Ou6hclepxnftf9q4gzak

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

プールでウォーキング!腰痛にも効果あり?ダイエット方法も解説します!

2019.04.19

プールでウォーキングするだけでダイエットや腰痛予防に効果があると注目されています。ウォーキングダイエットでカロリーを消費し、筋肉量を増やして痩せやすい体質に改善されるんです。今回はプールでのウォーキングダイエット方法、腰痛予防のウォーキング方法をご紹介します。

  1. プールでウォーキング!ダイエット効果・腰痛予防も!
  2. プールでのウォーキングダイエット方法!泳げなくてもOK!
  3. プールでのウォーキングダイエット方法①基本のウォーキング方法
  4. プールでのウォーキングダイエット方法②歩くだけより効果のあるダイエット方法
  5. プールでのウォーキングダイエット方法③横向きでウォーキングする方法
  6. プールでのウォーキングダイエット方法④腰痛予防になるウォーキング方法
  7. プールでのウォーキングダイエットで筋肉太りしない?
  8. プールでのウォーキングダイエットで効果の出る期間・時間は?
  9. プールでウォーキングダイエットをする際の注意点
  10. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/Bv_IWQ9nz5P/
健康に効果があると幅広い世代に人気のあるプール。プールでの運動というと「泳ぐ」というイメージがあると思いますが、ただ水中で歩くだけのプールウォーキングにもダイエット効果や腰痛予防の効果があることをご存知ですか?プールでのウォーキングは水の抵抗があるためただウォーキングするだけでも全身の運動ができ、陸上で歩くのとは違った効果を期待することができるんです。プールで歩くだけなので、泳げないという人でも気軽にダイエットすることができる方法として注目されています。
引用: https://www.instagram.com/p/Bv2sjC-JeIa/
プールでのウォーキングダイエットは水の抵抗を受けることで陸上で歩くよりも体に負担がかかり、効率よくカロリーを消費することができます。水の抵抗があると同時に水の浮力もあるため、腰痛のある人や陸上で歩いて足が痛くなってしまうという人でも負担を軽減して運動することができます。またプールでのウォーキングは全身を動かす有酸素運動なので脂肪燃焼効果もあります。効率よく脂肪を燃焼し、適度に筋肉へ負荷をかけることで自然と筋肉を鍛えられるというメリットもあるんです。

腰痛予防・改善にもプールでのウォーキングが効果的

引用: https://www.instagram.com/p/BnZrJEUHPLf/
プールでのウォーキングはダイエット効果があることに加えて腰痛予防・改善にも効果があると言われています。プールの中では水の浮力により体への負担が軽減されるため、腰に無理な負担をかけることなく腰痛に関わる筋肉を伸ばすことができるんです。腰痛による足の痺れがあるという人でも水の浮力によって歩きやすくなるため無理なく運動をすることができます。
引用: https://www.instagram.com/p/BvlF0gqlExZ/
泳がなくても全身の運動ができダイエット効果が期待できるプールでのウォーキング。実際にダイエット効果を得るためにはどのような方法でウォーキングすれば良いのか、おすすめのダイエット方法を動画付きでご紹介します。腰痛予防におすすめのウォーキング方法もありますのでぜひチェックしてみてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BnAiGI7BCK5/

関連記事

まず初心者さんでも取り組みやすいのが基本のウォーキング方法です。プールでの基本のウォーキング方法は、肩が水中に沈むくらいまで歩幅を開き、両腕を大きく前後に振り歩きます。歩く際は体が上下に動かないように歩幅を調整し、ゆっくりと股関節を伸ばすように意識をして歩きます。最初はゆっくりと歩き始め、慣れてきたら徐々に速度を上げてみてください。
引用: https://www.instagram.com/p/Blf9YuIAWDG/
プールでのウォーキングダイエットはゆっくりと歩くだけでも効果が期待できますが、よりダイエット効果を得るためのウォーキング方法が上の動画で紹介されています。歩かずにその場でランニングする方法や、脚を開いたり膝を上げる動きを取り入れる方法で効率よく脂肪を燃焼させ痩せやすい筋肉を育てることができます。歩かずにその場でできる方法となっているので、プールが混雑していて前に進めないという時にもおすすめの方法です。
引用: https://www.instagram.com/p/BlOr__OnYeu/

関連記事

プールでのウォーキング方法はただ前を向いて歩くだけでなく、進行方向に対して横を向いて歩く方法も高いダイエット効果を期待することができます。上の動画で紹介されているように、進行方向に対して横を向いたら膝を高く持ち上げながら横に歩いていきます。上半身が動かないようにお腹の筋肉に力を入れ、姿勢よく歩くようにするのがポイントです。横向きでウォーキングする方法は10m程度の短い距離でも効果を実感することができますよ。前を向いたウォーキングに慣れたらぜひ挑戦してみてください。
引用: https://www.instagram.com/p/BlJsgjThrxn/
こちらの動画で紹介されているのが腰痛予防に効果のあるプールでのウォーキング方法です。膝を抱えて腰を丸め、膝を横から出して股関節を広げます。次に膝を前に押すようにして歩き、後ろ向きでも同じように歩きます。他にも手を上から合わせるようにキックする動き、手足を横に大きく出す動きなど腰痛予防に効果のあるウォーキング方法が紹介されているので、腰痛でお悩みの人はぜひ参考にしてみてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BkGjk2ogrqz/

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BqolwBpnq7y/
プールでのウォーキングダイエットでは効率よくカロリーを消費して脂肪を燃焼させることができますが、筋肉を鍛えすぎて筋肉太りしてしまうのでは?と気になる人もいると思います。ジムなどで筋トレをすると筋肉が鍛えられた分体重が増えるというケースもありますが、プールでのウォーキングダイエットでは極端に筋肉が付くという心配はありません。全身運動なので全身の筋肉量を増やすことができ、バランスの良いボディラインへと鍛えることができます。筋肉太りの心配はなくバランス良く筋肉量を増やすことができるのもプールでのウォーキングダイエットのメリットです。
引用: https://www.instagram.com/p/BnuiyValpjn/
引用: https://www.instagram.com/p/BuxQz7IjMn9/
よりダイエット効果を得るためには毎日ウォーキングしたほうが良さそうに思えますが、毎日行わなくてもダイエット効果を期待することができます。プールでのウォーキングダイエットは週に2~3回のペースで行うようにすると効率よく筋肉を鍛えられ、毎回筋肉痛になるという心配もありません。またプールでのウォーキングダイエットを行う時間は1回あたり30分~1時間程度がおすすめで、無理のない範囲で継続をすることが大切なポイントになります。
引用: https://www.instagram.com/p/BmHQaKjn9PB/
プールでのウォーキングダイエットは早い人だと1~2週間で効果を実感することができますが、基本的には1~2ヶ月継続をすることで目に見えた効果を実感できます。3ヶ月、半年と長く継続することで筋力が落ちることなく痩せやすい体質に改善され、リバウンドしてしまうという心配も少なくなります。週2~3回のペースを3ヶ月は継続するように目標を立ててみてください。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BtEtoDoA5om/
プールでのウォーキングダイエットをする際にはいくつか注意点もあります。まず、いきなりプールに入ってウォーキングをするのではなくしっかりと準備運動を行うようにしてください。体を動かす準備運動をしてからプールに入りましょう。またウォーキングを行った後はクールダウンも忘れずに取り入れるようにしてください。
引用: https://www.instagram.com/p/BjN-tTEHE2a/
また水の中だと気付きにくいですが、プールでのウォーキングは意外と汗をかきます。途中で適度に水分補給をして脱水症状にならないよう注意してください。 ウォーキング後の食事に関しては、運動が終わってから90分以上経過してから食事をするのが望ましいです。運動の後すぐに食事をしてしまうと逆に太りやすくなってしまうため、ある程度時間を空けてから食事するようにしてください。
引用: https://www.instagram.com/p/BvJcWbuHSQV/
プールでのウォーキングダイエット方法をご紹介しました。プールの中でただ歩くだけでカロリー消費、脂肪燃焼をすることができ効率よくダイエットをすることができます。体への負担も軽減されるため腰痛のある人でもトレーニングしやすく、腰痛予防や改善にも効果が期待できます。 プールでのウォーキングダイエットは長期間継続することが大切になりますので、無理なく自分のペースで継続してトレーニングしてみてくださいね。

プールでのダイエットについてもっと知りたい方はこちら