Azcfqwm3auogdjvjuaxj

DIY・ハンドメイド

CATEGORY | DIY・ハンドメイド

DIY女子って何?女子に人気の簡単小物や収納アイデアをご紹介!

2019.05.28

最近流行りのDIY女子ですが、DIYとは一体何を指しているのでしょうか?また、だれでもDIY女子になれるのでしょうか?本記事では、そんな疑問を抱える方に向けて「DIY女子」についてご紹介!DIY女子に人気の簡単小物や収納アイデアも併せてピックアップしています。

  1. 今流行りのDIY女子ってなに?
  2. DIYを始めるにあたって必要な準備とは?
  3. 実際にDIYをする際の注意点
  4. DIY女子必見!簡単小物や収納アイデアを紹介①引き出し付き収納
  5. DIY女子必見!簡単小物や収納アイデアを紹介②飾り棚
  6. DIY女子必見!簡単小物や収納アイデアを紹介③ドリップスタンド
  7. DIY女子必見!簡単小物や収納アイデアを紹介④ウォールデコ
  8. DIY女子必見!簡単小物や収納アイデアを紹介⑤エアプランツホルダー
  9. DIY女子必見!簡単小物や収納アイデアを紹介⑥おかもち風小物入れ
  10. DIY女子必見!簡単小物や収納アイデアを紹介⑦キーフック
  11. DIY女子必見!簡単小物や収納アイデアを紹介⑧木製ショーケース
  12. DIY女子必見!簡単小物や収納アイデアを紹介⑨テレビ台
  13. DIY女子必見!簡単小物や収納アイデアを紹介⑩キャスター付きラック
  14. いざDIY女子デビュー!
Lutqdo4vja2vxkfvmw6f
引用: https://www.instagram.com/p/BxJ2qnFHnxD/
ネットや雑誌などで「DIY女子」というワードが頻繁に出てきますが、DIYとは一体何なのでしょうか?このDIYとは、「Do it yourself」の略で、日本語に言い換えると日曜大工を表しています。つまり、DIY女子とは自分で家具や小物を作って楽しむ女性のことなんです!
Wl9h5meliyi3bjl3u1jd
引用: https://www.instagram.com/p/BxJ6ETGhpj_/
現在は若い女性から主婦まで、幅広い層の女性がDIYにチャレンジしているといいます。DIYは趣味にもなりますが、なにより市販の家具を購入するより自分で1から作ったほうが安上がりです!それに、自分オリジナルの家具や小物なら愛着が湧いて、大切に使おうという気持ちが生まれます。
Pdowc0r5bzqqeqlag6aa
引用: https://www.instagram.com/p/BxJkbdtHnGg/
では、実際にDIYを始めたいとなった場合、どのような準備が必要なのでしょうか?ここでは、DIYに必要な工具やあると便利なアイテムをご紹介します。

基本的な工具

Qnjhmn3brxvpgy6ymil1
引用: https://www.instagram.com/p/BxCNnlMn7o3/
◎メジャー 本格的なメジャーであれば5mほどの長さになりますが、趣味レベルのDIYであれば3mほどの長さがあれば十分です。初心者さんは、軽くてストッパーのついた使いやすいメジャーがおすすめです。
◎工具セット 工具セットは100円ショップにも売っています。これ1つあれば様々な作業で使用できるため、揃えておいて損はありません。
Cdvcrtyluenvj4trbukl
引用: https://www.instagram.com/p/BihO9MHHLAN/
◎サンドペーパー サンドペーパーは板の切断面を滑らかにしたり、アンティーク調のかすれ傷を作ったりする際に活躍します。そのほか、ペンキを塗る前の下処理や角ばった部分を丸くするときにも使います。とにかく様々な用途があるため、複数枚購入しておくことをおすすめします。
A7h1yuk3nmhqt0fshqro
引用: https://www.instagram.com/p/Bwl0BK0nD_4/
◎ハケ DIYではペンキやニスなどを扱うことがあるため、ハケは必ず用意しておきましょう。ハケと一言にいっても幅の広いものから細かな部分を塗るのに適している小さめサイズまで、種類が豊富です。そのため、大きさの違うハケを数種類購入しておきましょう。
◎サシガネ 材料に印をつけたり、線を引いたりする際に活躍するサシガネ。もちろん、普通の物差しでもよいのですが、L字のサシガネの方がより真っ直ぐな線を引けます。

あると便利な工具

Tex3filjczupy2hkau5w
引用: https://www.instagram.com/p/BxFOjrqHq1J/
◎タッカー タッカーとは、簡単に言うとホッチキスを大きくしたような工具です。壁紙など何かを張り付けるときに活躍します。工具店や100円ショップ、ホームセンターなどで購入できます。
◎電動ドライバー 電動ドライバーにはドリルとインパクトの2種類が存在していますが、初心者さんの場合は「ドリルドライバー」がおすすめです。ほとんど力を使わずに穴をあけたり、ネジを締めたりできます。価格はさほど高くなく、5000円前後で手に入れられます。
1 / 4