Knugqmqljk726gpxictk

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

韓国製の生理用品を徹底解説!値段や種類は?韓国旅行に行く女子必見!

2019.03.24

生理用品は女性の必需品ですよね?韓国旅行に行くときに、生理用品は日本と同じなのか気になる方も多いはずです。今回は韓国の生理用品について、値段や種類など詳しく解説していきますので、韓国旅行を考えている女子はチェックしておきましょう。

目次

  1. 女性にとって生理用品は必需品!
  2. 韓国と日本の生理用品の違いとは
  3. 韓国製の生理用品で健康被害があった
  4. 韓国ある生理用品の種類①:ナプキン
  5. 韓国ある生理用品の種類②:タンポン
  6. 韓国ある生理用品の種類③:布ナプキン
  7. 韓国ある生理用品の種類④:月経カップ
  8. 韓国で整理用品を買える場所
  9. 韓国の生理用品の値段は日本の約2倍
  10. 韓国で安全なおすすめの生理用品①日本製コットン100%ナプキン
  11. 韓国で安全なおすすめの生理用品②アメリカ製コットン100%ナプキン
  12. 韓国で安全なおすすめの生理用品③サイムダン
  13. 韓国で安全なおすすめの生理用品④シークレットディ
  14. 韓国で安全なおすすめの生理用品⑤ドンソン製薬ナプキン
  15. 韓国で安全なおすすめの生理用品⑥清潭少女
  16. 韓国で安全なおすすめの生理用品⑦予知美人
  17. 韓国で安全なおすすめの生理用品⑧布ナプキン
  18. 韓国旅行で生理予定日が近い場合は持参がおすすめ!

毎日訪れる生理の対策として、生理用品は必需品ですよね。生理のケアをしっかり行わないと、荒れてしまったり感染症になったりする危険性もあるので、生理用品で清潔にしておく必要があります。また予定日でなくても、環境の変化などから旅行先で突然生理がきてしまうこともあるので、韓国の生理用品事情を気になる方もいると思います。

そこで今回は韓国の生理用品の種類や値段など詳しく解説していきますので、韓国旅行を考えている女性の方は必見です。

韓国と日本の生理用品には大きな違いはありませんが、韓国のものには羽部分にまでフィルムが付いていることが多いです。日本の場合は三つ折りのコンパクトな生理用品が多く、外側のシートを外すだけの作りになっています。それに対して韓国のものは外側のシートの間にもフィルムが付いているんです。日本と韓国のものを比べると、日本の方が使い勝手が良いと言えます。

関連記事

韓国製の生理用品で健康被害にあっていたんです。その生理用品はリリアン生理用ナプキンで、使用すると「3日で生理が終わった」「数か月も生理がこない」など、多くの人が健康被害にあっています。リリアンのナプキンは製造工程のなかで、発がん性物質が含まれていたことで、問題となっていたのです。しかし韓国でもその後、生理用品を厳しくチェックし、一切危険物質が検出されないものだけを販売しているそうです。怖い話なので、旅行に行ったときは気をつけたいですよね。

韓国にある生理用品の種類には、日本と同じようにナプキンがあります。しかし日本のものとは仕様が違い、使いにくいナプキンが多いです。またナプキンの種類にも、紙製のものとコットンが使われたものがあります。

続いての生理用品の種類には、タンポンがあります。しかし韓国では未婚の女性がタンポンを使ってしまうと、敬遠されてしまう風習があるので、旅行に行った際にタンポンを購入すると嫌な目で見られてしまうこともあるのです。

1 / 4