Ttn3i43ejpn1a90gsyhs

インテリアコーデ

CATEGORY | インテリアコーデ

手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!【木・布・ダンボール】

2018.08.20

おしゃれなフォトフレーム(写真立て)はインテリアのアクセントとして効果的なアイテムです。せっかくなら手作りしてみませんか。思ったより簡単に手作りすることができますよ。本記事はおしゃれで簡単にできるフォトフレームを、紙、木、ダンボール、布などの素材ごとに作り方を紹介します。

  1. 手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!①:紙
  2. 手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!②:板
  3. 手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!③:100均
  4. 手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!④:アンティーク調
  5. 手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!⑤:丸型
  6. 手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!⑥:空き瓶
  7. 手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!⑦:松ぼっくりなど
  8. 手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!⑧:ダンボール
  9. 手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!⑨:布
  10. 手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!⑩:ハンガー
  11. 手作りフォトフレーム(写真立て)を簡単おしゃれにDIY!まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/25/31/9c/25319c114bbefb59de6ef19e2eb921cf.jpg
フォトフレームを作るなら、まずは紙がおすすめ。加工しやすく、柄の種類も豊富にあります。特に画用紙は、加工しやすく耐久性もある程度あるので作りやすいですよ。上のフォトフレームは自立するように背後に支えを取り付けています。
Rceqwrjfiuzjuagk9sup
引用: https://www.pinterest.jp/pin/311733605434680456/
デコレーションをしたいなら、折り紙を作って両面テープで張り付けるなどすると賑やかな印象になります。シール類を枠に張り付けるのもおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/72/5a/cd/725acdefc898ffcb7814b56a14f7cbde.jpg
上の画像のように、結婚式のウェルカムボードのように飾るのも面白いです。紙を上手に切り抜いて貼り付けることで、立体感を出しています。紙の場合、デコレーション部分は失敗しても何度もやり直すことができるので、満足いくまでトライして見ましょう。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/e1/d6/99/e1d6993497b9f6a66c0ec28e1a262000.jpg
このフォトフレームは、木の板を切り抜く作り方です。フレーム上に乗っている猫も切り抜いているので、フォトフレームの木と一体化しています。木製は温もりが出るので、思い出を飾るフォトフレームにはぴったりですよね。猫を切り抜くのはちょっと難易度が高いですので、まずは写真部分のみ切り抜くフォトフレームを作成してみてはいかがでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ca/52/fa/ca52fa939b4d4961da75c7a6e6c4c734.jpg
木材はセリアで購入しているものです。セリアはヴィンテージのお洒落なものが多いのでおすすめです。そこに釘とワイヤーを取り付けていきます。後はクリップで写真を止めれば、一度に多くの写真を飾ることのできるフォトフレームの完成です。
お気に入りの写真に交換するのも簡単というメリットがあります。写真は気に入ったものでかまいませんが、あまり堅苦しい写真ではなく、動きのあるスナップショットなどがおすすめですよ。全体的な色合いを考えて写真を配置すると、より一層おしゃれになります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fd/f7/74/fdf7749ab088b56f66c997dae8ce1487.jpg
また、ワイヤーでなく、紐を渡らせる作り方もあります。上の画像は紐で渡らせたフォトフレームです。壁と木枠の色を合わせると一体感が出ます。できれば置き場所を決めてから木枠の色や大きさを選ぶと、インテリアにマッチしてより素敵になりますよ。
Vbq07xjvvudsvuktwvwf
引用: https://www.pinterest.jp/pin/444730531934421979/
アンティーク調のフォトフレームの作り方のコツは、何度も塗料を塗り重ねてきた色の雰囲気を作ることです。写真のフォトフレームは、何十年も経過したかのようなフォトフレームですが、実は100均で購入したものを使ったものなのです。
上の画像ではミディアムブラウンの上にアイボリーを重ねたように見せています。このため、まずはミディアムブラウンを塗装した後に、オールクラックアップを塗ります。オールクラックアップとは、上に塗る塗料のひび割れを生む特殊塗料です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/82/28/7a/82287a56c5b7560ce97580972880e3d8.jpg
オールクラックアップの上にアイボリーを塗っていきましょう。数秒待つと、どんどんひび割れが生じてくるので、剥がしたい部分を布で擦っていきましょう。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/94/b1/00/94b100667dbd5d49ec99421d1b46e0a3.jpg
裁縫が得意な人におすすめなのが、布を使った丸型のフォトフレームです。最も簡単な作り方は厚紙を使うことです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a4/10/3e/a4103ebe307513581741135acceca259.jpg
3枚の厚紙を使うフォトフレームの作り方は、以下のリンク先に詳しく解説されています。布を巻くところに集中したい人は厚紙の市販品も販売されているので、購入してみてはいかがでしょうか。
L65s7n1wt5wv3bxuvmco
引用: https://www.pinterest.jp/pin/98445941832340387/
こちらは楕円形のフォトフレームです。完全な円形とするより、楕円にしたほうが写真全体をディスプレイすることができます。写真によって形も選びたいところです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c2/3c/f6/c23cf6284cb01d2d5042dc095398433d.jpg
最も簡単な作り方なのが、空き瓶を使ったフォトフレームです。作り方と言っても瓶の中に入れるだけなので作業は特に必要ありません。瓶によって光が屈折して、アート作品のようにおしゃれなフォトフレームになります。写真では蓋を使っていますが、逆さに置いているフォトフレームもありました。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d2/0f/09/d20f091abd6c696ce9f2744c67dd27d5.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/08/9d/e2/089de2f4e640531ec523d9dbb5a03145.jpg
100円ぐらいで売っているフォトフレームに、小枝や松ぼっくりを接着剤で張り付けたものです。とても簡単なのに、お洒落なフォトフレームが簡単に作れます。松ぼっくりや木の配置で個性が出るところも楽しいです。市販のフォトフレームでなく、画用紙やダンボールを使って手作りすれば、よりオリジナルのフォトフレームになりますよ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/3a/1d/d0/3a1dd0fd142a818da88f7ef84d92276e.jpg
こちらは太目の小枝を使ったフォトフレーム。太いといってもフォトフレームに使う小枝なので、糸のこぎりなどで簡単に切ることができます。あとは、小枝に合う紐の色を選びましょう。紙ヒモは木材と相性が良いので試してみてください。細い小枝を束にするのもおすすめです。一本とは違い、束になると不揃いになるのでまた違った味わいがありますよ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/42/d6/d9/42d6d987295b968c88b9a9878329dfee.jpg
木の板を切り抜くフォトフレームを紹介しましたが、ダンボールではもっと簡単に作成できます。ダンボールには素朴な味わいがあるので、上の画像のように入れる写真によって素敵な雰囲気となりますよ。
ダンボールだと耐久性が心配という人は、木工性のニスかクリヤーラッカーを塗ると水に強くなります。塗る時のコツは一度に塗らない事です。ダンボールに薄くニスやクリヤーラッカーを塗り、乾いた後、また薄く塗るという作業を何回か行います。ただし、ダンボールは紙であることは変わりませんので、水がかかりやすいところには置かない方がいいでしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b0/27/39/b0273960869da203c53268040aca8665.jpg
牛乳パックで作ったフォトフレームにフェルトを貼りつけています。フェルトは板状の不織布なので、貼り付けやすいというメリットがあります。最近では化学繊維のフェルトがあり、カラーバリエーションも豊富です。
また、写真のように装飾に違う布を組み合わせるとよりお洒落になります。写真で使われている布はレースでしょうか。花のデコレーションもワンポイントで光っています。布に限らず、プレゼント用の箱などで使われるお洒落な紐を巻いたりするアイデアもあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/5e/d7/4f/5ed74f4e50ce3d7fc1edf4d439ffbe90.jpg
ハンガーにフォトフレームを3つぶら下げたものです。布や紐を上手に使ってかわいらしいフォトフレームになっています。写真の置き場所に困るという人も、これなら飾れる場所の選択が増えるのではないでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9c/cf/71/9ccf71ed0e76636ec8227457004b8bcd.jpg
購入して挟むだけなのでdiyとは言えませんが、パンツハンガーを利用するとお手軽に写真を飾ることもできます。パンツハンガーは大き目の写真も飾ることができます。無機質で寂しいと感じたら、布やシールなどでデコレーションしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

D39xvtfp38qgma9na9v1
引用: https://www.instagram.com/p/Biowv1Og6DK/?tagged=%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0
この記事では、紙や木、布など素材ごとのフォトフレームの作り方を紹介してきました。100均で作れるフォトフレームやハンガーを利用したアイデアなども紹介したので、作ってみたいものが見つかったのではないでしょうか。フォトフレームは大きさも手ごろで、diyをしたことがない人も、気軽に取りかけれますので、ぜひ試しに作ってみてください。
慣れてきたら、アンティーク調など本格的なフォトフレーム作りに挑戦してみてください。diyを行うことで自分好みのフォトフレームを作れます。世界にひとつだけのフォトフレームを作ってみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/c1/a6/66/c1a666ec85e2cfb001df7781594aaed4.jpg