Mykcdbcvohxsyqpnn1mq

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

台湾のお茶種類まとめ!絶品台湾茶が飲めるお店&もらって嬉しいお土産は?

2019.04.27

台湾には、たくさんのお茶の種類があります。どのお茶も美味しいので、一度飲むと台湾のお茶にハマってしまいます。今回は、台湾の中でも絶品台湾茶が飲めるおすすめのお店や、台湾の美味しいお茶のお土産が買えるお店などを紹介していきます。

目次

  1. 台湾の人もお茶が大好き
  2. 台湾のお茶もたくさんの種類がある
  3. 台湾にはお茶を楽しめる素敵なお店がたくさんある
  4. 台湾おすすめお茶屋さん①:水月草堂 (スイユエツァオタン)
  5. 台湾おすすめお茶屋さん②:回留 (ホェリョウ)
  6. 台湾おすすめお茶屋さん③:晋江茶堂 (ジンジャンツァータン)
  7. 台湾おすすめお茶屋さん④:紫藤廬 (ズータンルー)
  8. 台湾おすすめお茶屋さん⑤:吉祥草 (ジーシャンツァオ)
  9. 台湾のお土産をお茶にしてみるのもおすすめ
  10. 台湾のお茶おすすめのお土産が買える店①:CHARM VILLA
  11. 台湾のお茶おすすめのお土産が買える店②:王瑞珍茶業
  12. 台湾のお茶おすすめのお土産が買える店③:smith&hsu tea
  13. 台湾のお茶おすすめのお土産が買える店④:王徳伝茶荘
  14. 台湾で、絶品なお茶を楽しんでみるのがおすすめ

台湾の人は、お茶が大好きで古くからお茶を飲む文化が根付いています。また、お茶が美味しいのも有名な国です。お茶屋さんが至る所にあり、どこのお茶屋さんもお客さんで活気が溢れています。最近では、台湾のお土産にお茶をチョイスしたりする方もどんどん増えてきて、ますます台湾のお茶から目が離せません。

台湾は、お茶の種類も豊富にあります。実際に台湾のお茶を飲んでみたいけど、種類があり過ぎるとわからないと思います。日本人にも馴染みがある種類のお茶もたくさんあります。メジャーな台湾のお茶の種類をいくつか紹介します。ちなみに、お茶の酒類の違いは度合いによって違うんです。

台湾お茶の種類①:茉莉花茶(ジャスミン茶)

日本でも馴染みがあるジャスミン茶は中国原産のものですが、台湾でもジャスミン茶は生産されています。日本人にとって台湾で生産されているジャスミン茶はあまり馴染みがないと思います。

台湾お茶の種類②:台湾紅茶

台湾紅茶は、どちらかと言えばウーロン茶よりの味わいです。発酵が高くされていてフルーティーな味わいが魅力的で、台湾でも人気が高いお茶の種類です。最近では、新しい品種の台湾紅茶も生産されていて、新しい味わいが楽しめる台湾紅茶も注目されています。

台湾お茶の種類③:文山包種茶(ぶんさんほうしゅ茶)

文山包種茶(ぶんさんほうしゅちゃ)は、爽やかな香りが楽しめるお茶です。発酵が浅めのお茶の種類です。台北の郊外で主に生産されています。日本でいえば、緑茶に香りが似ているお茶です。

台湾お茶の種類④:凍頂烏龍茶(とうちょうウーロン茶)

凍頂烏龍茶(とうちょうウーロン茶)は、日本でも聞いたことがあるお茶の種類ではないでしょうか?凍頂烏龍茶は、値段は安いものが多いのですが、香りが高いお茶です。発酵が高めにされているので、さっぱりと爽やかな味わいですが、フルーティーでコクも十分あります。

台湾お茶の種類⑤:鉄観音茶(てつかんのん茶)

鉄観音茶は、焙煎された物も多くあり、香ばしくて香り高いのもあります。あまり焙煎されていない鉄観音茶は、ウーロン茶と緑茶の中間のような味わいで、お茶ですが甘みも感じる物もあるんです。

台湾お茶の種類⑥:高山烏龍茶(こうざんウーロン茶)

高山烏龍茶(こうざんウーロン茶)は、標高が高い山で生産されているお茶です。産地でも味や香りは違いますが、特徴としては、味わい深いのですが、爽やかさも感じられるお茶です。ちなみに、高山烏龍茶は、生産されている山の標高が高ければ高いほど、お値段も高いんです。

1 / 4