Eqwk5jf7bntw6wy55psy

ファッション

CATEGORY | ファッション

若作りの特徴!【服装・髪型・メイク】若見えと若作りの決定的な違いとは?

2019.07.30

若見えのつもりが、いつのまにか痛々しい若作りおばさんになっていた!?今回は、痛々しい若作りおばさんの服装や髪型、メイクの特徴についてご紹介します。素敵な大人になるためには、若見えと若作りの違いについて把握することは大切!オトナ女子は必見です!

この記事に登場する専門家

Ow3wtrcmyjoe42gznwhu

vivre専属ライター

MAI

韓国大好き!年に3回韓国に行きます!インスタ映えしない写真ばかり撮ってしまう。

  1. 若作りおばさんは正直しんどい…。
  2. 痛々しい若作りの特徴【メイク編】
  3. 痛々しい若作りの特徴【服装編】
  4. 痛々しい若作りの特徴【髪型編】
  5. 痛々しい若作りの特徴【言葉編】
  6. 痛々しい若作りの特徴【振る舞い編】
  7. 若作りと若見えは違う!若見えポイント
  8. 若いだけが魅力じゃない!大人女性もモテる!
  9. 痛々しい若作りおばさんにならないために…
  10. まとめ
Gdactmhhvdbofaemiyeu

痛々しい若作りおばさんに会ったことはありませんか?30代はまだまだ若い!なんて思いつつも、メイクや服装を間違えると痛々しい若作りおばさんの仲間入りをしてしまいます。周りからは冷ややかな目で見られてしまい、正直しんどい…。痛々しい若作りおばさんの特徴について、メイクや服装、行動面などをチェックしていきましょう。

B9xt4r08jmzfu8scjjah

時代遅れメイク

やけに細い眉毛や逆にバブル風の太眉など、一昔前に流行ったメイクのトレンドをそのまま引きずっていると、痛々しい印象になりがちです。メイクにはその時々のトレンドがあるので、その時代に合わせた年相応のメイクを雑誌などで学ぶようにしましょう。

Oi48l6k570ft162spry4

盛りすぎアイメイク

バサバサに盛ったマツエクやつけまつげ、太いアイラインなど目力をアップさせるために頑張りすぎているアイメイクも、年齢にふさわしくない痛々しいメイクになりがちです。30代以降の大人メイクでは、アイメイクを守ることよりもいかに肌を綺麗に魅せるかということやリップメイクに力を入れて、ナチュラルなメイクをするよう心がけましょう。

Polpno33xs6iyjdh1jbi

カラコン

目力をアップさせるためにカラコンを利用する女性も多くいますが、大人のカラコンにも注意が必要です。フチがしっかりしているものなど、いかにも「カラコン!」というものは、大人が無理して若作りしているように見えがち。目力をアップさせたい人は、なるべく裸眼のように見えるナチュラルなものを選ぶようにしましょう。

Qvg1gpltjlydxnporwhs

ゴテゴテネイル

ラインストーンが大量に乗っていたり、派手なカラーだったりとゴテゴテした印象のネイルも痛々しい若作りに見えがちです。最近の主流はメイクもネイルもナチュラルなものなので、一昔前のトレンドをまだ引きずっているようで、「自分がイケてた頃の記憶に囚われている痛々しいおばさん」になってしまいます。

Ro9filkfxxgddswjqerz

ミニスカート

若い頃は勝負服の一つでもあったミニスカートですが、若作りおばさんのミニスカートは絶対NGです。特に暖かい時期にありがちな“素足にミニスカート”は、どんなに脚に自信があっても周りからは冷ややかな目で見られがち。どうしてもミニスカートが履きたいという人は、秋冬にタイツと合わせて楽しむことをおすすめします。

Chjlcznhjswtfyjeuzqt

露出が激しい

ミニスカートとも共通しますが、脚や胸元など、露出が激しい服も痛々しい若作りおばさんに多い服装です。男性の目を気にしているからこその服装ですが、実際、おばさんの胸や太ももに喜ぶ男性はいません。大人の色気を勘違いしないようにしましょう。

若者トレンド

若作りおばさんはファッションのトレンドにも敏感ですが、若者のトレンドをそのまま取り入れることはやめましょう。若者のトレンドを取り入れて流行に敏感アピールをしているつもりでも、周りからは無理して若作りをしている痛々しいおばさんにしかなりません。

Bejpled0u4pkahceeav8

華美な装飾

フリルやレース、リボンといった可愛いものが大好きな人も多くいますが、大人の服装では華美すぎるフェミニンファッションも痛々しい若作りおばさんに見られてしまいます。可愛いものが好きでも、なるべく装飾は1点に留めるなどしてロマンティックになりすぎないようにしましょう。

B99jbdyvs9ndgq7fys2i

やりすぎた巻き髪

フリルやリボンなどのフェミニンファッションが好きな若作りおばさんに多い傾向にありますが、くるくるに巻いたやりすぎた巻き髪も周りからは冷ややかな目で見られています。ウェービーなヘアスタイルで女性らしく決めたいときにも、ゆるいカールにして大人ナチュラルな雰囲気にしましょう。

D8nk3gxxoat2fbeamzge

明るすぎるヘアカラー

髪型では、金髪などの明るいヘアカラーも若作りおばさんには多い髪型です。どんなにトレンドであっても明るいカラーは大人の女性らしい落ち着いた雰囲気には似合いません。どんなに毎日髪を綺麗にセットしていても、似合わない明るいヘアカラーはそれだけで残念な印象を作り出してしまうので注意しましょう。

Xrjt6gpcc5x81ai4mc50

前髪ぱっつん

少しでも若く見せるために前髪ぱっつんにすることもありますが、この前髪はかなり人を選ぶ髪型でもあります。もともと童顔で似合う人であれば問題ありませんが、大人の顔立ちには前髪ぱっつんは似合いにくく、無理して若作りしている感がかなり出やすい髪型でもあります。若く見えると思っていても、意外と周りは冷ややかな目で見ているかもしれません。

ツインテール

一発アウトとも言えるのがツインテールです。ツインテールは20代でも少々人を選ぶ髪型なので、30代以降の大人女性が取り入れると「アイタタタ…」な事態になりかねません。

Vdqgp1upzu2l8a8fmrn6

自称ババア

「そんなことないよ〜」の声を期待しているからなのか、やたらと「私もうババアだから」と自分のことをババアと呼ぶ人がいます。しかしそんな裏の声も周りの人には丸わかりです。実際にまだまだ見た目が若くても、自分をババア呼ばわりすることで一気に痛々しい人になってしまうので、絶対やめましょう。

Cycxvbw1gbfwixmouuui

若者の流行り言葉

その時々の若者言葉があり、テレビなどでも10代の女の子たちが楽しんで使っている様子をよく見かけますが、そんな流行りの若者言葉もいい大人が使っていたらみっともないと思われてしまいます。流行に敏感アピールをするために使用しているかもしれませんが、バカっぽく見えてしまうのでやめましょう。

U4r1038qalqm6a9ioxol

電車で化粧直し

意外にも多いのが電車で化粧直しをするという行為をしている若作りおばさんです。メイク崩れなどが気になる気持ちもわかりますが、教養のない人ということで一気に残念な人になってしまいます。いくら外見を取り繕っていても、周りに幻滅されてしまうアウトな行動なので絶対にやめましょう。

Le2i6dobypa9ksxvi3iw

自撮り

インスタなどのSNSが今や当たり前になっていますが、若作りおばさんは自撮りが大好きです。今日の服装や今日のメイクなど、芸能人であれば楽しみにしている人もたくさんいますが、一般のおばさんの服装やメイクに興味がある人はほとんどいません。

Yba1wtfpprgzhk3k2xgr

若見えポイント①|年齢に合わせた外見

年齢に合わせたファッションをすると一気に老けてしまいそう…そんなことが気になるかもしれませんが、外見に似合わない若作りファッションやメイクをするよりも年齢に合わせたナチュラルで清潔感のある服装やメイクをしている方が好感度はグッと高まります。その時々にあった外見をすることで、大人にしか出すことのできない知性や色気を引き出すようにしていきましょう。

若見えポイント②|毎日ハツラツ

無理な若作りをしていないのに若く見える人は、共通して毎日元気ハツラツです。気持ちが若く精力的に活動していたり、食事や運動にも気を配ってイキイキ暮らしている人は、内側からエネルギーが溢れ出てきて、同世代はもちろん年下世代からも魅力的に映ります。

Xs3qvrhapmqjm4u7wstg

若見えポイント③|マナーを身に着ける

年齢に合わせた振る舞いができるということも魅力的な大人になるためには欠かせない要素です。幼稚で痛い人と思われないようマナーや教養を身に付けるようにしましょう。

若見えポイント④|姿勢を綺麗に

若作りをしていないけれども若く見える女性は、姿勢が綺麗なこともポイントです。どんなにおしゃれをしていても姿勢が悪いと一気にだらしない印象になりがちです。日々姿勢に気をつけて大人の品格を身につけましょう。

Eqcwnfs4alderptttegm

特に恋愛面においては、「年齢を重ねる=女性としての需要がなくなる」といった考えを持ってしまいがちな人も少なくありません。しかし、大人の女性に魅力を感じる男性も多くいます。若さだけが女性の魅力ではないので、年齢を重ねても魅力的でいるための努力を日々していくことが大切です。

Djmly0hpygib8kknki3p

女性にとって、「若さ」というのは大きな魅力の一つです。ただ、女性の魅力は若さだけではありません。大人だからこそ磨くことができる内面的な魅力や色気というものが必ずあります。年齢を重ねることをマイナスに捉えてしまいがちですが、年齢を重ねるたびにより美しくなり女性もたくさんいるので、若作りではなく若見えを目指し、自分の年齢に合った魅力を年々身につけていきましょう。

Puznux4tfyrwg6av8jsd

いかがでしたか?痛々しい若作りおばさんの特徴についてご紹介しました。いつまでも若々しくいることはとても大切ですが、痛々しい若作りになってしまってはとても残念ですよね。大人には大人の魅力があります。その魅力を最大限発揮して、より素敵なレディになれるよう努力していきましょうね!