Ot7melb2kcpprgargtrd

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

プールで日焼け止め禁止?!日焼け対策に飲む日焼け止め以外に何が良いのか解説!

2019.05.03

今、学校や公共のプールなどでは日焼け止めの使用が禁止されているところが多いそうです。こんなに紫外線問題が騒がれているのになぜ?と疑問に思うところですが、ちゃんと理由もあるようです。飲む日焼け止めって?日焼け止めが使えないプールでの日焼け対策の方法を解説します。

目次

  1. 日焼け止め禁止のプールが増えている
  2. 日焼け止め禁止のプールの理由は?
  3. 日焼け止め禁止のプールには賛成?反対?
  4. 日焼け止め禁止のプールに反対派の意見
  5. 日焼け止め禁止のプールに賛成派の意見
  6. 日焼け止め禁止のプールでの対策は?
  7. 日焼け止め禁止のプールでの対策①肌を隠す
  8. 日焼け止め禁止のプールでの対策②飲むタイプの日焼け止め
  9. 日焼け止め禁止のプールでの対策③食べ物を活用する
  10. 日焼け止め禁止の学校プールでの対策は?
  11. まとめ:過敏に反応しすぎなくても大丈夫!

夏と言えば「海」「プール」と連想する前に「紫外線が気になる」と言う人が多い昨今。ちょっとの外出でも紫外線対策として日焼け止めや日傘が手放せないと言う人も多いですよね。
そんな中、最も日差しが強い中で肌をさらすと言う学校のプールで日焼け止めの使用を禁止している学校が多いのだそう。

その事実だけで子供を持つ親からクレームの声がたくさん上がってきそうな事が想像できますが、学校だけでなく公共のプールでも禁止されている所も多いのだそうです。一体なぜなのでしょう。

プールで日焼け止めが禁止されている理由として、日焼け止めが水の中で落ちる事でプールの水が汚れる事が挙げられています。大勢の生徒が使用する学校のプールでみんなが日焼け止めを使えばかなりの量のオイルが水に溶けている所は想像できますよね。中にはそんな水を誤って飲んでしまう子もいる事を考えると納得できない理由ではありません。

また、一度水を張ったプールはその後ほとんど水の入れ替えを行わず、水質保持のために塩素を入れたり水をろ過して循環するための機械を入れたりしていますが、日焼け止めで水が汚れる事でこの機械のフィルターが詰まってしまう事も問題とされているようです。

関連記事

みんなが塗った日焼け止めがプールの中で一斉に溶けだしている様子を想像すると禁止の理由に納得できる気もしますが、一言で「日焼け止めを塗る」と言っても、その塗り方にも紫外線に対する意識にも個人差もがありますので、やっぱり賛否が大きく分かれる問題のようですね。
賛成派・反対派それぞれの意見を見てみましょう。

日焼け止め禁止に反対派の意見としてはやっぱり「これだけ紫外線の悪影響が歌われている中で禁止する理由がわからない」と言うものが目立ちますが、アトピーがあったり、肌が弱い子の親からすると「認めてもらわないと困る」と言う意見もありました。

普通の子なら週2〜3回のプールの授業程度なら代謝が勝つけど、肌の弱い子は全身ヤケドになるから認めてあげないと可哀想かも

関連記事

1 / 4