、ランニングは息を切らせながら走るペースというのを目安に分類されます。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180303/19/ralph9645/41/6b/p/o0300030014142342009.png?caw=800
当然のごとく同じ時間でどちらの方がカロリーが減るかと言えば、ランニングの方が減らすことができます。同じ時間で比べるなら距離を走ったほうがカロリーを消費することができるのです。ただ、その分ランニングの方がきつくはなるので、運動不足な方はジョギングから始める事をおすすめします。
引用: http://runningdaigaku.com/university/wp-content/uploads/2017/11/95b7680192ed85dfdad7c2bc21493626.jpg
ジョギングは簡単に始められる運動とはいえ、継続的に続けると体に多少なりとも負担を掛けます。特にダイエットを目的としてジョギングされる方や高齢な方は体を痛めやすいのです。いくら痩せてもどこか別の場所を痛めてしまっては意味がないので、正しいフォームでジョギングをして健康的な体を手に入れましょう。
引用: https://mens-diet.jp/wp/wp-content/uploads/2017/06/running_form.jpg
ジョギングの正しいフォームを簡単に紹介すると、背筋を伸ばして肩の力を抜き顎を引きます。そして、走るときに肘を曲げて、しっかり引きあげます。無理に大股や小股で走らず、無理のないペースで走り始めましょう。そして着地はかかとから地面につけ徐々につま先まで地面につけるイメージをしてください。走る際の呼吸は一定に保つようにしましょう。
引用: http://www.city.kamaishi.iwate.jp/kurasu/kenko_iryo/kenko_challenge/detail/__icsFiles/artimage/2016/07/06/cpc011807/walking_group_1.png
以上の事を気を付ければ、けがのリスクを下げて健康的なジョギングをすることができますよ。子渡場だけではわかりにくいと思いますので、動画を張っておきますのでジョギングを始めようと思われている方は是非確認してみて下さい。
引用: http://cp.glico.jp/powerpro/wp-content/uploads/entry97-630x430.jpg
ジョギングの正しいフォームが分かったところでどれぐらいの距離が適切かというところですが、これは個人差がありますが初心者の方は10km程度の距離を走ることをオススメします。また、時間がない方や最初から10kmがきつい方は無理をしても続かないので10kmジョギングできるようになることを目標に頑張る事をおすすめします。
引用: http://runningsuki.com/wp-content/uploads/2015/10/2015-10-06_201154.jpg
ジョギングの定義はさっきも言った通り喋りながら走ることができるペースが目安なので、毎日ジョギングを続けていれば、自然とジョギングのペースが上がってくるので、時間がない人でも10km走ることが可能になります。とにかく続けることが大事なので目安は10kmですが、あまり10kmという距離に惑わされずに何回か走って自分に合った距離を見つけて下さい。
引用: https://www.seichiku.com/wp-content/uploads/2017/06/%E8%84%82%E8%82%AA%E7%87%83%E7%84%BC.jpg
ジョギングペースの時間は30分程度走る事をおすすめします。有酸素運動は、始めてから20分間ほどの間は食事から摂った糖質をエネルギーとして消費し、20分を過ぎたころからやっと脂肪分をエネルギーとして消費すると言われているためです。そのため脂肪分を消費しだしてから10分くらい走ることになる30分間走る事をおすすめします。
引用: https://www.speed-kaitori.jp/wp-content/uploads/contents/point_speed.png
30分走ることによって脂肪分を消費することができるのもそうですが、30分程度なら少し早起きしたり一駅走るくらいで賄うことができるので、無理なく続けやすいです。また、30分と決めて走ることによってペースが上がったなど自分の成長を感じることができるので30分と時間を決めて走る事をおすすめします。
引用: https://cache-cdn.cosme.net/media/cur-contents/file/parts/I0004454/7cde6a48908d699ea8d209451e5b947c.jpg
理想のジョギングペースは距離10km・時間30分と言ってきましたがあくまでそれは一般的な理想のペースであって、人や目標によってもおすすめの時間は変わってきます。例えばダイエットの場合はいつまでに何キロ痩せたいのか、それによってカロリーを計算する必要があります。
引用: http://www.wb.commufa.jp/lagrima/sanu.jpg
今月中に1キロ痩せたい方と1年間で5キロ痩せたい方ではダイエットの方法が違うのは当たり前ですよね。距離10km・時間30分というのはあくまで平均的な理想値なので、自分がどれだけ痩せたいかで目標を決めてダイエットをしてください。
引用: http://summerheatstroke.com/wp-content/uploads/2017/08/tsukare_boy-281x300.png
またダイエットではなく身体能力の向上をさせたい場合はジョギングではなくランニングの方が適しています。やはり速いペースで走っている方がゆっくり動くよりも消費カロリーが大きいのもそうですが、筋肉を鍛えるためにも早いペースでやったほうが筋肉や心肺機能にも負荷がかかるのでより大きな身体能力の向上が望めます。
引用: https://shop.r10s.jp/bodymaker/cabinet/t/tg217_03.jpg
また、さらに身体能力を向上させたい場合は重りを付けたり、ダッシュを織り交ぜて走ることで心肺機能が鍛えられますし、早く動くための筋肉を鍛えることができるので見せる筋肉ではなくスポーツをするための筋肉を付けることができます。
引用: http://biz-journal.jp/images/post_21747_12.jpg
プロテインを摂取するのに適したタイミングは「運動後45分以内」「就寝前」「朝食時」の3つのポイントがあります。このタイミングでプロテインを摂取したんぱく質を取ることで効果的に筋肉を修復することができます。そうすることで理想の体作りができるので、理想の体作りをしたい方はプロテインの取り方にも気を付けて下さい。
プロテインは「まずそう」というイメージがある人もいると思います。なので、ここではおすすめのお石の見方を紹介します。まず相性がいいのは牛乳や豆乳です。低脂肪乳や無脂肪乳などならカロリーを気にせずにおいしく飲むことができます。また、フルーツジュース・スポーツドリンク・ココアや果物と混ぜてのスムージーもおすすめです。
飲み物で取るのに飽きてしまった方にはお菓子にして取るのもおすすめです。手間はかかりますが、やり方次第で色んな味を楽しむことができます。詳しい作り方は動画で紹介していますので興味のある方は見て下さい。

関連記事

引用: https://nanacoro.jp/wp/wp-content/uploads/jogging-diet-2.jpg
いかがでしたか、理想の体を作るために距離や時間などどんなジョギングをすればいいか分かりましたか?ジョギングは正しいやり方を知っている人と知らない人では効果が段違いになるので、ジョギングに興味のある方は参考にしてジョギングを始めてみて下さい。また、プロテインも試してみて下さいね。最後まで読んでいただきありがとうございました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://health-and-beauty-site.com/wp-content/uploads/2014/08/jogging.jpg