A6kwucdfyxhnltyhz6uj

趣味・アウトドア

CATEGORY | 趣味・アウトドア

野球のリクエスト対象が変更!ルール・対象外などを徹底解説!

2019.03.27

賛否両論ある野球のリクエスト制度ですがその対象となるのはどんなプレイなのでしょうか?さらに今年からは変更が加えられ対象となるルールが増えたそうです。1試合で何回までリクエストできるのか?対象外のプレイとは?など野球リクエスト制度について詳しく調べてみました。

目次

  1. 野球リクエストは何回まで?対象・対象外について①はじめに
  2. 野球リクエストは何回まで?対象・対象外について②リクエスト制度とは
  3. 野球リクエストは何回まで?対象・対象外について③1つめの変更点
  4. 野球リクエストは何回まで?対象・対象外について④2つめの変更点
  5. 野球リクエストは何回まで?対象・対象外について⑤3つめの変更点
  6. 野球リクエストは何回まで?対象・対象外について⑥チャレンジ制度とは
  7. 野球リクエストは何回まで?対象・対象外について⑦問題になった試合
  8. 野球リクエストは何回まで?対象・対象外について⑧リクエスト制度のメリット
  9. 野球リクエストは何回まで?対象・対象外について⑨リクエスト制度のデメリット
  10. 野球リクエストは何回まで?対象・対象外について⑩まとめ
Ydgz26ledyscqtovha2c
引用: https://www.instagram.com/p/BvLvTkOBtk7/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=vv8p2zhkew42

野球好きな方はリクエスト制度に思うことがそれぞれたくさんあると思います。これまでもルールが変わるたびに戸惑ってきたと思いますがこの制度は特に大きなルール変更だったのではないでしょうか。今回はそんなリクエスト制度のルールについて詳しく調べてみました。メリットデメリットや賛成派の方反対派の方の両者の意見など、今年からの変更点についても詳しくご紹介していきたいと思います。

Vuqtkymgapj5ibedp3px
引用: https://www.instagram.com/p/BgaaS8hFQ9b/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=9pm958b1t5dl
判定に異議がある際に監督が映像による検証を要求できる。 「リクエスト」は本塁打かどうかの判断や全ての塁でのアウト、セーフの判定に対して使うことができ、監督がベンチ前に出て、手で四角をつくるジェスチャーで球審に合図する。権利を行使できるのは九回までに2度、延長戦では1度で、判定が覆った場合、回数は減らない。審判員は控室でテレビ中継映像を確認し、5分以内に結論を出す。検証中は球場の大型ビジョンで同じリプレー映像を流すことができる。  日本野球機構(NPB)は「ファンや選手、監督が満足できる公平な判定を目指すとともに、過多なリプレー検証要求を減らしテンポのよい試合を展開することが目的」と説明した。

Beovqtiz0qjkwe9btcmh
引用: https://www.instagram.com/p/Bu91iz_HZAR/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1bjtshb1oifkq

2018年から新たに導入された制度で、メジャーリーグの「チャレンジ制度」のような制度となるそうです。テンポよく進めるために取り入れられたそうですが、テンポが悪くなったと感じている方も多いそうですのでそんなメリットデメリットについても後ほどご紹介いたします。今季からさらに変更点などが加わったようですのでまずはその変更された点についてご紹介していきたいと思います。

関連記事

Lzajjxutiw5bnhwqnw5l
引用: https://www.instagram.com/daisuke_0106_tanaka/p/Bf3JHe9HIJV/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=7db24fip3nue

新たに2019年から変更となった新ルールについてご紹介していきたいと思います。

Rlyqz56aiz3ox8p9r4d2
引用: https://www.instagram.com/p/BgON4U7Fp9i/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=16r6c4vpvjrm8

まず1つめの変更点は「本塁での衝突(コリジョン)プレー、併殺崩しの危険なスライディング」です。1年目のリクエスト制度では対象とならなかった危険なスライリングなどのプレーに対して異議を唱えられるようになりました。これについては改善して欲しいと思っていた方も多いと思いますので改善を嬉しく思っておられる方も多そうですね。

Pjwazblfqcbied5tg3kx
引用: https://www.instagram.com/p/BvGmgSmHqPS/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=193h0pwe72m5b

2つめの変更点は「投手の投球が頭部に当たった(死球)かどうか」です。攻撃側、守備側どちらもリクエストが可能で1度退場となっても当たっていないとなれば退場が取り消されるとのことでその後のプレーに大きく変化がありそうですね。こちらも当たったか当たっていないかと議論されることが多かった部分ですので明確になることでスッキリとされる方も増えそうです。

関連記事

1 / 3