Zjibiudycqlujxgrihqm

結婚

CATEGORY | 結婚

手作り結婚式!プリザーブドフラワーブーケの作り方!

2020.06.29

結婚式の準備でお困りの、特にブーケについて考えているあなたにおすすめ!今回はプリザーブドフラワーを使ったブーケの作り方をご紹介!一見難しいプリザーブドフラワーブーケもこれで華やかに!お金もかからずお手軽なのでブーケでお悩みの方にもおすすめです!

  1. 人生の一大イベント「結婚式」に手作りプリザーブドフラワーブーケを
  2. プリザーブドフラワーとは
  3. プリザーブドフラワーブーケの種類
  4. プリザーブドフラワーブーケの驚くべき事実
  5. プリザーブドフラワーを使ったラウンドブーケの作り方
  6. プリザーブドフラワーを使ったラウンドブーケの作り方:1.プリザーブドフラワーにワイヤリング、テーピングをする
  7. プリザーブドフラワーを使ったラウンドブーケの作り方:2.ラウンドブーケの枠組みを作る
  8. プリザーブドフラワーを使ったラウンドブーケの作り方:3.配置のチェック&裏側の作成
  9. プリザーブドフラワーを使ったラウンドブーケの作り方:4.持ち手の作成・完成
  10. プリザーブドフラワーブーケでいい結婚式を
Lbaftumypxhdjoffbdem
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=YM%2ba5b7J&id=2FEDA77E1087C376BB7B5503A6AF90E671FEC2BB&thid=OIP.YM-a5b7JcRMhfOX4CiBvjAHaE8&q=%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f&simid=608022278699352307&selectedIndex=29&ajaxhist=0
人生の一大イベントといえば結婚式ですよね。特に女性の方にとって、結婚式は人生で最も輝けるイベントの一つです。そんな結婚式に欠かせないアイテムに「ブーケ」があげられます。ブーケは結婚式において女性をより華やかにさせるのに必要でありこだわる方も多いと思います。ですが普通の生け花を使ったブーケですとお金もかかりますし、手入れにも気を付けなければいけません。そんな時におすすめなのが「プリザーブドフラワー」を使ったブーケです。今回はこのプリザーブドフラワーブーケについての紹介をいたします。
Cwg9vju2hzxmcfyaf3nz
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=N7s%2fROz1&id=A4ADCCC8EFD347685A11E4A9843C76B169712120&thid=OIP.N7s_ROz1MkRVPqJHDJcZbwHaGf&q=%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc&simid=608005850444073657&selectedIndex=90&ajaxhist=0
プリザーブドフラワーとは、生け花ではなく簡単に申しますと造花になります。造花なので先ほど書いたように手入れだったり枯れたりすることがありません。さらに手作り用のキットもありますので手作りブーケとしてもおすすめなのがプリザーブドフラワーになります。
Mz0zmpyo5ibnzqyn2nk7
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=wNJQeMzQ&id=5D96378FA0B04F9C92D320642CE48546C4C12B57&thid=OIP.wNJQeMzQywIDUmPrGU4IMAHaFj&q=%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc&simid=607987059988366550&selectedIndex=145&ajaxhist=0
ブーケとしても種類があるのでそれを紹介します。

ラウンドブーケ(メジャータイプ)

Uza4izuinffotdv3ewez
引用: http://wedding07.com/bouquet-price-2110
丸みのあるタイプ。ふんわりと可愛らしい雰囲気になります。

キャスケードブーケ

Cy6phdh1mub7kngpqg3u
引用: http://wedding07.com/bouquet-price-2110
縦長の流れるようなタイプのブーケになります。見た目が華やかなブーケです。

ハンギングブーケ

Pmnvykboeva5y15q2ksx
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=%2f9Xa1gir&id=D2939D96A865344BA83714FDB1C9776622CEE502&thid=OIP._9Xa1girEhC17-nEaZ3AmgAAAA&q=%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b1&simid=607996689300783543&selectedIndex=6&ajaxhist=0
バスケットやバッグのように手や腕にかけるタイプ。和装にも相性がいいのも特徴です。

アームブーケ

Tvssxkwugpccj0opcapp
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=TBjYuqWe&id=26E64D899F065D6477BD4461031439A0BFB3C699&thid=OIP.TBjYuqWecZeXpn0VcuujUAHaKX&q=%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b1&simid=608027286606908903&selectedIndex=15&ajaxhist=0
茎のラインを活かしたデザインです。カラーなどで作ることが多く、このタイプにするとシャープでスタイリッシュな雰囲気になります。

クラッチブーケ

Pc59blcbc8zuzpunpi1d
引用: http://wedding07.com/bouquet-price-2110
クラッチブーケとは花の茎がリボンなどで隠されておらずそのままの状態のブーケです。ブリザーブドフラワーを使わなくても値段がお手頃でおよそ1万~2万が相場になります。

ティアドロップブーケ

Onaemj661hmnmjdvelks
引用: http://wedding07.com/bouquet-price-2110
ティアドロップとは涙のしずくの形を逆さにしたスタイルで先端の尖りを強調させたタイプのブーケです。こちらは少し相場が高めですが、非常に人気のあるタイプの一つです。
以上のタイプのブーケがあります。
Vfrxpcibijauouyeymy4
引用: http://lifestyletoollog.com/archives/4742.html
先ほどのタイプの他にも色々なタイプがあります。しかしこの形と使うお花の種類と量によってブーケの値段は変わります。またインターネットでも購入できるプリザーブドフラワーのブーケで、既製のデザインのものですと、18cm~20cmくらいのもので1万円後半から2万円台というのが相場でしょうか。このうえにオリジナルのデザインにしてもらったり、お花の量を増やしたりすれば、もうちょっと値段が上がります。ですが、ホテルや式場のお花屋さんで生花のブーケを購入しますと、なんと1つ5万円程度かかってしまうこともあります。それに比べるとプリザーブドフラワーを使ったぶーけは費用がおさえられそうです。さらにプリザーブドフラワーは生花と違って、季節によって花の種類や値段が左右されません。ですので予算が立てやすいのもおすすめポイントです。
Wnxrci5eold9c1jvqbn3
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=fOXcM1gd&id=8DBA2C36A958CC4FFE92DEE8562D5A09C57A315C&thid=OIP.fOXcM1gdSeKFk5AgAeg-BwHaFX&q=%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc&simid=608004042269133858&selectedIndex=0&ajaxhist=0
それではプリザーブドフラワーを使ったラウンドブーケの作り方を紹介します。手作りでラウンドブーケを作るに必要なものをまずは紹介します。
直径4~5センチのメインの花を17~18輪程度、隙間を埋めるための小花やリーフを適量、バック処理用のリボンやリーフを20パーツ程度、ワイヤー、フローラルテープ、ワイヤーを切るはさみやペンチ、持ち手用のリボンが必要になります。それではラウンドブーケの作り方に入ります。
プリザーブドフラワーは生花と違って茎がありません。そのため、お花にワイヤーを刺して茎の代わりにしてブーケの形にするのに「ワイヤリング」が必要になります。ですのでまずワイヤリングを説明します。

1.ワイヤーを花の中心に刺していく

Wpbjljustyiasns8tguf
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=r3ACbyPL&id=825DCD16242094DCC88A598993D0DA0151EB3CD6&thid=OIP.r3ACbyPLWxr55ZR1SwRypQEUDh&q=%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%80%80%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0&simid=607995722921151112&selectedIndex=146&ajaxhist=0
まずはワイヤーの片方の先端をペンチで曲げ、フックを作ります。小さくフックを作ることによってお花に挿しやすいので、できるだけ小さめに作るのがコツになります。
そのあとフックがない方の先端を下にして、メインとなる花のの中心部分にワイヤーを上から刺していきます。花びらを傷つけないように、そっと入れていきましょう。ワイヤーを奥まで入れていくと、茎の固い部分にあたります。茎の固い部分を無理して押し込もうととするとワイヤーが曲がってしまいます。ですので、くるくるとワイヤーを回しながら、少しずつ刺していくことによって無理せず通すことができます。

2.ワイヤリングをした後テーピングを行う

ワイヤリングをしたところでこのままですとワイヤーがむき出しのままです。ブーケにする際束ねにくいため、フローラルテープを巻いていきます。
こちらが参考の動画になります。
G5gffqwfupjcbyzcjyad
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=xiS4HqqN&id=A558DA815925A334C91ADBDFE5699A4CCD12A84F&thid=OIP.xiS4HqqNn1-n2C0YCCypQQHaE8&q=%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%80%80%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%96%b9&simid=607999614154902515&selectedIndex=50&ajaxhist=0
このようにしてパーツを作ったら次は組み立てになります。そのためのブーケの枠組みの作り方を紹介します。ラウンドブーケの場合は、真上に1輪、上下左右に1輪ずつの計5輪でまずはブーケの枠組みを作ります。アウトラインを作ってからその隙間にお花を埋めていくようにすると、失敗が少なく綺麗なラウンドブーケに仕上がります。まず、作るブーケの大きさに合わせて長さを決めます。そのあとワイヤーを直角に曲げ、テープを1周程巻き仮止めを行います。使うお花の種類によっても多少異なりますが、例えば直径20センチのブーケの場合、真上の1輪は12センチ位、横の4輪は9.5センチ位の長さがラウンドブーケの目安になります。
Wwske8ebwrfpmlbdqfns
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=vFFE2bTV&id=F228C031725F28A72DEB2C55FA59EC34ED41DCD3&thid=OIP.vFFE2bTV5ZKf9xc-XAyJ0gHaEK&q=%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%80%80%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%96%b9&simid=608026779787136065&selectedIndex=15&ajaxhist=0
このようにして仮止めを行い、調整も終了したら、次はラウンドブーケの裏側の作成にを行います。この裏側にもいくつか種類があるのでそれを紹介します。

リーフ

Qqg1f0fnwwttr3noiblq
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=RUc2vv3%2b&id=4D6C87747404BD0ADF0B50512B1F67CA0B06A743&thid=OIP.RUc2vv3-OA3qlz0AYKNZRwHaJ9&q=%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%80%80%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95&simid=608011240626195424&selectedIndex=20&ajaxhist=0
最初に紹介するのはリーフです。一番オーソドックスなのがこちらのタイプになります。はっぱを使ったブーケで主に生花のブーケはこちらの方法で行います。大き目のリーフでブーケの裏側全体を覆います。最もブーケらしいし自然なものになります。

リボン(ブリザーブドフラワーにおすすめ)

Z1g8ba5zhnnsb9dlouza
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=ZM%2bB4G2U&id=1E9D76B29B36790A679B4FEC75A3F722D757B232&thid=OIP.ZM-B4G2U0EsLzJFym3uIdwHaLH&q=%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b1+%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%83%b3&simid=607993240413340509&selectedIndex=23&ajaxhist=0
次に紹介するのがリボン型です。こちらはプリザーブドフラワーのブーケでよく用いられる作り方になります。可愛らしいデザインや、葉物を入れない場合にこちらの方法がおすすめです。色はブーケの色合いに合わせたり、逆にブーケの色合いを変えたりと様々です。リボンの種類によって印象を変えることができます。

チュール

Opwjeiart8q1npacrbdf
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=s%2bm8Xvwz&id=9ADBF82A0B2EE8CABE3162DA4692BDD5BA562FB4&thid=OIP.s-m8XvwzgozvMA_K7kY4cQHaFj&q=%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b1+%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab&simid=607996285567699452&selectedIndex=26&ajaxhist=0
最後にチュールを紹介します。ウェディング衣装にぴったりなのがこのタイプです。ほかにもドレスが同じチュール素材のスカートだったり、透明感のある生地の場合にもおすすめです。ふんわり優しい印象をもたせます。
裏側のパーツが配置できたら最後に持ち手の作成を行います。まずフローラルテープを持ち手の上から下までしっかりと巻き、固定したあと、適当な長さに切り長さを揃えます。およそこぶし1個+指2本分位の長さが一番持ちやすく、理想の長さになります。最後にリボンを巻いたら、プリザーブドフラワーを使ったラウンドブーケの完成になります。
ブーケの作り方の動画はこちらになります。
結婚式のブーケを手作りしてみませんか?プリザーブドフラワーラウンドブーケの作り方

Mslt9ksiqukwmhj3inxg
引用: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=aReiD09M&id=88DD56A0A00C9E92FC618BA30791D62AC8E5CA7D&thid=OIP.aReiD09M7uS_IwuExSNipgHaE8&q=%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f&simid=608037663277123635&selectedIndex=27&ajaxhist=0
今回はプリザーブドフラワーブーケの作り方を紹介しました。人生の花形である結婚式におひとつそえてみてはいかがでしょうか。結婚式でより美しく一大イベントを飾っていきましょう。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=YM%2ba5b7J&id=2FEDA77E1087C376BB7B5503A6AF90E671FEC2BB&thid=OIP.YM-a5b7JcRMhfOX4CiBvjAHaE8&q=%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f&simid=608022278699352307&selectedIndex=29&ajaxhist=0