O9psvyvumhv2tobrrkau

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

プールの消費カロリーは?ダイエット向きのウォーキング時間も解説!

2019.04.22

健康やダイエットに効果のあるプールでの運動。水泳やウォーキングの消費カロリーはどれくらいなのでしょうか。今回はプールの消費カロリーについて泳ぎ方別にご紹介します。25mプールでできるビート板を使った運動やダイエット向きのウォーキング時間も解説!

目次

  1. ダイエットに効果的!プールの消費カロリーはどれくらい?
  2. プールの消費カロリーは?水泳・ウォーキングの消費カロリー
  3. プールの消費カロリーは?①クロール
  4. プールの消費カロリーは?②平泳ぎ
  5. プールの消費カロリーは?③背泳ぎ
  6. プールの消費カロリーは?④バタフライ
  7. プールの消費カロリーは?⑤水中ウォーキング
  8. ダイエットに効果的なプールでのウォーキング時間
  9. ダイエットに効果的なプールでの泳ぎ方
  10. 水泳やウォーキングができる場所
  11. プールの消費カロリーは?まとめ

ダイエットに効果のあるウォーキング方法

水中ウォーキングといってもただ歩くだけでなくダイエットに効果のある歩き方をするのがおすすめです。レンジ・ウォーキングという、大きな歩幅で両腕をしっかり前後に振りながら歩くウォーキング方法は全身の運動になり、腰まわりの筋肉を鍛えるのにも効果的です。

ボールを蹴るような動きを取り入れたキックウォーキングはお尻まわりの筋肉を鍛えるのに効果があり、ヒップアップ効果を期待することができます。

こちらの動画で紹介されているように、歩かずにその場でできるウォーキング方法もダイエットにおすすめです。膝を高く上げる動きや、水中でクロススキップをすることで効率良く脂肪を燃焼させ痩せやすい体を作るための筋肉を育てることができます。

関連記事

Vosejxzoxk5owdujxiea
引用: https://www.instagram.com/p/BvJdEivH4dD/

ダイエットに効果的な泳ぎ方についてですが、消費カロリーの大きさから言うとクロールやバタフライを25mプールで泳ぐのがおすすめです。バタフライは消費カロリーの大きい泳ぎ方なので、25mプールで往復をするだけでもダイエットの効果が期待できます。もちろん泳ぎに自信が無い場合は自分の得意な泳ぎ方で泳ぐようにするので問題ありません。

ダイエットにはダッシュもおすすめ

泳ぎに自信のある場合はダッシュを取り入れるのもおすすめです。25mを全力で泳いだら75mをゆっくり泳ぐ、という泳ぎ方を繰り返すことでただ100mをゆっくり泳ぐよりも消費カロリーが大きくなります。

ビート板を使ったバタ足

Xsfv0zpdtwgvm4iwv4zx
引用: https://www.instagram.com/p/Bvv1kfMlF8g/

ダイエットにはビート板を使ったバタ足も効果的です。ビート板は水泳の足の動きに効果のある泳ぎ方ですが、下半身のダイエットにもおすすめの泳ぎ方です。ビート板を使ったバタ足は25m×10本を目安にして行い、25mを1分以内に泳げるよう意識をするのがおすすめです。ビート板の先に両手をのせたら足を交互に動かし、太ももの筋肉を意識して前に進むようにしてみてください。
ビート板を使えば泳ぎが苦手な人でも25mプールを泳ぐことができ、下半身痩せにも効果が期待できるのでぜひ試してみてください。

3 / 4