Sihts4kdhpepzvoxnwmt

コンビニ

CATEGORY | コンビニ

コンビニでゴミ袋は売ってる?電子マネーやクオカードでも購入出来るのか解説!

2019.05.24

「コンビニでゴミ袋は売ってるのか。」気になるコンビニのゴミ袋事情について、コンビニ大手3社の取り扱い状況と値段、電子マネー・クオカード・クレジットカードといった現金以外の支払い方法の使用可否についてなど詳しくご紹介します!

  1. コンビニでゴミ袋は売っている?
  2. コンビニで売っているゴミ袋の種類|セブンイレブンの場合
  3. コンビニで売っているゴミ袋の種類|ローソンの場合
  4. コンビニで売っているゴミ袋の種類|ファミリーマートの場合
  5. コンビニで使える現金以外の支払い方法|電子マネー
  6. コンビニで使える現金以外の支払い方法|クオカード
  7. コンビニで使える現金以外の支払い方法|クレジットカード
  8. コンビニで使える現金以外の支払い方法|商品券
  9. コンビニでゴミ袋がなかった場合、どこで買う?|ドラッグストア
  10. コンビニでゴミ袋がなかった場合、どこで買う?|ホームセンター
  11. コンビニでゴミ袋がなかった場合、どこで買う?|スーパー
  12. コンビニでゴミ袋がなかった場合、どこで買う?|100均
  13. まとめ
家でゴミをまとめようと思ったときや断捨離をしようと思った時、「あれ、ゴミ袋がない!」なんてことも少なくありません。そんなとき気になるのがコンビニでゴミ袋は売っているのかということ。また自治体によってはゴミ袋が指定されているところも多く、指定のゴミ袋もコンビニで買うことができるのかも気になりますよね。
結論からお伝えすると、コンビニでも基本的にはゴミ袋は売っています。とはいえ、気になるのはコンビニにはどんなゴミ袋が売っているのか、ということです。今回はコンビニ大手3社のゴミ袋の販売状況についてご紹介します。
引用: https://crowdworks.jp/articles/wp-content/uploads/2018/12/x1-62.jpg.pagespeed.ic.6ormvaACDa.webp
セブンイレブンでは各自治体の指定ゴミ袋を購入することができる店舗が多くあります。値段は各自治体にもよりますが、約200円から300円ほどです。また、ゴミ処理券についても購入することができるので、粗大ゴミを出したい時にも便利です。指定ではない普通のポリ袋も購入することができます。

関連記事

引用: https://logomarket.jp/labo/wp-content/uploads/2015/08/ee41502991024c1fcb472b58f4e38aea.png
ローソンも各自治体の指定ゴミ袋を取り扱っている店舗が多いのが特徴です。値段はこちらも各自治体にもよりますが、約200円から300円ほどです。ただし、指定ゴミ袋については購入した時にはPontaポイントやスピードくじの対象外になるので、注意してくださいね。ローソンでもゴミ処理券についても購入することができるので、粗大ゴミを出したい時にも便利です。また、指定ではない普通のポリ袋も購入することができます。
引用: http://www.family.co.jp/content/dam/family/company/familymart/idea/logo.jpg
ファミリーマートでは、普通のポリ袋が売っています。サイズは30L・45L・70Lの3種類。値段は税込128円〜308円です。小さいサイズも売っているので、バーベキューなどアウトドアレジャーシーンへの持ち運びや一人暮らしにもぴったりです。また店舗によっては指定ゴミ袋を売っている場所もあるので、各自治体のホームページなどで販売店舗を確認してみてくださいね。

関連記事

ここまで大手3社のコンビニのゴミ袋取り扱い状況についてご紹介しましたが、もう一つ気になるのが支払いについてです。現金以外の支払い方法は可能なのかどうかについてもご紹介します。

セブンイレブンの電子マネー「nanaco」

引用: https://www.nanaco-net.jp/assets/img/common/logo_nanaco_02.png
まずはセブンイレブンで使用できる電子マネー「nanaco」についてですが、こちらはポリ袋・指定ゴミ袋の両方で使用することができます。もし自宅近くにセブンイレブンがある場合には、指定ゴミ袋を購入してもポイントがたまるので、作っておくと便利ですね。普通のポリ袋についても問題なく支払いが可能です。

ローソン・ファミマの電子マネー「WAON」

引用: https://prtimes.jp/i/19691/4/resize/d19691-4-829334-5.jpg
ローソンやファミリーマートで使用することができる電子マネーの「WAON」ですが、こちらは指定ゴミ袋を買うことはできません。普通のポリ袋であれば問題なく使うことができます。

交通系電子マネー

引用: https://i1.wp.com/card.kinri.jp/pay/wp-content/uploads/2016/02/suica.png?resize=640%2C350&ssl=1
suica、pasmoなど交通系電子マネーについても指定ゴミ袋については使用することができません。同じくゴミ処理券についても使用することができないので注意してくださいね。

その他電子マネー

引用: https://chamapoco.com/wp-content/uploads/2017/07/edy-id.jpg
その他、iD・QUICPay・楽天Edyといった電子マネーもありますが、どれも指定ゴミ袋については使用することができません。nanacoが使えるセブンイレブンでも同様で、iD・QUICPay・楽天Edyなどで指定ゴミ袋を買うことはできません。
電子マネーでの支払いについて、普通のポリ袋については問題なく使うことができますが、セブンイレブンの「nanaco」以外は指定ゴミ袋に使用することはできませんので注意してくださいね。
コンビニで使う現金以外の支払い方法として、クオカードを使うという人も少なくありませんね。続けて、クオカードについて使用可否についてご紹介します。

指定ゴミ袋はクオカードNG

引用: https://giftpad.jp/images/course/quo_c/quo_c-500.jpg
クオカードは、基本的にはコンビニのどの商品でも使用することができますが、指定ゴミ袋については使用することができません。その他、クオカードはタバコや公共料金、チケットぴあなどのインターネットチケットサービス、切手やハガキ、金券の購入、マルチコピー機などでも使用することができないので注意してくださいね。普通のポリ袋については問題なくクオカードを使用することができます。

関連記事

実はクレジットカードもコンビニで使うことができるって知っていましたか?クレジットカードのポイントをためている人にとっては朗報ですよね。しかしながらクレジットカードにも使用制限があります。

指定ゴミ袋はクレジットカードもNG

引用: https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/recommend/responsive/img/thumb_dual.jpg
基本的にはどんな商品でもクレジットカードで購入することができますが、指定ゴミ袋についてはクオカード同様使用することができません。その他、公共料金・航空券の代金収納サービス・切手やハガキ、金券の購入・マルチコピー機でのプリントサービスなどにも使用することができないので注意してくださいね。タバコやチケットぴあなどのインターネットチケットサービスについては使用可能です。
コンビニではビール券などの商品券を使用することもできます。ビール券は、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど、ミニストップ以外のほとんどのコンビニで使用することができ、そのほかにもセブンイレブンでは「セブン&アイ共通商品券」も使用することができます。

指定ゴミ袋は商品券もNG

引用: http://www.tosyukyo.or.jp/beer/img/img182kh1046_1.png
引用: http://www.ario-washinomiya.jp/__resources__/10775cb8-0ba6-47df-b328-f2b12170e816_420x1500.jpg
ビール券やセブン&アイ共通商品券についても、指定ゴミ袋で使用することはできません。その他にも公共料金・チケットぴあなどのインターネットチケットサービス・切手やハガキ・マルチコピー機などでも使用することができません。

関連記事

ここまでコンビニで買うことができるゴミ袋の種類や支払い方法などについてご紹介してきましたが、タイミングによってはゴミ袋が売り切れ入れていたり、コンビニが近くにないこともありますよね。ここからはコンビニ以外では、どこでゴミ袋を買うことができるのかということについてご紹介します。
まずはドラッグストアです。ドラッグストアには薬以外にも生活雑貨などが揃っていて、もちろんゴミ袋も買うことができます。ドラッグストア大手のマツモトキヨシには、普通のポリ袋はもちろん、指定ゴミ袋を取り扱っている店舗も多くあります。普通のゴミ袋でも半透明や黒色、取っ手付きなど種類が豊富なのが嬉しいポイントです。
50Lや70Lなどサイズの展開も幅広く、50枚入りなどコンビニで買うよりもたくさん入っているゴミ袋を買うことができるので、自宅用にはあらかじめ多めに買っておくことをおすすめします。
同じくホームセンターでもゴミ袋を購入することができます。ホームセンターでも指定ゴミ袋の取り扱いをしていることが多く、120Lや150Lなど業務用の大きいサイズのゴミ袋も取り扱っていることが特徴の一つです。
家族の人数が多い場合など、ゴミ袋を頻繁に使用する場合にはホームセンターでまとめ買いしておくと値段を抑えることができそうです。ホームセンターも半透明や透明、黒色、カラー付きなど様々な種類が揃っているので、毎日のゴミ捨てにはもちろん、文化祭などの装飾や衣装の材料として購入する人も多いようです。

関連記事

大きめのスーパーであれば、掃除用品コーナーなどでゴミ袋を買うことができます。指定ゴミ袋以外に半透明や取っ手付きタイプで45Lや70Lなど家庭で使うことを想定したベーシックなタイプのゴミ袋が揃っています。値段はコンビニと変わらず200円〜300円ほど。いつも行くスーパーでポイントカードを持っている場合などはちょっぴりお得かもしれませんね。
ダイソー・セリア・キャンドゥといった100均でもゴミ袋を買うことができます。ただし、指定ゴミ袋の取り扱いはないので注意してくださいね。値段は100円なので買うことができるゴミ袋は30Lや40Lなど小さめのサイズが多い傾向にあります。意外にもカラー展開が幅広く、透明・半透明・黒・青などが揃っています。ほとんどが20枚入り以下なので、バーベキューなどアウトドアシーンへの持ち運びにも便利です。

関連記事

いかがでしたか?コンビニでゴミ袋は売っているのかということについて、コンビニ大手3社のゴミ袋の取り扱い状況や値段、電子マネーやクオカード、クレジットカードといった現金以外の使用可否、コンビニ以外でゴミ袋を買うことができる場所についてご紹介しました。コンビニでは普通のポリ袋以外に指定ゴミ袋を取り扱っていることも多く、自治体の指定ゴミ袋がある家庭にとってはとてもありがたいのではないでしょうか。いざという時にあると便利なゴミ袋。ぜひお近くのコンビニをチェックしてみてくださいね。

コンビニの商品についてもっと知りたい方はこちら